10月から通常に戻ります。おごらず、人と比べず、面白がって、平気に生きる。そして人生は、バカンスだ!

2018.10.02 Tuesday 18:34
0

    今年あと3ヶ月! 毎年同じこと言ってるけど、ほんとに一年は早いですー。

     

    10月になったので、療養は9月末までとして、一応通常に戻ろうと思います。

     

    普通に出かけて、食べて飲んで、仕事もできる状態なので

    お気遣いなく、誘ったり用事を頼んだりしてもらえたらと思います。

     

    なんてことをなぜここに書いているかというと

    先日、頼み事をしてくださった方が

    「あとからブログを見て、無理なことをお願いしたのかもと反省して。。。」とメールくださって。

     

    いや、もうぜんぜん普通にやっているので大丈夫ー、と返信しながら

    そうだよねー、やっぱり様子がわからないと不安だし、どう対応していいかわかんないよねー、と。

    んなもんで、もう普通にやってますよーというご報告でした。

     

    お友達からいただいたお見舞い。優しさをたくさんいただいた二ヶ月でもありました。

     

     

    そういえば、なんだけど

    女優の東てる美さんが私と同じ病気で、ちょうど6月に病名を公表されました。

    年齢は私よりちょっと年上なんだけど、時期が同じだったので気になっていて。

    少し前にネットでニュースを拝見してびっくり。

    手術日が一日違い、退院日が同じ日。病院は違うんだけど、生検結果が出たのも8月中旬で

    まったく同じ時期に、同じ病気で療養していたんだなあ、と。

     

    手術後も麻酔で痛みはぜんぜんなかった! って東さん取材で言ってたけど

    私は罰ゲーム並みの痛さで、

    彼女はちょっと前にライブで唄まで歌ってて

    息切れと咳が残る私は、到底そんなことはできないわー、すごいわーと感心していたんだけど

     

    同じ時期に出た生検結果で、東さんはリンパの転移があったので、10月から抗がん剤治療がはじまるのだそうです。

     

     

    生検の結果が出るまでの、手術後の3週間ほど。

    私はやっぱり不安だった。

    退院後の自分の時間の流れ方は、そこから決まるなあと思っていたので。

     

     

    今はいろんな治療法が進んでいて、今日もニュースは免疫治療の研究のノーベル賞でもちきりだったけれど

    でも、どんな治療でも体と気持ちの負担は大きく、そして何より金銭的な負担もかさんでいく。

    そこと向き合っていくための気力と体力に向き合うのか否かというのは、ものすごく大きなことだから。

     

    とりあえず私は、半年づつの時間を区切りながら

    またいつかそうした時間が流れ始めることも念頭に置いて

     

    今この時は、一段落して普通に暮らしていますよ、と言える今の状況に感謝したいなーと思ってます。

     

     

    東さんは芸能人で、特に病気をテレビの番組で発見したので、その後の病状も逐一公開することになり

    やっぱり「前向き」のメッセージを発していくお役目もあるんだろうなあと思うけど

    いっぱい休んで、いっぱいぼーっとできるといいなあって思います。

    頑張ってくださいー!(読んでないと思うけど。。。)

    あ、円楽師匠も肺がんだって。

    肺がん多いなー。

    見つけにくいと言われていた病気だけど、早めにみつかることが増えてよかった。

     

     

    肺がんは多い分、死亡率もすごく高いので驚いたりびっくりしたりしちゃうんだけど

    でもほんと

    一年ごとの医療の進歩で、肺腺がんは初期に発見されれば完治もある病気になったのだとか。

    私は、治してやる! ガンと戦うなんていう闘争心はまったくないんだけど

    ただ、自分の残りの時間のあいだは、くらい気持ちやネガティブな考えにあまり支配されずに、フラットにいたいなあって思うので

    なので

     

    おごらず、人と比べず、面白がって、平気に生きる

     

     

    っていう樹木希林さんの名言をいただいて、しばらくそんなふうにやっていきたいなー。

     

     

     

    ということで、普通にやってるので、普通にいろいろ遊んだり仕事したり出かけたり。

    遠慮なく声かけてね。

     

     

    とはいえ、メンタルがかなりプー状態になっているので

    (何もしないことで忙しかったり、風船より大事なものなんてあったっけ? 状態)

     

    「復帰しました! 今日から通常営業で、これまでと変わりなく頑張っていきます。

     これからもよろしくお願いします」

     

    なんつー心情ではまったくなく>笑

     

     

    なんかとってもいいもんをこの2月ほどでもらったので

    それ、大事に

    忙しかった時代に体験し忘れていた気持ちのありかたで

    面白がって平気に生きていきたいと思います。

     

    人生はバカンスだ!

     

    そんな気分で。

    なんだ、それ。

     

     

     

    いろんなことに、ありがとうです。

     

     

    category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

    Doing nothing often leads to the very best kind of somethingー何もしないことが、最高のなにかにつながる

    2018.09.25 Tuesday 15:16
    1

    9月もあと数日で終わり。

     

    なんかものすごい転機のような年だったなあ、って改めて。

     

    いろんなことが落ち着いてきて、このところは特に

    フラットな気持ちで過ごせるようになった。

     

    なんつか、嵐みたいな中に突入したときは

    たぶん大事なのはポジティブになることなんかじゃなくて

    フラットでいること。

    それ、今回強く思ったよ。

     

    フラットが大事。

    フラットがいちばん。

    無理して前向きに物事考えちゃあかん。

    ポジティブは危うさと背中合わせだ。

     

     

     

    それでね、なんかもう、ブログに物書くとかそういう指向にメンタルがまったく向いていかず

    お仕事もすっかりおやすみして

     

    体調が万全ではなかった最初の頃はまだしも

    徐々に日常生活を普通にできるようになってきたら、何もしないことが苦痛になりはじめたこともあったけど

    そんな時間の流れ方に慣れてきたら

    何もしないって、なんかものすごいことだー! ってしみじみ思うようになった。

     

    というか、

    就職して結婚して子供持って働いて。

    そんな時間の中で、「何もしない」なんて日々って、まったくなかったんだー! って

    当たり前のようなことに改めて気づいて、もうびっくり。自分で自分にびっくり。

     

    会社に復帰する必要もなく

    なにかに追われることもなく

     

    もう、あとは自分でどう暮らしていくのかを決められる中で

    今の「何もしない」心の状態になれたことは、病気がくれた贈り物だって気がします。

    神様、ありがとう。

     

     

     

    という、そんな心境で、ものすごく久しぶりに一人で映画を観に行って

    そして、タイトルの言葉と出会う。

     

    Doing nothing often leads to the very best kind of something

     

    何もしないことが、最高のなにかにつながる。

     

     

    プーと大人になった僕 の一説だよ。

    もうほんと、プーさんは私の思春期の脳細胞の多くを作った小説なので、もう全編涙腺崩壊だったけど

    頻繁に出てくる

     

    「何もしないこと」

     

    という言葉は、本当に今の自分のキーワードなので頭ぶんぶんうなずきながら帰ってきた。

     

     

    「何もしないをしている」は、原作の中でも秀逸なクリストファーとプーのやりとりのひとつ。

     

    "Where are we going?" said Pooh, hurrying after him.
    "Nowhere," said Christopher Robin.
    So they began going there, 
    and after they had walked a little way 
    Christopher Robin said.
    "What do you like doing best in the world, Pooh?"

    (And of course, what Pooh liked doing best was 
    going to Christopher Robin's house and eating.)

    "I like that too," said Christopher Robin, 
    "but what I like doing best is Nothing."
    "How do you do Nothing?" asked Pooh, 
    after he had wondered for a long time.
    "Well, it's when people call out at you 
    just as you're going off to do it. 
    What are you going to do, Christpher Robin, 
    and you say, Oh, nothing, and then you go and do it."
    "Oh, I see." said Pooh.
    "That is a nothing sort of thing that we're doing now."
    "Oh, I see." said Pooh again.
    "It means just going along, 
    listening to all the things you can't hear, 
    and not bothering."

     

     

    これまでの自分では、

    働いて子育てして家のことをする上では、どうやって無駄な時間を減らして

    時間を効率的に使うかばかり考えてきたから、たぶん「何もしない」はネガティブなことだった。

     

    そんな時

    児童書をたくさん作っていた編集者の叔父が、私にかけてくれた言葉が

     

    「いづみちゃん、ちゃんとぼーっとしてるかい。

     

     ぼーっとしなくちゃだめだよ。

     

     人生の大切なことや、創造的なことは、全部ぼーっとする時間の中から生まれるんだよ」

     

     

    時短の技なんかを本にしていたわたしを見て

    叔父はたぶん、ちょっとした危うさを感じたのかもしれない。

    私は、はっとして、だから、それからなるべくぼーっとする時間を持つようにして、自分がエンデのモモに出てくるような「時間泥棒」の片棒を担がないようにと心に言い聞かせてきたけれど

     

    プーと大人になった僕 の映画を観たとき、叔父の言葉が改めて心に蘇って

    ああ、なんと含蓄のある優しい言葉だったのだろう、としみじみ反芻したんだった。

     

     

    いま、とてもフラットで

    そして、何かになろうとか

    何かを成そうとか

    何者かでいようという、そんな気持ちがきれいに削ぎ落とされて

     

    ただただ、自分がいまここに何もしないでいる、っていう時間がゆるやかに流れていて

     

     

    病気になったことは

    こんな自分に出会うための贈り物だったなあって思って

     

    あー、ほんとにありがたいなあって思う。

    プーにも、叔父にも、ありがとう。

     

    これからは、何者でもない自分と、向き合っていきたいな。

    先日亡くなった樹木希林さんの「私は、私」も、今の自分にぐっとくる映像だった。

     

    やっぱりフリーランスで頑張らなくちゃって思ってた時代は

    自分が何者かである必要があって、何かを成さなくてはって思ってたかもしれない。

     

    もう、何にならなくてもいいんだよ、って思えると

    なんか、すごく楽になって

    そして、なんかとても、自由な気持ちになれる。

     

     

     

    ガンはすぐに死なないで、準備ができるからとてもいい死に方って、教えてくれたのは希林さんだった。

     

    私は、神様にまだ来なくていいよ、と言われたようなので

     

    人世の先人が教えてくれる大切なこと

    ひとつひとつ、なるほど、こういうことだったのか、って発見しながら

    ゆっくりゆっくり

    準備をしていく時間を持ちたいなあ、って思う。

     

    「死」をちゃんと考え出したら、生きることが俄然面白いと思うようになった。

    そんなことを考えてる雨降りの午後です。

    時間が、優しく流れていくよ。

     

    一ヶ月ぶりの、元気でやってます、って近況報告でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

    2ヶ月、長いのか短いのか。とりあえずの終戦記念日に。

    2018.08.17 Friday 13:02
    0

      思えば、最初に紹介された病院に行って「限りなくガンに近い影」と言われたのが6月15日だった。

       

      そこから2ヶ月。

      すごーく長かった気もするし

      いったい何だったんだろう、実感がないまま過ぎちゃった、という気もするけど、とりあえず8月15日に、術後検診があって、取った肺の生検の結果はここでわかることになっていて。

      やっぱり、手術が終わっても、その結果次第ではまた治療が始まる可能性があるので、気持ちはちょっと落ち着かなかったんだった。

       

      最初に肺腺がんとわかった時は、かなりのところまで覚悟して、もしものときノートはすべて完成させたし、ネットやブログ類のID等もすべて整理して、何かあったときに息子がわかりやすいように、資料としてまとめたりもした。

      入院前は、捨てるに捨てられなかったようなものはすべて処分して、昔の手紙やビデオなんかも整理しておいたりもしたんだった。

       

      ちょうど髪を切りたいと思っていたのだけれど、術後に抗がん剤で髪の毛が抜けるなんてことがあったら、それこそ染めても切っても無駄じゃんー! とか思ってたぐらいだったけど。

      結果としてはリンパの転移がなかったので、抗がん剤の使用はしなくてよい、ということになった。

      周囲のリンパに転移が出なかったことと、

      腫瘍のサイズがあと1mm大きければ抗がん剤使用の範疇だったと主治医に言われた。

      1mmの差だった。

      いいのか、それで? とも思うけど、その1mmの差は大きいなと思った。

      偶然にみつかったことや、フランス行きを中止して即手術と決めたことは、無駄じゃなかったなあって思った。

       

       

      ということで、

      いまだ息切れや疲れは残っているし、何より元から弱い気管支の炎症があるので咳が辛いんだけど

       

      とりあえずは6月15日からはじまった私の「ガン狂想曲」みたいな時間は

      8月15日をもって、いったん収束ってことになった。

       

       

       

      からだ中がミキサーで粉砕されるような、、、と前の日記で表現したような時間にいたときは

      自分がとんでもない場所に運ばれてきてしまった、と思っていたんだけれど

       

      こうして、とりあえずの収束という場所までたどり着いてみると

      なんか、

       

      ぽかん

       

      としているっていうのが正直な気持ちだったりする。

       

       

       

      なんだったんだ、この2ヶ月。

      あの衝撃、あの痛み、あの不安。

       

       

       

      蓋を開けたら早期発見のステージ1Aで、転移もなく

      今は医療技術が進んでいるから、肺腺がんも初期に外科治療すれば治っちゃうから、って言われたら

      わーいわーい、と喜んでいいところだと思うんだけど、

      で、もちろんよかったなああ、ほっとしたなあ、って思うんだけど

       

      なんか手放しでわーいわーいとは思えない不思議な気持ちの中にいたりする。

       

       

      ぽかん。

      ってか、なにそれ、どういうこと?

       

       

       

      術後はじめて、自分の肺のレントゲンを見たら

      右半分を失った肺は、けなげに元の場所に戻ろうとして、一生懸命膨らんで働いていた。

      前に比べれば容積が減っているけれど、肺も気管支もリンパも切除しても

      ちゃんと生きるために臓器が動いているというのは、なんかもうびっくりぽんの現実だなあと思う。

      人、すごい。

      医療も、すごい。

       

       

      すぐに元には戻れなくても、工夫しながら

      やがて、前と同じように生活できるようになる、と言われて

      にわかに信じられんけど、ほんとならすごいなあ、と思いながら

       

      それでも

       

      この2ヶ月の間に起きたことは一体何だったんだろう? っていうのが、まだ自分の中で消化できないでいる。

       

      病と共存していくんだ、というのでもなく

      でも

      何事もなく元に戻った

      というのでもなく。

       

      何一つ不自由せず、自覚症状もなかった暮らしから突然「ガンがある」と言われ

      あれよあれよという間に苦しい手術と術後の経験をして

      いま、右の肺の半分を失い

       

      それでも、転移もないしとりあえずあとは半年後に来てねー! って医師に言われて

      それでこれから、その自分とどうやってつきあっていくんだろうっていうのが

      ぜんぜんよくわかんない。

      走ってたバイクが急ブレーキ踏んで、前のめりに飛び出しそう、みたいな>笑

      そんで、そんで、それからどうすれば? みたいな。

       

      いま、そんな感じ。

       

       

      退院後にお見舞いに来てくれた友だちが

      「外からは見えないけど、からだの中は大怪我しているんだから、1ヶ月は何もできなくて当たり前」

      「包丁でちょっとだけ指先切っただけで、ものすごく不自由しているのに、肺取ってるんだから苦しくて当たり前」

      っていろいろ励ましてくれて、それほんとにそうだなあって思うんだけど

      やっぱり外から見えない場所のことだから、自分でもよくわかんない。

       

      少しづつ、回復しながら

      少しづつ、そんな自分との折り合いをつけていけるのかな。

       

       

      それで、そんな経過のようなものをこうして書いてしまったことに対しても

      正しかったのかなあ、書かなくてもよかったなあ、とか

      いろんなことが迷いの中に、まだいます。

       

       

      とにかく、こんな渦中にいた間、支えてくれた大切な人たちと

      ブログを読んで応援してくれた方々や、言葉をかけてくれた人たち

      お見舞いに来てくださったり

      退院後にうちに来てごはんを作ってくれたり、気にかけてくれた人たちに対しては

      ほんとにもう、感謝以外の言葉がないです。

       

      私は元から、自己肯定感がとても低くて、なにをやっても自信が持ちにくかったんだけど

      病を通して「大切に思ってもらえている」という宝物のような実感をたくさんもらえて

      それは、今の私に神様がくださった贈り物だったように思います。

       

       

      ということで、とりあえずの終戦記念日に一区切りのご報告でした。

       

      6月15日から今日までの間

      たぶん、今が一番、ものが考えられないです。

      ぼーっと暮らしています。

       

       

      少しづつ、歩いていきたいです。

      category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

      「語られない」病(やまい) ということ

      2018.08.05 Sunday 13:46
      0

        ガンになったことを、自分の親に話すのか、話さないのかというのは

        私のようないい年齢の世代にとってはいろんな選択肢があるように思う。

         

        親の年代、親の性格、関係性でまったく違うと思うのだけれど

        私のまわりでは意外と「話さなかった」という人も結構いて、驚いた。

        驚いたというのは、「普通話すもんでしょ」という意味ではなく

        ああ、私のように「話したくない」と思う人もちゃんといるんだな、という安堵の意味で。

         

        高齢の親に心配をかけたくないという人もいるし

        私のように「過剰に心配に陥る親を私が心配しなくてはならなくなる」ことへの危惧を感じる人も、ちゃんといるんだと知ってちょっとほっとした。

         

        子供の頃から、

        日常の些細なことならまだしも、ヘビーな困難を抱えたときには、決して親には話せなかった。

        話したら最後

        「だいじょうぶなの、どうするの、どうなっているの?!」の質問の無限ループで、私のココロは置き去りになり、物事はあらぬ方向に複雑化していき、「どうしたらいいのか一番知りたいのは私なんだけど」と思いつつ、不機嫌になっていく親のご機嫌を取っているうちに私の悩みは違う形に変形してしまい、最後には「私に恥をかかせないでよね」という親の自己保身のお手伝いに奔走するというパターンが目に見えているから

         

        だったら、話さない。

        簡潔。

        かなりのことは、そうして無言のうちに自力で解決してきた気がする。

         

         

        こういう感じが、まったくわからないという人もいると思うけど、私の場合は、なんやかんやと結構サバイバルな少女時代だった。

         

         

         

        誰かを心配するということは、意外と難しいことのように思う。

        親しい関係で、心配でいっぱいになった心を、ちゃんと自分で維持しながら、相手の辛さや悩みに向き合うというのは、かなり高度なこころの力だという気がする。

         

        ガンを含む、ちょっとやっかいで先が見えにくい病と付き合っていく過程では、家族や身近な人達にもたくさんの葛藤があって、それも含めて、大切な人たちにどこまで自分の直面している現実と、自分の弱さを預けていったらいいのか、悩んでしまうことは、ある。

        大切だからきちんと報告して、一緒に乗り越えていって欲しいという思いと

        大切だからこそ、心配をかけたくないという思いが行き交う中で

         

        ふくれあがる自分の心配を、ただただ、本当に困っている当人に投げかけ続け、本人よりも先に弱っていき、逆に心配してもらう側にそそくさと入れ替わってしまうタイプの人に対しては、自分の弱さを差し出すのは、とてもむずかしいもんだと思う。

        それはあふれる愛ゆえの行為だということは心底理解していたとしても、やはりしんどい。

         

        私の親は住んでいる距離もとても近いので、「ちゃんと伝える」という選択をしたけれど、遠い場所に暮らしていたとしたら、おそらく話さないままだったんじゃないかな。

         

        とはいえ、きちんと伝えられたことで開けた新しい関係性というのもあるわけなので、これからは前向きに捉えていけたらなって思ってる。

        そして、そんなプロセスの中で、自分が抱え続けてきた幼年時代からの親との関係性について、いろんな気持ちの整理がついてきたことも確かだった。

        今回の病の意味みたいなことは、そんなところにもあったのかもしれない。

         

        昔はガンが不治の病だったこともあり、「本人告知」の是非が問われていたので、こんなことはあまり悩まなかったのかな? 

         

        私が最初にかかった病院の先生は、最初ひとりで受診したときに「あなたは独立して仕事をしているし、著述が職業ならすべてをありのままに話しますよ。いいよね?」「モノを書く仕事をしているなら、このニュアンスはわかってもらえるよね」等々、丁寧に説明してくれて、本当によかった。

        本人との信頼関係がないと、納得できる決断はできないから。


        父のときはまず、家族が呼ばれて本人告知をするかどうか聞かれ

        それを決めたのは母だった。知るとその対応が大変なので、告知なしでお願いします、と。

        結局父は自分がガンだということを知らないまま、

        っていうか、「抗がん剤どうするか」とか聞かれているんだから、そんくらいわかるはずなのに

        最後まで頑なに「ガンじゃない」と拒否しつづけて、そのまんま15年ほど生きて、ガンは治っちゃって、

        最後は心臓疾患で亡くなった。 

        ものすごくチキンな人(笑)だったから、知らないことで生きる力を得た部分はあるように思う。

         

        どんな形にしても

        病気は「家族」という形と密接につながっていて

        いやがおうでも「家族」の形や、それとの関わり方をつきつけられるように思う。

         

         

        高齢の親を慮って伝えないという人もいれば

        幼い子どもには伝えなかったという人もいるけれど

         

        私達の世代にとってはアイコンだった松田優作さんは、家族の誰にも伝えないまま逝ってしまった。(ということになっている)

        あの時、あれはかっこいい男のダンディズムみたいな、美談になったけど

        年老いた親でも幼い子供でもなく、配偶者や恋人の立場に対しても「語られない」病について、まだ若かった私はかなり真面目に考えたように思う。

         

        あれから歳月が経ち、有賀さつきさんが年老いた父親にも、まだ少女である娘さんにも、周囲にも伝えないまま(というように報道はなっていたけど、実際にはわからない)逝ってしまったという報道を見たとき、その心のうちを本当に聞きたかったと思った。

        どんな思いで語らなかったのか。

        どんな思いで逝ってしまったのか。

         

         

        「ガンはね、ありがたい病気なんだよ。

         すぐ死なないから。

         自分も、家族も、周囲も

         時間をかけて気持ちの準備をしていくことができる。

         

         事故や急病で突然亡くなってしまうよりも

         みんながゆっくり、準備できるからね」

         

        終末医療の取材をしていた友達が言っていたけど、自分自身が納得するだけじゃなく、まわりの大切な人たちもどこかで準備ができるということの意味はとても大切だなあ、って思う。

        ほんと、うちの父の世代ぐらいまでは、本人に告知さえしない時代が長かったわけなので、このあたりのスキルはまだまだ、ぜんぜんこなれていないような気もするけど。

         

         

        肺のドレーンがはずれて

        あの手術とそのあとの苦しみはいったい何だったのか! ってところまでこれて

        なんだか明日からの日々が前とまったく同じところに戻っていくような安堵感につつまれながら

         

        でも、これまでとは何かが絶対違う明日に向かっていくんだなあ、と漠然と眠れない夜を過ごしていたことを思い出しながら。

         

        なかなか息切れや咳の後遺症が収まらず。

        不安な時間がまだこれからいろいろ続くていくのだろうけれど

         

        少しづつ快復しながら、生い立ちや家族、人間関係や生き方みたいな、自分の根っこの調整をしていく。

        病気ってそんなことをはじめるきっかけだったりするのかなあ、なんて思ったりもしています。

        category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

        入院であったら便利だったもの、あったらよかったと思ったもの。なんだこんな実用もの書いてる場合か?

        2018.07.27 Friday 12:55
        0

          退院明日に決まった。

          最短7日と言われたけど、10日かかった。

          そんでも、みんな早い早いと言ってくれる。

          私自身は早いのか遅いのかわからない。

          10日の間にあったことは、時間の概念を超えてしまった。

          これから続いていく日常のことも、よくわからない。

           

          そんな空中庭園みたいなところにぽっかり浮いている気がする今日なんだった。

           

          で、入院最後の日に荷物とかちょろちょとまとめながら

          これ持ってきてよかったなあ、とか、あったら便利だったのに、と思ったものを書こうとしてる。

          職業病か。

          ま、いいや。許して。

           

          私は最初の4日間、一番つらかったときは2人部屋を1人で使わせてもらっていて、それはそれでとてもよかったんだけど、5日目に冷房を使いたくないという高齢の方が隣に入ったので、冷房命の私としては、後半戦耐えられそうになく個室に移動させてもらった。

          結果的に、動けるようになってからの個室はすごく快適で、眠りの質も確保できて本当に良かったと思う。お金はかかっちゃったけど、非常事態の出費として、また頑張るよ。

           

          (最初の投稿で、一番大事なものを失念していたので、加えました。1は絶対に必要!!!)

           

          1,延長コンセント

           

          下のWFIとか、携帯の充電、その他いろいろ電源が必要なものが結構あるので、あらかじめ予測して持参して、本当に助かった。ベッド周りのコンセントは医療機器で占領されていることが多いし、携帯の充電は枕元に近いほうがいいので、ひとつあるととても便利。

          コードが長すぎるをかえってじゃまにかるので、このくらいのコンパクトなやつがいいかも。

           

           

          2,入院用WIFI

           

          1日からレンタルできるのを借りて持ってきてもらった。

          手術後数日は、音楽も映像も受け付けなかったけれど、少し元気になってきたらアマゾンプライムのビデオや、音楽に救われたー。イヤフォン使ったけど、もっといいヘッドフォンあったらよかったと思う。

           

          術後で体力使ったあとは、本は読めない(目が異様に疲れる)し、目をあまり使わないほうがいいらしいので、音楽や気軽なビデオぐらいがいいのかなー。病院テレビでは民放もNHKも普段からまったく見ないし、見てみても想像を絶するつまんなさなので(笑)、WIFIありがとう。

           

          3,アロマデフューザーとエッセンシャルオイル

           

          息子が誕生日に買ってくれた無印のデフューザーを、ダメ元でもってきて大正解じゃった。

          同室者がいると香りは気遣うかもしれないけど、蒸気だけでも癒やされるし、常夜灯にもなった。

          水が切れるたびに補充するのは大変なので、ペットボトルに水道水を入れて近くに置いておいたら便利。

          快眠に効くエッセンシャルオイルは、マスクやタオルに落としても癒やされたし、個室に移ってバスルームがついたときには、足湯にも使った。

           

          病院は独特な臭いがあるので、同室者がいてもお断りすれば、意外と喜ばれる気もするなー。

           

          4,S字フックとかご

           

           

          最初は2人部屋指定だったので、荷物の置き場所を確保するためにフックとベトナム製のかごバッグ。

          手術後動きにくい時に、棚の上や中のものは取りにくいし、ベッドテーブルも起き上がらないと届かず痛みがあると辛かった。

          ベッド横にセットしておいたら、寝たまま手が伸びて超便利じゃった。

          S字フックもかわいい花つきにして、バッグも明るい色にしたら、病室が明るくなっていがったいがった。

           

          5,100円ショップの介護用ペットボトル用吸口

           

          これはお友達が調べて調達してくてくれたもの。結果的に大ヒットのグッジョブだった!

          コップの吸口は、水を誰かに入れてもらわねばならず、こぼれやすいけど、これはベッドの中に持ち込んでももれずに優秀じゃった。誰か来たらとにかくペットボトルを補充してもらって、飲み終わったらこの吸口だけ自分で付け替えてずっと抱えてた。

          ペットボトルにくっついてきたリラックマのカバーも大活躍じゃった。

           

          ペットは口開けて飲む行為だけでも結構体力を使うので、寝たきりのときはこちらがよいなあ。

          お友だちありがとう!

           

          6,ちび枕

           

          前に入院したときに、お友達がお見舞いに買ってきてくれたひつじのちび枕。

          座るときにちょっと腰に入れたり、枕の高さを調節するのにちょうどいいし、癒やしにもなるからって。

          それ、本当に役に立て、その後もずっと私のベッドのお供だったのを、今回も持ってきた。

          病院の枕はパイプ製で重く、リクライニングすると落ちてしまって、手が動かせないのでそのたびに看護師さんを呼ぶことになり、途中から使うのをやめてしまった。

          ちび枕バンザイ。

           

          あとはやっぱり、柄のかわいいタオルとか

          色がきれいなストール(ちょいがけにもなる)も、持ってきて本当によかった。

           

           

          病院にはパジャマと下着とタオルのレンタルがあって、洗濯で誰かを煩わせることを考えたらそれでいいやと思ったけど、考えてみたら1週間から10日ぐらいの旅は海外で普通にしているわけなので、洗濯なしで乗り切ることは難しくないんだった。

           

          好きな色のパジャマ、癒やされるもの、かわいい柄みたいなものがあるだけで、すごく救われた。

          下着は全部使い捨てのものを100円ショップで調達した。看護師さんも心得たもので、着替えの時に回収して捨ててくれたりもしたよ。

           

          失敗はTシャツを多く持ってきてしまい、術後しばらく前開きパジャマ以外、手があがらず着替えられなくて困ったこと。

          Tシャツ着るのって、からだ使うんだなあ。初めてわかった。

          で、お友達に頼んだらポリエステル製のすんごく可愛いのを買ってきてくれて。

          最初、綿じゃないと汗を吸わないではと話していたんだけど、綿のものよりシワにならず、不思議なことに体臭も気にならなかった。汗を吸ってしまうほうが、臭いやすいのかな。

          しわしわパジャマは気持ちも滅入るので、シワになりにくい素材って意外と大事なもんだ、と改めて。

           

          あと

          最初の日に作ったのがこの癒やしコーナー

           

           

          手術数日前、偶然通りかかってはじめて中に入った神田のニコライ堂で入手したイコン。

          パリの奇跡のマリアメダル教会のメダイ

          お友達の贈り物のお花やエッセンシャルオイル。

          動けない時、癒やされるものが目に入るだけで救われるなーってほんとに思う。

           

          病院の売店に、ちいさいぬいぐるみがいっぱい売られていたの。

          それもきっと、そんな気持ちなのかなーって思ったよー。

           

           

          あとはちょっとしたもんだけど

           

          7,時計

           

           

          息子が、入院した次の日に買ってもってきてくれた。

          「時間がわかるものが何もないなあと思って」と。

          家にアナログ式の時計はあるけど、音が気になるだろうと思ったからデジタル式を無印で買ってきてくれたんだそうだ。

          腕時計は起き上がらないと見られないので、寝たままわかる時計はグッジョブだった。

          食事の時間とかよく把握してコントロールしておかないと、体調も狂うので、時計大事。

           

          難点は夜光らないので、夜は時間がわからないこと。

          でも、夜目覚めて時計を気にすると逆に眠れなくなるので、それはそれで、見えないほうがよかったなあって思う。

          ありがとう!

           

          8,朝マスクとかいろいろ

           

          こんなのができるようになったのはもうずいぶんあとだけど>笑

          身動きも取れなかったあと、徐々に何かができるようになったときに、やっぱり女性だからお顔のお手入れとか始められたとき、気分がぐっと上向きになったよ。

          顔を洗いに行けなくても、拭いて、こんなマスクでさっぱりするだけでも、ぜんぜん違った。

          持ってきてよかったよー。

           

          あとはいい香りのハンドクリームと、リップバーム。

          これも上がる。

          必需。

           

           

          あとはお約束のふりかけとかジャムとか。

          私が入院した病院のごはんはとってもおいしかった。

          ごはんがおいしいって最強だ。

           

           

           

          逆にあったらよかったなあと思ったのは

           

          1,ヘッドフォン

           

          イヤホンは耳が痛くなるし音悪い

           

          2,耳栓とアイマスク

           

          2人部屋だった時は、病室の扉がオープンになっているので、夜間のナースコールや他の患者さんの音で熟睡できなかった。ヘッドフォンで音楽聞きながら寝たりもしたけど、それも意外と脳が休まらず。耳栓ほしかったなー。

           

          昼間の明るさ調節ができないので、お昼寝したい時にアイマスクほしかった。

          アロマであったかくなるやつ、持ってくればよかったなー。

          弱っている時って、目が疲れるものだと思った。

          明るさ調節だけではなく、目のケアとして、必要だなー。

           

          3,洗濯バサミ

           

          なんか1,2個あるだけでいろいろ便利だったような気がする。

          どうしてそう思ったのかは、あまり覚えてないのでいいや>笑

           

          4,電気ポット

           

          これ、なくてもぜんぜんいいんだけど、もっと入院が長引くならほしかった。

          寝られない時とか、温かい飲み物が欲しいなあと思うこと多かった。

          病院ではペットボトルばかりで、自販機のコーヒー系はあるけど、たまにはハーブティやほうじ茶とか飲みたかった。

           

           

           

          あとなんだろー。

           

          ってなことで入院最終日の午後がしあわせに過ぎていきます。

          怒涛の約2ヶ月でした。

          いろんなこと忘れずに、自分の「欠け」と向き合っていきたいなって思います。

           

          category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

          「元に戻ること」と、「変わること」。そして変わらない明日が来ることの奇跡と。

          2018.07.26 Thursday 19:18
          0

            ドレーンが取れて、あれだけ苦しかった痛みが徐々になくなり、

            何もできなかった自分が、徐々に歩き、起き上がり、食べ、しゃべるという日常を取り戻しつつあります。

             

            人というのは不思議なものだなー。

            暗黒星雲の中にいたときには、余命の覚悟までして、それが神様のシナリオなら甘んじて受けよう、などと色んな思いをめぐらせていたのに、いざ、治療の可能性が見え始めれば、どんどん欲が出てきて、もっとよくなりたい、もっと生きたいと思い始めた。

            すごいなあ、生きる力というのは貪欲だ。

             

            私の病がわかった時は、みなとても心配してくれたけれど、

            私自身は、ガンの疑い→検査入院→ガン告知→PET検査→MRI検査と進んでいってるわけなので、その折々で

            「ガンはみつかったけど、さほど大きくないらしい」(少し安堵)

            →待て、でも転移しているかも。。。。。。PET検査の結果がでるまで不安不安

            「とりあえず目立った転移ないみたいだ」(ほっ)

            →待て、脳に転移あるかも。ってか脳梗塞とかあるかも。。。。。。結果わかるまで不安不安

            「脳も無事だったらしい」(よかったなあ)

             

            と、一つひとつ「よかったなあ、ほっとしたなあ」という体験をしながら、どんどんしあわせになっていった。

            セカンドオピニオンの予約取れた。よかったよう。

            いい先生だった。ラッキーだあ。

            入院も手術も決まった。ほっとしたなああ。

            友人がガンを知って、真剣に心配してくれている頃に、私はなんだか幸福を感じる瞬間が、そんなわけで結構あった。

             

            あとは細胞診の結果しだいで、抗がん剤の使用があるかどうか、というあたりの不安は残っているけれど、もうここまできちゃったらどうにもならんので、最初ほどうろたえなくなってきた。

             

            人ってたくましい。

            いや、あくまで私のケースは早期発見らしくてラッキーだったというのもあるかもしれないけれど。

             

            以前、ジャズシンガーの綾戸智恵さんが、

            「悩めるというのはまだまだ余裕があるってこと。ほんとの窮地にいる人は悩んでる時間なんてない。

             溺れそうな人が悩む? 悩んでたら沈んじゃうんだから、必死に泳ぐしかないでしょう」

            って言ってるの聞いて、なんかはっとしたことを思い出した。

            立ち止まって悩んでいられる時間の中で、何も幸福がみつからなかったとしても

            溺れないように泳ぎ続けている中では、ちょっとつかまる木があったとか、小さな島があったとか。ちゃんとみつかる小さな幸福感というのがあるのかもしれないなー。

            いや、偉そうなこと言えんけど。

             

            それで手術を終えて

            その時々で最悪だ、痛い、もうだめだと思いながら

            ひとつひとつ前と同じ日常が戻ってくれば、なんだかこれはこのまま、すっぽりと元に戻れるのかもしれない、という気持ちになりかけていたりする。なんというか、よくくも悪くもすごく安易に、知ってる形に戻ろうとしている。

            そんな「復元力」みたいなものが、元から人には備わっているのかもしれない。

             

             

            それで。

             

            以前の日記で書いたけれど、

            ここ数年、ちっとも泣けないのだったという日々のあとの、痛みや苦しみを伴う今回の手術や入院の日々の中で

            何もできず

            ただただ痛みと一緒にベッドに横たわりながら、窓から見える夜空や東京タワーの夜景をぼんやりとながめて

             

            それで

             

            私、おいおいと泣いたんだった。

             

            泣けたよ。

             

            泣いた。

             

             

            ぽろぽろと涙が止まらなくて、

            でも、どうして自分がいまこんな風に泣いているのかを思ったら

            なんだかちょっと、新鮮に驚いてしまったんだった。

             

             

            痛くて苦しくて

            でも、それで泣いているではないのだった。

             

            これまでは、必死に泳がなくちゃいけない中で、封じ込めていた悲しみや怒りや悔しさみたいないろんな感情が、どこかで澱のように溜まってしまっているんだ、と思ってた。

            頑張ってきた、よくやってきたという自分へのねぎらいみたいな気持ちもあって

            泣けるとしたら、そのこころのシャッターが開いて、堰を切ったように感情が溢れ出すのでは、と思っていた。

             

             

            でも

            東京の夜景を見ながら

            ぽろぽろ泣いていた私のココロの中にあったのは

             

            入院から術後のしんどい時に、最大限のことをしてくれたパートナーや息子や友だちのひとつひとつの行いや言葉と

            痛くて痛くて震えて動けない私のからだを拭いて着替えさせてくれたり

            髪の毛が気持ち悪いと言ったら、すぐにシャンプーしてくれた看護師さんや

            毎日はげましの言葉をかけてくれた先生たちや

             

            もう、なんだかよくわかんないけど、

            世界はなんて愛に満ちているんだって>笑

             

            ありがたくて

            ありがたくて

             

            それでおいおい泣いているんだった。

             

            そんな涙の前では、過去の怒りとか悲しみとか、自己憐憫なんてものは本当に矮小で

            それでもう

            なんだか自分は人生で十分にそんな涙を流してきたのだから

            これから先はもう、今日みたいな涙だけでいいいや、と思ったんだった。

             

            メンタル強すぎて雲の上の人みたいだけど、樹木希林がそんなこと言ってたなーって思い出した。

             

            ”人がうれしかったりした時に、
            泣くことが多いわね。
             
            悔しい、悲しい、
            で泣いたことはないわね。
             
            「なんてすてきなことを言うんだ」
            っていう時に泣けてくるね”

             

             

             

            足りなかったのは、そこだったのかなー。

             

             

             

            今日こんなことを書き留めているのは

            からだの調子が戻ってくると、気持ちも暮らしも「復元力」が働いて、昨日と同じ延長線の今日に戻ろうとしてしまいがちだけれど

             

            こんな体験めったにないのだから、感じたこと、経験したことはちゃんと覚えておいて

            昨日とは違う今日を生きられるようにも、したいなあと思ったから。

             

            早期発見よかったね、治っちゃうよ、すっかり元通りだよ

            と言ってくれる人たちもいるけれど

            それとはなんかちょっと違う気がしている、ってのもある。

             

            年をとって

            誰かに付き添ってもらって、たくさん時間を割いてもらって

            足を、からだを拭いてもらい、髪を洗ってもらい

            そんな「有り難い」ことを当たり前と思うような年のとり方を絶対にしない、とも思ってる。

            去年の父の入院から介護、お葬式までの間の殺伐とした時間も、私の涙を止めていた理由なのかもしれない。

            だから、ちょっと陳腐な言い方だけれど、今回のことは神様から私への贈り物なんだと思う。

             

             

            同時に

            まだまだ先のことはわからず

            これから自分がどれだけ生きられるかもわからないけれど

             

            今日と同じ明日が当たり前のようにめぐってくることの奇跡みたいなことも

            忘れずにいようと思ったんだった。

             

            生きるって不思議で、愛おしいね。

             

             

             

            ということで、ちゃんと泣けたよ、というお話でした。

             

             

            今日もぽろぽろ泣いて寝る。

             

             

            category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

            思ってたのとはなんか違うんだけど、それでもなんかいろいろすごいな、って思う。

            2018.07.24 Tuesday 13:18
            0

              手術終わり、やっと人心地がつき、パソコンなんかに文字が打てるようになった!

               

              5日前の手術後にはもう永遠にそんな日はこないんじゃないかと思ってた。

              4日前はなんの罰ゲームなんだ、何も悪いことしていないのに、とひたすら痛い痛いとベッドで動けず

              3日前にこれまたなんの罰ゲームですか、こんな状態で離床しろと?と、人生で一番ひしゃげたよれよれの姿でトイレ行きの苦行に取り組み

              それでも2日前には少しづつ人のような形に戻り、看護士さんが体を拭いてくれて夜にはパソコンで映画を見れるようにまでなり

              昨日は看護士さんが髪の毛を洗ってくれて、ややヨレヨレ状態の自分にやっと戻ってきた。

              今日、まだ肺に挿入された3本のドレーンは抜けていないけれど

              どうやらこれは順調という経過らしくて、ちゃんとしていれば数日後には退院できるのだそうだ。

               

              胸腔鏡での施術なので傷跡は小さいけれど、肺に挿入されたドレーンからは、ずっと血と空気が手元のタンクに回収されていて、それをずっと引きずりながら歩いている。

              かなりスプラッタな状態なんだけど、私の場合はドレーンの痛みと、麻酔中に無理な体勢を取っていたらしく、それで右手が上がらず、動いたり咳をするだけで激痛が走って、それが一番辛い。

              今日やっと、右手が少し上がるようになってキーボードが打てた。

              それまでは、スマホの操作もできなかった。

               

              我慢するな、とみんなから言われて、我慢せずに痛い痛い、と言い続けているけれど

              緩和にも限界があって、やっぱり痛いものは痛い。

              人一倍、痛いのが苦手なのに。。。。。。

              でも、それも日を追うごとに少しづつ、ちゃんとよくなっている。

               

              人間ってすごい。

              っていうか、それを含めて

              医療ってすごい。

               

              療養だけでなく

              どんどん歩いて、しゃべって、リハビリすればするほど早く帰れるというので

              文字も打ってみることにしたんだった。

               

               

              今回、ガンのことを思い切ってこうして書いてみて驚いたのは

              「私も同じ病気でした」と伝えてくれた知人友人が驚くほど多かったことだ。

              え? そんなん、ぜんぜん知らなかった。

               

              同じガンでした、と伝えてくれた人もいた。

              え? こんな辛い手術したの?

              私なら大騒ぎしてるよ(ほら、こうして実際に>笑)、ちっとも知らなかったよ。ごめん、ほんとにごめん。

               

               

               

              語られない病と

              その中で、十人十色の病との物語があるのだなあ、と思った。

              なんか、深く深く、感じ入った。

               

              もうずいぶん前にガンで手術をしたということだけを聞いていた友人が

              当時のこと、家族への対応や思いを、改めて語ってくれたこともあった。

              幼い娘には言えなかった。

              親には伝えなかった。

              告知を受けたとき、両親がすでになくなっていて、本当によかったと思ったのを覚えている。

              。。。。。

              いろんな言葉があった。

              人の気持の奥深さに、ちょっと見がすくむ思いがした。みんな違って、でもみんな真摯で、すごい。

               

              そんなことについては、また改めて考えてみたなーって思ったりする。

               

               

              ほいで、今日はそうやって聞いたことの中で、話が違うじゃんよー! って思ったことについて>笑

               

               

               

              実は病気がわかるちょっと前、友人がガンになって手術をした。

              それを知ったとき、私はすごくショックで、それですごく心配で

              もうひとりの子と一緒に退院2,3日前の頃にお見舞いに行ったんだった。

              どうだった? 大変だったでしょ。痛かった? 抗がん剤は打つの? 

               

              いっぱいの気持ちで会いに行ったら、彼女、スウェット姿で病室でパソコン仕事してて

              あれー? ありがとう、平気平気、もうぜんぜん平気! と出てきて

              待合室で「眠ってたら手術終わっちゃうし、終わったあと1日ぐらい痛かったけど、あとは平気だよー」とさらりと言うんだった。

               

              え、一日痛いだけなの? 

              えー、そうなんだ。今はすごいねえ。

              「うん、抗がん剤も必要なし。ちょっと休んだら仕事復帰するよー」

              そりゃあよかったねえ。

               

              別の日、やはりガンで復帰したばかりの子と食事をしたら

              「いづみちゃん、手術は寝てる間に終わっちゃうから。いづみちゃんは何も頑張らなくていいの。

               頑張るのは医療関係者のほうだからね。いっぱい甘えて、いっぱい優しくしてもらってきてね。

               病気の子は、優しくしてもらっていいんだよ」

               

              と言われ、涙が出るほど安心して、そのときに

               

              「あのね、手術終わったあとの爽快感ったらないから! 悪いもの取っちゃったら気分いいから!

               それ楽しみに行ってきてね」

               

              と言われたんだった。

               

               

              それで、私の脳内には

              「痛いのは翌日だけ」

              「終わったあとの爽快感ったらはんぱない」

              という言葉がインプットされたんだけど

               

               

               

              手術終わって麻酔さめたときの、あの

              「おれに何したーー!!!??」

              的な筆舌に尽くしがたい痛みの洪水のち、5日目の今は

               

              「痛いの一日だけって、なにそれー!」とか

              「爽快感ゼロですが、爽快感ってなに、それ食べられるの?」的な思いだけが残っとります。

               

               

              手術は成功して順調に快復しているんだけど、

              一口にガンといっても、できる場所も、治療法も、ステージも、その人の痛みへの感応や思いも、みんなぜんぜん違うわけで、やっぱりそれぞれの体験があるだけなんだなあ、というのが今の感想。

              当たり前といえば、当たり前の話なんだけど。

               

              あ、ごめんね、これらを教えてくれたお友だちには、それぞれのそこからの体験があったわけなので

              違うじゃんよー! と彼女たちに言いたいわけじゃなく(苦笑)

              みんなそれぞれの思いはいっぱいしているはず。

              んで、忘れちゃいけないのは、そんなに痛くないよ、爽快だよと言ってもらえたことで

              手術までの自分がどれだけ心安らかにいられたか、ということ。

              ほんとありがとう。ありがとう。

               

               

              大丈夫、って言葉の持つ力は大きい。

               

               

               

              あ、ごめん、すげー痛い辛いと書いてしまった。

              そういうことも、ある。

              そう覚悟して臨んだら、さほどでもないじゃん、話違うじゃんよー! って人もいるかもだから

              そんな感じで許して。

               

               

              そしてもう一つの、話違うじゃんー! は

               

              えっと、なんかテレビドラマとかでは手術室入るとき、なんかストレッチャーに乗せられてガラガラと行きませんかの。

              そんで、そこに家族とか付き添って、頑張ってね! と手をにぎるとか。

              てっきりあれだと思ってたら、別に重病でも事故でもないので、手術は歩いて行くことを知って軽く驚いた。

              なんたって、人生で手術なんてしたことないんじゃ!

              (出産の時だけ。でもあのときは陣痛でもがいてたから、ストレッチャーで運ばれたんだった)

               

              手術着に病室で着替えて、スカスカの手術着の下はT字帯というふんどしヒラヒラという恥ずかしい格好で外来の人々の中をかき分けて歩いて手術室前ホールにGO!

              家族友人とバイバイ〜と歩きながら手を振って中に入ると、看護師さんと数人+患者で立ったままミーテイングみたいになり(それが一度に数組行われていたりする)

               

              あとはずらりと並ぶ手術スペースに案内され

              ここ寝てねーってベッドに自分で寝て

              天井の照明とか計器とか、そりゃもう楽しむしかないよなーと思って

              「ERとかドラマで見るのとほんと同じなんですねー!」とか軽口叩いているうちに、脊髄に麻酔入れられて瞬時に記憶がなくなり

               

              その後、気がついたら、胸に竹槍でも数本刺したんですかっ!!!  をい!!!

              ってな状態でわれに帰ったという>笑

               

               

              いやー、すごいな

              もうちゃんと笑い話しにできるようになってきた。

              余裕でてきた。

              ほんと、人間すごい。医療すごい。

              改めて。

               

               

               

              という感じで、まだまだ加療途中ですが、ここまで快復してきました。

              書きたいことはいろいろあるんだけど

              この章はここまで。

               

              (追記。私はガン治療は「標準治療」を基本に考えていて、その中で医師と病院を慎重に選んで決めていく、と思っているので、その意味では今回は経過も順調だし、すべてに納得して医師を心から信頼して治療してもらっているので、ご心配なくお願いします! 

              ただその中でも、痛いーとか、ふえー! ってのはあるわけで、それ書いてますー)

               

              また(勝手に)書きます。

              category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

              長いことずっと泣きたいと思っていたのに、泣けなかったのはなぜなんだろう

              2018.07.18 Wednesday 13:21
              0

                何年ぐらい前からだったかなー。

                私、なんだかすごく泣きたいんだ、って思ってた気がする。

                 

                心のどっかで、いつも泣き出したいような気分なのに、ちっとも泣けなかった。

                 

                涙活って言葉が流行っているけれど、どこかまでの私は、ストレス解消によく泣いていた。

                一番泣ける映画を準備して、水やお茶をいっぱい飲んで、朝からごろごろストーリー全部わかっている映画見ながら、おいおい、うおーうおーと泣いて、それで心がリフレッシュして、ちょっとしたカタルシスを味わう、なんてことがよくあった。

                 

                それが、どこからか、心に蓋が閉まったような感じが続いて、泣けなくなった。

                 

                 

                ときどき、ふと、夕暮れの街なんかを歩いていて

                足が止まって、ああ、この不思議な感覚は何なんだろう、と思う。

                それで、気づく。

                 

                あ、私、泣きたいんだ。

                 

                 

                 

                 

                胸の奥のあたりから、うぉーって声をあげて泣けたら、どんなにいいだろう。

                ぽろぽろぽろぽろ涙が溢れて止まらなくなったら、どんなに爽快だろう。

                でも、泣き出しそうになる途端、心にシャッターが降りたようになって、泣けなかった。

                 

                 

                それ、たぶん、2011年の3月からだったと思う。

                東日本大震災のあと、自分の心の中で何かが止まってしまったまま、動かなくなってしまったように思う。

                最近、それに気付いて、

                その止まってしまったものは一体何なんだろうって考えていたところだった。

                 

                 

                 

                今回、病気がみつかって

                体中がシェイクされたような激震を味わって

                それでも、なんだかちっとも、泣けなかった。

                 

                おともだちに

                「心を許せる人の前で、思いっきり泣くんだよ」って言われて、はっと気付いた。

                 

                ぜんぜん、泣けないのだった。

                 

                 

                 

                ここ数年の、泣けなかった間、ふとした瞬間に、たまに口をついて出る言葉があったの、今思い出してる。

                 

                「パトラッシュ、ぼく、もう疲れたよ」

                 

                 

                 

                 

                子育てして仕事して、親の死を見送って、残った親の面倒を見て、そして自分の夢みたいなものにも目を向けて。

                50代って、もう、人生のいろーんなことが一気に「まとめ」に向かっている時期だったなあと思う。

                友達に恵まれて、いろんな機会に恵まれて、仕事もあって、

                子供が成長して、どんどん環境が変わって新しい経験に身を投じていたときには自覚していなかったけど

                たぶん、いっぱいいっぱい、疲れは溜まっていたんだろうな。

                 

                 

                病気がみつかったあとは、検査や手術する病院を決めたり、準備することであわただしく、気持ちも落ち着かなくて、本当に泣いている暇なんてなかったんだけど、たまに、ふと、ああ、大声をあげて泣きたいと思うことはあった。

                それでも、ちっとも泣けなかった。

                 

                だから入院したり、手術したり。

                そんな中で、どっかで、思い切り泣けたらいいのかもしれない、って思う。

                 

                ちゃんと、泣いて

                閉まってしまっていた気持ちのシャッターみたいなものを開けて

                また、自分に向き合っていく。そんな時期なのかもしれないなーって思ったりしてるけど。

                 

                どうなんだろう。

                 

                 

                 

                 

                そういえばね

                5年前に誤診で肉腫の疑いと言われて、まだいっぱいやりたいことがあったのに!! ってうろたえたことは前のブログで書いたけれど、そのときに、もう一つ心の中で渦巻いた声があった。

                 

                それまで、私の周囲でいろんな人の噂話をするのが得意な知人の、こんな声だった。

                 

                「あ、あの人もねー。いろいろあったでしょ。あれじゃあ病気にもなるわよ。大変ねええ」

                 

                 

                 

                実際に言われたわけじゃぜんぜん、ないのに、頭の中で渦巻いた。

                それまで、病気になったり、トラブルを抱えた知人たちを、

                「あーーー、あの人もねー。大変よねー」と言いながら、噂話をするのを何度も聞いてきたから

                ああ、私もそう言われるのだ、と勝手に思った。

                 

                それで、

                ああ、もう

                そんな風にだけは言われたくない! って強く強く思ったんだった。

                 

                 

                私、ちっとも大変じゃないもん。

                かわいそうじゃないもん。

                 

                大変でもかわいそうでもない場所から、簡単に哀れんだ目で語られたくない。

                そう、強く思った。

                 

                 

                何なんだろう、弱ってしまったときの、心の中に生まれるこういうダークサイドみたいな部分って。

                気にする必要のない人、気にする必要のない、しかも架空の言葉に、こんなにもダメージを受けるって、なんだかとても驚いた。

                 

                 

                とにかく、5年前の私は、大変で、かわいそうだと憐れまれたくなかった。

                 

                 

                でもね

                今、それ、ちっとも気になってない。

                言いたければどんどん言って、って思う。

                 

                 

                だって、ある意味、今、ほんとにそうだと思うもん。

                いや、悪い意味ではぜんぜんなく

                 

                やりたいことはどんどん手をつけて、後悔しないように生きてきたけれど

                その中で

                弱くて、大変で、疲れていて、心にシャッター降りちゃって泣くに泣けないでいる自分が明らかにここにいて

                 

                だから

                 

                 

                自分はちゃんとそれに向き合わなくちゃいけないんだな、って。

                あとは

                そんな自分に、まわりの人にも向き合ってもらっていいんだな、って。

                 

                 

                 

                 

                なんでも後付けで都合のよい意味を見出すことは、あまり好きじゃないけど

                いま、病気に意味があるのだとすれば

                きっとそんなことなのかもしれないなーって、そんなこと思いながら、明日から入院してきますー。

                 

                 

                ドキドキだああ。

                 

                 

                 

                 

                category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

                「人生のシナリオは誰が決めるんだろう、ってことについて」の後編

                2018.07.14 Saturday 21:53
                0

                  誰も待っていないだろうけど、前半に続き後半。私の人生のシナリオは誰が書いているのか、ということについて。

                  前半はここ

                   

                  ガンとわかって、その全容がまだわからない時間は暗黒星雲の中にいたけれど、それでもなんだかおもろいなあと思うことは多かった。なので、それを書いてみている。
                  たとえば、こんなこと。

                   

                  私はいつもは、定期検診を12月に受けてる。

                  昨年も12月だったから、普通なら今年の検診も12月に行くはずだった。

                   

                  その検診を、ふいな出来事で6月に変えた。

                  それで、ガンがみつかった。

                  その出来事ってのはこんなこと。ほんと、些細なことだけど。

                   

                   

                  12月の検診でLDLコレステロール値がかなり高かったので、4月の頭に血液検査の予約を先生が入れていた。

                  律儀にそれに行ったら、もう薬のもうね、ってことになり、薬が1ヶ月分出た。

                   

                  気が乗らなかった。薬嫌いだから。

                  いやだいやだ、と思って飲んだからか、腹痛や胸焼けの副作用が出た。

                  気分が悪いのでそのまま飲むのをやめ、5月に再度入れられていた予約日に病院に行き、「薬合わないから変えて」と言った。

                   

                  「また合わないと困るから、じゃあ今度は1週間分だけ出すから、また来週来て。副作用なければ1ヶ月分出しましょう」

                  というわけで、別の薬の処方箋もらって帰ったんだけど。

                   

                  帰り道で本当に気が乗らなくて、薬もらわずに帰っちゃった。

                  なんか、ほんと薬飲みたくなかったんだと思う。金曜日だった。

                   

                  それでも1週間後の予約はせまっているので、翌週に処方箋を持って薬局に行った。

                  そしたら

                   

                  「処方箋の有効期限は4日なので、薬はもう出せません」

                  という事態に陥った。

                  土日を挟んでいたので、あっという間に期限切れになったらしい。

                   

                  うへー。次の予約まで3日。

                  薬出ない。

                  予約行ったらまた処方箋書かれて、また来週受診。

                  もうやだ、めんどくせー。

                   

                   

                  予約のあった金曜日の朝

                  もやーっと悩んで

                  私、黙ったまま病院行かなかった。

                  すみません。

                   

                   

                  そこから、はじまってた気がする。

                   

                  (↑人生って美しいねって書いてある、セーヌ河岸の看板)

                   

                  なんやかんや言って、やっぱり気になった。

                  うちの家系はほとんどが脳梗塞やアルツハイマーで、「動けないまま死なない」末路をたどっているので、LDLコレステロール値が高いというのは、やっぱり恐怖だから薬は飲まないとやばいんじゃないかと思った。

                   

                  でも、黙って予約をシカトしたことが後ろめたくて、再診の予約をが入れられない。

                   

                  そこに、今年の特定健診のお知らせが来た。

                   

                  こりゃちょうどいい! と思ったんだった。

                  これ口実に病院行けばいいじゃん。

                  ほんで、薬出してもらえばいいじゃん。

                   

                  いつもは12月だけど、いいや。

                  6月1日から予約可能という案内を見て、6月9日に予約を入れた。

                   

                  いつもの主治医の先生の検診日だと、シカトが後ろめたいので、先生のいない曜日に。

                   

                   

                  で、その検診で、いつもの先生が「影あるねー」って放置してた場所に、別の先生がガンをみつけた。

                   

                   

                  もし、あの日の帰りにさくっと薬局に寄って薬をもらって、

                  翌週の予約で「副作用ないから薬出して」と1ヶ月分の薬をもらっていたら

                   

                  私、6月に健診なんて受けていなかった。

                  12月までほっといて、たぶん今頃7月に予定していたフランスに1ヶ月滞在していた。

                   

                  12月まで放置してたら、それを見るのがいつもの先生だったら、どうだったんだろう。

                  いや、もっと前にわかってたかもじゃん、って考えもあるけど。

                   

                   

                   

                   

                  ま、そこまではなんだか、偶然だねーという話。

                   

                  ここから不思議なことがいろいろ続いていく。

                   

                  6月9日の夜から電話が狂ったように鳴り続け、取ったらすぐに診療して! とあわてた先生の声があり、

                  なんかよくわかんないままに翌週に診療予約を入れて、このときはガンなんて言葉は一言も出なかったので、いったいなんじゃらほいと思ってた週末。

                   

                  11日に荷物の受け渡しがあって、急遽大学時代の友人に会うことになった。

                  彼女はステージ4のガンで抗がん剤治療中なんだけど、いつも本当に明るくて、前向きで、どんだけ彼女にたくさんのことを教わってきたかわからない。すごい尊敬している友人。

                   

                  その彼女がサプライズで、誕生日を祝ってくれたんだった。

                  ケーキ食べてお花もらって、そんでおしゃべりしながら、私、こんなことを彼女に聞いた。

                  「どうしてステージ4でそんなにいつも前向きなん? 私、もし自分がガンだと言われたりしたら途方にくれる。絶対そんな風になれない。どういう秘訣があるの? なんでなの?」

                   

                  その時、彼女が教えてくれたのが

                  「眠ること」の大切さだった。

                   

                  そして、彼女が実践している「眠る」ための秘技と(笑)工夫について伝授してもらった。

                  どんなことがあっても、とにかく寝る。眠りの質は確保する。

                  ぐっすり寝て朝が来れば、気持ちもまた変わっていく。寝るのってすごく大事なんだよー! って。

                   

                  へーへー、すごいね!

                  それすぐやってみる! 病気でなくてもほんとに大切なことだね。全部ためになるなー。

                   

                   

                  その工夫が

                  まさか翌日まんま、必要になるなんて夢にも思わなかった。

                   

                   

                  無邪気に「パジャマかわいいの買おうっと」「寝る時アロマ炊こうっと」「寝る前にテレビ見ないようにしようっと」なんて思って帰った翌日、予約診療で行った病院で「肺腺がんの可能性」と言われて、緊急で紹介状をもらう羽目になるなんて、思ってもいなかった。

                   

                   

                   

                  でもね

                  その夜

                  私、寝られたの。

                   

                   

                  彼女に教わった通りのことをして。

                  本当に眠れた。朝まで。

                   

                   

                  なんか、すごい、と思った。

                  神様みたいなもんが、ちゃんと、前日に偶然ひょんなことから彼女に会えるようにしてくれたんだ、って思った。

                  ありがとうございます。

                   

                   

                  さて、まだ続くよ。

                   

                  その翌々日。

                  もうかなり前から約束していた食事会にでかけた。

                  気持ちは沈んでいたけど、久しぶりだし気晴らしになるし、楽しみにでかけた。

                   

                  揃ったメンツを改めて見渡して、ちょっと新鮮に驚いた。

                  医療に詳しいさまざまな分野にいる子ばかりだった。

                   

                  自分のことを話すつもりはなかったけれど、帰り際にちろりと聞いてみた・

                  「もし私がガンになっちゃったら、病院とか紹介してもらえたりする?」と。

                   

                  えー! なにごとか、という話になり、ほんとにありがたいことだけれど

                  全力で探すから、力になるから。応援させて。大丈夫、1人にしないから、って言ってもらえて

                   

                  うえーん。

                  まだわかんないけど。

                  でも、もしそうだったら。

                  お願いします、これからのこと報告するから。

                  それで、なんだか心細くて仕方なかった気持ちが、ちょっと落ち着いたんだった。

                   

                   

                  なんだったんだろう、ちょっと前から決まっていたこの食事会って。

                   

                   

                  その翌日、紹介された郊外の病院に行って、ガンの可能性が高いので検査入院をするように、と入院手続きをした。

                   

                  夢見心地のまま、その帰りに、ずっと前から約束していた、親友との誕生会に出かけて

                  事の次第を報告しながら、どーしよー、どーしよー、いや絶対だいじょうぶ、もうとにかくなんでも力になる! と手を取り合ってはげましてくれた彼女が誕生日にくれたプレゼントは

                   

                   

                  アロマだった。

                   

                   

                  それ、もう1ヶ月前ぐらいに彼女にプレゼントの希望として私が頼んでいたものだった。

                   

                  なんで私、知ってたんだろう、アロマ必要って。

                   

                  友達に教わったとおりの方法で、アロマのちからで寝てたから、もうここ数日。

                  いつから、何がつながっていたんだろう?

                   

                   

                   

                  ありゃ描き始めたら止まらない。

                  まだ続くのよ。

                  もう飽きたら見るのやめていいよ。

                   

                   

                  さて、ここからいろんな検査ぢごくみたいのに放り込まれながら

                  一方で、応援団を名乗りでてくれた友人に本当に助けられた。

                   

                  前半の記事で、5年前に肉腫の疑いと言われて腰抜かして慟哭したことを書いたけれど、あのときにした一番の失敗は、ネットで情報をしらべまくってしまったことだ。

                  若くして亡くなった、無念のまま逝ったというような人の話ばかりが目に飛び込んでくる。

                  もしくは、生存率が低い、治癒の可能性ほぼないという記述も飛び込んでくる。

                  あれに、やられた。

                   

                  なので、今回はもう、絶対にネットサーフィンしないと決めた。

                  自分では、調べない。っていうか、今の状態では、調べらんない。

                   

                   

                  私がただひたすら検査ぢごくに陥っている間、彼女はほかの友達と連絡を取り合いながら、セカンドオピニオン候補の病院をリストにして持ってきてくれた。

                  景色のいい場所でおいしいごはんをごちそうしてくれながら、ていねいに、ていねいに説明してくれた。

                   

                  そのうちのひとつにセカンドオピニオンの予約を依頼したら、1週間後にするりと予約が入り

                  相談できた日に、そこで手術する、と決めたら、10日後が入院と手術の日になった。

                   

                   

                  家の電話がガンガン(おやじギャグでは、ない)なり続けた日から、手術予定日まで1ヶ月と10日ほど。

                  長かったのか、短かったのか、もうよくわかんない。

                  あとは入院して手術するだけ。

                  今、ここ。

                   

                   

                  なんだろう。

                   

                  きっと全部偶然なんだと思う。

                   

                  でも、それにしてはすべてのことが、一日きざみで動いていた気がする。

                  未来が見えない暗黒星雲の中でもがいていたけど、その中でなにかの希望があったとしたら、いろんな偶然がこうして重なっていくというのは、きっとそれが、神様のシナリオなんだと思えたからかもしれない。

                   

                  病気になったことは不運だけれど、不運を運ぶ何かに、私を守る何かが応戦していて、それがこうした偶然を運んでくるのだとしたら、根拠レスだけど、きっと今回は大丈夫、と。そんな風に思えたりもした。

                   

                  ぜんぜん達観してないけど>笑

                  でも、そんな風に思えるほうが、きっと幸福なんだと思ってる。

                   

                  ああ、そういえば、3月に北九州に講演に行った折、私、空港で段差にけつまずいて激しく転んで、右側面の胸からアスファルトに激突した。こんなこと初めてだった。

                  経験したことのない痛さで、これは肋骨が折れたかヒビが入った、、、、と確信して、翌日にいつもの病院(特定健診しているところ)の整形外科に行って、右胸のレントゲンを撮ったんだった!

                   

                  あれも、どっかで何かが「そこ見てやってくれよおお」ってサイン送っていたのかしら。

                  結局、肋骨の下のところだけを整形外科医が見たので、肺がん見逃されてたけど。。。。。。

                   

                  こじつけかもしれないけど、おもろいなあ。

                  誰が、何が、私を守ろうとしているんだろう。(病気にはなっちゃったから、守りきれてはないけれど>笑)

                   

                   

                  十分長いけど、最後にもうひとつ。

                  私にとっては、これが一番不思議なこと。

                   

                   

                   

                  応援団を名乗り出てくれた子に、「どこか病院の希望ある?」と聞かれたとき、私、

                   

                  「前に友達が入院してたところがホテルみたいにきれいで快適で、私、入院するならここって思ってたの。5年前に子宮肉腫の疑いで誤診されたときにその病院でセカオピ取ったんだけど、そのときもすごくいい対応だったの。だから○○病院を候補の一つに」

                   

                  そかそか、わかった!

                   

                   

                  それで、彼女はその病院と、ほかに呼吸器外科の評判のいい病院をいくつかと医師の名前、セカンドオピニオン費用や差額ベッド代までを細かくを調べてリストにしてくれたんだった。

                   

                  いろいろ調べた結果、私が聞かれて名前をあげた病院は、いろんな人がすごくいい、と言っているというので、とりあえずはそこにセカンドオピニオンの予約を入れることにした。病室がきれいというのも大きな魅力だし。

                   

                  電話で予約を取るとき、以前にかかったことがあるか聞かれたので、5年前に婦人科で! と元気よく答えたら

                  「いや、もっとすごく昔ですね、こちらの電話番号ですね」と言う。

                  都内03から始まるから私の番号じゃない。

                  ちがうちがう、それ私じゃないです。

                  「そうなんですか。同姓同名、誕生日も同じです。不思議ですねええええ。あ、もしかして分院かも?」

                   

                  あ、それですそれです。

                  きっとそれです。青山のほうです。

                   

                  「???? 青山じゃないですよ。もしかして他の病院と間違えてらっしゃるかしら?>笑」

                  えー、そんなこと絶対ないです。おかしいなあ。

                   

                   

                  それでも予約は取れたので、あれれ? と思って診察券を探した。

                  探したら、出てきた。

                   

                  病院の名前が、ぜんぜん違った。

                   

                  私がホテルみたいで絶対ここがいいと思っていたのは、■■病院で

                  それを何故か私、○○病院と勘違いしていたんだった。

                   

                  どこでどうすり替わったんだろう??????

                  あー、たぶんその病院名は、私が息子を妊娠したときに調べに行った、前の会社に一番近い病院だ。人生で一度だけしか行ったことがない。しかもホテルみたいでもなんでもない。なぜその名前が出てきたのか、皆目検討がつかない。

                   

                  どこで何がすり替わっちゃたのかわからないけど、○○病院には私の病気では名医と言われるひとがいたらしい。そしてその先生を、私は第一印象でかなり好きになった。狐につままれたような気分だ。

                   

                  その病院はボロい。

                  最初に行っていた病院より、ボロい。

                   

                   

                  そんでも、なんだか最初に通っていたところより

                  今のところのほうが、行くのが楽しくて、古いのがぜんぜん嫌じゃなくて

                  そういうの含めて、なんだかおもしろいなーって思う。

                   

                   

                  いろんなことが、不思議と重なっていった1ヶ月だった。

                  最初の頃は、もう本当にヘタれてだめだと思っていたけど、今、手術が決まったらちょっとふっきれた。

                   

                  まだまだ、もうちょっと「おもろいなあ」と思ってることはある。

                  それは、また書く。(勝手に)

                   

                   

                   

                  やっぱり、時間が経ってくるとしっかりとまとめたようなこと語りだすなー>笑

                  私がいろいろ聞いて、すごいなあ、えらいなあなんて思っていたのは、こういうことなんかもしれないなー。

                   

                  まだごちゃごちゃしていて

                  やっぱり時々、怖くなる。

                  そして、ちょろっとした暗黒星雲に飲み込まれそうになる。

                  前に友達が

                  「手術が終わったあとの、すっごい爽快感、あれ絶対味わえるから!」って言ってたけど、そうなのかな。

                  そのあとの暮らし、人生、どんな風に変わっていくのかな。

                   

                  まだぜんぜんわからないけど、とりあえず目の前にあることをひとつづつ。

                   

                  また書くね。

                   

                  category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(4) | - | -

                  運勢、運命、宿命みたいなもの。人生のシナリオは誰が決めるんだろう、ってことについて。

                  2018.07.14 Saturday 00:34
                  0

                    30代のときに、「宿命大殺界」という細木数子の本を読んでしまい(まさに、読んで”しまい”)、そこで私の宿命大殺界は58歳だということがわかった。

                     

                    細木大先生によると、人生には12年毎の大殺界があるが、誰にも人生で一度だけ、その中でも一番ダメージの大きい大殺界が来るときがある。それが宿命大殺界。

                    これが50歳を過ぎた頃にやってくる場合は

                     

                    あなた、死ぬわね

                     

                    ってことだと書いてあった。若いときは乗り切れる苦難も、もうその年になったら乗り切れずに人生が終わる。ま、あきらめてくださいってことらしい。

                     

                     

                    細木数子大先生などまったく信じていなかったけれど、「死ぬわね」と言われたら気になる。

                    それで、自分にとってはなんとなく58歳というのは節目だなあと思っていたところがある。いったい何が起こるんだ!? と。

                    私の予想では親の介護や死にまつわることだろうなあ、とぼんやり思っていた。うちは親がいろいろ問題を抱えていたので、まあ、そういう面倒なことに巻き込まれるわけかな、と。

                     

                    もうひとつ。

                    ある時から私の手相の生命線の上に、ぽつりと脂肪瘤のような小さなおできができた。

                    気になってひっかいたり、むしったりするのだけれど、なくなるどころかどんどん大きくなり、最近にいたってはカッターで削ったりしてみたりもしていた。アホか。

                    でも、生命線上のできものは、病気や怪我などによる生命の中断を意味することもあるので(って、手相は多少かじった)、気になるじゃないか。それが、年齢的に宿命大殺界の58歳を示すあたりにできて、生命線を大きく分断しているなら、なおさら。

                     

                     

                    というわけで、私がガンの告知後に不安定になったことの理由は、上記のようなこともあった。

                     

                     

                    終わりかー。

                     

                    これだったのかー。

                     

                     

                    もうちょっと生きたかったなー。

                     

                     

                     

                     

                    占い、信じてるわけじゃないのに、なんだか一度聞いてしまったら、こういう符号はダメージになるもんだなー。

                     

                     

                    私の計画では、自分の人生は72歳と決めていたのだった。

                    なぜかわからないけど、いろんな運気が周期のように回ってきた人生を振り返ると、次にぐるりと回って戻ってくる72歳っていうのが、店じまいの幕引きにはちょうどいいなあ、と。

                    なんかそんな予感のような決意のようなものも、あった。

                     

                    なので、なおさら、凹んだ。

                    まだ14年あるのにー、と。

                    早いー! これから少しづつ店じまいの準備をしようと思っていたのにー。

                    突然すぎて追いつかないよー! と。

                     

                     

                    なんか、いまさら書いてみると笑い話に聞こえるなー。

                    大殺界とか手相とか。

                    あほみたい。

                     

                     

                     

                    でも、一度聞いてしまったこと、一度気にしてしまったことは

                    今回のようなことがあると、なかなかそこから自由にはなれないものだ、と思った。

                    迷信や信仰や、その他もろもろ、なんか運勢や運命や宿命みたいな言葉で表されるものの持つ力は、意外と大きいもんだ、と思う。

                     

                     

                     

                    さて、そんな前置きから何を話したいかというと、

                    今回ガンがみつかって、その後じたばたしていた間にあった、あれこれの不思議なこと。

                    なぜ今みつかったんだろう、ってこととか

                    神様はどんなシナリオを私に書いているんだろう、ってこととか。

                    ほんとに不思議だなあと思うので書いて残しておこうと思う。

                     

                     

                    長くなりそうな予感。

                    途中で後編に行くかもしんない。

                    読んでくれている人がいるのかどうかもわからないのですが、ほんとすません、勝手に長くなります。

                     

                     

                    ときは5年前にさかのぼる。

                    2013年に、いろいろ思うところあって息子とアメリカに滞在した。

                    しかも、そこで大学に4ヶ月通った。ビザ取って。

                     

                    それが、本当の本当に大変だった。

                    あそこまでのストレスって、やっぱり人生の中で最大級だったように思う。

                    細胞破壊されて、ダークサイドに落ちて、ボロボロになって帰ってきた>笑

                    ま、それもいい体験だったけど。

                    で、息子はそのままアメリカに残って、いい体験をたくさんしていい青年になった。

                    ほんとそれ、よかった。

                     

                    でも、私はボロ雑巾になった。

                     

                    で、そんなボロ雑巾で婦人科の検診に行ったら、いつも先生がやめてしまって、新しい若い女医さんが、しれーっと

                    「子宮肉腫の疑いがあります」

                    とぬかした。

                     

                    なんすか、それは?

                    彼女は私に目を合わせようともせず、ただ

                     

                    「悪性かどうか調べようがないので、6ヶ月後にまた来てもらって、大きくなってたら検査しましょう、はい終わり」と言った。

                     

                     

                    ようわからんまま帰宅して、

                    ネットで「子宮肉腫」と調べて、

                    私、文字通り腰が抜けてへたりこんでしまった。

                     

                    最初に出てきたのは「妻が亡くなりました。頑張りましたがだめでした。子宮肉腫でした」というブログだった。

                    へ?

                     

                    そのあとはぞろぞろと、治癒不能的な情報が羅列され

                    読んでいるうちに貧血状態になり、そのままソファに倒れ込んで動けなくなった。

                    なにそれ?

                    子宮がんとか、子宮頸がんとか、それでもショックなのに、肉腫ってなに?

                     

                     

                    あの衝撃は、すごかった。

                    今より、ずっとすごかった。

                    なんの予測も準備もなく、ただ突然、自分の人生の終わりを告げられたように思った。

                     

                    あの日、半泣きで数人の友達に相談し

                    うちにすっ飛んできてくれた親友と

                    電話でたくさん話しを聞いてくれた大切な友達と

                    セカンドオピニオン先を紹介してくれた友達たちのしてくれたこと、私絶対忘れない。

                    本当にありがとうございました。助けられた、救われた。

                     

                     

                    結果的に、そんな悪いもんを6ヶ月大きくなるまで何もせずにほっとけという対処が全く納得できなかったので

                    友人に紹介してもらった医師に予約を取り

                    (普通なら2ヶ月先という予約が、ひょんなことから10日後に取れるという奇跡が起きた)

                    あっという間にCT等の検査をして

                    「エコーみるだけでわかります、これ、悪性のわけないから」とさらりと笑顔で診断してもらい

                    「6ヶ月待って検査ってね、この場所は細胞診なんてできないから、検査ってもう手術のことよ。なのでその診断はまったく現実的じゃないです。大丈夫、CTの結果見ても、なんの心配もなし!」

                    「本当に辛い思いをしたね。今日は帰って、美味しいもの食べて、ゆっくり休んでくださいね」と

                    神様のような優しい言葉をかけてもらって、この騒動は終わりになった。

                    本当にいい先生だった。

                     

                    重ねて言うなら、なぜその医師を紹介してもらえたのかというと

                    その10日ほど前に、友人がその医師の病院に入院して婦人科系の手術をしたのをお見舞いしていたから。

                    ホテルのように素晴らしい病院で、私も病気にあったらここに来ようと思った。

                    その矢先の婦人科系での告知だったという、タイミングのよさだった。

                    そしてこの病院との関わりも、今回のガン告知と微妙につながっている。それはまたあとで。

                     

                    というわけで、この子宮肉腫事件は

                    なんだよ、それ、たちの悪い誤診最悪!!! という笑い話で終わったかのように思ったこの顛末だけれど

                     

                     

                     

                    私、最初に肉腫の疑いと言われたとき、強烈に心に渦巻いた気持ちが、忘れられなかったんだ。

                     

                     

                    ”なんで? まだやりたいことがいっぱいあるのに! 行きたいところも、してみたかったことも

                    まだまだたくさん、それ、全部できないまま終わるの?”

                     

                    そして、なんで病気になってしまったのかを考えた。

                     

                    ”やっぱりアメリカなんか行くんじゃなかった。本当に行きたいところ、したいことをするべきだった。

                     私、フランスに行きたかったじゃないか。英語じゃなくてフランス語。勉強じゃなくて美術。

                     自分を偽って辛い思いをして、それで病気になっちゃった。そんなのやだ!”

                     

                     

                    ある意味、私の人生、そこから大きく変わったように思う。

                     

                     

                    「いつか」 

                    と思うことをやめた。

                     

                    「役に立つから」「便利だから」「そのほうが都合がいいから」といった言い訳を

                    全部やめた。

                     

                     

                    一番したいこと、一番行きたい場所、一番自分らしいことに

                    とにかく片っ端から手をつけようと思った。

                    いつか、と思っているうちに、人生が突然終わってしまうことがある。

                    そんなくやしさ、辛さ、悲しさは味わいたくないと、本気で思ったんだと思う。

                     

                     

                    あれから5年。

                    もうね、ほんとやりつくしたよ!

                    したいと思ってたことをほぼやり尽くしたら、「いつか」がだんだん人生から減りだして

                    そこに浮上してきたのが、前に書いた「メメント・モリ」だったわけで

                    店じまいという、「いつかの死」に関心が向くようになってきた、というわけなのだった。

                     

                    いやあ、ほんとによくやった。いろいろ。

                    なので、ある意味、やり残したことってもうないなあと思ったりする。

                    まだやりたいことはあるけど、5年前のあの、強烈な慟哭はない。

                     

                    言い方を変えれば、今回の私が受けた告知はショックで、暗黒星雲をさまよったけれど

                    もっともっと強烈な慟哭を体験する人がいっぱいいるんだと思う。

                    本当に、すごいことだと思う。

                    5年前の私のはほんの数週間で笑い話しになったけれど

                    その現実がさらに深く、重く、続いていく人たちがいて

                    病と向き合うということに対して、ほんとに深く頭を垂れるしかないなあと思ったりもする。

                     

                     

                    そんな5年間を送ってきたんだった。

                     

                     

                    さて、今回ワタシの肺にみつかったガンは、一応いまはギリでステージ1ということになっているけれど

                    それなりに育ってはいて

                    主治医がぽろりと言ったセリフによると

                     

                    ”ここまで育つのにだいたい5年ぐらいかな”

                     

                    ということらしい。

                     

                     

                    子宮肉腫事件があったのが、5年前。

                    5年。

                     

                    肉腫ではなかったけど、まあ、それなりに何かは起きていたんか、自分の体、と思ったりする。

                    ま、違うかもしれん。

                    そんなこと考えてもどうしようもないし、すべてのこと後悔もしていないのでいいんだけど

                     

                    私が検診を受けていた病院では、3年ほど前から

                    「なんか肺に影があるけど、石灰化とかだと思うよー。大きくなったら見てみようねー」

                    「別に変化ないねー。大丈夫でしょー」

                    というやり取りが続いていたのだった。

                     

                    うむ。

                     

                    ほいじゃ、3年前にもっと検査してたら、もっと軽くてみつかったのかしら。

                     

                    っていうか、じゃあ、なぜ今年急に?

                     

                     

                     

                    それ、影が大きくなってたわけでも、自覚症状が出てたわけでもぜんぜんないの。

                    偶然が重なって、みつかった。

                    その偶然のいろいろが、なんだか私の人生のシナリオのような気がして。

                    おもろいなあと思うんだー。

                     

                    それ書き出すとまだまだ長くなるので、前半はここで終わり。

                     

                    後半につづく。

                    category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                    Calender
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << March 2020 >>
                    Selected entry
                    Category
                    Archives
                    Recent comment
                    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                      武蔵野婦人
                    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                      武蔵野婦人
                    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                      ニート男性
                    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
                      あっか
                    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
                      武蔵野夫人
                    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
                      ゆうこ
                    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                      武蔵野夫人
                    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                      はろ!
                    • 毎年この季節になると服を作っている。大人の手作り服ってどうなの。たまにはそんなこと。
                      武蔵野夫人
                    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                      武蔵野夫人
                    Recommend
                    Link
                    Profile
                    Search
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM