ファッションは芸術なのかという東京ではあまり考えない事を考えてみる

2015.08.13 Thursday 04:48
0
    昨日も書いたけど、私は東京は今世界で一番おしゃれな人が多い都市だと思う。いや、ほんとそうよ。おしゃれじゃない人もいるけど、若い子達のおしゃれさん度、世界の中でも飛び抜けていると思う。

    あと、小金持のちょいワルおやじが年食って「やんちゃジジイ」になりかけているあたりの一部の人と、美魔女方向に迷走していないマチュアー(うっ)な女性たちとか。ほんと、ここ10年ほどの日本人のおしゃれ度の進化すごい。
    もう最近は、パリに来たからといってすごいおしゃれな物がみつかるというわけでもなくなっており(だって全部東京にあるから)、小物も化粧品も服も、わざわざパリで買い込んで帰るということはほとんどなくなった。

    ブランド品にはもとから興味ないし。
    ってか今円高でちっとも海外で買う意味ないし。

    そういうわけで、東京は本当にすごいと思う。
    ただし、そういう「おしゃれ」な人が、「素敵」かどうかというあたりは、こりゃまた別の話。やんちゃジジイやマチュア世代や、こぎれいにまとめたおしゃれ系サラリーマンの若者を見て「素敵だなあ」って思える確率は意外と少ない。この確率はパリのほうが圧倒的に高い。それは私のアジア系としての羨望だったりするのかもしれないけど、とにかくそのあたり、おもろい。東京のおしゃれ度というのは、人がというより、服装が、おしゃれ。何でも揃ってるし。



    さて、それで、そんなにおしゃれになった東京だけど、じゃあ、果たしてファッションはアートや芸術の一部なのか? と問うと、それはなんだか違うところに属しており、どちらかというと消費の部分でとらえられているような気もする。それは買い手が「買う」ためのもので、作り手は売れるものを作り、売り上げを上げるという経済枠の中にあるものというような。


    ここ数年は東京にあまりにも何でもあるので、パリでそういう「ここでしか買えないもの」がもうあまりみつからなくなってしまったなあと思うのだけれど、でも、ここではファッションがこんな形で出現することがある。



    これはね、去年パリに来たときに服飾美術館で行われていた「ドリス・ヴァン・ノッテン,インスピレーションズ」展。
    たまげたね。
    規模がでっかくて。
    そしてその内容があまりに濃厚で。

    以下はこのサイトからの転載(http://fatale.honeyee.com/style/antenna/2014/dries_van_noten/index02.html)。写真もここからお借りしました。ありがとうございます。


    彼自身のインスピレーションソースは、イヴ・クラインやダミアン・ハーストのコンテンポラリーアートから、フランシス・ベーコンやマーク・ロスコなどの画家、『時計じかけのオレンジ』や『ピアノ・レッスン』などの映画、セルジュ・ゲンズブールやデヴィッド・ボウイ、また装飾美術館所蔵のポール・ポワレやスキャパレリ、ディオールやバレンシアガのアーカイブドレスなど、膨大な資料収集と多分野にわたる豊富な知識が、見て取れるほど多種多様で時代もさまざま。時代も分野も超え、まるでスクラップブックを見ているかのように色々な要素が交差し、一つのコレクションに落とし込まれている。



    大好きなデザイナー。服は到底買えない値段なので、これは買って着るための服ではない@私にとって。
    でも彼のインスピレーションソースを見ていたら、これはもう鳥肌物のクリエイティブな世界で、展覧会場の中で心地よく浮遊することになる。

    その前は、パリ市役所でパリコレ展が無料で開かれていて、これも震えた。
    ああ、そういえば。はじめてパリに一人旅をしに来たとき、オペラ座の中にオートクチュールの服がずらりと並んでいた。そのあまりの贅沢さに、しばし動けなかったなあ。遠い目。

    今年の夏のパリでは、これが開催されていた。



    ジャン・ポール・ゴルチエ展。

    写真ここからお借りしました。
    http://www.despres.jp/paris/2015/04/150428paris.html
    (ほかの写真も見れる。すごくおもろい。)


    ひゃー。もうこれも垂涎ものですぜ、親分。

    グランパレを自由自在に使いまくった本当に彼らしい展覧会。
    ジャン・ポール・ゴルチエを、デパートで大見得切って買って着るだけのものだと思っている人がいたら、本当に本当に見て欲しいなって思う。(あ、いや、もう終わっちゃったから見れないけど>笑)
    ファッションは壮大な創造性の噴出であり、時には時代に向けたメッセージなのだということがわかる。

    いやあ、もう最高。
    パリ最高。


    で、ゴルチエ展は終わってしまったので、あともう少しで終わってしまうという「ジャンヌ・ランバン回顧展」に今日は行ってきた。
    世界初の回顧展だそうだ。
    これが開催されているGARELIAは、展示がある時のみ中に入れるとのことなので、いい機会なので中にも入ってみたいと思い。

    イエナのマルシェにクラスメイトと一緒に出かけて、マルシェでパニーニとか買って、市立美術館の前の階段に座って食べておしゃべりして、まるで学生みたいだー! って思いながら(学生なんですが)、炎天下のパリの空の下を、てくてくランバン展に向かう。



    中は撮影禁止なので、これはサイトからいただいてきました。こちらから。ありがとう
    http://www.fashionsnap.com/news/2015-03-10/jeanne-lanvin-exparis/gallery/index9.php

    さて、こちらもまことにすごいもんでございました、奥様。

    底力。なんというかすげー底力。


    んー、でもね。
    なんだかお腹いっぱいになっちゃった。


    博物館行きでもいいようなビーズ刺繍や細かい針仕事、スパンコールの繊細さ、ドレス中がキャンバスになって、この当時の手仕事のアルチザンの技術が宝石箱の用に詰まっている。これ着たら、絶対重いぜ、、、と思いつつ。
    なんでじゃろうなあ、と考えて、ああ、向かっている場所が根本から違うのねえ、と思った。この服は誰のために何のために作られたのか、というあたりが、ぜんぜん既出2つの展覧会と違うんだなあ、時代も違うしなあ。

    さぞかし競い合ったんだろうなあ。これ着た人。他の服の人より優位に立ちたくて。
    そんな競い合う人のお手伝いを、ジャンヌさんはしてきたんだろうなあ。
    それもファッションの歴史のひとつであり、目をみはるようなドレスが生み出され、さまざまな技術が生まれてきたんじゃろうなあ。

    クリエイティブの部分より、フランスの手仕事のすごさに圧倒された展覧会。
    どんどんこの手の手仕事ができる人が減っているので、政府が援助して育成しようとしているらしい。
    日本でも刺繍とか織りとかどんどん減ってるし。
    やっぱり費用対効果を考えたら安くて簡単なほうに流れていくんだろうけど、ジャンヌさんがクチュールをしていた時代のように、そこにお金を払う人がいなければ、やっぱり成り立たない世界なんだと思う。
    頑張れ、日本のお金持ってる人。ちゃんと未来に残せる文化にお金落とせ。


    さて、その意味で、クリエイティブとクチュリエの関係がほんますげー! と涙たらたら流れた映画が今年あった。

    http://dior-and-i.com
    ディオールと私
     

    ディオールのメゾンに2012年に新しくデザイナーとして迎えられたラフ・シモンズ。ベルギー出身で、ジル・サンダーの男物の服のデザイナーだったっていう異色の抜擢。オートクチュールに、プレタポルテのデザイナー。迎えるのは筋金入りのアルチザンのクチュリエたち。
    双方が丁々発止しながら、でもお互いリスペクトしあって新しい物を生み出していくプロセスのドキュメンタリーで、ディオールのメゾンにカメラが入るのが許されたのは史上初らしい。

    ふんにゅああ。よかった。
    銀座でその前に開催されていた、ディオール展もすごくよかった。



    ディオールであまり辟易としなかったのは、ディオールとランバンが考えた「女性像」が違っているからなんじゃないかと思う。このあたりは書き出すと長くなるのでまたいつか。

    いやあ、いろいろおもろ。


    東京でもやってくれたらいいなあ。

    あ。
    でも去年上野であった「エルメス展」は、老舗のアルチザンの底力が見れるのかしらと思って張り切ってでかけたら、会場内が「バーキンどこ?」「ああ、この型番」みたいな物欲オーラで満ちていて、なんか息苦しかった。あれ、やだ。ああいう人が集まっちゃうなら、やらなくていい。


    ファッションって、ものすごいアートなんだと思う。

    すげーアートだなあって思って、ヴァン・ノッテンや、ゴルチエや、ランバンやディオールに触れたいなあって思う。消費じゃなくってね。



    今の自分が買えるもの、ちょっと頑張れば買えるものばかり見ていても心は伸びなくって、やっぱりどうやっても手が届かないものをきちんと見せてくれる場があるって、大切なことのような気がする。



    そして、そういう手が届かないところのものを担ってきた人たちが、ちゃんとそこで得た利益を文化に還元しているのが、この場所のすごさだと思う。

    こことか。



    去年ブローニュの森にできたルイヴィトン財団の現代美術を扱う美術館。
    ほいでここ。



    カルチエ現代美術財団。いずれも現代の作家の支援と、創作の場、市民とアートの交流みたいなことに力を入れている。


    創業者が利益で買い集めた絵を収蔵するために作られた美術館が多い日本の起業メセナも、どんどんこういう方向に行って欲しいなあって思うよう。頑張ってるところもあるんだけどね。もっともっといろんな形で現代の美術を応援して欲しいよね。
    なんかさ、小手先でちょちょいと費用対効果がよいように物を作ってしまう風潮があるじゃない。で、そういう人たちが作ったものが、いろいろあとから問題出て来たりするわけじゃない。剽窃とか含めて。そういうんじゃなくて、じっくり創造性とアートに取り組めるための手助けを、余裕がある場所にいる人たちがしてくれるといいなって思うよ。

    ファッションの展覧会おもろ。
    今年もいいものが見れました。パリさんありがとう。
    category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

    日本ではあまりウケない子がなぜこちらでもてるのか、というあたりがちょっとわかる気がしてきた

    2015.08.12 Wednesday 05:56
    0
      8月11日(火)
      今日はスミュールに住むお友達がパリに来ているというので、odeonで待ち合わせをしてごはんを食べた。パリで「タパス一番の店」というランクインをしているところらしく。
      いつもは長蛇の列なんだけど、今はバカンスだから空いててよかったー、って。そうか、バカンスのパリは多くのお店が閉まってしまって残念なことも多いんだけど、開いてるお店は空いてるし、朝晩の地下鉄もあまり混まない。ええこともある。

      ただ、バスは通常よりかなり本数が減らされているので、すごい待つよー、って。
      悲喜こもごも。

      さて、そんなパリでの滞在も残り半分となり。
      ちょろちょろと歩き回っていて思ったこと。

      女の子かわいいなああ。
      あー、というか日本でいう「あの子かわいいねえ」ってのがこっちの普通っていうか。

      きれいとかかわいいというのは、いろんな価値観があるものだけれど、フランスの女の子はあまり気合いを入れて飾り立てていない子が多い。きっちりと髪をセットしたり、スキのない化粧をしたり、ファッションがかっちり決まっているという感じよりも、こんな感じの子がよくいる。



      よく、っていうのは大げさか>笑
      だってこれ、シャルロット・ゲーンズブールだから。このレベルがよくいてくれても、困る。
      でも、なんか全体的にこんな感じ。無造作な髪、張り切りすぎない化粧、いい塩梅にこなれた服。

      16区あたりに住むマダムじゃなくて、普通に地下鉄で庶民的なところを移動しているマダムにも、はっと目を引く人はいるんだけど、その感じが独特で、なんだろうなあって思ってて気がついた。
      いい塩梅にこなれた服が結構ポイント高い。
      たぶん、流行最先端で今年買った、というものではなく、もう何年も繰り返し着てるんだろうなあっていう感じのワンピとかを、すごくいい感じに着ている。でも、足下ははっと目を引くような、新しい派手なサンダルを履いていたりする。
      髪型もとても無造作。

      私は今は、東京の女性が一番おしゃれなんじゃないかと思っているんだけど、でも、おしゃれだと目を引く人の中には、女性誌から抜け出て来たようにピシッとおろしたてのような服で身を固めている人がいて、髪も化粧もスキがなく、すごいなあと思うんだけど、でもちょっとはずかしいなと感じることもある。
      その人個人の個性というよりも、服やファッションのほうが主張している感じで。


      だから、くたりとこなれた服を着て、別におしゃれしているわけじゃないけどねという雰囲気で、独特の存在感を出している女性に出会うと、なんだかうれしくなる。パリにはそんな人が結構いる。
      (観光客も多いので、中心地からはずれないとなかなか遭遇できないけど)。

      で、顔の作りだけからいうと、この中でとりわけ目立って一目を引いて「きれいだ、かわいい」と思ってもらうのって、難易度高くね? と思ったりするわけです。いったいどういうレベルに達すると、「とりわけきれいだ」ということになるんだろうか。

      ハードル高っ。
      (いや、ファッションをキメキメにして、すごく手をかけて華やかなオーラを出せば断然目立つ>だってみんなほんと無造作だから>とは思うんだけど、顔の作りという部分で言えば、なんだか太刀打ちできないのう、という気になる)


      ちなみに、私がいるクラスにはイタリアやイギリスの子たちがいて、それがもう、どうしてこんなにかわいいん? ってほどかわいい。クラスメートの日本人の子と、毎日「今日もかわいかったねえ」と確認しあってる。そんぐらい、毎日かわいい(当たり前か)。

      激写するのも申し訳ないので描いてみた。



      ヘタでごめん。でもほんとにはっとするほどきれいな子がいっぱいいる。スタイルもいい。アメリカのきれいな子とは、ちょい違う。タイプがなんか違う。うまくいえないけど。
      いずれにしても西洋人、すげー。



      で、考えた。
      この中で、同じ価値観で横並びになるのは、もう圧倒的に日本人は不利、と。
      たとえばこの子は日本ではとってもかわいい! んだろうけど




      ここに混じったらどうだろう?って考えると、存在としてなんだか埋もれていく気がする。

      ほいじゃ、どうしたらいいかっていうと、こっちに行くしかないじゃろ? って気になる。



      日本ではあまり支持されなかったミスユニバースの森理世さん。

      優勝できなかったこちらの人のほうが日本人には受けるタイプじゃないかと思うけど。



      知花くららさん。


      ほいでもね、軒並み整った顔のこちらの女性の中で、はっと気づいてもらって、その独自性で心に留めてもらえるのだとしたら、やっぱり森理世さんみたいな顔立ちと存在感の人じゃないと、なかなか難しいような気がしてきた。わからんけど>笑




      突然自分の話を出すのもおこがましいのもいいかげんにしろ、ってことなんだが(それでも話すが)、こんな私でも、たまに海外できれいだと言われることは、ある。たいていはおっちゃんからだが。
      こないだも、おっちゃんに「belle belle」と言われた。
      でもそのおっちゃんがきれいじゃのうと言いながら指を指しているのは、私の目尻と、ほお骨なのじゃ。もう、ただそこに特化。

      森理世さんみたいにしっかりと頬骨が横にせり出していて、目がオリエンタルなこと。
      それ、こっちで「きれいだ」と言われる確率が高い。



      この人はもう、神話。


      がっしり頬骨で切れ長でつり目。
      それは日本で「かわいい」と言われる人のタイプじゃないわけで、そう考えると、欧米の人が連れ歩いているアジア系の彼女のタイプが、日本的に「かわいい」「きれい」と思うタイプと少しずれていることがあるのも、すごく納得できる気になる。

      欧米の男性の中には、私が勝手に「アジ専」と呼んでいるアジア女性が特別に好きな人が一定数存在するんだけど、オリエンタルでエキゾチックな感じがいいんだ、ってことらしい。その「エキゾチック」を感じる視点が、日本人と欧米の人とではちょっと違うのかもしれない。



      私はこの人は海外の人と結婚するんじゃないかー? と思っていたけど



      日本の一般男性と入籍されたそうで、ほんまめでたい! おめでとうございます!!!

      彼女、海外で大もてだったらしい。澤さんみたいのがエキゾチックな「美人」。
      あ、あとアメリカではイチローよりも松井のほうが断然「いい男」って言われたらしいよ。

      美の基準っていろいろだけど、その人が置かれる環境によってもすごく変わるような気がする。


      私、自分の切れ長っぽい目がすごくコンプレックスで、なるべく丸く見えるように化粧をしてきたけど、もしこちらで暮らして行くということになったら、がんがん切れ長にしてしまうかもしれない>笑
      どこにいても自分のありのまま、何も変わらないという人もいっぱいいると思うけど、私はなんだか、いろいろ考えて変えていくのを楽しんでしまう気がする。で、そう思ってみたら、パリ在住が長い日本のおばちゃまの中に、なぜこの化粧? と思う人がいるのも、ちょい納得したりする。やっぱりそれは、この場所で生きていくためのアイデンティティなのかも、と。
      そうやって、どこに身を置くのかということで、自身も何か変わっていくって、すごくおもしろいね。


      なんてことを考えながら、今日はお友達とカウンターでワインとタパスでおしゃべりをして、バカンス時期のパリを満喫した。




      小皿で居酒屋さんみたいに食べられるところが少ないパリだけど、最近はこの手のお店が結構流行っているらしいです。

      おいしかった、楽しかった。
      真ん中にある緑色のは、緑のピメントって書いてあったけど、まんまししとうでした。しみるようにうまかった。パリでししとう焼いたのつまみながらワインって、もう至福っぽ。

      戻ってから出たキュビズムにまつわるconferenceも非常に面白かったです。

      まあ、どうでもいい話でごめんなさい>笑
      いろいろ間違った解釈が含まれているかもしれないのですが、たまさか滞在している人間の与太話として聞き流してくださいな。

      明日はイエナのマルシェに行ってみようと思います。
      category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(4) | - | -

      フランスに来たのならゴムは必ず持っていないとだめ、と言われたんだけど、それって。。。。

      2015.08.11 Tuesday 05:45
      0
        8月10日。
        あたふたと最初の授業の一週間と週末が終わったばかりという気がしていたんだけど、気がついたら合計で48日間の滞在なので、あと3日で半分が過ぎることになる。ということに気がついて、なんだかびっくりした。

        まだまだ子どもが小さくて仕事中心の生活だったころ、ものすごく時間とお金を工面して、子どもの面倒を両親に平身低頭でお願いして、なんとかパリへの8日間の旅を確保したとき、それを話した友人に

        ”え? 8日間だけ? なんで? せっかく行くのにもったいない。行くなら2、3週間ぐらい行けばいいのに”

        とするりと言ってのけられ、軽く傷ついた(笑)ことを思い出す。
        行けるわけねーだろ。ってか、ほとんどは2、3週間海外旅行をしてくるなんてほとんどできねーんだよ。何なんだよ、その感覚。。。。。
        と、なんだかやるせないような腹が立つような不思議な気持ちになった。

        ほいでも、今だったら同じ事を考えてしまうかもしれない。いや、誰かに対して なんで? なんて言わないけど、自分に対しては「8日間じゃもったいないかも」って思うかもしれない。
        経験値って面白い。なんだか、いろんな枠がぐにゃぐにゃと変わっていくというか。
        次は3ヶ月ぐらいいても大丈夫な気がしてきた。いや、現実はそんなに簡単じゃないけど。
        そう思うにつけ、いろんな制限がなかった若い時代に、まとめて海外に滞在してみたかったなあと思う。
        すごく、素敵だよね。そういうの。枠が変わる。
        ま、今からでもいいや。ぐにゃりとできれば。


        というわけで、大学は1週間目。でも滞在はそろそろ半分。

        そんな大学の1週間目。

        まず担当教授に最初に言われたのがタイトルの言葉でした。



        みんなゴムは持ってる?

        フランスに来たなら、ゴムは必需品よ。

        必ずいつも持ってきてね。




        え”

        ゴム?
        えっと、ゴム?


        へ? なぜ。




        と一人赤面してた私が次に目にしたのは、センセが高々と掲げている消しゴムでした。

        すんません。
        大人なもんで。




        あー、そういえば前からいろいろ聞いてはいたなー。
        それかー。


        フランスでは、テストやレポートの用紙の中に、誤字脱字を直すための横線とか、書き足しのためのVみたいな記号とか、前後入れ替えのにょろり棒とか、その手のものを決して書き込んではいけないとう鉄則があり。

        ぐにぐにと線で消したり、黒く塗りつぶしたりしたものを先生に提出するのは、先生に対してとても無礼だということになっています。

        なので、提出物は必ず


        クレヨンで書いてね


        ということになる。クレヨンというのはフランス語で鉛筆のこと。
        そしてゴムも必ず持っていること。

        さらに。



        書いては消し、書いては消しを繰り返して汚くなったものも提出したらあかんので、


        余分の紙に必ず下書きをしてから書き写すこと


        というのも鉄則となっている。

        こっちでフリクションペン展開したらよく売れると思うよー>PILOT
        消しゴムもいいのがないし。
        あ! 無印のノートが5冊で6ユーロで売っていて、すごくいい紙の高級品となっているらしい。
        とにかく、日本の文具偉い。
        話ずれた。



        あともうひとつ。
        教室内での飲食は厳禁。
        Coffeeを手に入ってきた生徒、Coffee捨てに行かされてた。

        あとガムや飴で口をもごもご、くちゃくちゃしてちゃだめ。
        この手のことはとても malpoli つまり教師に対して無礼ということになっており、アメリカにいたときみたいに、もうどこでもかしこでも飲んだり食べたりし放題という風景はどこにもないのであった。

        あ、でもパリではスタバみたいに紙コップになみなみCoffeeを入れて蓋をして持ち歩いているという人はほとんど見かけないなあ。
        カフェはカフェで飲むものであって、携帯するものではないらしい。そのあたりも、国によっていろいろ風景は違うものじゃなあと思う。

        ということで、今日は文法の試験があった。
        で、その後3時間ほど時間をつぶして、夕方からはカンファレンスに出た。

        今日のテーマは アポリネール。
        ちょうど先日訪れた洗濯船を舞台に、アポリネールを取り巻く芸術家達と、その後に印象派からキュビズムに以降していく時代の話を、絵画と音楽と詩を交えて。もう、むちゃくちゃおもろかった。明日はキュビズム。めちゃ楽しみ。

        私のフランス語はまだぜんぜんなっていなくて、キホン文法もすっかり忘れており、流暢に話せるという段階ではない上に、聞き取りがとても苦手だ。
        ほいでも、それでも、アポリネールのカリグラムやセザンヌの多視点構図の話はフランス語で話されてもわかる。そしてなんとかパリで一人暮らしをして生きている。

        東京の友達が言ってくれた言葉だけど

        「できるようになったら、なんて考えていたらいつになるかわからないよ。やりたいことがあったらやってみなくちゃ。やっていたら、できるようになるよ」みたいな。



        言葉ができるようになったら、これをやろう、あれをやろうって思ってたところがあったけど、不完全でもやりたいことさえあれば、なんとかなるものなのかもしれない。
        とりあえず、ゴムを持ってきてテストを受けることはできた>笑

        あー、でももうちょっと頑張ります。



        カンファレンスまでの時間をつぶしたチュイルリー公園の夏の風物詩、移動遊園地。
        30年前にはじめて来たときと、ほとんど変わってない。
        あー、ちょっとだけハイテクなのも増えてたかな。
        でも、キホンは変わってない。すごいよ、このレトロ感。
        新しいもの、清潔できれいなものが好きな人には、どうなんかなー、この街はと思うこともある。

        でもそんなパリが好き。

        明日も適当に頑張ります。

        おやすみなさい。
        category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(1) | - | -

        ただ街を歩いてカフェをみつけてコーヒー飲んだりする。それ以上の何がある?

        2015.08.10 Monday 06:54
        0
          というのは、先月新宿の想い出横町で飲んでた時に、カウンターの隣に座ったオーストラリアから一人で来たという男性が言った言葉。

          最近想い出横町あたりは外国人の旅人らしき人たちの一人飲みがとても多く、餃子のことを「gyoza」と書いてあるだけのこのような店に一人で入るのも勇気がいるのではないか? メニューわかるのかなあなんて話してたところ、話しかけてきたので
          「なんでこの店に入ったの? ガイドブックに出てるの?」と聞いてみた。

          いや、ただ歩いてていいなと思ったから。

          へー。勇気あるね。
          日本にはなぜ来たの?

          日本、好きだから。

          そかー。明日はどこを回るの?

          原宿。

          原宿? 原宿で何するの?

          ただ街を歩いてカフェをみつけてコーヒー飲んだりする。

          え? それだけ?

          僕は日本が大好き、東京が大好き。だから、そういうことをしに来た。それ以上の何がある?



          なんか、旅は観光地を回るとか、特別な目的があるものだと思い込んでいた私たちは、ちょっと虚をつかれたけど、しみじみとその通りだと思った。

          ほいで


          今日の私はそんな感じだったのでした。




          今日は日曜日なので、ほとんどの店は閉まってる。
          フランスは日曜日に営業すると、罰金取られるんだよー、地区によって。

          日本の人に、パリは日曜日にデパート閉まると話すと、
          「え! なんで? かきいれ時なのに」と驚く。
          逆にフランスの人が日本に来て日曜日になると、お店がぜーんぶ開いてて驚くんだって。
          便利でいいねえ、すごいねえ。

          それでもね、不便なことって、慣れてしまえばそういうものだと思って順応してしまう。
          逆に、不便であることによって生み出されて行くものも多い。そんなことはまた書く(ほんとか?)


          ということで、昨日メッスまで行って疲れたので、お昼過ぎまでは洗濯などしてたらりんと過ごし、でも、このままではいけないと思って、散歩に出かけた。
          どこ行こうかなー。

          調べたら、Bercyの集合店舗 Bercy village は日曜日でも営業している、とネットに書いてある。
          短期の旅行で日曜日が挟まってしまい、お土産などを調達するのに困った時はここに行け、と書いてある。なので行ってみた。




          つまんなかった。




          こういう、あとから作られた感じのショッピングモールみたいのは、日本にもいっぱいあるからつまらんのだ。
          もう行かない。

          でも、その後ろにはBercyの公園があって、ここ、いつも通学でメトロから見える(この区間だけメトロは外に出てセーヌを渡る)ので、いつか散歩してみたいと思ってたんだー。
          雨降りの天気予報が外れ出しているので、ぷらぷら歩いた。



          休日の広い広い公園。フラワーガーデンや、ワイン畑や、池やなんかがいい具合に混ざり合って、どんな人にも居場所がある公園。こういうところ、好きだなー。



          いい気分でのんびり歩いて、セーヌを渡った。ここにはちょっとお気に入りの、人しか渡れない橋があって、すごく気持ちがいい。そして、その気持ちのいい橋のたもとには、クルーズ船がカフェになったようなお店が並んでいて、外のデッキチェアでみんなそれぞれ好きなように寝そべったり、お茶を飲んだりしてくつろいでいる。



          中心部にもこういう場所はあるけど、観光客も多くてちょっと落ち着かない。
          ここは大きなミッテラン図書館と公園に挟まれたパリの端っこのセーヌ河岸で、いい具合に落ち着いていて、とっても気持ちがいい。

          そんなもんで、ここでビールを買って1時間ぐらい本を読んでみた。



          まあ、こういう風景の写真を撮るのもこっぱずかしいので、ちょろりんと撮ったから、たいした写真じゃない。ぼけてる。


          それでもね、なんか河岸でデッキチェアでのんびり本を読む、なんてことがしたくて、そうだ、私パリに来たんじゃないのかな? と一瞬思って、そして冒頭のオーストラリアの男の子の事を思い出した。


          それ以上の何がある?



          ただ歩いて、ちょこっと買い物して、よさげな場所をみつけてビールを飲み、たいして読まなくてもよいような本を読み、ぼーっとしながら道行く人を見て、あとはちょろりと居眠りをして。
          好きだなーと思う場所だったら、それだけでもう、十分なんだね。
          あの子の言ってたことが、ちょっとわかった気がした日曜日の午後。



          明日は大学のテストなので、ちょい勉強はせねばなるまいと思い、重い腰を上げて橋に戻ったら、目の前に大きなグリーン&ペットショップがあった。ここは日曜でもやってるんだなー。ってか、日曜日なんだから、こういうお店は空いていて欲しいよねえ。



          アメリカでもそうだったけど、当然、ペットショップにはペットは売っていない。あるのは餌とかトイレとか。
          子犬や子猫がショーウィンドウで売られているというのは、異常な風景なんだと思う(自分もペットショップで愛犬を買っておいて何を言うかなんだが。。。)

          そして、日本とのもう一つの大きな違いは。









          犬猫の「服」を売ってない。

          服着た犬なんて観た事ないや、こっちで。
          私しゃ、こっちのほうが正常だと思うがね。(って、自分でも冬は愛犬に服着せておいて何を言うかなんだが。。。)


          そしてもう一つ思ったのが



          植木鉢が。



          植木鉢が。





          かわいい。
          色構成が根本的に違う。
          これはこっちの太陽の光の下できれいに見える色で、日本のちょっと湿気を含んだ青っぽい光の中では、あまりきれいに見えないようにも思う。でも、この色の感性はちょっと好きだ。



          好きな街で、ただ歩いて、よさげな場所をみつけてビールを飲み、ふらりと入った店で「へー」って思うようなことを見つける。


          それ以上の何がある?(C)オーストラリアの男子@晩酌や




          そんな日曜日でした。
          明日はテスト。休んじゃってもいいや、という気分。文法の勉強なんて、さほど真剣にやらずとも。。。(以下自粛)

          おやすみなさい。


           
          category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

          日本では”潰す”けど、アメリカやフランスでは”殺す”もののことについて、今日はしみじみと考えた

          2015.08.09 Sunday 05:33
          0
            8月8日 土曜日。
            まだ元気なうちの休日にぜひ行っておきたいところに、往復100ユーロのTGVの交通費を払ってでかけてきたー。それはここであります。



            じゃじゃーん。ポンピドゥーメッス。
            パリからTGVで1時間20分。ドイツロレーヌ地方との国境に位置する街で、パリよりはルクセンブルグから来るほうが近い。

            え、じゃあこのまま列車に乗ればルクセンブルグにも行けるってことか!
            それ、いつか行きたい。


            ここはパリのポンピドゥーがもう収納しきれない美術品を展示するために2010年に新設された建物で、設計は日本人の坂茂さんがしている。日本ではザハのスタジアムをめぐっていろんなことが起きているけれど、日本の建築家だって優秀だ。一見奇抜にも見えるフォルムだけれど、内部に入ってみるとこれがいかによくできた構造かっていうのがよくわかる。
            フランスは「ヘキサゴン(フランス風に言えばエキサゴン)」とも言われる六角形の土地。この建物も六角形。

            土地へのオマージュと美術品収蔵へのリスペクトが現れれば、建物はその場に受け入れられる。よかったよ、この建物。すごく。


            そんで、中もすばらしかったんですよ、はい。
            私ね、美術館で絵を見て泣いた事はあるけど、美術館そのものの存在に涙が出たのは初めてかもしんない。
            なんだろう、この贅沢さ。文化と芸術のあり方。



            そして子どもが楽しそうに、とても真剣に、美術館の中に存在している。いっぱいいたよ、子ども。で、親がすごくよく説明しているて、それを真剣にみんな聞いてて、楽しんでいる様子が伝わってくる。



            ジョンケージの音楽の中、ウォホールのシルバークラウドで遊ぶ子ども。なんじゃい、これわ。うちの子もさせたかったわ、こんな体験を、こんな場所でっ!!!


            フランスのすごいところは、古いもの、気が遠くなるほどの歴史の中で積み重ねたお宝のようなものを抱え込みながら、新しい芸術や文化への才能もどんどん巻き込み、壮大にmelange(混ぜこぜになった)文化を構築していることだ。
            ルーブルにあるような美術品もいいけれど、ここには現代を生きている芸術家たちの作品が、それもぴか一のものがひしめいている。もうね、言葉で言えない。おれ、泣いた泣いた。
            うれしくて。
            ぜいたくで。
            感極まって。


            ありがとう、ポンピ。



            それでタイトルに戻る。
            日本では潰すのに
            アメリカやフランスでは殺すものってクイズ。
            答えはなんでしょう。


            答え




            時間。



            時間を潰すって、英語でもフランス語でも 時間を殺す って言うんだよね。
            殺す。

            その殺す、ってことを今日はいっぱいしました。

            倹約して安い便を取ったから開館の1時間前についてしまい。
            そして、館内で感極まって4時間半も滞在してしまい、こんがらかった頭をほぐすためのぼんやり時間が必要になり。
            夕方の列車の時間までの時間もかなりあり。



            美術館の中庭のソファーでどんくらい座ってたんだろう。空を眺めて。
            スケッチをして。
            ぼんやりして。

            大好きなおじちゃんが言ってた言葉がまた心に戻ってきた。

            いづみちゃん
            創造的なことのほとんどは
            ぼーっとする時間から生まれるんだよ。


            ちゃんとぼーっとしてるかい?
            たくさんぼーっとしなくちゃだめだよ。




            東京では、ぼーっとしようとしても、仕事以外でもいろんなことが頭に浮かんで、いろんな約束が生まれて、いろんな家事や用事が目について。ほんとうにぼーっとしていられることって、実はとっても少ない。
            ストレス解消とかリラックスとか気分転換とか。そういうことじゃなくって、ぼーっとするってことが、あまりできていないなあってよく思う。

            今日、ほんとのほんとぼーっとしながら。
            ああ、東京の暮らしになかったのは、「時間を殺す」ってことだなーってちょっと思った。
            殺すだけのたっぷりとした時間がない。
            そう考えると、時間を殺すってすごくぜいたくなことなんだなあ。
            学生のときにはいっぱいあった。

            今は、ない。


            と、ここまで書いてやっぱり、「時間を殺す」っていう表現はぜんぜんイヤなので、「時間を潰す」に戻します。
            日本人はね、やっぱり殺しちゃいけないよ。うん。

            英語でKILL フランス語でTUER。
            なんで殺すなんて言葉を組み合わせたのかな、時間に。
            深く考え出すと、「潰す」と「殺す」の感性の違いにちょっとひるんだりもする。

            ま、とにかく、情報収集をしたり、勉強をしたり。
            そういうのも大事だけれど、そうしたあとはぼーっとしなくちゃいけないんだよね。
            その時間で、何かが生まれて来る。創造的な部分が働き出す。
            今の子たちは本当に忙しくて、その、創造的なところが動き出す、という「潰す」時間が足りてないんじゃないかなーって思うこともある。

            とにかく、このポンピのメッス君は、一年間好きなだけ来てよし! というパスが33ユーロで買えるのだ。28歳以下ならタダだぜ! おれ、ここに住む。そしてここでぼーっとする。人の創造性の生み出した奇跡的な宝物に囲まれながら。




            ちょっともう、言葉ではうまく言えないんだけど、今やってる企画展の
             

            Warhol Underground

            http://www.centrepompidou-metz.fr/warhol-underground#onglet-0

            ウォホールアンダーグラウンドが、もうかっこよすぎて、素敵すぎて、さぶいぼたって、腰が抜けた。たぶん、展覧会では人生で一番震えた。こんな展覧会、日本でもやってくれないかなあ。
            NYあたりからの巡回かと思ったんだけど、どうもポンピの企画展みたいなんだよね。ベルベットアンダーグランドとか、ジョンケージとかさああ、もうこの時代のこのエッジーな事件のようなものの真ん中にフランスで放り込まれるって、何。

            ポンピ万歳。

            ポンピ偉い。


            何より空いてる。
            ルーブルとかオルセーみたいに並ばなくていい。
            日本の企画展みたいに、ぞろぞろ列になって、一定時間で観なくちゃいけない(私、これほんとに苦手なんだよねえ。絵は好きに観たい)なんてこともない。
            一日いても何も言われない、何をしていてもいい。

            そういう場所で時間を潰すって、最高の贅沢。



            ちなみにメッスは街もすごく大きくて賑やかで素敵で、大聖堂にはシャガールのステンドグラスなんかも、ある。そしてドイツの国境なので、ドイツっぽい料理や、気さくなカフェなんかも山盛りあって楽しい。冬はクリスマス市も有名らしい。ちょっと偉そうにオススメしてみる。


            ということで、今日はお宝の中で時間を潰したことにより、なんだか眠っていた自分の中の創造性みたいなものが、ちょっと元気になった休日でした。

            5時起きしたので疲れた。
            時間を潰すのにも、体力はいることもわかった>笑

            おやすみなさい。
            category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(3) | - | -

            「ピカール」っていう冷凍食品屋さんがあるんだけど、それ、イオンが言う高級食材じゃないと思う。

            2015.08.08 Saturday 06:49
            0
              フランスの冷凍食品専門店、「picard」(ピカール)をイオンが日本に上陸させたそうですが(まだ行ってない)、ピカールといえば、パリ歩いててもどこかしらで遭遇するとっても不思議なお店です。

              最初前を通ったとき、ここは一体何なん? とぜんぜんわかりませんでした。お店? 倉庫? プール? お掃除会社?

              なんか、すごく殺風景な店内に腰高の冷凍庫(蓋は上に開く。日本の冷凍食品みたいに本屋の雑誌みたいに並べた展示じゃなくて、ほんと倉庫の冷凍庫にずらっと入ってる感じ)がただただ延々と並んでいるだけ。道に面した場所は小さく窓があるだけなので、一見難のお店か本当にわからないわけです。飾り気ないし。

              でも、それでもすぐピカールのお店ってわかってしまうほど、フランスでは冷凍食品はポピュラーってこと。

              ホテル滞在の旅行者ではレンチンもできないのでお世話になることもないのですが、アパート暮らしになったらこれほど便利なものはにゃい。ということで、今日はピカールで調達してランチ。

              いやね、最初は中華街に出向いて、一人で焼きそば&ビールでも行ってみるかねと思って、place de Italyで途中下車したのだけれど、ピカールが目に飛び込んできて、ついふらりと寄ってしまい、並んでるものにすっかり心奪われて、買って帰る事にしちゃった。
              買ったのはこれ。



              蒸し野菜の混ざったやつ。このままチンできる。1,4ユーロ。
              ちょいうまそうだと思ったミートグラタン。けっこうでかい400gもある。3.5ユーロ。
              奥にあるのがフォー。外で食べようと思ったけど、8ユーロしたのでこっちにすることにしたんだけど、これは結構高くて3.5ユーロした。異国料理系は少々お高め。

              アパートに戻って、野菜をまずチン。4分ぐらい。



              で、量はこんくらいある。日本人なら夫婦+幼児分がまかなえそうな量。



              ハム一枚さえあれば、一気につけ合わせで豪華な一皿になる。
              余計な味付けがないのがすげーありがたい。いろいろ使い回せそうだし。
              これ1、4ユーロなの。180円ぐらい?

              フォーとかグラタンとか、そのあたりはこんどallaboutにも書こうと思ってるので、またあとでねー。



              それでね、奥さん。
              私がとても不思議なのが、このピカールが日本に入ってきてるらしいんだけど、どうやらそれは「高級冷凍食品」というカテゴリーで展開しているみたいなのね。

              http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150120/1062234/?ST=lifex

              見てよ、この記事。

              高級食材のカテゴリーで、並ぶのはフォアグラのステーキ2000円、モアローショコラ700円、タリアッテレ908円。

              モアローショコラは冷凍食品だけど、レンチンじゃなくてオーブンで焼き上げるものなんだけど、イオンの人はこう言ってる。

              ” 焼いている間にシャワーを浴びたりサラダを作ったりしていると、オーブンからおいしそうな香りが漂い始め、食事への期待感も高まってくる。今晩はちょっとオシャレにテーブルセッティングしようという気になるのがピカールなのだ。

              「オーブンを使ったことがないお客様は多いのですが、調理方法をご説明すると、ピカールでオーブン・デビューしてみようと逆に興味を持って購入していただいています」(イオンの冷凍食品事業プロジェクトのチーフを務める小野倫子さん)とのこと。”


              これを食べるためには、オーブンも買わなくちゃいけないらしい。
              そして

              ”フォアグラの付け合わせには甘いフルーツも合うので、薄く切った洋梨や皮と種をとったマスカットを添えるとおしゃれに仕上がる。ワインとバゲットを買って帰り、シンプルなグリーンサラダでも添えれば、30分で素敵なフレンチディナーが完成する。”


              らしい。




              なにこれ。
              なに、このアウェイ感。



              いや、この記事が悪いんじゃなくて、この記事にはちゃんとピカールがなぜフランスで支持されているかという理由が書かれている。それはこういうこと。

              ”フランスは女性(15〜64歳)の就業率67%、そして女性1人が持つ子供の平均は2.05人とアイルランドを除いて欧州1位の国だ。日本に比べると休暇や児童手当が充実し、保育園の数も多いなど、働きながら子育てする環境は日本より恵まれているが、2人以上も子供がいると朝晩の食事の準備は大変だ。そこで時間をかけず、安心安全でおいしい食事を子供に食べさせたいと思うとピカールは最適なのだ。”



              普通にこっちでピカールを覗いて歩いていれば、まっさきに目につくのは豊富な素材たちだ。

              私が買ってきた蒸し野菜なんかも、そう。それが安く手に入る。
              素材についても、Bioのカテゴリーも揃っていて、こだわる人も安心して買うことができる。で、Bioでもそんなに高くない。



              あ、また横になっちゃった。なんで?

              まあ、とにかくフランスの家庭料理で必ず付け合わせについてくるような、ポテトや輪切りの人参(ボイルしてある)、大袋に入った玉ねぎスライスの冷凍、数種のマメをミックスしたもの、数種の根菜のミックス、サシェ(袋)に小分けにされて、そのままレンチンすれば一人分の蒸し野菜になるミックスなど、もう、これあったら便利でええわー! っていうものがどっさりとある。

              で、上見てもらうとわかるけど、Bioでも大袋で2ユーロとか3ユーロ代で、気軽に買える。
              野菜は下ごしらえも保存も面倒だから、こういうの、ほんとに助かるでしょ。切ってあるし。ゴミでないし。残っても腐らないし。
              で、冷凍のほうが保存料とか必要ないので、加工食品よりずっと安心なのだもの。


              そして、その次に並ぶのがこんな気軽な冷凍食品。



              タリアッテレ2ユーロですけど。
              ま、もっと高いのもあるけど。
              で、これが意外といける。

              そして、最後に並ぶのが、いわゆる「フランス風」の完成した料理の冷凍。たぶん、フォアグラのソテーなんかはここに並んでいる。ほか、舌平目や白身魚がクリームやトマトソースでいろんなバリエーションで調理されたものにはじまり、もう、レストランに来たのかー? ってぐらい多様なメニューが並んでる。
              このあたりが、7ユーロとか8ユーロっていう価格がつき出す。

              でもね、別にピカールに限らず、フランスのスーパーにはかなりおいしい冷凍食品が並んでいることが多い。高くても、5ユーロぐらいでそんなもんが買えてしまう。
              日本の冷凍食品との大きな違いは、

              それで完璧に一皿になること。

              たとえば白身魚のエストラゴンクリームソース、なんていうメニューがチンしたらそのままお皿に出せて、2人分で3.65ユーロなんてことになる。
              帰宅してすぐ、これチンして皿にだし、前に書いたサラダミックスでもボウルに放り込んでバゲット出せば、とりあえずは何かにありつける。たぶん、コンビニ弁当より健康的。



              そういう立ち位置で愛されているわけで、イオンさんが言ってる

              ”フォアグラの付け合わせには甘いフルーツも合うので、薄く切った洋梨や皮と種をとったマスカットを添えるとおしゃれに仕上がる。”


              って、もうあまりに非現実的すぎてどう考えていいのかわからない。
              あ、それもありなんだけど。
              パーティとか来客で、そういう使い方をしたらとっても素敵なわけで、そうも使われている(と、こっちの人は言ってる)んだけど、でも何かが大きく違っちゃっている気がしてならない。


              日本の冷凍食品も優秀だけれど、それだけで家族3人分の食事が安い価格で完成する、というようなものが少ない気がするー。
              お弁当用だったり、一人暮らし用だったり。
              あとはしゅうまいとか唐揚げとか。
              単体では成立しないものが多くて、素材の冷凍に関しても単体が多いから、チンしても何か調理はしなくちゃならない。

              フランスでピカールが愛されているのは、安くて簡単で安全に、忙しくてもとりあえずはかっこがつくってあたりで、別にグルメの国から高級冷凍食品が上陸! ってことじゃないと思うんだがなあ。


              ま、好きな人はイオンで2000円出してフォアグラのステーキ買えばいいと思うけど。

              イオンのもくろみは

              ピカールは日本の冷凍食品にはなかった『食卓を楽しむ』という切り口で新しい市場を作り出すきっかけとなるのではないでしょうか。”



              ということらしくて、小金持の熟年層狙いっぽい。どう考えても年収の低い子育て世代が、1000円近くするタリアッテレを買って食べると思えないし。


              食のマーケティングや開発って、どこを見据えてやっていくのかって大切な気がする。
              前の日記を書いたとき、それでも日本食が健康的だし、日本食を食べたいから手間がかかっても調理するって人もいっぱいいるよねー、って思ったけど、ちょっと工夫した素材の売り方をしてもらえたら、手間がかからず日本食も安くおいしく安全に食べることができると思うんだよね。

              節約、おいしい、安全

              というものが、調理する人間の度量と比例するというような考え方が見え隠れするようなことがたまにあって、でもそれは素材の提供のされ方でちょっとは楽によい方向に向くんじゃないか、なんてことを考えたピカールごはんの日でした。

              輸入だから多少高くなるのは仕方ないけど、本来の目的や愛され方から乖離した売られ方じゃないのがいいなー。小金持さんがワインとバゲットなんか並べてプチ贅沢したいがためのものじゃなくって、短時間調理でも子どもに安全なものを食べさせる、っていう思いも、ピカールが愛されている理由だと思うのね。
              たまたまそれがフランス料理(といってもレストランに並ぶようなものじゃなくて、もっと家庭的なもの)だったから、高級食材に見えるのかもしれないけど、同じことが日本食でだってできる気がするの。
              日本のメーカーさんも、こういう感じに作ったら愛されるような気がするよー。

              あ、パッケージがおしゃれってのも大事っぽい。

              あ、私のアメリカの友達はね、アメリカ人のパパがお味噌汁をまとめて作って冷蔵庫に入れているんだって。で、朝はそれをチンするんだって。
              日本人からしたら、「ミソの香りが」とか「それじゃアカン!」とかいろいろ言いたい人もいるだろうけど、でもミソスープは体にいいから! ってパパの思いは、それでも十分通じてる気がするんだよね。

              そんなこと聞いたら、なんかみそ汁だって冷凍キューブがあってもいいような気がしてきた>笑
              煮魚が付け合わせの野菜まで一緒に冷凍になってたらいいなー。セブンのレトルトなんかじゃなくって。
              いろいろ欲しいものあるなー、日本でも。

              またいろいろ買って食べるよー。
              ピカール楽しいよー。
               

              category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(4) | - | -

              3.5ユーロの学生食堂とモンパルナスの銅版画工房

              2015.08.07 Friday 05:45
              0
                昨日ちょっと弱気な日記を書いたら、結構心配してくれた人がいた。

                まあ、そもそも異国で流暢でもない言葉のみで大学に通いだして3日目、なんて状態では誰だってちょっとぐらいは疲れたり弱気になったりするもんだ。自分、その意味ではかなりけなげに順応しているほうだと思う。何よりも好きな国だし、好きな言葉だし、あとは似たような経験値があったりすることは大きい。

                なので、心配しないでね、大丈夫だよう。

                たぶん、ちょい疲れ気味になったのは、ここがヨーロッパで、しかもパリで、どうやっても日本人にとっては「区別される」という体験が小さく積み重なるからだということを感じてる。
                はじめてパリに来た(もう30年ぐらい前かもー!)時には、明らかに「差別」されているのをひしひしと感じて、ほんとうに「すごいわ、それ何?」的な体験を山ほどしたけど、今は当時に比べれば雲泥の差。

                それでも、やっぱり「区別」はされる。
                その区別のされ方が、稀にあからさまに出ることもあって、そういうのが重なるとやっぱりちょっと疲れるんだな、きっと。



                さて、そんなお疲れ気味の3日目からうってかわり、当初予測した通り、今日から元気が戻ってきました。

                まず、学生食堂を教えてもらった!!!
                (もう、受付とか学校が教えてくれるということはないことがわかったので、行ったことがあるという子に”連れてってええええ”とぶらさがって教えてもらった)。
                今いる教室からは、歩いて駅3個分ぐらいあり、ここに? なぜ? というような場所に独立して存在しているので、教えてもらわないとわからない。

                毎日メニューが変わって(肉か魚かは選べる)3、5ユーロだって。日本だとワンコインでおつりが来るぐらい?
                量半端ない。私は取らなかったけど、あとデザートとか前菜とかまだまだ増やせる。



                食べきれなかったので、パンと洋梨は持って帰ってきた。クラスメートは、りんごとか取ったものを持ち帰って朝ご飯にしているそうだ。で、りんごをこっそりとバッグに入れた。お、それいいやん。

                私も真似してパンと梨はバッグに入れた。ってか、食べきれないし、メインだけでお腹いっぱいで。



                パリは外食が高い。素材は安いのに、カフェとかランチとか恐ろしい値段だ!! だからパリジェンヌは痩せているんか。。。。。

                と昨日書いたけど、こうしてお金がない学生とか、街の浮浪者とか、そういう人にはちゃんと食いつなげるようなシステムがあるっていうのは、えらいもんだと思う。
                ちなみに学生はランチ3、5ユーロで、教室の近くにあるカフェでは自販機でコーヒーが0.35ユーロで買える。パンを余計もらって持ち帰ったりすれば、朝食から昼ご飯、コーヒーまでが4ユーロ以下で済むわけで、それだったらなんとかやっていけそうな気になる。

                ま、日本も学生食堂は安いしね。
                ただ、浮浪者という存在は、かなり違う立ち位置にあるようなする。いや、それ並列するもんじゃないだろ? かもしれないけど。
                パリの浮浪者についても、いろいろ思うところ、すげえなあと感じるところが多々あるんだけど、またそれは今度。



                さて。
                クラスメートとランチしてから、私はモンパルナスのDidot通りにある、銅版画のアトリエを尋ねることにした。

                ここは一版多色刷りの巨匠でもあったヘイターという人が開いた工房。戦前は岡本太郎もここで制作したそうだ。その工房を引き継いで、今はエクトールという人がアトリエを運営してる。以前いろいろパリの工房を調べたとき、ここ、行ってみたいなあ、こんなところで銅版画の制作を、じっくりと腰を据えてやれたら素敵だなあ、なんて思ったところ。

                ただ、縁もゆかりもない場所で、突然尋ねてもなあ。。。。と思ってたところ。

                それはそれはいろんなおもしろい縁があって、小さくつながることになった。



                なので、今日の午後はぽっかり空いたので、地図を片手に尋ねてみたよ
                メールは入れておいたんだー。見学できますか? バカンスで閉まっていませんか? って。
                開いてるのでどうぞ、と返事があった。でも、ちょい、勇気はいった。



                空が青くて、きれいで。モンパルナス墓地をてくてくサンボしながら、ダゲール街を抜け、Didotを目指す。
                (ちょっと写ってしまった指は見逃して>笑)


                むかーしむかし。
                夢みたいだと思ってたこと。フランスで美術の勉強をするとか、フランスでお料理を習ってみるとか(もちろん、フランス人にフランス語でね)、いろいろそんなことがひとつづつ小さくかなっていき、ちょっと前なら到底無理だと思っていた、パリの工房で版画の制作をしてみる、なんていうことが、もしかしたら実現するのかもしれない、というような。

                今日はそんな小さな一歩があった日でした。



                ヘイターが使っていたプレス機。
                ヘイターの作品が刷られたプレス機。
                そっとハンドル触ってみた。ヘイターと握手。


                エクトールはとてもいいおじいさんで、快くいろんなことを説明してくれて、とにかくおいで、待ってるからねと言ってくれた。
                スペインやイタリア、ドイツの人なんかがここに来て、制作していくそうだ。
                最低単位が3ヶ月。
                少なくとも3ヶ月、日本を留守にする勇気と周囲への調整ができなければ、かなわない夢。
                以前なら到底無理って思ったけど、今ならできるんでね? って思えたりするー。

                そして、思いつきででかけた今日という日の、午後の時間に、パリ在住30年という日本の女性が制作をしていて、いろいろアドバイスをくれたりもして、来るときは連絡してって言ってくれた。なんか、ほんとにいろんなことに導かれているなあって、ちょっとうれしかったよー。


                パリで版画。

                なんか、夢じゃないような気がしてきたよ。

                昨日まですり減ってた心が、一気に潤って、元気になりましたとさ。
                やっぱりね、ウエルカムされるとうれしいよね。昨日までのぞんざいに対応され続けたあとは、なおさら>笑


                やっぱり私みたいな年齢の人間は、大学で過ごす時間だけじゃなくて、自分が得意なことや好きなことをシェアできる場所を確保することが大事なんだね。これはアメリカにいたときも痛感したけど。


                明日は大学はテストだって。
                昼はまた学生食堂にトライしてみようと思います。


                今日はルームシェアをしているChizuruさんがローマから帰ってきました。
                お土産話が楽しかったなー。
                おやすみなさい。


                 
                category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(5) | - | -

                お疲れですり減り気味の私に美輪明宏がほほえみかけてきた

                2015.08.06 Thursday 05:13
                0
                  8月5日。なんかどろーんと疲れたんだけど、まだ3日目だった、大学。

                  経験によると、金曜日(5日目)ぐらいからカクンとラクになるはず。。。。(希望)。
                  何でもそうだけど、経験って大事ね。いろいろあたふたしたり、不安になったり、頑張りすぎなくていいから。いろいろやってみてきたことが、当社比では役立っていることを感じつつ、明日も頑張るよ。

                  さて、3日目にしてちょいお疲れになって、Conferenceはひとつ休んで家に帰って寝てしまった。
                  いいの。Comferenceなんて出なくたっていいんだから。

                  疲れた原因は主に3つ。

                  1、朝も昼も外食したから。慣れ親しんでいるわけでもない場所で、店を探して食べ慣れないものを食べ続けると疲れる。

                  でも大きくは以下のこと。

                  2、ねえ、保険はどこで入れる?
                    は? 保険? あー、2階(指さされるだけ)
                    2階行く。
                    保険はここでいいの?
                    あん? 保険? なにそれ。受付がここに来いって言ったの? ぷぅうう(フランス人がよくやる唇ぷるぷる)  
                    アニータ! あんた保険ってわかる?
                    はん?
                    いや、初日に入るかどうか聞かれてパンフくれたじゃないですか、これ。これに入りたいの。
                    あー、それね。明日来て。(手で追い払われる)

                    終わり。

                    Wifiにつなぎたいと受付言ったら、コピーをポンと投げられたのはおととい書いた。
                    あの案内、アンドロイドだけなんで、iphone用のないですか?
                    ないわよ、同じよ。
                    (肩すくめられる)
                    あのお、IDはメアドですよね。パスワードは学生番号? それってここに書いてあるもの?
                    そうよ。
                    入れてみたけどつながらないんですけど。
                    何度もやって。

                    終わり。はい、次の人。


                  あのね。そういうのの繰り返しなの>笑
                  それね、なんだか1mm単位みたいな感じで、少しづつすり減るのね。
                  私、まだ日本モードだからね。
                  なんつか、サービス悪いやん! とかそうことじゃなくて、「拒絶されとるわ」というボディブローみたいなものになっていくというか。

                  こっちにお友達遊びに来てくれたり、ルームメイトさんと楽しくおしゃべりしたり、家主さんとも電話で気持ちよく会話したり。クラスにもさっそく友達できてちっとも孤独じゃないし、旅行者として動いていた時に、街中で嫌な思いをしたことなんてほとんどなかったのに、事務処理的なこととなると、あかんなあ。

                  まあ、それは慣れなので、たぶん金曜日ぐらいからラクになる希望的観測。

                  そして極めつけが

                  3、Conferenceに今をときめく女性作家さん登場! Venus Khoury-Ghataさん。



                  これがとても素敵でかっこよく。創作をどうやってしているのかという話もとてもよく。
                  最後に、「本を持ってきたので希望者は買えます」というので、前に出て行って一冊買った。

                  私の前の子たちは、どさくさにまぎれてお金を払わず持っていってしまった人もいたので(ずるしたんじゃなくて、インフォメーションが足りずにわからなかったのだと思う)、私は同じ本を出す人としてもお金をちゃんと払う! と財布だしてたら、最後から2番目になってしまった。

                  そうだ、せっかくだからサインをもらおうとペンを出して、一人前の女性が3冊で50ユーロ札を出している次に立っていた。

                  私の前のおばちゃん私の手元のペンを見ると、
                  「あら、ペン持ってるのね。貸して」と勝手にペンをもぎとって
                  これまで誰もお願いしていなかったサインをお願いした。

                  作家さんはごきげんで、「お名前は?」と聞いていろいろコメントも入れてサインをし、彼女が英語圏の人だとわかると、「英訳された本があるから持っていって。いいの、それは無料でいいわ。とにかく本当にありがとう」と彼女と握手した。
                  すると彼女は、「こっちとこっちの本にもお願いします」となり、結局私は後ろでぼーっと待つはめになった。最後にまた、「ああ、こっちの本もあげるわ。持って行って。読んでね!」と握手。


                  やっとペンが帰ってきたので、サインをお願いする。
                  お名前は?

                  Izumi です。

                  ???

                  I Z  U...

                  書き出したのは Lei,,,,,
                  確かに日本語の名前は、わかりにくいんだと思う。前のおばちゃんのMarie に比べたら。

                  あーごめんなさい、わかりにくいですよね。紙に書くのでちょっと待ってください、と紙をバッグから取り出そうとしたら

                  あー、もういいわ、と書きかけのLei の次はそのままに
                  サインだけ書いてポンとペンと一緒に返されて

                  「残りは自分で書き足して」 と言われた。

                  そしてすぐ後ろを向いてしまった。


                  いや、ただそれだけのことなんだけど。
                  で、たぶん私一人でそう対応されたのなら何も思わなかったんだけど。

                  前の人との、この差なに?
                  と。


                  で、そのあとなんか、どろーんと疲れちゃった。


                  アメリカでもそうだったけど、こっちでも韓国の子は自分で Liliy とかAndy とか英語名で過ごしている子が多いよ。韓国名もわかりにくいから。でもあの英語名、勝手に自分でつけるんだって。

                  私もやってみようかと、前もいろいろ考えたけど、どうやってもこっぱずかしくてできなかったよ。
                  Shelly とか Anne とか。(汗吹き出す)
                  なんかいい名前あったら募集。

                  ま、普通ならぜんぜん凹まないんだけど、ちっちゃなことでも小さく消耗することはある。特に疲れていると。

                  昨日はそんな日でした。



                  ということで、今日はクラスの子をさそって中華街に行ってやった。
                  ラーメン食べてやった。

                  私、ヨーロッパに来ればごはんやみそ汁を食べたくなることはほとんどないんだけど(日本でもあまり食べないし)、麺類だけはないと困る。オペラ座近くの日本街のものとはだいぶ違うけど、結構おいしかった。安い点心もいっぱいあったから、こんどここで一人でビールもいいなー、なんて思う。



                  それから、ミッテラン図書館で開催中の「ピアフ展」に散歩がてら寄ってみた。

                  オーディオで50曲近い歌を聴きながら回れるという展示もよかったけど、フランクシナトラやゲンズブールに混じって、ピアフの歌をカバーした人として美輪明宏さまが肩をならべてでっかい写真飾られていたのには震えた。
                  世界の美輪、ビバ。
                  この写真みたら、元気出るって。
                  たぶん、私にほほえみかけたんでしょ、これ。

                  歌も聴けるようになっていた。群衆 La foule. ちょっと唄い方怖いけど。
                  でも美輪明宏だよ、パリで美輪様だよ。



                  元気出た。

                  横にはKARAOKEボックスがあり、来場者がピアフの歌を唄えるようにもなっていたよ。おばちゃんたちが楽しそうにみんなで唄ってた。


                  毎日、どこかしらで巨大で豊かな文化的な展示が必ずあって、どんなに回っても底をつくことがない。パリはやっぱり、素敵だなと思う。下らんことですり切れてなんていられないのだった。美輪明宏も微笑んでいる。私もにこにこするのだった。
                  category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

                  パリジェンヌが痩せているのは外食が高いから、というのはホントなのか?

                  2015.08.05 Wednesday 02:11
                  0
                    どうしたんですか、おととい書いたごはんの話が、Facebookで10.000リーチだって。

                    反対意見の人もいるはずなんだけど、そういうの含めてこの手のごはんの支度の話にざわつく人が結構いるってことなのかな。「ごはんの支度」とか「献立どうする」みたいなテーマって、ほんと面白い。そして奥深いです。
                    反応してくださってありがとうございます。

                    ほいでも、そうそう興味深いことも書けないので、あとはただ毎日の日記みたいなもんですので、とろんと読み飛ばしてくださいな。



                    さて、ごはんがおいしいわー。作るのラクだわー。

                    なんてことを書いたので、さぞかしパリでは充実した豊かな食生活を送ってるんだろー? って思われるかもしれませんが、今日は「いやあ、ほんましんどいわよ」という食の話も書きます。

                    しんどいのよ。パリ。



                    何がって。


                    高くって。




                    安いって言ったやん? ころころ変えるなー! って思うかもしれないけど、安いのは食材で、高いのは外食。
                    先日ベルギーの友達が
                    外食が日本はおかしなことになっていると思うの。290円で食べられる牛丼とか、700円で食べられるちらし寿司とか、それね、もう農業や漁業をしてくれている人へのリスペクトが感じられないの。こっちは外食は高いけれど、それは食材を作ってくれた人、料理をしている人へのリスペクトでもあるのよ」

                    って言ってたよーって書いたけど、パリはちょいリスペクトしすぎてて、ほんとにすごいことになっちょる。そこまで尊敬しなくてええんでね? 

                    今日は、ちょい家を早めに出て、大学のソバのカフェで朝食取りながら復習でもしようかなーと思って、前からいいなと思っていたこのカフェに入った。7時30分だったけど立派に開いてる。リトグラフって名前も気に入った。



                    小雨模様で寒いから中に入ってプチデジュネ(朝食)を頼む。パリのカフェではたいてい、どこもプチデジュネのセットを用意している。それって、ほぼこういう定番のセット。



                    カフェオレかショコラなどのあったかい飲み物、オレンジとかりんごとかグレープフルーツの絞ったジュース、クロワッサンかパン・オ・ショコラ。どれか選ぶ。

                    さて、これでいくらでしょう?

                    答え。




                    9.5ユーロ。
                    1.300円ぐらいですかねー。
                    中心部ではたいていこんなもん。

                    クロワッサンくれって言ったら1個だけしか出てこなかった。バゲットとバターも一緒に出て来るところもあるんだけど。ま、こんなもん。

                    ドトールで朝食セット390円とか。そういうのあり得ないし。
                    もっと気軽なサンドイッチショップみたいなところだと、5ユーロぐらいで食べられるけど、それでも700円ぐらいはするってこと。
                    パリに行ったらカフェで朝食、なんてやってみたいと思ったこともあったけど、こんな価格なのでたまーにしかできない。同じもの、家で食べたら2ユーロぐらいで済むはずなので、カフェへのリスペクト光線半端ないってことになる。


                    で、昼ご飯。
                    今日は午後にちょっと行きたいところがあり、天気も悪かったので、いつも作ってるバゲットにハム挟んだランチは持っていかなかった。カフェのデジュネ(ランチ)は、たいてい量が多すぎて、おいしくないところもたまにあり、そして何より12ユーロが最低価格(1.600円ぐらい)で15ユーロから20ユーロなんてのがひしめいているので、よほどおいしいと評判のところ意外はできれば入りたくない。

                    先日目をつけていた、「ここならお安く食べられるかも?」っていう、テイクアウトもやってるセルフサービスのお店に入ってみた。

                    パリではたまにみる、ビオのサラダやスープ、軽めのサンドイッチなどいかにもからだによさそうなものを並べているカフェ。ここでグラタンみたいなキッシュみたいなお惣菜と、ケーキ1個、コーヒーを頼んだ。これ。



                    プラスチックのスプーンで。
                    紙の皿で。


                    食べて。



                    さて。いくら?





                    お代は13.9ユーロでした。
                    奥さん、1900円よ、1900円。


                    失敗した。
                    同じ価格で、隣のLEONでムール貝とビールが飲めた。

                    ま、ムールとビールでも1900円なんだけど。


                    それでもね。
                    この店は結構流行っている。写真こっそり撮る前は長蛇の列だった。



                    しょうがないの、どこもたいして変わらない値段なんだから。
                    ここに並んでるサラダとか。おいしそうだけど、プラケースに入って、1000円ぐらいする。
                    たぶんこの店に来ている人たちは、安く済ませたいからというよりも、健康的に選んで食べようと思っているのかもしれない。サラダ率非常に高い。で、量をあまり食べていない。

                    以前、パリジェンヌのスタイルがいいのは、努力をしているからというよりも、外食があまりに高いので、たくさん食べないからなのです、って記事を読んだことがある。
                    それ、ほんとかもしれない。

                    私、こっち来て家ではおいしいもの食べてるけど、コツコツと痩せてますぜ>笑




                    フランスも、地方に行くと様子はちょっと違ってくるんだけど。


                    とにかくパリのすべての外食の高さは、半端ないです。



                    ごはんの支度はホントラクだなあって思うことも多いけど、外食に関しては、ここはとても辛い場所です。

                    学生、みんなパン屋でパン買ってかじってます。

                    ああ、アメリカも、高かったよ。ハンバーガーとかだけが安い。レストランは結構高い。



                    日本の外食は安すぎるものもあるけれど、パリの人が日本に来たら、いろんなものがパリより安くて喜ぶんじゃないかなあと思う。で、ブログに書いてリーチ増えたりするのかもしれない>笑

                    食の問題はほんとにいろいろあって面白く、考えれば考えるほどジレンマもある。
                    どこがいいとか悪いとか。そういうことが言いたいわけじゃなくって、今あることを当たり前と思わずに、いいところは取り入れ、自国のよいもんだなあと思うことを喜び、自分らしくやっていけるといいなあってほんとに思う。

                    「日本食が一番!」 とか、「頭のよい子はみな朝食はごはんです」なんてことないと思うし、「お弁当はお母様の愛情です」とか、「一汁三菜がキホン」とか、「お惣菜で済ませるなんて罪悪感」とかー。そんな気持ちの縛りみたいなものを生み出す方向じゃなくって、いろいろ柔軟に考えていけるといいなーって思うのよね。


                    ということで(どういうこと?)、明日は13区の中華街に豚もやしラーメンを食べにいって見ようと思ってます。
                    11ユーロするそうです。
                    ま、パリのラーメンはみんなそんなもんです。
                    あ、日本でも最近ラーメンは高いのがあるかー。とりあえず明日はラーメンだー!

                    おやすみー。
                    category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(4) | - | -

                    頼むから働いてくれよ、と思い続けることもなくなったよ、フランス

                    2015.08.04 Tuesday 05:08
                    0
                      今日から大学始まったー!

                      ソルボンヌのdes cours de langue et civilization Francaise一日目。
                      これまでの雑多な経験から、気合い入れたり頑張っては絶対にいけないと肝に銘じていたので、とろろんと登校する。

                      ってか、とろろんと行くしかないでしょ。
                      本登録の日に受付いったら、いとも簡単にダコーダコー(OKって意味ね)と登録が済み、そこで言われたのは

                      「金曜日にメールで月曜日の何時にどこに行けばいいのか知らせるから」。
                      そんだけ。

                      金曜の何時頃に連絡来るんかなあ。ってか1時間目から授業? オリエンとかないのん?
                      なんて心配しているのは私が日本人だからじゃろか。

                      金曜の午後3時ぐらいにぺろりんとメールが来て、8時半に403号室に来な、とだけ。
                      8時半。早いじゃんよ。

                      何を持ってこいでも何をするというインフォでも何もなく、ただ「来い」と。
                      だから行ったよ。8時半。



                      ついたらすぐ授業だった。
                      アメリカの大学んときは、至れり尽くせりだったよ。
                      登録のあとはガイダンス。街をバスで案内してくれる日もあったし、親交を深めましょうとアイスクリームパーティがあったりもした。授業の初日はひたすら自己紹介。先生がカードゲームみたいのを用意して、お互いの国などがわかる仕掛けをしてくれたり。

                      そんなのをある程度想定してたので、なにこれ? と。

                      2時間の文法の授業が10時半に終わったら
                      はい、じゃあ次は11時に○○号室へ行ってね。そこでデクテの授業あるから。

                      しょっぱなからまくしたてられるだけなので、ここを聞き取れなかったら最後っぽい。

                      デクテの授業1時間ののち、はい、さようならと言われる。


                      あとは推測のみ。
                      明日も同じ時間なんか。
                      授業は朝の文法とデクテのみなんか?
                      週20時間って言ってたけど、それじゃ週15時間じゃん。
                      あとの5時間ってなぬ?


                      配布物もインフォもゼロ。
                      まあ、わからなきゃ聞けってことです。


                      私が取ったのは
                      civilization Francaise も含まれているので、それは別の場所で午後からあるらしいんだが、そのインフォもゼロ。
                      もらった資料にタイムテーブルが書いてあり、15時から3つのconferenceがあるみたいなので、様子見るだけでも出てみたいなあと思うが、それがある場所がわからん。

                      仕方ないのでインフォメーションに行く。
                      おばちゃん一人、先生だか関係者だかの人としゃべり続けていて、横で順番待ちで立っていてもまったく気にもとめてもらえん。

                      終わりそうにないので、トイレ行く。
                      戻る。

                      まだ延々とだべっている。


                      うーん。すまん、エクスキュゼモワと言ったらやっとこっちを向いて、はい? というので、conferanceはどこであるの? と聞いたら、たった一言

                      a cote de metro

                      と言われた。
                      メトロの横。
                      そんだけ。


                      どのメトロだ、どの駅だ。
                      ま、いいや、一番近いvavanじゃろと思い、テクテク歩き出す。

                      あ、ついでに。
                      wifiをつなげるにはどしたらええの? と聞いたら、あーうー。と面倒くさそうに、コピーの冊子放り投げられる。
                      へいへい。
                      それ見ながらトライしても、それ、アンドロイドの説明なので画面が違ってまったくつながらん。
                      ってか、IDと学生番号入れるって書いてあるんだけど、IDが何なのかが説明ないのでわからん。学生証ひっくり返しても、どれが学生番号なのかわからん。

                      テキサス大学はつながるまで、先生がつきっきりで教えてくれたぞー!
                      ま、いいか。

                      つながらんので、再度「iphone用のはないの?」と聞きに行こうと思ったら、また違う先生と受付は延々とだべり続けていて、終わる見込みなし。ほかを見渡すも助けてくれそうな人材が皆無。ま、明日聞けばいいかよと思い、とりあえずconferenceの場所を探しに。


                      それでね、奥さん。
                      アコテドメトロ。メトロの駅の横。
                      どこがですねん。
                      アコテでもなんでもなかったですよ、駅と駅の間。それをアコテというんか、ちみは。
                      番地探してようやくみつける。

                      なんなん、その場所の教え方。

                      はあ、ここでやるのね。ぜいぜい。



                      お昼は同じクラスにいた子とピクニックしたりしたので、1時間半ほどの時間が空いてる。
                      モンパルナスを散策しつつ、時間をつぶして会場へ。


                      15時。
                      私の入ったグレードのクラスにいた人はあまりいない。
                      私、文法だめぽなので、おそらくその上のクラスの人たちなどがたむろっているところに、一人で座ってみる。

                      待つ。

                      待つ。

                      なにも始まらない。

                      15分遅れたところで、谷川俊太郎サンにくりそつのフランス人の男性が、

                      ”すまんね、なんらかのトラブルで、このconferenceは中止です。ごめんね、次のに出て”と言い出す。

                      ってか、つまりは
                      先生来なかったってこと。時間に。



                      ああ、もうここで。
                      フランスにおるよ、フランスにおるよ感満載でごわす。


                      フランスにおるのよー!



                      こういうの、あかんわああと思うこともあるんだけど
                      でもね
                      授業については、私はこれとてつもなくラクだなあって思ったんだよねー。

                      ほっといてもらっているのがいいなあ、って。
                      わからなくちゃ聞けばええんやから。


                      最初から自己紹介してね、とか
                      これから1ヶ月一緒のクラスメイトですよーとか
                      お互い知り合って仲良くしてねーとか
                      もう
                      そういうのゼロで勝手にやっとけ、あんたが誰かは関係ねーのよ、というこの感じが、わしはとてつもなく居心地がいいです。はい。


                      私、やりたいのは勉強で
                      学校を楽しみましょうとか、友達作りましょうとか、課外活動しましょうとか
                      そんなんがやりたいわけじゃないんだよねー、昔から。
                      でも、学生のときは勉強よりもそっちのほうが重大事みたいなことが多くて。
                      ってか、勉強やれても、そっちができなくちゃ人じゃないみたいな空気もあって。

                      それがとっても負担だった。

                      アメリカの大学でもそうだったな。とにかく友達を作って英語で会話しろ、そうしないと会話力が伸びない、授業終わって家にまっすぐ帰るな、スピーチのコミュに出ろ、週末は家にいるな、クラスメートと出かけるんだ! とお尻を叩かれ続けられたのが、ちょいあの時間が辛かった原因かもしれない。
                      チキンだから、まわりがみんな仲良くなってグループになってるところで、一人で淡々と過ごせるわけでもなく。気になって仕方ないから、一応コミュニティに入って頑張るんだけど、それが面倒で仕方なかった。仲良くしましょうとか、勉強以外のことも頑張りましょうとか、そんなんない世界だったら、どんなにラクじゃったかなあ。


                      それ、今の感じで、非常に居心地よす。


                      で、15時から勝手になくなったconferenceだけど、16時からのはあった。
                      それまでカフェで時間をつぶして出たよ。
                      16時からのは「印象派の出現と闘争」。
                      先生でろでろの早口しゃべりでようわからんかったけど、おもろかった!

                      おもろかったから17時からのも出た。
                      そっちはイルドフランスの現状。これはとてつもなくおもろかった。



                      あのね。
                      ソルボンヌおもろい。

                      勉強おもろい。



                      適当に出席して、あとは遊ぼうって思ってたけど、おもろそうなconferenceは出てみることにした。


                      んなわけで大学始まりました。



                      やっと私も、フランス人働け! と思わなくなってきましたよ。
                      いや、実際は働いて欲しいんだが。
                      でもtoo much (trop)じゃないぐらいが、気が楽なもんだと思った今日でした。
                      明日も6時起きです。


                      あ、そういえば。
                      昨日投稿したごはんの話が、どういうわけかFacebookで7千回もプレビューされてて、いろいろシェアしてもろてるみたいで、ありがたや。こういう話が好きなの?@みんな>笑

                      とうわけなので、今日のごはんも上げとくよ。



                      カルフールで買ったvaux。子牛だよ。2.9ユーロ(400円弱)。
                      ただ塩こしょうしてオリーブオイルとバター、ニンニクで焼いただけ。最後にバルサミコたらりと入れてソースに。涙出るほどうまかった! 肉食女子としては、もうこれは病み付きになりそうな気配。
                      袋に入ってた葉っぱ(ルッコラ!)。あと昨日作っておいたラタトゥイユ。スーパーで売ってたフムス(トルコのマメのつぶしたようなムース)。準備は焼いてた時間10分ほど。和牛の霜降りよりうまかった。

                      ということで明日もがんばらずにがんばります。
                      category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
                        武蔵野夫人
                      • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
                        キョウコ
                      • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                        武蔵野婦人
                      • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                        武蔵野婦人
                      • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                        ニート男性
                      • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                        あっか
                      • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
                        武蔵野夫人
                      • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
                        ゆうこ
                      • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                        武蔵野夫人
                      • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                        はろ!
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM