岸恵子さんがパリで一番好きな場所と、アポリネールのミラボー橋から白鳥の小道を歩く

2015.08.28 Friday 00:59
0
    8月27日。
    昨日日記をさぼりました。ちょい疲れが出て体調崩し寝てしもたー。

    ということで、昨日と今日まとめて。
    そろそろ1ヶ月の疲れが出だして、朝起きるのが辛い。あと、やっぱりパリは行くところがいっぱいありすぎて、あっちもこっちもと思っているうちに1ヶ月なんてすぐ経ってしまう。
    ブルゴーニュあたりに滞在していた時は、行くところといってもさほどないから、午後は散歩するだけとか、近くの市民プール泳ぎに行ってみるかーとか、なんもすることねーし、料理でもするかー、なんてことになり、意外と体力使わなかった。
    パリは体力勝負だ。
    もう、行くところありすぎる。

    帰国が近づいて、あせってます!
    って、クラスのももちゃんも言ってた。
    私はルーブルやオルセーをすっ飛ばしているけど、そのあたりにちゃんと行こうと思ったら、やっぱり1ヶ月でも足りないくらいだ。

    たいしたもんだ。

    あ、でも東京もすっごくたいしたもんだと思う。
    たぶん、自分が東京好きだったら、1ヶ月でも足りない気がする。

    で、水曜日。26日。
    なんだか天気がよくなっていたので、前からずっと行きたかった、ミラボー橋に行ってみることにした。

    ミラボー橋って、G.アポリネールが、マリー・ローランサンとの恋愛を唄った詩がある。
    私が唯一、フランス語で暗唱できるシャンソン。
    でも、その橋はパリのすごくはずれにあって、普通の観光ではまわりになにもないのでほとんど行く事はない。

    今回はぜひ、行って、その上でミラボー橋唄ってやる! と思っていたのだった。


    ガイドブックにはほとんど出てなかったんだけど、ネットでミラボー橋のすぐ近くに
    パリでは珍しい大型のショッピングモールができたという情報が出てた。
    それ、行きがてら、と思って地下鉄で1時間ぐらいかけてパリの端っこへ。



    あったあった。
    ショッピングモール、ボーグルネル。
    東京ではぜんぜんめずらしくない規模だけど、まあ、パリ市内ではここだけじゃろうなあ。



    こういうのに、ちょっと飢えてた自分発見>笑
    楽しかった。MUJIも入ってたし、イギリスのMark&Spencerも入ってて、そこはとても賑わってた。

    そこからミラボー橋へ。

    で、橋の上に来てから肝心のことに気づく。

    橋の上からでは。



    橋の上からでは。



    橋は見えない。。。。。。。。
    なぜ気づかなかったのか。





    ミラボー橋を見るためには、ひとつ隣の橋に行かねばならんのね>笑


    でも、とってもいいものが見えた。





    ミラボー橋から見える風景。




    あああ、そうか。

    白鳥の小道を中にはさみ、セーヌが2つに別れ、その真ん中に自由の女神が。そして絶妙な距離にエッフェル塔が。


    当時、アポリネールとマリー・ローランサンは、ミラボー橋をはさんで15区と16区に住んでいたんだって。
    だからこの橋は、二人が会うためにいつも渡っていた橋なんだね。

    このミラボー橋は、1900年ぐらいに出来ていて、当時ではすごくめずらしい鉄建築だった。
    隣の橋から撮ってみたけど、いまひとつかな。でも、ぜんぶ鉄でできてるかなり頑強なもの。



    そして、このミラボー橋と同時期にできたのが、エッフェル塔。
    当時はエッフェル塔はパリの景観を壊す、おぞましきものと言う人が多かった中で
    アポリネールは、なんて美しい建造物なんだー! って思ったらしい。

    つまり、ミラボー橋も、エッフェル塔も、時代の最先端だったわけだよね。


    Sous le pont Mirabeau coule la Seine
    Et nos amours
    Faut-il qu'il m'en souvienne
    La joie venait toujours après la peine

    ミラボー橋の下、セーヌは流れる
    そして私たちの愛も流れ去る
    辛い思いの後にはいつも愛の喜びが訪れたことなどを
    思い出して何になる

    Vienne la nuit sonne l'heure
    Les jours s'en vont je demeure

    鐘が時を告げ、夜が訪れても
    日々は過ぎ去り、私はひとり残される


    なんだか古き良き時代の郷愁という気持ちでミラボー橋を訪れたけれど
    考えてみたら、この時代を生きた二人にとっては、最先端の場所で、時代の風を感じていたんだと思う。
    そう思いながらエッフェル塔をこの場所から眺めると、違った見え方がしておもしろい。
    やっぱり、その場に立ってみるまでぜんぜんわからないことって、あるんだなあって思う。

    ちなみにミラボー橋を撮影したグルネル橋から、セーヌの中州のような白鳥の小道が始まるわけだけど、ここには自由の女神が立っている。



    ニューヨークのものよりはずっと小さい。
    でも、もとはフランスなんだよね。
    で、この除幕式があったのも1898年。
    いずれも、1900年のパリ万博に向けて、パリにいろんな建造物ができている時だった。

    パリのどこからでもエッフェル塔は見えるけれど、自由の女神とエッフェル塔が一緒に見えるのは、このミラボー橋の上だけ。アポリネールはそんな、新しいすべてのものが見えるこの橋の対岸に住んでいた恋人達の歌として、ミラボー橋を書いた。

    唄った、唄った。
    橋の上で唄ってやった。




    白鳥の小道は、最初はちょこっと歩いてみるだけと思っていたんだけれど、橋から橋まで歩くと、ビラケム橋までたどり着くことがわかった。



    両側がセーヌに挟まれた、木立の散歩道。



    気持ちがいいわ、と思って歩き始めたけど、靴が合わなくて足が痛くて
    さらに、両側のベンチはこの先、ほとんど恋人同士の大イチャイチャ大会のみとなり
    (いや、フランスの恋人同士はすごい。むちゃくちゃいちゃいちゃしてんだけど、あまりいやらしく見えないのはなぜだろう)
    まあ、私としては下を向いて足早に歩きすぎたという感じの散歩となりました。



    そして、白鳥の小道の終点には
    これがある。



    ビラケム橋。

    以前見た岸恵子さんのパリでの生活をルポした番組で、ちょうどこの恋人達が座っている場所に、
    岸恵子さんは立って、カメラを見ながら
    「ここが私がパリで一番好きな場所」と言った。


    それ、なんかかっこいいな、と思ったんだ、それ見たとき。
    パリで一番好きな場所が、ここって。


    「パリにいる。ここに立つといつも必ずそんな気持ちになる」。




    ほんとだよ。
    ここ、そういう場所。
    ということで、写真撮る。

    岸恵子さんが好きだと言うことに説得力があるなと思ったのは、ここは



    後ろはこんな風に、地下鉄が高架線になってセーヌ川を渡る場所でもあって
    そしてなんといっても、いま地下鉄が走り出てきた向こう側、セーヌ右岸は16区の駅、パッシーがある。

    パッシーからトロカデロ周辺といえば、パリ屈指の高級住宅街で、とても保守的でスノッブな人たちのお屋敷が並んでいるところ。

    このセーヌの真ん中に位置するお気に入りの場所に、恵子さんはいわずともがな
    パッシーから歩いてきたのよ、ってことが透けてみえる構図になっているような気がする。
    お友達のおうちに招かれた帰りにちょっと立ち寄ってみたとか。そんな感じで。
    反対側左岸には、ビラケム駅があるんだけど、そっちからじゃない。

    テレビで見たときは、エッフェル塔だけが写っていたので気がつかなかった。
    この場に立ってみてはじめて、ああ、ここは本当に岸恵子さんらしい場所なんだな、と思った。


    アポリネールがその時代に立ってたミラボー橋。その右岸と左岸。
    立ってみるまでわからなかった、エッフェル塔と自由の女神と、ミラボー橋の位置関係。

    岸恵子さんが立っているビラケム橋。その右岸と左岸。
    立ってみるまでわからなかった、パッシーとトロカデロの位置関係。


    旅の醍醐味は、写真や本からだけでは推し量れない、3Dの位置関係にあるものが見えて来る事だと思う。
    そこに、においや、風や、光や、音が加わって
    かけがえのない風景が見えてくる。
    ずっと歩いてみたい場所だったけど、ほんと、行ってみてよかったです。


    ちなみにビラケム橋といえば、映画「ラストタンゴ・イン・パリ」で、最後にマーロン・ブランドが歩いていた場所。
    このメトロの高架下はその舞台としても有名で、私は映画自体はあまり好きではなかったけれど、この場所に立つたびに、変態マーロン・ブランドがよたよたと歩く姿を思い出す。

    この日も高架下では、なんかミュージックビデオみたいなのの撮影をしてた。
    フランスって、おしゃれなようでいて、映像とかデザインってちょい変態チックで田舎臭いものもすごく多くて、ビデオはとっても田舎くさくって、見てて恥ずかしかったけど、おもろかった。


    そんな一日。

    で、歩きすぎたんだと思うけど、体調崩して寝込んだ。

    今日はそんなこともあって、クラスのお友達とタルトフランベだけ食べて帰ってきた。
    東京では本当にバカ高くて小さいので、おいしいタルトフランベを食べられるのはとっても幸せ。



    明日は元気になるといいな。
    早く寝ます。
    おやすみなさい。

     
    category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

    勉強って集中して毎日やらないほうがいいんだよ、きっとそうだよ

    2015.08.26 Wednesday 06:33
    0
      こんばんは。8月25日。パリは小雨。

      さて、こっちで日記を書き始めてはじめて、フランス語の学習のことについて書いてみようと思います。

      え? フランス語勉強しにきてたの? ってなことはさておいて。

      いや、勉強しにきてたんですけど。

      でも、なんか、もうぜんぜん上達していません。

      あはははは。



      アメリカにいた時との一番の違いは、もう、何も期待していないってことです。
      長くいるんだから、こんなに勉強しているんだから
      成果が出るはずじゃん? 出さないとあかんじゃん?
      という気持ちがもうゼロに等しい。

      だって、


      成果でない



      ってことがわかってるから、もう。

      人間って学習するのね。
      いや、そんなことを学習してはいけないぞ。
      でも、そうなんだもん。
      仕方ない。



      さて、でも、なんだかちょっと思うところがあるので、書いてみようと思い立ったわけです。


      私のフランス語は、19歳と20歳の頃に大学でフランス文学を履修したことにより、2年間で最初の基本でもある
      「動詞の活用といういちばん面倒なところを学習した」

      というところに立脚して、なんとか持ちこたえている状態です。
      その後、大学があまりにつまらんのでドロップアウトして2年留年したあげく、その後大学に戻った時には、もうすっかりフランス文学科なんておもろうないわい! ってことで、教育学部で司書資格取るのに夢中になっちゃったので、私のフランス語は最初の2年間(しかし2年目は半分ぐらいは大学行ってない>苦笑)で終わっている。

      でも、若い脳とはたいしたもので、その時に覚えた動詞活用なんかは覚えているわけですわー。

      ただね、そこ止まり。
      そこまでで覚えた単語以外は、もう今更学習しても、ほとんど頭には入ってきません。
      若さすごい。
      若い脳偉い。

      わしはもう、これ以上は無理じゃ。
      ああ、なぜもっと19歳の時にボキャブラリーを増やしておかなかったのだ。
      (いや、つまらんからやめたんだから仕方ないんだけど)。


      それでも、なんかいろいろ体験経験を繰り返すことで、度胸だけがついて、むちゃくちゃなフランス語で話しかけることができるようになっているだけ。

      で、もともと勉強あまり好きじゃないので、東京でもほとんど勉強していないから
      寄る年波で、一年ごとにどんどん進化しなくなっている。
      もう、生きているうちにペラペラという状態に行くのは無理だろうなあ。
      ま、いっか。

      などと思ってやっている。



      それでもね、おもろいなーと思ったのよ。
      私、こっち来て、大学に登録して、最初に通い出したとき、びっくりしたの。

      しゃべれんの。
      クラスの子に、がんがん話しかけていけるの。
      すごく稚拙な内容だけど、自分でびっくりしたんです。
      やだあ、私、話せるじゃん〜、と。

      東京で何もしてなかったのに、ですよ。

      もう、自信がむんむん湧いてきたね。
      おれ、すごい、って。


      そして、授業が始まった。
      授業は文法が中心なので、会話の授業はありません。
      文法必死こいてやる。

      まあ、話せるようにならなくちゃいけないとあせっていないので、勉強は意外と楽しい。
      座学って、たまにやるとおもしろいしね。


      で、滞在が1週間、2週間となる。
      2週間目の終わりに、フランスの知人の家に招待してもらい、3日間フランス語漬けという日々を過ごした。
      さて、ここらあたりからおかしくなりだす。

      フランス人の普通の会話の中に入ってしまうと、どうやっても何も話せなくなることが増える。
      聞き取りがまず、できない。
      ボキャブラリーが圧倒的に足りない。
      あわあわ、となる時間が増える。


      このあたりから、ものすごく基本的な会話さえ、口をついて出なくなりはじめました。
      もうね、
      「今日は雨だったけど、明日は晴れるでしょうか。風が強いけど、寒くなるかな」
      なんてことさえ、なんだったけ? あれ?
      雨が降るって Il pluet だっけ、Il fait pluet だっけ。。。。。(寒くなる= Il fait froid と完全に混同している)
      とわかんなくなっちゃって、口ごもるようになる。

      これね、たぶん脳みそがオーバーフローしているんですわ。
      情報が一度にたくさん入りすぎて。



      若いときは、そういう情報雨あられにも、脳みそが対応していたんだと思う。
      でも、今はだめ。

      集中しすぎるとオーバーフローする。
      で、一度オーバーフローしてしまうと、泥水がかき回されたみたいになってしまうので
      落ち着くまでに少し時間がかかるようになる。



      というわけで、今、
      パリ滞在6週間目にさしかかりましたが、来たときより話せなくなっています。
      なんぢゃ、おれ。



      たぶん、完全にフランス語会話対応でホームステイなどしていると、このあたりからちょいブレークスルーしはじめるという話をよく聞くんですが、なんだかここ数年の自分の状態を思い返してみると、ただただ会話し続ける、勉強し続けるということをするよりも、ちょっとの間完全に休む、ってことをするほうが、そのあとするする言葉が入ってきたり、単語を覚えたりするなあ、と。

      つまり、集中学習より、分散学習とか、間隔学習のほうが、今の自分の年齢の脳には効果があるんじゃないかねえ


      などと手前味噌な解釈をしているところです。
      だってさあ、来たとき、すごいしゃべれたんだもん、自分。

      それが今はどうしたことか。
      後退しているぜ。



      検索してみたら、こんな文言をみつけました。

      東進ハイスクールが言ってるんで、間隔っていっても超短い間隔なんじゃろうけど>笑
      私としてはもう、ずっとやらないでいて、また来年ちょっとだけホームステイとかするのでいいと思う。
      もう、自分の脳みそ的には、間隔をかなりあけないと、脳みそが対応しない、と。
      休憩、大事。

      ================================================
      ・集中学習(一夜漬けなど、休憩を挟まないで行う長時間の学習)の記憶は小脳皮質に保持
      ・分散学習(適度に休憩をはさんで行う短時間の学習)の記憶は小脳核に保持
      ・休憩中に小脳皮質のプルキンエ細胞で作られるタンパク質が長期記憶に必要

      →学習の記憶が小脳の中でどのようにして長期記憶として保持されるのかを分子レベルで特定し、分散学習と集中学習で脳の中で、記憶を保持する場所が異なることが分かる。分散学習の方が集中学習よりも、学習効果があることが分かる。
      ================================================




      アメリカで大学通って英語漬け4ヶ月しても、ぜんぜん上達しなかった経験があるので
      たぶん、もうこの年齢では、集中しすぎると脳みそがオーバーフローして成長を止めるばかりでなく、後退する

      ってことがちょいわかった。


      ということで、長年の夢だったソルボンヌに通うという願いが叶ったので
      それはそれでよかったよかったということにして
      フランス語はライフワークで小さく長く、休み休み続けていこうと思います


      とりあえず、前にも書いたけど、ジョーク言ったらフランス人が笑ってくれた、というのが
      今回の滞在の最大の成果ではないかと思います。
      もう新しいボキャも文法も覚えられないので、自分的には今回の勉強は終了と思ってます。
      あとは休むぞ、しっかりと。
      一年ぐらい休んでもいいや>笑

      授業はあと3日で終わりです。

      一応今日の備忘録。

      植物園を散歩して、モスクでミントティーを飲んでから、安くて気さくという大衆ビストロでシュクルートを食べて帰りました。
      とってものんびり。
      ちょい、るるぶパリ的な一日でした。


       
      category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

      パリの「日本」あるある10

      2015.08.25 Tuesday 01:51
      0
        8月24日。今日は豪雨で風も強く、どこも歩けないので早く帰ってきた。
        で、暇なのでパリでよく目にする日本のあれこれ、あるある、こういうことってのを書いてみる。

        1、どこもかしこも寿司屋だらけ。日本食はすでに定番

        SUSHI好き半端ない。日本人じゃなくて、中国人や韓国人のシンジケートみたいのがやってる店(だいたいメニューが皆同じで、写真つきの量産されたようなものを使っている)では、寿司、焼き鳥の組み合わせがほとんどなんだけど、回転寿し屋もある。
        あと、フードコートやスーパーの総菜にも必ず売っている。

        海苔の黒い色というのは全般的に欧米で受け入れられにくいようで、アメリカではごはんが外側になった巻き寿司の上に、カラフルに飛びっこやフライドオニオンなんかを振りかけているものが多かったけど、フランスではもうちょっと控えめで、海苔が外側になっているものもある。
        中身はサーモン、ツナ(まぐろ)、アボカドなどが中心。スーパーで小さいのり巻き1本分で5〜6ユーロぐらい。多少お腹にたまる量になると10ユーロを超え、ちゃんとしたところだと20ユーロを軽く超えていくので、価格としては回転寿司がなかったころの日本の寿司やの値段って感じ。

        私が住んでる郊外の、こんなところに? ってところにまで複数ある。
        そして不思議なことに、人が入っている。



        それにしても、サーモンどんぶりやにぎり寿司に別盛りのごはんとコーラがつくセットって一体何か。


        2、地方都市ではどんどん寿司屋がつぶれているらしい

        ただ、テレビのニュースによると、マルセイユなど地方にも進出した寿司だが、ピーク時を過ぎてどんどんつぶれ出しているとか。
        理由は、「やはり地方都市では定着しにくい」ことと、「なんと言っても高い」「高い割にお腹にたまらない」ってことらしい。

        パリは意外だけど小食の人が多く、健康志向から日本食に手が伸びるんだろうけど、いっぱい食べる地方都市ではやはり寿司でお腹を満たすのは不可なんだと思う。

        3、カニカマは国民食。つけるのはタルタル。

        Surimi という名前で大量に売られている。起源が日本だとは誰も知らないように思う。
        味は大味。絶対日本のほうがおいしい。

        ちなみにオードブルセットみたいに売られているものにはタルタルみたいなソースがついている。
        試しにわさび醤油で食べたけど、あまり合わなかった。うまみが足りないからかなー。たぶん化調などでの味付けが薄めだから、醤油とわさびでは物足りないんだと思う。こっちのかにかまは、タルタルで食べるほうがうまいように思う。

        4、ラーメン大好き。でも麺はのびのびでもいいらしい。

        ラーメンはすざましく好まれている。
        20年ぐらい前に来たときに日本人しかいなかったような店が、大繁盛店になっており、フランス人が器用に箸を使って食べている。
        ちなみに箸のことはバゲットと言って、パンのバゲットと同じなので、フランス人は身近なのかもしれん>ほんとか?

        ただ、ラーメンの食べ方はちょい違う。
        たいてい、ラーメンの前にアントレを頼んでる人が多い。
        餃子とか、サラダとか。
        それを炭酸水とかワインとか、その手のものでちろりと食べてから、メインのラーメンやチャーハンや焼きそばなんかを頼む。

        ラーメン一品だけをかきこむ、という食べ方は忙しいビジネスマンはしてるけど、おしゃべりしながら食べるのが常なので、なんか前菜が欲しいらしい。

        で、おしゃべりしながらだらだら食べるので、ラーメンのびのびになる。
        それでもいいらしい。
        つゆ吸ってどんどん膨れ上がって増えてんじゃね? っていうような状態で食べている人もいる。
        もともと、フランス料理には熱々のものをふーふーして食べるものが存在しないので、猫舌の人も多くて熱いままでは食べられないというのもあるらしい。


        5、ごはんはしょうゆをかけて食べるシリアルらしい

        ごはんは主食じゃなくて、シリアルの一種なので、サラダやつけあわせで出て来ることが多いけれど、中華料理店や日本食屋の主食ごはんは、健康志向の女性が健康食として食べているみたいだ。

        前に目撃したのは、白いごはんとメンマ2皿頼んで、白いごはんにしょうゆかけて食べてたきれいなパリジェンヌ。
        ぎょうざはほとんどのフランス人が好きみたいだけど、ぎょうざと白いご飯頼んで、ごはんにしょうゆかけて食べてた子もいた。

        真っ白くて味のないもの、というのが苦手らしく、ごはんには味をつけたいらしい。

        日本のフランスパンがそのまま食べてもあまりおいしくないので、バターやジャムをつけたくなるのと同じで、こっちのごはんは米があまりおいしくないので、甘みや滋味が少なく、やっぱりしょうゆとかかけないと物足りないのは確か。
        逆にこっちのバゲットは何もつけなくても、小麦のうまみがしっかりあってとてもおいしい。

        6、東京から来たというとたいてい喜ぶ

        日本のこと好きな人多い。昔は日本なんて知らんという人がとても多かったけど、今は日本から来たというと、結構反応はいい。
        特に、東京から来たというと、喜ぶ。

        日本が好きだという人は、アニメ好きか、京都とかサムライとか禅とか浮世絵とか、その手の文化的なものが好きなのかと勝手に思っていたが、日本が好きだ、行きたいという人に、どこに行きたいのか理由を聞いたら

        「東京だ!ものすごく大きな都市だから」
        「そしてモダン(現代的)なものがたくさんあるから!」と複数言われた。

        日本人はパリの歴史や街並の古さに感動するけど、それ、もう見飽きてるから便利で現代的でおっきな東京ってのが、すごく魅力的らしい。

        7、どこにでも浮世絵の本がある

        アート系の本屋、美術館のショップにはどこでも必ず浮世絵の本がある。ウタマロ、北斎大好きらしい。
        パリの東洋美術を集めたギメ美術館では、てぬぐいから折り紙から書道から、日本文化の本もグッズも何から何まで揃う品揃えじゃった。

        こんな映画も公開される予定。

        http://sarusuberi-movie.com/index.html

        街中でっかく Miss HOKUSAI のポスター貼ってある。

        これはサンマルタン運河沿いの本屋さん。1234の上に、HIFUMIYO と書いてある。日本の本も結構あった。



        8、浪速粉もの系が受ける傾向。頑張れラテン大阪。

        アメリカでもテリヤキソースは大人気だったけど、フランス人もこれ系の味は好きらしい。
        で、さらにソース文化が進出しだしており、たこ焼き、お好み焼きはこっちでもかなり受けているらしい。

        たこ焼きはここ
        http://sarusuberi-movie.com/index.html
        お好み焼きはここ
        http://okomusu.com


        ソース味いけるらしい。
        頑張れ大阪。

        逆に、さぬきうどんみたいなあっさり系の魚介出汁系は、好き嫌いが分かれるみたいだ。
        これ、私も痛感したんだけど、気候が決定的に違うので、湿気がなくてからっと乾いたこの気候の中では、和風の魚介出汁系はにおいも味もあまりしっくり来なくておいしさを感じにくい。なんかね、あまり食べたい気持ちにならないのね、あっさり和風だし。

        みそ汁みたいにしっかりした味があると、フランスの人も結構好むらしいです。

        9、SAKEのことはかなりの人が知ってるが、みなSAKEは熱くして飲む物だと思っている

        日本酒の浸透力すげー。

        ただ、海外ではまだ日本酒はとっくりにいれて温めて飲む熱燗が主流のようで、SAKEは冷酒がうまいんだと言うと驚かれる。

        よい日本酒ほど、熱燗にせず冷酒で飲むものなんだよということをフランス語で説明しようとしたんだが、稚拙すぎて余よく伝えられなかった。
        ここは、もう世界の日本酒大使世界の中田に頑張ってもらいたいもんであるよ。

        10、「楽しい」というちっとも楽しくない日本食ブランドがある



        ちょっとしたスーパーなら、小さなコーナーが割とどこにでもある。

        えびせん(どう見てもタイのえびせんべい)
        カップラーメン(味が海外使用で絶望的にうまくない。そもそもテリヤキ味って何だ)
        わさび豆(唯一これが食べられる)
        などがある。

        最初はおもしろがって買ったけど、ぜんぜんおいしくないのでそのうちやめた。
        フランスブランドで「ライスクラッカー」という名前で売っているもののほうが、そのまま薄焼き塩せんべいでうまかった。

        あと番外

        番外、フランス人のアルコール消費量はどんどん減っているらしい。そして今ビールがブーム

        テレビでやってた。
        フランス人といえばワインがぶ飲み! ってイメージあったけど、消費量はどんどん減ってるらしい。

        私の印象だけど、お酒の飲み方でいえば、普通の人(ここ大事)は日本のほうががぶがぶ酒飲んでる感じがする。
        ペースが早いというか。

        こっちはのんびり1杯のお酒で、長い間話したりしてたり
        食事の時は、食事に合わせてちょっとづつ食前酒やワイン変えていくので、東京で私の友達が飲んでるみたいに(苦笑)、ワイン何本も空けて飲んでく、という風景にはあまり出会ったことがない。

        まあ、それでもたくさん飲む人もいるし、毎日飲むから消費は多いんだけど、どんどん減ってるそうだ。
        で、街では飛躍的に生ビールのお店が増えて、若い子みんな生ビールで集ってた。



        私的には大歓迎です>笑
        生ビールの種類は、いろいろ揃えているところもあるけど、ちょっとしたカフェだと、
        blanc

        brun
        と言われることがおおく、どっちも ブラン と聞こえるので苦労する。
        上が白、下が褐色、ブラウンの意味。
        写真は白いほうのブラン。

        ラの2種類の発音の練習をしている感じです。

        以上、食べ物の話ばかりになってしまった。
        そんなことにしか興味がないと言うのがよくわかる。
        ごめんなさい。
        category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

        パリの休日、トラムに乗ってのみの市と美術館巡り

        2015.08.24 Monday 00:58
        0
          8月23日。昨日の晴天とうって変わって、今日は小雨降りの寒い一日でした。

          パリの地下鉄やトラム、バスはあちこち縦横無尽に走っているんだけど、その路線図を見ているだけで楽しい。
          この路線の終点って、どんな感じなんだろう? なんて地図みながらにやにやしてしまう。山手線ぐるぐる回るみたいに、地下鉄ふらりと乗り継いで、気ままに降りて散歩して、また別の路線から乗って。。。。。なんてことをして一日過ごせてしまうなあ。

          でね

          私はなんといっても、トラムが楽しい。パリ中心地はほとんど地下鉄で外が見えないから、とってもいい。




          これはパリの外環を取り巻くようにしか走っていないから、観光名所はほとんどないんだけど、のんびり外を見ながら、中心部にはほとんど存在しない普通のアパートやマンションなんかを見てるのがめちゃ楽しい。



          とういうことで、今日は小雨降りだったけど、トラムを乗り継いでヴァンブののみの市に行ってきた。



          これな。
          地図中心がノートルダムとかルーブルなどがあるあたり。色が薄い区域がパリのゾーン1。エスカルゴのように20区が区切られているのがこの中で、その外に出る(色が濃いところ)とゾーン2になって、普通の住宅街になっていくー。色の薄い20区がある地区は、ちょうど東京の山手線内と同じぐらいの広さ。この境目をトラムが走ってる。

          昨日はデファンスから帰ってくるのに、左側の赤い線 トラム2号線に乗って、セーヌの外側をのらりくらりと走ってみた。最初の写真はその時撮ったもの。なんかね、東京で西武新宿線とか。そういうのに乗ってる感じ>笑(いや、家はぜんぜん違うんだけど)

          私の住んでいるアパートは、右側の青い線、T3bというののちょうど右側に3つ地下鉄に乗ったところにあるので、今日は青い線を下向きに終点まで行って、そこでT3aというのに(緑色の線)乗り換えて、左終点に近いPorte de Vanvesまで行ってみたのでした。
          青い線の上のほうは、先週Villetteから帰ってくる時に乗って、これも楽しかった。
          やったね、これでトラムなんだか制覇した気分。

          ちなみに、このトラムの停車する駅にはPorte de というのがついた駅名が多い。
          パリが城塞だった時、その外側に出るための門があった場所、っていう意味になるみたい。その城壁に沿ってトラムに乗ってるんだわあ、って思うとなんだかわくわくする。



          で、トラムに乗ってヴァンブの蚤の市。
          パリでは一番、まあまともなものがあって安くて掘り出し物があるって言われている場所で、最近はどのガイドブックにも載っているので、あちこちから日本語飛び交ってる。


          あいにくの雨降りで出ていないお店もあったけど、古いものひやかしながら歩くのは楽しい。

          えーっと、とはいえ、本を売っているのに雨ざらしというのはいかがなものなんでしょうか。



          そしてそれを真剣に選んでいる客がいるというのも何なんか。本ぶよぶよだよ。

          いっぱい荷物抱えて歩いている日本人の男の子3人発見。



          買い込んだ荷物はんぱない量なので、最初観光客? って思ったけど、どうもこれは商品の仕入れに来てるんじゃないかな? と思い付く。

          私がCoffeeカップあさってた店にもやってきて、ピューター(錫)の古いお皿やピッチャーを選びながら「これは1000円ちょっと? こっちは1400円ぐらいだって。まとめてどこまでまけてもらおうかー」「それは君の役目だー!」「わー、おれ頑張りマッス」なんて一生懸命話してて、なんだかとっても楽しそうだった。

          私はカップ1個だけだったのでぜんぜんまけてもらえなかったけど、彼らはちゃんとおじさんと交渉してまけてもらって、最後は笑って握手して帰っていった。

          いいな。楽しそうだなー。

          なんか、パリって女子が妙に力はいってとんがりぎみの人に遭遇することがあるから、こんな無邪気で楽しそうな人たちに会うとなんだかほっとする。

          で、何も買わないんだもんねーと思ってた私も、つい買ってしまった。あわわ。



          花の部分がちゃんと金彩の手書きだったので。
          行きがけにいいなと思って、全部回って帰ってきてまだあったら買おうと思ってたら、あった。
          10ユーロ。さすがこの値段ではおっちゃんはまけてくれなかった。でも、まわりの人たちもそんくらいの額は交渉しないですんなり買っていたので、食い下がるのは、やめた>笑 隣で見てたフランス人のおっちゃんが、「それはよい買い物だ」と褒めてくれた。

          もいっこ。パリジェンヌ って名前で売られていたピアス。



          スカートのところは羽で出来てる。ちゃんと手足があって、バッグも持ってる。かわいいなあ。10ユーロ。


          雨も上がってきたので、次の目的地、MAC/VALへ。

          http://www.macval.fr

          ここはほとんどガイドブックには載っていない。
          なんで知ったのかもうよく覚えてないけど、たぶん芸術新潮あたりに出ていたんだと思う。
          現代美術専門の美術館で、トラムの駅から183番のバスに乗って、Musee MAC/VALで降りろと書いてあったので、その通りにしてみた。



          みんなが向かっているのが183番のバス停。
          すげー適当な発車システムなんだけど、2台のバスがつながっている長いおっきいバスが、ぎゅうぎゅうづめの混雑になるぐらい、利用者が多かった。

          で、その多くが中国人だった。

          このPorte de Choisyというトラムの駅は、地下鉄7号線とつながっていて、その7号線の上のほうには、パリで一番大きいチャイナタウンがある。そのせいなのかな。車内中国語飛び交う。

          ちなみに私が住んでいるMontreuille のあたりは、アフリカ移民が多い。世界で2番目に大きい、マリからの移民の居住区なんだそうだ。Montruilleは9号線の終点で、その上のほうにはStraubourg St-Denis というアフリカ、トルコ、チュニジア、インドなどが雑多に混在した異国情緒溢れ過ぎの街がある。

          そういう居住区沿線に伸びて、パリの外側に住んでいるのかなーって思うと、なんだかおもしろい。

          バスに乗って8つ目の駅で降りたら、美術館あった。



          それでねえ、ここがまた、ほんとに楽しかったよ。



          うれしいことに、今の期間はぜんぶ無料だって。ここは中庭。
          雨も上がってきたので、おうちから作って持ってきたサンドイッチを、Coffee買って庭でぱくぱく食べた。
          これまでの学習で、外側に出るとなかなか気軽に入れる店がみつからないので、作って持ち歩く。バゲットもハムもおいしいし、外で買うのとあまり変わらないし。



          美術館のおじさんが行ったり来たりして、にこにこBon apetit って言ってくれたよ。受付のおねえちゃんもにこにこ優しかった。



          そして8月30日までという企画展が、頭はげるぐらい楽しかった。2時間ぐらい遊んでた。美術館楽しい。そして無料。ありがとう。



          これね。
          男の子を捜せ! って展覧会。種々雑多なコンテンポランの集合で、とっても楽しかった。そしてここでもまた、先日viletteでみつけたのと同じ人の作品あり。



          1点に立ったときのみ、巨大図像が出現。Felice Valini。この人、本当におもしろすぎるよー。


          MAC/VALはコンテンポラリーアートの美術館だけど、今回はパリの新しい鉄道網の全容を展示するスペースが大きく割かれていて、これもとても興味深かった。



          2030年までに、またじゃんじゃん高速鉄道ができるんだって。
          これだけ新しい路線ができるということは、それだけ新しい駅ができるってこと。

          ひとつひとつまったく違う駅がデザインされ、それぞれの町づくりがシュミレーションされているらしく、駅の模型、街のコンセプトなどがずっしりと山盛り展示されていた。



          いいなあ、楽しいなあ。
          あと15年の間に、いっぱい駅ができる。その時私、いくつだ?(と計算したところで、結構がっくりくる)。

          でも、そんなの楽しみに、またパリに来れるといいなって思う。



          だって、こんな楽しい駅だらけだよ。
          ほんと、全部が創造性に溢れていてとても楽しい模型だった。楽しみだなー。
          きっとまた、端から端まで乗っちゃうんだろうな。ばあちゃんになった、おれ。



          今日はとても正しい備忘録な日記だった。
          最初からこういうのを書こうと思っていたのに、いつも脱線しちゃってたんだ。

          とても楽しかったけど、週明けにテストがあるので、あとは勉強します。
          ではまた明日!
          category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

          東京は高齢者への恩恵が多いけど、パリは家族や学生への恩恵も多いみたい、という話

          2015.08.23 Sunday 01:44
          0
            8月22日 土曜日。何も予定がない週末は今回が最後。
            最初は行きそびれた美術館に行こうと思ってたんだけど、ちょっと前にこんな情報を入手したのですよ。

            題してゾーンフリー。
            パリとその近郊(イル=ド=フランス地域)のメトロやバス用定期券ナビゴNAVIGOは、利用範囲が広くなるほど当然ながら値段が高くなるんですが、2012年の9月から、ナビゴNAVIGOの年間契約・月契約のパスを対象に、週末(土、日)と祝日にゾーン規制が無くなって、最低区間のNAVIGOで自由に乗り降り可能になったのだとか!

            私が持っている定期は、1ヶ月で75ユーロほどのもの(26歳以下の学生はもっと安い)で、市内と市外のゾーン2までが一ヶ月、地下鉄もバスもトラムもどんなに乗っても定額! という、なんだか夢のようにありがたい定期です。
            (ついでに言えば一年間買っても4万円弱>月3千円ちょいで乗り放題なので、とても安い)

            この定期が

            バカンス時期(だいたい7月中旬から8月中旬。今年は8月15日まで)と、土日はイルドフランス全域で乗り降り自由となる。


            つまり、これまで高額を交通費に払っていたベルサイユ宮殿とか、フォンテンブローとか、シャンティィなんていう所に、実質無料(定期代は払ってるんだけど、追加料金分がぜんぶタダ)で行けてしまうというわけです。

            ベルサイユ宮殿なんかさー、バスツアー申し込むと100ユーロぐらいするんよ。
            それ、入館料15ユーロ(学生はもっと安い)のみで行けてしまうというわけですわー。知らなきゃそんそん。
            (いや、ベルサイユ超混みだから行かないけど)。


            なんだよー。
            すごい出血大サービスじゃん。


            これは年契約、月契約の定期のみなので、短期滞在の観光客にはあまり恩恵がありません。
            まあ、つまりは住んでいる人が、夏だし、週末だし、仕事や学校で使ってる定期でどこへでも遊びに行ってちょうだい、という計らい。

            ということで、せっかくの制度を利用しなければもったいないので、新しい地区であるデファンスと、パリ中心部から小一時間で行ける、サンジェルマン・アン・レイというところまで行ってきました。
            お城もあって、パリも一望。お天気もよいし、とてもよい選択だったー!

            (なぜか画像のアップロードができなくなっちゃったの。結構いい写真あったんだけど残念。また試してみるー)

            それで、これは先日ヴィレットの公園を歩いていても思ったことなんだけど、あかんぼ連れのピクニックがすごく多いんだよねー。


            子どもにカメラ向けるのはあまりよくないから撮らないけど、アン・レーでもまだ首座らないぐらいの子どもを敷物の上にごろんところがした状態で、友達数人がピクニックしていたし、ちっこい子からおっきい子までいろいろ混じり合って遊んでいる横で、大人が話し込んでいるという風景がよくある。

            日本もいっぱいあるけど、なんだか違うのはなぜだろうと思ったら

            家族連れ

            という一単位という風景よりも、いろいろごたまぜになっている風景が多いからだということに気がついた。

            ファミリーが複数というのともちょっと違う。男女ペアと子どもの数が合わないというケースが結構ある>笑
            男2 女4 子ども2 みたいな。
            こっちでは、大学の授業でも「家族」という単位が男女という前提で語られないので(ほんとよ、カップルの性は多様。これはもうカルチャーショックよ)、そういう意味でのバリアフリー感はんぱなく。いろいろ寄り集まって話するのが大好きみたいで、何もない場所でおしゃべりし続けている人多いんだけど、その形が一定ではないというのが、なんだかおもろいと思う。


            さらには定期を使っているもう一つの多勢は「学生」なわけで、学生にとっても、週末に遠くまで行けるのはとってもありがたいことだと思う。


            そしてパリで学校通って、日本ともアメリカともすごく大きく違うと感じたのは、ほんまこれに尽きる。

            「宿題出ない!!!!!!』


            まあ、たまに「やっといてね」って言われることもあるけど、それはぜーーーーったいに金曜日は祝日前には言われない。
            休日に勉強を持ち越すことを指示しない。休みは休め。
            とてもイサギがいい。

            そして、テストは必ず「火曜日」にある。

            月曜日じゃないよ。
            月曜日にテストなんてしたら、週末勉強しなくちゃならんじゃないの>笑
            (ついでに金曜日にも、ない。金曜なんて疲れちゃってるだけだから)


            ゾーンフリーは、休みは定期タダにするから出かけてこーい! というお告げのようなものなのかも。



            あとね。
            ここが学生天国なのは

            「26歳以下のユーロ圏の学生はすべての美術館がタダ」

            ということ。
            学生証と年齢が証明できるものがあれば、ルーブルもオルセーもポンピも入り放題。
            ほか、パリは市立美術館は無料のところが結構あるし、毎月第一日曜日はすべての人が無料になる。

            そしてそんな場所が、パリ市内のいたるところに存在し、毎日回っても飽きることなく、しかも入れ替わり立ち替わりすばらしい展覧会が企画されている。

            これは本当にすばらしいことだと思う。
            力を込めて言う。フォーミダブル!


            パリは外食も、アパートの家賃もとても高いけれど、どんな高級パンやでもバゲットは1ユーロぐらいで買える。
            バゲットにハムとチーズ(これも1ユーロぐらいで買える)を挟んで、ちょろりと公園でごはんを食べて、美術館に入り浸って、週末は学校用の定期を使って郊外の史跡なんかを見に行ける。

            ベルサイユみたいな観光地は別だけど、ちょろりとした史跡や緑地は、レジャー施設みたいなものはあまりないことが多く、なーんもない場所でスーパーで買ってきたビールとか飲んで、ひがなおしゃべりしたり、のんびりしてたりする人が多い。

            あー、あとすごく大事なのは、日曜日はお店みんな閉まっちゃう。

            つまり、レジャー先でもあまりお金使わない。




            日本はさ、休日はかきいれ時じゃない。
            どんどんお金使って欲しいわけじゃない。

            だから休日料金なんていって、普段より高くなっちゃうところばかりじゃない。

            子ども連れてレジャー行ってみ。
            入場料、食事代、交通費でお財布すぐペラペラになっちゃうよ。
            ショッピングモールもデパートも、休日はどんどんお金を使ってもらえるように、手ぐすね引いてまっている。

            そして、美術館は軒並み、学生にだってどえらく高い。



            そういう中で、なんか唯一恩恵を受けているのが、65歳以上のシルバー世代だっていう気持ちになっちゃうんだよね。



            文化が蓄積して来た宝物は、シルバーの行楽のためだけでなく、これから時代を作っていく若者たちのためにこそ、あるべきなんじゃないかなーって思うんだよね、私はね。
            映画も美術館も行楽地も、もう入館料が高すぎて若者はどうやっても入れない。
            シルバーの中にはさ、年金でさほどお金に困っていない人もいるでしょ。
            でもそういうシルバーさんにも割引がいっぱいあって、休日の美術館や行楽地は、もうシルバー一色で、その中に学生の入り込む余地があまりないなあ、って東京ではよく思う。


            かせぎ時なんだから、一番レジャーしたい盛りの若者やファミリーからどんどんお金は取って
            年金世代は優遇する

            という制度って、もうぜんぜん時代に合ってない気がするよ。



            学生はどんどん自国の歴史が積み重ねてきたいい物、世界からやってきたすばらしい物を見る機会を得て、自分の街のあちこちに出かけてのんびりして、週末はしっかり休む。

            日本の学生にも、そんなことをさせてあげたい。
            ほんと、こっちで強く強くそう思います。

            「文化」というものをちゃんと若者に継承していかないと
            残るのはただ

            「経済効率と費用対効果」なんてことばかりを言い出す人間じゃないのかね、と思う。
            すでに、そんなことになっちゃっている気がする。日本。

            日本にだってすばらしい文化がたくさんあるのに、本当にもったいないよ。


            パリって、お金使おうと思ったらきりがないけど
            使わないで過ごそうと思っても、それなりに豊かに楽しいよ。
            特に26歳以下だったら、絶対ここで学生をするといいと思う。
            何かが、確実に、感性の中に残ると思う。

            私も26歳前に来たかったぜー!!!!


             
            category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

            東京でやらないことはパリでもやらないんだな、という簡単なことに今日気づく&最近のごはん

            2015.08.22 Saturday 05:00
            0
              8月21日。7月21日にこっちに入って、今日が8月21日。ちょうど1ヶ月。
              大学の授業も残すところあと1週間(5日)となっちゃった。早い。
              学生と違って、東京で仕事して子育ても(もうほとんど終わったけど)している身としては、1ヶ月の不在は長いと思っていたんだけど、実際にはちょい足りない。あ、それはパリだからか。行くところありすぎて。

              んなわけで、日々あっちこっちふらふら歩いている。
              歩いている軌跡を日記に残そうと思ってこれを書き出したんだけど、いざ書き出すとそういうことより余計なことが頭に浮かんでしまい、毎日書くと決めたから毎日書いているけど、ぜんぜん備忘録にはなっていないや。

              まあでも、そんな日記を書くぐらいの持て余した時間はあるわけで
              そういう意味ではとても贅沢な日々を送らせてもらっています。ありがたや。


              さて、このところもうあと少ししかないなあ、
              週末土日なんて、明日で丸々空いているのは最後だなあ、なんてちょっと焦り気味の気持ちになって、

              そういえば、パリに来たら今度こそやってみたいと思っていたこと

              ・手頃でおいしいレストランを開拓する
              とか

              ・スイーツに挑戦! チョコレート買うぞ!
              とか

              ・パン屋めぐり! 
              とか

              ・ケーキのおいしいカフェでアフタヌーンティ
              とか

              ・ちょっといい食材の店とか、気になるショップなんかを開拓
              とか

              まあ、いわゆる「るるぶ」とか「まっぷる」のパリ特集のほとんどのページを割いているようなことをぜひやってやる! と張り切っていたわけです。
              だってだってね、私が参加しているfacebookのフランス系のグループとか、日々投稿されて素敵素敵! ってなってるのはたいていスイーツとか、☆ついたレストランのお料理とか、チョコとかお惣菜とかワインとか。
              それ、10回以上パリに来ていてもぜんぜん未開拓の分野なもんで。やっぱりそういうの、やっておきたいじゃないの。
              ガイドブック情報もいっぱいあるし!


              1ヶ月後の今日。






              チョコレート一度も買ってなかった。
              エクレアの有名な店っていうのだけ一度出かけて、ルームシェアしていたちずるさんと分けて食べました。
              あとなーんもしとらん。



              私、パリ大好きなんだけど

              もし友達が尋ねてきたりして

              おいしいレストラン連れてって とか
              チーズやフォアグラやトリュフや、その他いろいろグルマンなものどこで買える? とか
              ケーキがおいしいカフェはどこ? とか

              そういうオファーに何一つ答えられないことに気づく。
              なんかなあ。行きつけのレストランやカフェぐらいは、作っておこうよ。自分。
              ごめんなさい。



              なんでー? 
              と思うよ。
              自分ながら。


              別にレストランやカフェに気後れしているわけでもないし
              メニューが読めないわけでもないし
              切り詰めて節約しているわけでもなく
              毎日さんざん街を歩き回っているんだから、るるぶな行動もどんどんすればいいじゃないかーって思いながら、
              結局、当初立てたもくろみは何一つできていない。


              今日なんて、昼はインド料理街に行ってみようかなー、とか
              アルザス地方料理のお店あったから入ってみようかなー、とか
              いろいろ煩悩と妄想にまみれながら出かけていったのですが、結局パン屋でパンを買って公園で食べました。

              いやあ、うまかった。
              1.9ユーロのフロマージュパイが。



              で、晴天のヴィレット公園でパンかじりながら、どうして私はちゃんとおしゃれなことができないのだ。
              大人なんだから一人でビストロだってレストランだってカフェだって入ればいいじゃないか。

              と自問自答しながら、気がついた。



              私、東京でもあまり喫茶店に入らないんだよね。
              あと、明確に食べたい物が行きたい店で決まっていない場合は
              ふらりと歩いて目についたお店に入るというのが苦手。
              外食や外飲みは大好きだから、かなりの頻度で外で食べているんだけど、一人のときは東京でも、知らない街ではふらふら歩いて結局食べずに帰るってことがしょっちゅう。


              東京でケーキ買わない。

              高級チョコも買わない。
              ダースでいいや>苦笑


              野菜や肉などの素材を買うのは大好きだけど
              こじゃれた総菜や高級食材にあまり興味がない。
              デパ地下というところは、野望を抱いてよく行くんだけど、ぐるぐるまわって結局何が食べたいのかわからなくなってしまい、何も買わずに買えるということが頻繁にある。

              どういう人間だ、自分。

              東京でやらないことは、パリでもやらないんだね。
              簡単なことでした>笑


              なので、なんだか心残りではあるんだけど、とりあえずは「るるぶ」とか「まっぷる」みたいなパリ歩きはとりあえず考えないことにして、

              明日は郊外にあるコンテンポラリーのミュージアムMAC VALまで足を伸ばしてみようかと思っています。


              美術館はがんがん回ってるよー。
              おもろいよう。
              もう、それだけで十分贅沢な日々です。


              ということで写真ないじゃないか、と気づいたので最近作ったごはんの写真ずらずら並べて今日は寝ます。

              もうね、今一番楽しいのがスーパー。

              食材買うのが一番の娯楽。
              そしてそれをなんかして食べるのが最上の幸せ。
              毎日全部食べたくって悶絶しながらスーパー歩き回ってる。

              まだまだ気になる食べ物がいっぱいある。
              時間が足りないやー。





              クスクス。
              ぺろり。




              白身魚のエストラゴンソース。



              市場で買った野菜でラタトゥイユ



              お肉屋さんのぐるぐる鶏。クラスのももちゃんと二人でぺろりと食べた。鶏の焼けるときの肉汁をかけながら焼いたじゃがいもが悶絶のうまさ。



              お友達がアップしていたそうめんの写真を見て、急に食べたくなって作った冷製そうめん。でも結局味付けはオリーブオイルとバルサミコでバジルとトマト>笑 パルミジャーノレジャーノもかけてみた。
              湿気のないフランスでは、めんつゆでさらりと食べるより、なんだかこっちのほうがおいしい。



              ピカールで奮発して買ったステーキ。これがあーた。
              びっくりするほどおいしい。レストラン行く必要なし。
              付け合わせ野菜が重複しているのは、これもピカールだから>笑
              赤ワインが飲めないので、ロゼのGrisをみつけたのでちびちび飲んでる。



              生ラビオリが2人前で2ユーロ以下で売られているのを毎日見ていて、耐えられずに買って作った。こっちの生クリームは本当においしい。



              丸鶏の余ったガラでスープを取って、そうめんでフォーもどきにしてみた。
              山ほど買ってしまったカリフラワーとほうれん草を消費中。
              こっちに来てから、コンソメの素とか出汁の素が入っているものをほとんど食べていないので、そうめんつゆの味(たぶん化調入り)が気持ち悪くてもう使えない。慣れって不思議。
              ま、日本に戻ったらまたせっせと食べるのでいいや。

              というわけで、まだまだいっぱいあるんだけどこのへんで。
              明日は早起きするんだー。

              おやすみなさい!



               
              category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

              「保母」「保父」vs 男女とも「保育士」。どっちがジェンダーフリー? ってことをフランス語から考えてみる

              2015.08.20 Thursday 22:02
              0
                8月20日。小雨そぼ降る19度のパリの午後です。

                さて、今日は職業名のお話。タイトルの通り、日本語では「保母」と言われてきた職業の名称は「保育士」となっています。ほか、スチューワーデスは「客室乗務員」に。職業名に男女の言い分けをしないというジェンダーフリーの発想から、そうなったと私は理解しているのですが、それでいいのでしょうか。


                先週、文法の先生(女性)が、そりゃもう楽しそうに、しかし力をこめて
                「いやあ、いまフランス人がとっても熱く語り合ってることがあるのよ。イスラムの戦争とかテロとか、大事なこともいっぱいあるのにしばらくの間、新聞にはこの話題でもちきり。どう思う? こんなことをずーっと長い事私たち議論してんだから」
                とかなり長い事しゃべっていました。手をバタバタ振りながら。

                それ、この手の話題。

                http://next.liberation.fr/sexe/2014/10/07/madame-la-presidente-madame-le-president-une-vieille-polemique_1116741

                もとを辿れば、今のオランド大統領の前夫人でもあったセゴレーヌ・ロワイヤルさんが、エコロジー・持続的開発・エネルギー相に就任した時のこと。

                ジャーナリストが質問をする際に

                “Madame le Ministre"と呼びかけたところ、ロワイヤルさんがにこりと笑って

                "Madame la Ministre" と言い換えたというところに端を発している。


                (画像はこちらからお借りしました。ありがとうございます。
                http://www.closermag.fr/people/politique/segolene-royal-ne-l-appelez-pas-madame-hollande-505118)


                ふぇふぇ、何が違うのか? っていうと、Ministre(首相)にくっついている冠詞が違う。

                le

                la

                フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語では名詞の前に必ず冠詞がつくんだけど、その冠詞が男女の性と数、そして格というかなんというか(りんごみたいにひとつづつ数えられるものなにか、水のように不定形なものなのかという違い)、名詞の種類によってくっつける冠詞が違う。

                あともう一つ、職業名はその人が男性か女性かによって、変化する。

                このあたり、日本語にはない習慣だから、最初は慣れなくて苦労するんだけど、話していて冠詞を間違えるとたいてい直されるので、このあたりは言語の大切な中枢を成しているのかもしれん。間違えたときって、日本語だとどういう間違いをしたのと同じように聞こえるのかねえ、ってよくクラスの子と話しているんだけど、適当な例がみつからない。



                しゃて、そんな風に言語の構造に、「男」か「女」かというのががっちりと組み込まれているので、常にそのあたりを気にしながら言葉を構築することになるわけで。たいてい女性の職業は最後のところに e をくっつけるという仕組みになっちょる。
                たとえば、

                音楽家 男 le musicien   ル ミュージシアン
                女 la musicienne ラ ミュージシエンヌ

                学生  男 l’étudiant  レテュディアン
                女 l’étudiante  レテュディアーント
                〜これは名詞の最初が母音なので冠詞とくっついて性別がわからなくなるが、語尾が変化するので聞いてわかってしまう

                一部語尾がeで終わるために、変化させることができないから男女同じっていう職業名もあるけれど、それでもle とla は必ず識別してつけなくちゃならない。ああ、めんどくさい。

                いやさ、でもって最初のロワイヤルさんの発言に戻るわけよ。
                なんで彼女言い直したの? ってところに。


                実はフランス語の職業名の中には、語尾が変化しないものがいくつか例外としてある。

                le chef(英語のボスみたいな意味)
                le journaliste(ジャーナリスト)
                le ècrivant(小説家) 

                この手の職業は、「以前はほぼ男性がする仕事であった」ということを理由に、語尾変化をしないらしい。
                あらいやだ。

                このあたり、ちょい封建的な慣例。
                まあ、でもこの職業名に女性冠詞をつけて使うことは、できる。

                ところが、このla の冠詞をつけることさえ許されていない職業名が

                le ministre
                le president

                ここはアカデミーフランセーズがきっちりと決めており、首相や大統領に女性冠詞をつけることならず! とかなりうるさく固辞しているらしい。



                ほんなわけで、ロワイヤルさんに

                Madame le Ministre

                とジャーナリストは呼びかけたわけです。
                これを、

                いいえ、私のことは Madame la Ministre

                と呼んでくださいな、とロワイヤルさんが言い返したと。


                たったこれだけのことが、スキャンダルとなり、le Ministre なのか la Ministre なのかってことを、かなり延々とこっちの人たちは喧々囂々とやっておる、と。
                ま、それが文法の先生が手をバタバタしながら説明してくれたこと。
                (解釈が間違っていたらごめんなさい。あかんおまえ! ということがあったら教えてくださいな)。


                ご存知の通り、ロワイヤルさんおよびその周辺の人たちはフェミニストでもあります。
                以降、ロワイヤルさんに対しては、Madame la Ministre と呼ぶことが慣例となり、彼女たちはその意味で一石を投じたってことになるわけですが、じゃあ presidentは? ってことになると、これはアカデミーフランセーズが「president に laをつけるのはフランス語としてあってはならないことなので、けしからーん」とまだ言ってるらしい。(いろいろ文献探してるんだけどうまくみつからず)。

                ま、そんな感じで最初の記事のほかにも、こんなのもあるねーってわけですわー。
                http://www.liberation.fr/politiques/2014/10/07/un-depute-persiste-a-appeler-sandrine-mazetier-madame-le-president-et-ecope-d-une-sanction_1116530



                でね。
                もう十分長くなっちゃったけど

                なんかこれ、面白いと思わない?

                日本のジェンダーフリーは

                「保母」じゃなくて「保育士」です
                「看護婦」じゃなくて「看護師」です

                という言葉の言い換えをしているわけなんだけど、それってよくよく考えると、

                「ほとんど女性がやってた職業を男性がやろうとしたときに、保母や看護婦じゃ困る」という発想からの言い換えなんじゃないの?

                私たち、なんか「保育士」って変わって男女差なくなったー! ってちょいいい感じに思ってたけど、よくよく考えてみたら、それって女性目線じゃなくて、男性のために言い換えたんだっけ?って見えて来る。

                たとえば「士」というのは、本来「立派な男子」という意味を持つ言葉だけれど、これがついている

                弁護士 税理士 鑑定士

                という職業に女性がついたとしても、なんら職業名に変化はないわけだし。

                le か la かをつば飛ばしながら激論している(らしい)フランス語では、


                職業名に「女」の冠詞をつけろ!!!!


                ってことがフェミニズムの一つの論点になっている。



                これまで女性が多かったために女性名になっていた職業名を、中世的な表現に替えてみな同じにしましょう。
                それがジェンダーフリー

                ってことと

                これまで男性名のみで語られていた職業名に、ちゃんと女性の冠詞をつけましょう
                それがジェンダーフリー

                ってことと

                なんかすごーく違う気がするのは私だけじゃろか。



                女性の権利が男性の権利に近づいて同権になるのか(同化)

                女性と男性ははっきりと別のジェンダーであることを明確にして、権利を配分するのか(識別)

                うーん。考え過ぎか>笑
                ま、ただ言葉の構造の違いといってしまえばそれまでなんだけど。
                そんなこと考えて、今日は面白かった。

                言葉っておもろいよ。
                同様に、今日は

                「個性的」

                とはどういうことなのか? という言葉の解釈についてもおもろいおもろいと思ったんだが
                それはまた長くなるのでまたの機会に。



                 
                category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                便利で親切な東京と、不便で不親切なパリの間で、どちらが便利で親切なのかを考えた

                2015.08.20 Thursday 06:00
                0
                  8月19日。
                  バカンス時期のパリは観光客は多いですが、中心から離れれば人も少なくて地下鉄も空いていて、いろいろ過ごしやすいです。

                  いや、それにしても。

                  近所のレストランは8月1日からお休みで、再開は9月1日なんですが、その間ずっとバカンスに出かけちゃうのかなーって思ってたら、1週間ぐらいは店内改装していました。なるほど、それはなかなかよい塩梅のバカンスの使い方なのかも。

                  でも、まあ、東京で飲食店が1ヶ月休むなんてことは、あり得ないわけで。

                  休んだら自転車操業なんだから火の車になる! ってのが東京の飲食業なんだと思うけど、フランスだとそういう切迫感がないのがとても不思議だなあって思う。なぜこの国でこんな柔らかな塩梅で仕事して生きていけるのかというあたりは、こないだからいろんな人に聞いて歩いているんだけど、書き出すと長くなるのでまた今度。


                  しゃて、そしてパリではそういう時期だからというのも含めて、とにかく工事が多いです。



                  あかんわー。
                  主要路線が使えん。
                  それ、赤いビニールテープでばってんって。
                  どうしたらいいのか案内ないのん?




                  こっちではさらにわけわかめなことになっている。
                  7月25日から8月23日までの1ヶ月間、PERの上記の5路線が工事になっとるので、
                  左はメトロ1号線でシャトレーまで行って、次にPERのA号線に乗れ。
                  右はメトロ1号線でデファンスまで行って、次にPERのA号線に乗れ。

                  と書いてある。
                  がしかし
                  そこに並んだ一番大きな字の看板には

                  『メトロ一号線を使うのは控えてくれ、ラッシュ時には」

                  とでっかいアラートマーク付きで書いてある。

                  なんなん、それ。
                  工事して使えなくして迂回路書いておいて、その迂回路は使うなとか。
                  意味わからん。

                  (まあ、よく見ると各看板の下には小さい字で

                  1号線が混雑してる場合は2号線でナシオンに行け
                  平日の7時から10時、16時から21時までの間の混雑があった場合は
                  シャルルドゴールエトワールからデファンス行きのナヴェットが出てるから出口4番から出てちょ

                  というような注釈がついているので、そうか、1号線は迂回客で混雑が予想されるので
                  その場合は左の看板の下に書いてある別の方法で迂回すればいいのか、というあたりが予想で理解できる)

                  (*いや、さらに付け加えるとすると、シャルルドゴールエトワールから出ているというデファンス行きのナヴェットだが、実は凱旋門周辺もいろいろ工事中であって、出口4番にあるはずのバス停は移動している。そしてすごくわかりにくい場所に「バス停はあっちに移動しとる」という看板がある。連携ゼロ)


                  私はパリの地下鉄はいろんな意味でとてもわかりやすく便利にできていると思うんだけど、この手の

                  いつも工事だらけ

                  というあたりは、ほんまどういうこっちゃという気になる。
                  それ、どういうことかというと、こういうことが起こるってことで。



                  駅が7月15日から8月30日まで閉まります、と。

                  つまり、この駅を通勤通学路に使っている人は、1ヶ月半の間隣の駅まで歩けというわけですわー。
                  東京みたいに夜の間に工事しまーす、なんてことは起こらず。
                  1ヶ月半延々と駅閉めて工事してるんだが、まあ、みな文句も言わず(いや、言ってるんだろうが)、不便だなあと思いながらも別の方法でなんとかしている。

                  これ、たとえば東京で

                  京橋駅は1ヶ月半使えません

                  とただインフォされて、あとは乗客が「あ、そうかー、日本橋から歩けばいんだー」なんてことを考えて行動するなんてこたあ、まあ、起こりえないし、あったら大ブーイングで「業務に支障」とかそういうことになるんだろうなあ、などと思う。


                  お国柄。
                  おもしろい。


                  さらにパリのおかしなところは、とにかくいろんなものが常に壊れているということ。


                  駅のエスカレーターは、たいてい入れ替わり立ち替わり止まっている。
                  こないだなんて、乗ってる時に止まった。

                  へー、って感じでみな歩き出した。

                  いやあ、東京で乗ってる時にエレベーター泊まったら、子どもの手を引いてるおかあちゃんなんて、青筋立てて起こると思うよ。
                  「子どもがケガしたらどうするんですか。点検なってないー!」って>笑


                  あと、エレベーターほとんど「故障中」。
                  車いすの人、無理。
                  ここ、ぜんぜんバリアフリーじゃないところ。


                  さらにすごいのは、駅の改札もしょっちゅう壊れているってこと。
                  今日乗ったメトロの駅は、3台ある改札全部に「故障中」って書いてあった。
                  で、切符やカードを通さないと開かないロック式のバーは解放されていて、じゃんじゃんみんな勝手に通っていった。

                  いいのよ、それで。



                  あ、こないだわけわかんねーと思ったのは
                  リモージュ地方に列車で旅したとき、翌日出かける際の切符を駅で買おうと思ったら

                  「券売機故障中。切符は売れません」と貼り紙があったこと。

                  そして、くれたのがこれ。



                  諸々の困難な理由にて今切符を出せないので、このチケットで電車に乗ることを許可します、と。
                  ほんで電車の中で車掌にお金払ってねってことなんだけど、じわじわ来るのは、こういう文言が入った乗車許可チケットというものが、きちんと印刷されて束になって用意されているということだ。

                  日常。


                  ちなみに翌日はこれを持って電車に乗ったけど、車掌さんは来なかった。
                  まあ、あとはご想像におまかせするとして、ま、そんなことが頻繁にある。

                  加えていえば、その翌日に私はパリに帰ったんだけど、その日も駅には「切符売れない」貼り紙がまだしてあった。
                  直さない。
                  潔い。


                  そして暮らしのさまざまな場面では
                  本当に気が遠くなるようの不正確さ、不便さ、面倒臭さが山積している。



                  こういう場所で暮らすのはさぞかし不便だろう、東京では信じられないことじゃよねえって思うんだけど、でも、なんだか、そういう不便さが日常になると、人って不便に適応するんだと思うのね。

                  ぶーたれるけど、駅員に食ってかかったり、責任取れとか、どうなってるんだと詰め寄る人はいない。っていうか、駅員さんも「まったくもう困ったもんだわよ」と肩をすくめて、ぜんぜん謝ったりしない。
                  ほいで、まあ、乗客も仕方ないわなあという感じで別の方法を考え出す。

                  フランスにはなんだかそんな「サービスをする側もされる側も対等」って空気と、妙な「ケセラセラ感」みたいなものが存在していて、それは何か、東京での日常とはものすごく違うメンタリティだなあと思う。



                  そんな中、止まったエスカレーターの前では、じゃんじゃん男子がベビーカーをかついでどっかのママを手伝っていたり
                  車内では、でっかいバックパック背負ったにいちゃんが電車を降りようとしたところで
                  網棚から荷物おろそうとしているおばあちゃんに気づいて、せっかく背負ったバックパックをよいしょと下ろしてから戻ってきて、おばあちゃんを手伝ったりしている。

                  混雑する地下鉄の車内には、折りたたみ式の椅子が乗り降り口のそばにはあるんだけど、みんなが何かの合図をテレパシーしているかのように、ちょっと人が増えるとバサッと立って椅子を畳み、ああ、また空いたなあと思うと、おもむろに座り出したりする。
                  お年寄りが乗ってきたら、機械仕掛けのように子どもはささっと立ってどっか別の場所に行くし、ベビーカーは普通に乗ってくるけれど、混み具合でさくっと畳む人もいれば、狭いパリの地下鉄仕様でコンパクトなものを使っている人も多い。



                  私、「日本は」って言ってるんじゃなくって、「東京は」って言ってるの。東京以外の場所では、みんな親切だなあ、って思うことも多いから。
                  でも東京でラッシュ時の電車に乗ってて、ほんとに心すさむなあって思うから、こっちで見聞きするそういうちょっとしたことがラク。あ、なんかぶつかって舌打ちされるなんてこともないなー。Pardonって言い合うだけ。

                  これ、人との距離感の文化的違いだなあって思う一方

                  便利さに慣れすぎてしまった日本では、「サービスを享受できて当たり前」「遅れも故障もなくて当たり前」が前提で、それが崩れたとたんに誰かを責めずにいられないというクセがついてしまっているのかもなあ、なんて思う。
                  こないだなんて、「レストランで”ごちそうさま”を言いますか」というテーマに、「金を払っている客である以上、店にごちそうさまと言う必要があるか」という人が結構いて、椅子から転げ落ちそうに驚いた。
                  こっちはスーパーのレジでも洋服屋さんでも、必ず挨拶しあって、今日はどうだったとか話して、もちろんお店で食べたらありがとーって言って帰る。それ、当たり前のコミュニケーション。

                  便利で豊富なサービスは、サービス享受は当たり前、それは支払った代金の対価という考え方を生むのかなあ。

                  便利で親切な日本って、すごく素敵だなあって思う一方
                  (いやあ、フランス人が日本に来たら本当に、感動すると思うもの。いろいろ正確で便利で)

                  不便でいろんなことが不親切な場所のほうが、あまり嫌な思いをしないってどういうこっちゃ? なんだろうってすごく不思議に思う。

                  いろいろ続けたいけどもう眠いので寝る。

                  おやすみなさい。
                  category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                  「旅の願い事手帖」を書いてみたら、滞在半分ですでに半分ぐらい叶っていたという件

                  2015.08.19 Wednesday 03:53
                  0
                    「願い事手帖」ってのをもうずいぶん長い事書いているのですが、旅に出るときはまた別に、「旅の願い事手帖」というのを書くんですよ。

                    1週間未満の旅だったら、いつも使っている願い事手帖のページ2、3ページを旅用に使って書いて、戻ってから見直す。

                    今回は7週間と長かった&行きの飛行機の映画が壊滅的であまりに暇だったので、飛行機の中でやることがなかった=願い事書いてやったー! というわけで、小さな手帖に77個の願い事を書きました。
                    それをこないだ、どうかねえと見直してみたら、なんだかもう半分はいろいろ叶ってる!&このままいけば叶いそうやないか、 ということがわかった。

                    ええなあ、願い事手帖(手前味噌)。

                    (あ、今日は8月18日(火)。バカンスで遠出したので、間の日記はナシ)

                    まあ、書いてあることはすごく簡単なことなんです。
                    旅に出る前に、ああ、そうだったらいいなあ、こういう風になるといいなあ、こんなことが起こらないようにしたいなあ、なんてことを、To Doじゃなくて、「すでにもう叶っている」というスタンスで書く。
                    To Doじゃない。これ、大事。

                    たとえば今回書いたものの一部は

                    □ 大学の登録がするりと簡単に、時間もかからずに済む。そして問題も起きない。
                    □ 大学のクラス分けが、どんぴしゃのグレードのところにすんなり決まる
                    □ そしてその人間関係の中で、とても心地よく過ごすことができる

                    なんてことから、滞在中の

                    □ 滞在する街を気に入って、楽しく散歩し、おもしろい店をいろいろみつける
                    □ Navigoが滞りなく買える
                    □ 素敵なサンダルが1足みつかる

                    なんてことまで>笑

                    上記全部叶ったよ。大きく花マルつけたった。
                    それで、なんだかすごく幸せな気分になる。願い事手帖って、なんだかほんとに不思議だなあと思う。



                    これ、このままTo Doリストの内容であったりもするんだよね。もしリストにするのだとしたら

                    ○ 大学の登録
                    ○ アパートのある街のスーパーやパン屋のチェック
                    ○ Navigoを買う
                    ○ サンダルを買う

                    ということになるんだと思う。
                    これ。
                    たとえば大学の登録が終わって、横線引いてTo Doつぶせば、その時は「終わった終わった」って達成感も十分あるんだけど、でも、線引いたとたんにそのTo Doは処理済みとなって思考から追い払われてしまう気がする。
                    そしてその隙間にはすぐ次のTo Doが入り込んでくる。
                    「ああ、次はNavigo買わなくちゃ」「サンダルも探しに行かなくちゃ、セールやってるうちに。。。」と。
                    そのあとは、どちらかというと、できたことよりも、できていないことのほうが気になってしまったりする。

                    願い事手帖式に書き連ねて、書いたらすぐパタンと閉じてあまり書いた内容に執着しないでいるほうが
                    あとから

                    「うわあ、ほんとーにいい塩梅のところにクラス分けされてよかったなああ」
                    「Navigoもいろいろあったけど、ちゃんと買えたよなあ、結構頑張ったよな」
                    「え、サンダル1足欲しいって思ってたのかー。いいのみつかったよー。最初に1足って思ってたんだから、欲を出して他の物まで手を出さないようにするよ。いやあ、それにしてもいいのがみつかったよなあ」

                    なんて思考回路で、にやにやできてしまったりするので、とても不思議。
                    To Doに執着せず、まあできなくたっていいんだよ、ぐらいの気持ちで一度書いてしまっておくだけでも、潜在意識の中にすべきことは刷り込まれるらしい。そのほうが逆に、無理してまでやらなくていいことは忘れてしまったりするので、都合よいというか。

                    そしてもう一つ、旅に出る前に、自分が何を心配し、何を怖れていて、そして何を一番したかったのか、ということが、あとから手に取るようにわかるというのも、おもしろいな、と思う。

                    すごく心配していたことが
                    実際にはさほどたいしたことじゃなかったり
                    できるようになってしまった後では忘れてしまいがちなことを
                    初心に戻って思い出させたりしてくれる。


                    さて、そんな願い事手帖なんですが。

                    いま、東京においてきている、本ちゃんの願い事手帖に、そういえば6年前にフランス語の勉強を再開したときに書き込んだひとつの願いがあるのです。

                    □ フランス人とフランス語で冗談を言って笑い合う

                    私がフランス語を再開したとき、一番したいのは、たぶんこういう事なんじゃないかと思って書いたんだと思う。



                    これを、週末の旅行中に急に思い出しました。


                    週末は、今パリで滞在しているアパートを貸してくれている人の故郷の家に招待してもらったのです。
                    リモージュ焼きで有名な、リモザン地方。フランスで言うと、5角形の国土のちょうど左下のあたり(でも海辺までいかない)。

                    もちろん、滞在中はずっとフランス語。
                    私のフランス語はまだまだへなちょこだけど、6年前に再開した時にブルゴーニュに1週間短期留学した時の、何を言われても「へらへらてへへ」とやっていた時に比べれば、5ミリぐらいずつ進化して、多少はマシになった。
                    とはいえ、フランス人と流暢に会話できるレベルには至っていないわけです。なんだよ、何年やってんだよー!! って状態。

                    そんな滞在中、バカンス中の彼女の親戚友人のアペリティフに招いてもらい、そこでみんなの会話に混じることになりました。
                    正直、エネルギーフル稼働ですわー。
                    へらへらと照れ笑いしてみたり、わかっていないのに、うなずいてみたり、もう脳みそ爆発するでー! 状態。
                    フランス語難しい。もごもご話すから聞き取り難関。発音できねー!!!! もう誰かどうにかしてーーー。

                    でもね、そんな中でもなんとか頑張ってコミュニケーションしながら、途中からこんな会話になりました。
                    「」が私。””がフランスの方々ね。

                    ”日本語にはオノマトペがたくさんあるって聞いたけど、それってどういうもの?”
                    「あー、キラキラとかね」
                    ” Kirakira って何の事?”
                    「光っていることを表すのです」
                    ”あ、そうよそうよ。あと何だったかしら、お腹がすいた時になんか言うでしょ”
                    「それはペコペコ」
                    ”Pekopeko!!" (一同ジェスチャー)
                    "もいっこ似てるの聞いたことある。えーっと、フランス語を流暢に話しますって時は。。。。”
                    「それはペラペラ」
                    ”おもしろいなあ、フランス語にはそういう表現ないよねー”
                    ”ないなあ、おもしろいなあ”
                    「でも間違えないで下さいね。フランス語をペコペコ話したり、お腹が流暢にペラペラにならないようにね」

                    〜一同大爆笑〜





                    ????
                    !!!????



                    お、おれ
                    フランス語で冗談言って
                    それにみんなが笑った。



                    え、それって。
                    それって。
                    6年前に願い事手帖に書いたこと。
                    いま、そのかけらみたいなもんが、叶ったんちゃう?


                    なんだろう、これ。


                    それってね。
                    たとえばフランス語検定の2級に受かるとか。

                    すごく難しい本が読めるようになるとか。

                    フランス語でなんか仕事するとか。

                    そういう大きな目標でもなんでもなかったんだけど
                    でも、私がほんとの本当にしてみたいなあって思ってたのは、そういうたいそうなことじゃなくって
                    ただフランスの人と冗談言い合って笑ったりするようなことだったんだー
                    それ、いまなんか、その端っこみたいなところにいるかもしれないんだなあって

                    無性にじわじわうれしくて
                    ぽかーんとしちゃった。


                    あの願いごと、書いておいてよかったなー。
                    書いていなければ、いま、こんな風にしあわせにぽかーんとしてないなーって。

                    もちろん、本当に高度にジョークを言い合って会話についていけるという状態ではぜんぜんないんだけど
                    なんか、端っこのところをつかめたんだなあって幸せな気持ちになれたら
                    また気持ちも新たに
                    次の段階の願いを思い付ける気がする。

                    そして、自分が何をしたいのかってところが
                    また初心に戻ってよくわかって
                    無理をせず、小さく、自分の経験値を広げていきたいなあって思った。


                    そういう夢の叶え方が、自分には合っている気がします。



                    願いや夢って、実は知らないうちに小さく叶っていていることがたくさんあって
                    それをちゃんと「よかったなあ」って思えるかどうかは、とても大切なことのような気がするよ。


                    ということで、フランスで今、小さく小さく夢を叶えています。
                    語学の学習は記憶力が勝負なので、正直若い脳みそにはまったくかなわないけれど、
                    年を重ねた分のしあわせの形もまた、よいものかもしれんです。


                    次はやっぱり、テレビの内容がわかるようになりてええ。
                    8時のニュースキャスターのジュリアンの話していることがドンピシャわかるようになりてええ。



                    ジュリアンやばい。甘い。

                    また、願い事手帖に書いておく。

                    おやすみなさい。




                     
                    category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                    簡素化がいかがなものかという人は、子ども育てながら365日仕事をしつつ朝食夕食弁当を作りつづけてみるといいと思う

                    2015.08.13 Thursday 19:17
                    0
                      こないだブログに書いてどえらいリーチ数を稼いだ内容が、フランス在住経験があるの方の記事になっていました。さらにリアルにわかるかも。にゃんとタイムリー。

                      http://toyokeizai.net/articles/-/80266

                      フランス女性の「食事観」は日本人と全く違う

                      食事も弁当もシンプルさを優先



                      で、Facebookを含めて、そこに「いかがなものか」的なコメントがついているのはほぼ男性というあたりが、とてもおもろです。食事作りに対する窮屈感、疲弊感、試行錯誤感というのは、経験している人にしかリアルにわからないのかも。特に、子育てしながら仕事をしている、という中での「食事の支度」の立ち位置というのは、これはもう、やったことのある人にしかわからんと思うよ。

                      いかがなものかという人はやってみれ、ほんま。
                      仕事しながら2人ぐらい子どもいて、365日(ここが大事)朝晩の食事とお弁当作ってみれ。

                      わかるから。

                      中には、平気のへっちゃらでていねいな暮らしをしてるよ、という人もいるかもだけど、それはいわゆる「特殊能力」を持った人で、時々こういう特殊能力者が本や雑誌でていねいな暮らしプロパガンダをしていることがあるが、それはレアケースなので万人に同じことを求めてはいけない。
                      (そしてその特殊能力者にはオンとオフがあったりもするので、全部を信じてはいけない)

                      ところで、このタイトルは「フランス女性」となっているよね。
                      「フランス人」じゃないんだよね。
                      女性の就業率が高く、男女同権と見えているフランスだけど、フェミニズムについてはまだまだいろんなバトルがあって、その意味でも、食事の支度で出て来る言葉が”フランス女性”とジェンダーつきということについては、この記事を書いたのが日本の人だからなのか、それとも食事の支度は世界的にもう全般的に”女”カテゴリーなのかというあたりは、ちょっと興味があります。
                      話ずれた。


                      あとは食の好みや傾向は大きいと思うの。

                      私はこちらに来てまだ一度もごはんを食べたいと思っていないし、みそ汁もまったく必要ない。
                      日本にいる時から、割とそういう傾向がある。
                      この傾向は一定期間で変わったり、ローテしたり、いろいろ変動しているので、ごはんがおいしいなあと思う時期もあるけど、基本的には日本食にはあまり得意でない分野がかなりある。甘い味付けの野菜とか煮魚とか、とても苦手。
                      (健康に悪いとか、日本食が一番いいと必ず言う人がいるけど、そのあたりはちゃんといろいろ考えながらやってるし、食にはとても気を使っているんだよう。好きな物、おいしいと思う物が違うのは、ごく自然なことで、日本人なんだから米食べろ! と言われるのにもちょっと抵抗がある)。

                      あと、基本的に魚より肉が好きで、そばとか寿司とか日本っぽいものもあまり必要としない体質なので(除く:讃岐うどんとラーメン>これはパリにはちゃんと店があるし食材も手に入る)、ここでもぜんぜんラクだけど、そうじゃない人は拒否感感じると思う。

                      でもさ、頭で想像しても意味ないじゃん。

                      住むうちに、ああ、これはうまいなあって思うようになって、順応していくこともあるでしょ。
                      特にパンは、日本のパンを想像して「パンに自分でハム挟ませて食べさせるなんて、なんてわびしい」と思ったら、大間違いのサザエさんで、まったく別のものだから。
                      バゲットにバターとチーズを挟んだだけで、ほんとにおいしい。あとはきゅうりとか果物かじっておけば、バランスは取れる。

                      味覚が育たないという人もいるかもだけど、パンの小麦の味、バターやチーズの芳醇な味、濃厚な野菜や果物の味がちゃんとわかるようになる。それはとても大切なことだ。
                      うまみ調味料などで素材の味がわかんなくなるまで高度調理された総菜を食べるよりも。


                      日本だっておにぎりがあるじゃないか。おにぎりと何も変わらん ってことになるのかもしれないけど

                      おにぎりって実はとっても面倒なんだよ。

                      ごはん炊かなくちゃだし。
                      シャケやたらこ焼く? 梅干しから種取る? かつおぶしにお醤油混ぜる? なんてことをしていると、あっという間に時間が経つ。
                      じゃあ、昆布やのりの佃煮とか、しゃけほぐして瓶詰めになってるのでいいじゃん! となるけど、そこには合成着色料が保存料がたっぷり入っていて、たいていは甘すぎるかしょっぱすぎる味付けになっている。

                      あとは最後に海苔を袋から出して巻いて、ラップ出して包んで、さらにおにぎりだけじゃあまりにも悲しいだろということで小さい容れ物に漬け物やらプチトマトやら唐揚げ2個なんていうのを仕込んで持たせる。
                      (フルーツに異様な執着を見せる人もいる。日本人はりんご丸ごとなんて持たせ方を絶対にしないから、小さく食べやすく切って、さらにはうさぎさんの形にしてみたり、塩水につけてみたりという境地に入ると、それはもう。。。。。)

                      というまでの労力が、やっぱり忙しかったり疲れていたり時間がない時にはとってもしんどい。

                      そして。

                      作り終わったあとの厨房を見よ。


                      飛び散った海苔やかつおぶし、ごはん粒のついたしゃもじ、シャケやたらこの使い残し、まないたと包丁。
                      散らかった野菜や果物の皮。しゃけ焼いたあとのグリルの惨状。
                      残ったごはんは保温するのか。それとも小分けして冷凍するのか。次にごはんを食べるのは何時間後だ? 

                      それ、片付けると思うだけで体力の5%ぐらいは消費した気になる。

                      かあちゃんやとうちゃんののおにぎり弁当にお世話になった人は
                      ほんと、感謝せねばあかんよ。
                      うん、あれ、結構大変なんよ。



                      ちゃちゃっとおにぎり握ることが苦もなく出来る人はちゃちゃっとやればいい。

                      でも、出来ない人も、いる。
                      外側の安全な場所から、そこに「やればよろしい」なんて言うのは反則だと思う。


                      食を準備する人、作ってくれる人の労力や時間を、簡単に軽んじないで欲しい。



                      アメリカもごはんや弁当がラクだった。
                      家事もラクだった。

                      でもそのラクさの後ろにある冷凍食品や保存食やテイクアウトの食材というのものは、そこはかとなくわびしさや悲しさ、不健康さがつきまとっていて、続くとそのベクトルにやられてしまうので、「なるべく使わずにやってみよう」という気持ちが生まれたのも確か。
                      あの国で「健康的に食べる」ためには、別の意味の手間がかかった。お金もかかった。


                      フランスがちょい違うのは、便利さの後ろに「食へのこだわり」も強く存在していることだと思う。

                      Bioのマーケットが非常によく好まれていたり、健康志向も高い。
                      この記事の中にもドレッシングの話が出て来たけれど、アメリカのスーパーで棚一個分すべてを占めていたドレッシングの瓶が、こちらのスーパーでは大きな場所を占めていない。

                      フランスの家庭に招かれて、市販のドレッシング出て来たことないなーって言う人多い。


                      でもそれ、玉ねぎすりおろしてあれとこれと混ぜてとか、手作りマヨネーズになんか足してとか、そういうんじゃなくって、ただオイルとバルサミコをその場で上から振りかけちゃったり、容器でちゃかーっと混ぜちゃったりするだけ。
                      保存料とか添加物入らない。でもオイルとビネガーと塩がうまければ、それで十分。

                      こだわっているけど簡単。

                      なんかね、そういうところはいろいろ取り入れられると思うんだよね。


                      私は別にフランスを礼賛したいわけではなく、ここにもたくさん食の問題はある。
                      悪名高きモンサントはフランスの会社だ。


                      いま、フランス人は日本食が大好きで、日本食のよいところをたくさん取り入れようとしていて、食材もレストランもたくさん見かける。

                      私たちは一時期、ミシュラン星がついたような「フランス料理」をたくさんありがたがって取り入れたけれど、今度は「フランスの毎日のごはん」の素敵なところを、取り入れてみたらいいんじゃないかな。
                      別にフランスに限らず、世界中のいろんなこと。
                      これまで多かった「フランスの素敵な暮らし」的な手間ひまかけ子の内容じゃなくって、子育てしながら髪振り乱してぎゃーっ!ってやってても、なんとかなるっていうところのいいエッセンスを。

                      子どもができると、まだ仕事をやめてしまう人が多数いる日本が、もっと気楽に産んで育てて働けるようになるためには、そういう外側からのヒントも大事だなって思う。内側だけからはなかなか変われないから。

                      で、そういうことが結局少子化の流れを変えていけるかもしれない。

                      ま、私は少子であることをさほど大問題とも思っていないんだけど(ほんと、いろんな事情あるし)、それでももっと楽しく子育てできるようになるためには、ごはん作りなんていう日常の瑣末な(でもとても大事な)ところの価値観の変換も必要だなあって思う。


                      なにもフランスと同じようにすればいいということではなく、エッセンスを取り入れて日本なりに工夫して行けばいいってことだと思うの。
                      おいしい国、日本だからこそ、なおさら。


                      そういうこと、ちょっとこれから考えてみたいなーと思います。


                      今日は写真がないじゃないか。
                      仕方ないのでこんなのくっつけとく。



                      ienaの水曜日のマルシェ。
                      ちょこちょこ小分けに買って来た。
                      いろんな色の混じったトマトは、そのまま洗ってボウルに入れて出すだけで、ちゃんとした一皿になる。
                      ドレッシングいらない。おいしい塩あれば十分。


                      さて、今日は昨日のあまりの暑さに夏バテして、授業を休みました。
                      明日から2泊でパリから列車で3時間半のcoreezeというところに小旅行にでかけます。
                      wifiはつながらなくなります。

                      ということで、明日からブログはしばしお休みです。

                      のびーっとしてきます。

                      でわでわ。
                      category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                        武蔵野夫人
                      • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
                        武蔵野夫人
                      • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
                        武蔵野夫人
                      • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                        WhiteDragon
                      • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
                        Yukie
                      • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
                        東旺
                      • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                        武蔵野婦人
                      • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                        武蔵野婦人
                      • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                        ななし
                      • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                        日本人
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM