こころに刺さる色と出会うーモネの睡蓮の前で

2019.03.22 Friday 12:52
0

     

     

    パリのオランジュリー美術館で、ふと目に入った風景を撮ったらこんな写真になった。

     

    人物も、絵画も、すべてが色に溶け込んでいて、なんだかとても不思議な光景だけど

    オランジュリー美術館のモネの部屋は、どんなに人が多くても、部屋の中のどこに移動しても

    こんな風な色の洪水に満ちているなあ、と思う。

     

    モネの睡蓮については、書き出すと長い長い話がある。

    どっかに書いたはずだと思って探したけど、みつからない。

    でも改めて、また書く元気がない。ってか、もう何度も話しちゃった気がして申し訳ない気分になる。

    要は、10代の頃大好きだったけど、その後銀行のカレンダー画家と思うようになり

    ちょい軽視しながら26歳ではじめて現物を見て、あまりのショックで動けなかった、というような話だ。

     

    あれから、もう何度オランジュリーと、ジヴェルニーにあるモネの池に足を運んだかわからない。

    なんだか、モネとか印象派が好きだなんていうと

    渋谷のBunkamuraあたりにたむろっている文化おばさんの風情になりそうで(すません)

    あまり公言できないでいるんだけど

    でも、

    この場所はすごい場所なんだった。

    私の人生の中で大切なことを何度も教え続けてくれている場所なんだった。

     

    いろいろ思いはあるけれど

    それを飛び越えて

     

    この場所にある色の洪水は

    その時、目の前にたつ自分の状態で、さまざまな色を取り出して見せてくれる。

    それはたぶん、この部屋とモネの睡蓮の絵画と自分のすべてが、楕円形の居室の中に閉じ込められていることで

    モネの子宮の中に取り込まれたような錯覚をもたらしてくれるからなのでは、と思ってる。

    絵と対峙するのではない。

    絵の中に取り込まれてしまう。

    その巨大な絵は、すべて、画家が小さな筆で一筆一筆、描き重ねたもので

    自ずと、その空間はモネの生きた気配や、画家の眼差しに満ちたものになって

    だから、自分は思いもよらない場所に、いつも連れて行かれてしまうのだ。

     

    最初、シンフォニーのように迫りくる青の色に圧倒された私は

    その5年後

    その中に埋もれているピンク色の光に包まれて

    それから6年後のある日

    イコンにつながるような白い光に打ちのめされた。

     

    そこからまたいろんな人生を経て、

    この写真を撮った。

    また、違う色が、私に向かって飛び出してきて、また私は美術館の真ん中で動けなくなったんだった。

    この写真の中にこの少女が紛れ込んできたのは、たぶん、偶然じゃないように思う。

     

    モネの絵画の中には、その人の人生の一片を引きずり出してくる色の洪水がある。

    だから、また

    何度も行きたくなる。

     

     

    あなたには、何色が見えますか?

     

     

     

     

     

     

    この時、私にははじめて、青や白や緑に埋もれた

     

     

    が見えた。

    少女の服の中に、モネの青と赤が混在していることに

    いま、これを書きながら気がついて

    ちょっと

    はっとしているんだった。

     

     

    ========================ー

    オランジュリー美術館

    https://mikissh.com/diary/orangerie-museum-paris/

     

    ジヴェルニーのモネの家

    https://francetabi.com/giverny_claudemonet/

     

     

     

     

    category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

    タイムスリップしたコルマールの街角で

    2019.03.19 Tuesday 00:17
    0

       

      もうほとんどドイツの国境に近いフランスの小さな街、コルマールに2泊。

      ぼんやりと街歩きをしていたら、こんな風景に出会った。

      絵本に出てくるようなレストランと

      その前で話し込む二人。

       

      おとぎ話のような甘い風景がかろうじて現実に見えるのは

      どこか屈強なこの二人の男性のリアルなたたずまいのせいなのかもしれないけど。

      それでもやっぱり

      現実なのか非現実なのかよくわからない不思議な空気がこの街には流れていたなあ、と思う。

       

      なんの気なしに立ち寄ったこのアルザスの運河沿いの小さな街が

      ディズニー映画「美女と野獣」やジブリ映画「ハウルの動く城」の舞台となっていたということを知ったのは

      滞在がもう終わり近くになってからのこと。

      「美女と野獣」の冒頭、主人公のベルが本を片手に訪れる街並みと

      「ハウルの動く城」の主人公ソフィーが働いていた帽子屋のモデルとして有名な館があるんだって。

      言われてみれば、たしかにそうかもしれない。

       

       

      ヨーロッパを旅していると

      本当におとぎ話の中に迷い込んだような街並みに遭遇することがある。

      日本でも飛騨高山の町家の風景や、京都の路地の風景にだって素敵な場所はいっぱいあるけれど

      なんというか

      景観を維持しようと努力して作り上げたというような生半可なものではなく

      もうその街自体がすっぽりと、タイムトラベルしてしまったような

      激しくどっぷりと、すっかり別世界というような場所が、ヨーロッパには本当に存在したりして

       

      コルマールというのは、そんな場所のひとつだと思うー。

       

      同じようなどっぷり別世界の場所として、私はベネチアが大好きなのだけれど

      以前、ベネチアを旅してきたという人が

      「ディズニーシーみたいな場所だった」と言うのだった。

      驚愕した。

       

      どっちがオリジナルなんじゃよ。

      をい!

       

      真似をして風景を切り取って作り上げた場所と

      もうその次元全体がタイムスリップしているその元となる場所と

      そのぐらいちゃんと見分けをつけて欲しいよって思ったんだけど

       

      コルマールに思いの外若いオタクっぽい日本人カップルが多かったのは

      ここにハウルの城をみつけに来たからなのかな。

      それ、あとになって気づいたんだけど

      コルマールを「ハウルの城! ハウルの城!」って思いながら旅をするのも悪くはないのかな。

      ハウルの城、見てないけど。

       

      ちなみにコルマールの観光の中心は「Petite Venise」=リトルベニス って言われている。

      でも、頼むからディズニーシーみたいだなんて言わないでね。

       

      コルマールはパリからTGVで2時間半。まずはストラスブールに行ってから、そこからTERに乗り換えて30分。

      私はブルゴーニュ経由で行ったので、デジョンからてくてく北上していった。

      フラムケッシュっていうピザみたいなうまい食べ物があるよ。

       

      =================================

      コルマール

      https://wondertrip.jp/78679/

       

       

      category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

      パリの街角で、バスを待ちながら

      2019.03.15 Friday 10:27
      0

         

         

        旅先でたくさん写真を撮るけれど、自分が写った写真はあまりない。

        これは珍しく、パリでバスを待っている間の写真。

         

        ぼんやり写真を探していて、ちょっと小さく感動したので掘り出してみた。

        これはたぶん、2017年に撮った写真だ。

        場所はこの時滞在していたアパートの近く、Cardinal Lemoineのあたりだと思う。

         

        ちょうど昨日、Facebookさんが6年前に書いたものだよと、ひとつの投稿を通知してきた。

        子育てと仕事で、長い時間旅をすることは夢のまた夢で、

        そんな中で少しづつ、少しづつ積み重ねた旅の思い出。

        6年前の私は、今回はこれまでずっと行きたかったダゲール街やモンパルナスの墓地、ヴェルビルやメニルモンタンのあたりも行きたい。ゆっくりと街歩きをして、バスにも乗りたいなんてことをたくさん書いていた。

         

        そうだった。

        何度行っても時間切れで帰ってきてしまうパリの街で

        自在にバスに乗るとか、中心から離れたところにあるなんでもない場所

        (たとえばそれが、大好きなアニエスヴェルダの映画のワンシーンに出てきた風景のある場所であったり、金子光晴の「眠れ巴里」の中でたった数行出てきた安ホテルのある場所だったり、といったような)

        を、時間を気にせず放浪するなんてことは、やっぱり夢のまた夢だったのだと想う。

         

        そういえば、ちょうど10年前にこんな記事を書いていた。

        http://izoomi-momo.jugem.jp/?eid=1243616

         

        10年前の私は、こんなことを言っていたんだった。

         

        ”その50歳プロジェクトの筆頭にあるのが「フランス語を話せるようになる」だ。
        人生が終わる前に、一度でいい。流暢にフランス語をしゃべる自分を体験してみたい。フランス人とジョークを言って笑い合う自分の姿を見てみたい。なんの目的があるわけでもない、たったそれだけ。でもそれは、20代のときから私が心のどこかで夢見たまま、何一つ努力をしてこなかったことだ。50歳までにその最初の一歩でもいいから踏み出したいと思った。”

         

        それでね。

        今朝、冒頭の写真を見て、なんだかちょっとはっとしたのだった。

        自在にバスに乗れるようになった。

        メトロとバスの定期券NAVIGOもちゃんと自販機で買えるようになったから、何を気にすることもなく

        行き先を確かめてバスを選んで、待っているのだ。

        本屋に行くようになった。

        なぜなら、フランス語が読めるから。

        アパートを借りるのも普通にできるようになったし、日常のやりとりに困ることもなくなった。

         

        6年前にぜひ行きたいと思っていた場所のあれこれは

        今ではもう勝手知ったる馴染みの場所で

         

        10年前に「一度でいいからフランス人とジョークを言い合って笑ってみたい」と思っていた私は

        今は、フランスの友人がたくさんできて

        ガハガハと笑いながら雑談をしている。

         

         

        どれも小さな夢だったから、日々の生活で「夢を叶えた」なんて思うことはなく

        でも

        気づいてみたら、やってみたかったことは着実に

        ひとつづつ、現実になった。

        そんなことを、この写真1枚が教えてくれたような気がして。

         

        そんな自分の思いを見透かしたかのように、10年前のブログにコメントをくださった人がいた。

        一歩踏み出すにはどうしたらいいんだろう、と。

         

        返事を書きながら、またまた今度は、25年以上前に、友人がかけてくれた言葉を思い出した。

         

        叩かない扉は開かない

        でも、叩き続ければいつかは必ず開くんだよ。

        もしあなたが扉を開ける勇気がないのなら

        私が背中を押してあげる。

         

         

        そうして小さく背中を押されて会社をやめて今の仕事をはじめた。

         

        その先の、今。

         

         

        人生って長いようで、短いんだなあって思う。

        でも短いから、扉は叩いたほうがいいし、一歩は踏み出したほうが、いい。

        やらないよりは、ずっといい。

        パリの街角で、バスを待ちながら。

        そんなことを言える自分が、いまここにいるのは、なんだかとっても不思議だなと思うー。

         

        今年もまた旅をしたら

        新しいことをなにか

        できるようになりたいなと思います。

         

         

         

         

         

         

        category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

        大好きな空気の彫刻@ロダン美術館

        2019.03.11 Monday 09:31
        0

           

          世界で一番好きな美術館、ロダン美術館。

          なぜ好きだと思ったのかは、もうあまりよく覚えてない。

           

          一番好きだなあ、と思った時から

          ここはずっと、世界で一番好きな美術館になった。

           

          パリに行くたびに必ず訪れて

          そのたびに、なんだかほっとする。

          特別に心が躍ることもなく、感動するというわけでもなく

          なんだか、知ってるものたちの中で、移動の多い旅の中でつかのまにほっとする。

           

          あ、そうか。

          大好きって、ほんとはそんなことなのかもしれないなー。

          なじんで、ほっとする。

          星の王子さまで、きつねが王子様に言ったのは

          apprivoiserというフランス語だったけど、日本語訳では

          「ぼくを飼い慣らして欲しい」と訳されてる。

           

          でもこの言葉の底にあるのは、「時間をかけて対等な関係を築くこと」なんだって。

          ゆっくりと時間をかけて、会話をしたり世話をしたり、同じ時間を過ごしていく中で

          お互いがかけがえのない存在になっていく。

          それが、apprivoiserって言葉なんだろうなーって思うと

           

          はじめて好きだなーって思ってから、来るたびに訪れて、最初なんで好きだったのかなんてもう忘れてしまって

          それでもやっぱり足が向いて

          一番好きだなーって思う美術館になって、なんだか馴染んでほっとするなーって場所になった。

           

          それで

          その美術館の中で一番好きなロダンの彫刻が、この手の彫刻なのでした。

           

          大理石でできた冷ややかなこの手をはじめて見たとき

          ああ、彫刻というのは、その周りの空気も彫刻するのだ、と思った。

          この2つの手の中にある空間そのものが私は大好きで

          この空気の質感や温度や、そこに存在する想いや記憶みたいなものが

          訪れるたびに違うように見えて

          そこにまた、なんだかほっとするんだった。

           

          もう長い間、私は絵画が好きだと思って生きてきたんだけど

          ブロンズと大理石と石膏という重い質感を持つ物質が、まわりの空気の空間と一緒に

          モノクロームの世界を構築している「彫刻」っていう世界が、こんなにも自分を魅了することに気づかせてくれたのも

          ロダン美術館だったのかもしれない。

           

          ロダン美術館は、ナポレオンのお墓のあるアンバリッドという物々しい建築物の近くにあって

          パリの中心部の喧騒からちょっと離れて、ひんやりと気持ちが落ち着く時間が、このあたりには漂ってるような気がします。

           

          =============================

          ロダン美術館

          https://paris.navi.com/miru/4/

           

          企画展もいいのやってることが多いです。

          http://www.musee-rodin.fr/

           

           

          category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

          外で食事をする、という人生の愉しみ

          2019.03.08 Friday 10:44
          0

             

            ブルゴーニュの小さな村 Plannayで。

            フランス人は、外で食事をするのが好きだ。

            少しでも太陽があれば、外に出よう、外に出ようと、庭やバルコニーにテーブルを出す。

            二人で座れば身動きがとれないようなアパートのベランダにも

            たいていは折りたたみのテーブルセットがあって、きゅうきゅうに座りながらでも外で食事をしたがる。

             

            そんな風に、外にテーブルを出して料理やアペリティフの準備をしている彼らは

            なんだか、とてもしあわせそうで、うきうきしている。

             

            人通りの多い道に面していても、お構いなし。

            「日本人は、これは無理だよね」と、日本通のClaudineに言われた。

            いや、日本人もピクニックやBBQは好きだ。花見なんて大変な騒ぎだ。

            でもそれはあくまでも「特別な場所」にでかけたときのことで、日常の食卓の延長を外に持っていくことは、あまりないのかもしれない、と思う。

             

            この日はちょっと肌寒くて、私は春物のコートにマフラーをして凍えていたけれど

            復活祭を控えて、一斉に花がほころびだしたブルゴーニュでは、みながなんだか浮足立ってた。

             

            あとで聞いたんだけど

            ブルゴーニュの冬は、それはそれは寒くて、空は常に灰色の雲が低く立ち込めていて

            気分が滅入って仕方がないらしい。

            Claudineは、日本に滞在していたとき、真冬に真っ青な青空が広がるのを見て驚愕したそうだ。

            冬の空の抜けるような青さに、腰が抜けそうなぐらい驚いて

            それで、日本の冬が好きになったって。

             

            長く続いた暗い冬を、石造りの窓が少ない部屋で暮らしたら

            やっぱり、外に出たくなるのかな、って思うけど

            当たり前の日常に、こんな風にうきうきできるフランスの人たちが、私はやっぱり好きだな、と思う。

             

            復活祭まであと1ヶ月ちょっと。

            日本の桜は、あとどのくらいで咲くのかな。

             

            =================================

             

            Plannayってこんなとこだよ

             

            http://trip-suggest.com/france/bourgogne/planay/

             

             

             

             

             

            category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

            ブルゴーニュの菜の花畑

            2019.03.06 Wednesday 09:09
            0

               

               

              2014年、ブルゴーニュの小さな町Montbardに1週間滞在したとき

              家主のClaudineが運転する車に乗っていたら、小さな丘を抜けたとたんに、目の前の景色が黄色に染まった。

               

              なんじゃ、こりゃ。

               

              ああ、菜の花だよ、と

              こともなげに彼女は言ったけど、あの一瞬の色がどうしても忘れられずに

               

              その2年後にこの地に3週間滞在して、ブルゴーニュのちいさな村をレンタカーを借りて回った。

               

              ブルゴーニュの田園地帯は、なだらかな丘陵と小さな森と、広大な農地と、小さな村々でできている。

              4月の復活祭が近づくと、菜種油をとるために植えられたColza(菜の花)が一斉に開花をはじめて

              丘陵を抜けて風景が変わるたびに

              視界が一面の菜の花の黄色に染まっていくという

               

              もうなんだか、

              夢のような出来事を

              その年の私は、堪能した。

               

              菜の花畑は見たことがあるけれど

              ここまで、視界のすべてを埋め尽くす黄色い大地が

              何度も何度も、繰り返し現れるという、これまで見たことのない風景を見ながら

               

              ああ、人生の最後に見たい風景はなにかと言われたら

              私はきっと、これだ

               

               

              と思ったんだった。

               

              ちょっと前に、テレビでよく見る司会者さんの妻がガンで余命いくばくとなったとき

              一番行きたいと彼女が言うNYに二人で旅行したのだ、という話を聞いたことがあって、

              私だったら、ここに来る。菜の花の季節に。

              そんなことをぼんやり考えながら車窓の風景を見ていた。

               

               

              昨年、ちょっとつらい検査が続いたとき

              長い待ち時間を狭くて暗い場所で過ごして、パニックになりそうになったとき

              自分の気持を落ち着けるために、なにか安心する風景をイメージしようとしたことがある。

              その時、本当にふいに

               

              眼の前にあの、黄色い菜の花畑が広がった。

              それはもう、見事な。

               

               

               

              それから1時間、私は一面の菜の花と、菜の花の香りの中で過ごして

              しんどかった時間は、しあわせで満ち足りた時間に塗り替わって

              人の脳裏にのこるイメージの力の偉大さを、改めて思った。

               

              それで、ああ

              あの時本当に、行っておいてよかった、と思ったんだった。

               

              写真や映像ではわからない

              すべての五感を伴う風景の記憶って

              すごいな、って思う。

               

              脳裏にそんな記憶を残すのって、あながち無駄なことじゃないような気がします。

              また、行くよ。

               

              ========================================

              ちょこっと情報(たまには役に立つことも書いてみようと思う)

               

              Montbard へはパリからTGVで1時間ほど。

              小さい町だけれど、世界遺産のフォントネー修道院があるので、市内のホテルやツーリスト・インフォメーションも充実してるよ。

              パリからTERという高速鉄道に乗って小さな町を訪れる選択肢もあるけれど

              フランスの新幹線TGVの最初の停留所Montbardを拠点に、バスや車であちこち行くのも楽しいと思います。

              https://www.ot-montbard.fr/

               

              フランスのもっとも美しい村 に認定されているすごく可愛くて美しい村が、このあたりにはいっぱいあるので

              あてなくドライブしても楽しいよ。

              とにかくどこに行っても美しい。おとぎ話みたい。

               

              フランスのレンタカーはすごく安いんだけど、マニュアル車しかないことがあるので、小さな街で借りるときは要注意なのだった。

              このときもMontbardではマニュアル車のみしかないって。なんだそりゃ。

              AT車を借りるなら、Dijonという隣の大きな街へ。

              フランスでのレンタカーの借り方 https://paris.navi.com/special/5036981

               

              菜の花の季節は4月初頭ごろ。

              フランスの冬は果てしなく寒く、空は灰色でどんよりしているので、タイミングが合わないとちょっと悲しい。

              一度開花するとあとは早くて、一気に春になる。満開の菜の花畑は、そこかしこで見られます。

               

               

               

               

              category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

              「しあわせな写真」というちょっとした試み

              2019.03.04 Monday 01:25
              0

                 

                 

                2018年11月。

                水戸芸術館に中谷芙二子の霧の彫刻を見に行ったときのこと。

                思いがけず田中泯のパフォーマンスがあると知って、予定を延ばして美術館のカフェに座って時間を潰してた。

                晩秋の晴天の午後。

                少しだけ傾きかけた太陽が、美術館の中庭に差し込んで、逆光になった視界の眩しさに目を細めて芝生の上を行き交う人達を眺めていたら

                 

                ちょっとした衝撃のようなその風景に

                動けなくなってしまったんだった。

                 

                なんだろう、

                なんというか

                 

                「幸福」というものを一枚の風景にしたら

                いま目の前にあるこの一瞬だけで、もう完璧なんじゃないか。

                 

                そんな気分になったんだった。

                 

                おぼつかない足取りで走り出す幼子を、追いかける父親。

                繰り返し、繰り返し、走っては止まり、転び、笑い、また立ち上がり、走り出す子供を照らす光の輪。

                談笑しながら歩いてくる三世代の女性たち。

                いたずらざかりの男子の、成功しないまま何度も繰り返される横転の練習。

                リードを離れて走り出すプードルと、それを追いかける若い女性。

                 

                レクチャーに向かうのだろうか。

                バインダーに挟んだレポート用紙を確認しながら黙々と歩いていく学生たち。

                パンの箱を運ぶカフェの若い女性に声をかける、美術館の学芸員。

                 

                中庭にしつらえた中谷芙二子の霧のインスタレーションから流れてくる水蒸気の粒が

                光をシフォンの布に封じ込めたように拡散させて

                すべてが、逆光の光の中で幻のような影になって、動いてた。

                光と、人の動きと、かすかなざわめきと。

                 

                ああ、もうこのまま時が終わってもいいや、と思うぐらい

                あのひとときは、無性に「完璧にしあわせな風景だ」と思ったんだった。

                美しかった。

                すべてが完璧で、満ち足りてた。

                 

                 

                それで思ったんだけど

                 

                しあわせのイメージ

                 

                って、一体何なんだろう。

                なんだか、とてつもなく不思議な気持ちになって

                 

                それで、しばらく「しあわせ」な風景をコレクションしてみようと思ったんだった。

                フランスで撮った写真が多くなると思うけど、また書いてみます。

                今日はそんな気分なのでした。

                 

                あ、冒頭の写真は、文中の「完璧に幸せな風景」とは違うものです。

                ほんとうにしあわせだった時、人って写真を撮るのを忘れちゃうのかもしれないです。

                 

                category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                24年目の1月17日と、8年目の3月11日の間で、石巻で「忘れないこと」の意味を考えた

                2019.01.21 Monday 18:11
                0

                  年明け、石巻で復興支援の活動で声をかけていただいて、一緒に東日本大震災のチャリティユニットをしていることちゃんと出かけてきた。

                   

                  主催はコープこうべ。

                  講演依頼が神戸からだったのに、会場が石巻となっていて、当初はタイプミスかと思っていたけど、実際には神戸が東北の復興支援をしているんだった。

                   

                  24年前の阪神淡路大震災で、たくさん支援をしてもらったから

                  こんどは恩返しをしないと、って。

                  だから、神戸が、東北を支援。

                   

                  もうなんか、いろんな意味で、背筋が伸びるというか、頭を垂れるというか(神戸だからこうべを垂れるってわけじゃないけどー)、本当に参加させてもらってよかった! っていう数日間でした。

                  なので、ちょっと書いておきたいなーって思う。

                   

                   

                  今回の催しは、東日本大震災のあとに、仮設住宅等の住民の方たちが、地域コミュニティの再生や暮らしの再建のために制作した手作り品を、さまざまな場所の人たちに買ってもらうという活動を続けている石巻のNPO「応援のしっぽ」と、コープこうべのコラボのような形で開催されたもの。

                   

                  とうほくの人たちが作ったものを、コープが買い上げたり、ノベルティとして発注したり。そんな支援をもう長いこと続けていて、手仕事品のカタログなどもコープ支援で制作されているのだとか。

                  この「てしごと」については、本当にいろいろ思うところありなので、また別に書いてみたいなーって思っているんだけど、私が何よりも心をうたれたのは、コープこうべの理事長さんの挨拶の中にあった、こんな言葉だった。

                   

                  「災害は恐ろしい。でも、本当に恐ろしいのは、忘れられてしまうことです」

                   

                  阪神淡路大震災があった3年後、何気なくラジオを聞いていたら、こんなやりとりを耳にしたのだそう。

                  ーそういえば大きな地震あったよね

                  ーあれいつだっけ

                  ーいつだっけなあ

                   

                  たった3年。まだ3年しか経っていないのに、そして、被災地の復興の道のりはまだまだで、震災は「進行形」なのに、あっという間に忘れられていく。もしかしたらそれが、1番恐ろしいことなのではないか、と思った。

                   

                  だから、絶対に忘れない。

                  その意味合いも込めて、支援は続けていく。

                   

                  もうその言葉聞きながら

                  ここ数年、自分の中でいろいろ迷ったり、落とし所がみつからないでいた気持ちが、ストンと腑に落ちたというか。

                   

                   

                   

                  2011年

                  東日本大震災が起きたとき、被災地に友人も多かったから、いてもたってもいられず

                  みなまだ子どもが小さく、家を空けてボランティアに行くわけにもいかず、かといって多額の寄付ができるわけでもなく。

                  そんな中でできることを考えて、てしごとを元に同じように子どもを持つ仲間と支援を始めた。

                  その時には、その方法しかできない自分がいて、そのことについてはまた改めて書こうと思う。

                   

                  あれから8年。

                   

                  東日本の復興が伸び悩む中、次々と多くの災害が起き

                  それぞれの場所にそれぞれの被害の現実があって

                  熊本が大変なことになって

                  大阪がぐちゃぐちゃになり

                  北海道が停電で真っ暗になっている中

                   

                  やっぱり、東日本復興支援とうたっても、最初のころに比べれば人々の関心もどんどん薄まっているし、活動は広がるというよりも先細っていることは否めず。

                  結局、現地で地に足のついた支援活動ができているわけではない自分への後ろめたさみたいなものもあって

                  同じことを繰り返していていいのかな? こんなにささやかで小さなままでいいのかな? 

                  相手に届く支援になっているんだろうか、自分たちの自己満足になっていないか? などと

                  それはもう

                  何度も何度もいろんなかたちで悩んで、考えて、どうしたらいいのかなーって。そんなことばかり考えて

                  支援をやめるわけじゃないけど、形は変えたほうがいいのかな? 等々、悩んでたんだった。

                   

                   

                  石巻での体験は、そんな自分でも

                   

                  「忘れないでいること」

                   

                  だけでも意味があることなんだ、って教えてもらった気がして。

                  だから、ずっと続けてきたチャリティが

                   

                  WASURENAI

                   

                  って名前であることには、最初からちゃんと意味があったんだ、って。

                  そう思わせてもらえて、とっても感謝してるー。

                   

                   

                  世の中にはいろんなことが起きて、たくさんの支援を必要としていて。

                  次々と起こる災害を前に何もできない自分に悄然とすることもあるけれど

                   

                  ただひとつだけでも

                  自分にとって大きな意味があったことを、ただただ

                   

                  忘れないでいること

                   

                  それだけでも続けていくことが、すべての他の道につながっていくのかもしれないって。

                  今、そう思えるようになりました。

                  お世話になった石巻のみなさんと、神戸のみなさんに心から感謝ですー。

                   

                  8年前の3月11日を、今年もまた思い出すためにも

                  今年も、イベント行います。

                   

                  2019年 3月9日(土) 10日(日) 11日(月)

                   

                  何も大きなことができない自分でも、ただ、思い出すことだけでも大きな意味がある。

                  そう思えて、また、新たな気持で。同じ気持ちの仲間と一緒に。

                   

                  そして、今回はなんと、とうほくてしごとグループのみなさんのてしごと作品を

                  わたしたちのイベントで売らせていただけることになりました!

                  岩手、宮城、福島で仲間を作って手仕事を続けている方たちの商品、ほんとにいいんです!!!

                  うれしいよう。

                   

                  詳細はまたアップしますね。

                   

                   

                   

                  石巻での講演のテーマは「アップサイクル」

                  てしごとのヒントにしてもらえるよう、いろんなアイデアをご紹介しました。

                   

                   

                  とうほくでのてしごとグループのみなさんと。

                   

                   

                  すごく関心を持ってもらえたのが、布をゼラチンで固めるアイデア

                   

                   

                  NPO応援のしっぽ代表の広部さんと一緒に。

                  震災後にボランティアで石巻に入って、そのままこの地に移り住んで今では結婚してお子さんも。

                  たくさんのことを教わりました。

                  左端はチャリティユニットのことちゃん。一緒に活動しています。

                   

                   

                  こうべのコープの理事長さんと。こういう方がいてくれて続くことってあるんだなあ、と思う。

                   

                   

                   

                  てしごとのことについては、また改めて書いてみたいと思います!

                   

                   

                  それではまた

                  WASURENAI2019 で!

                   

                   

                   

                   

                  category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                  Calender
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << March 2020 >>
                  Selected entry
                  Category
                  Archives
                  Recent comment
                  • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                    武蔵野婦人
                  • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                    武蔵野婦人
                  • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                    ニート男性
                  • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                    あっか
                  • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
                    武蔵野夫人
                  • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
                    ゆうこ
                  • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                    武蔵野夫人
                  • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                    はろ!
                  • 毎年この季節になると服を作っている。大人の手作り服ってどうなの。たまにはそんなこと。
                    武蔵野夫人
                  • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                    武蔵野夫人
                  Recommend
                  Link
                  Profile
                  Search
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM