Covid-19とメンタル リスクヘッジと受容、反復作業でこころを守ること

2020.04.07 Tuesday 14:55
0

    ずいぶんと長く対策を引っ張られたことで、こころの体力のメーターが激下がりしだしている人も多いような気がする今日。

     

    まだまだ続くよね。

    ひと踏ん張りじゃね。

     

    さて、前のブログを書いてから数日の間に、やってみたことがある。

    まずは、入院セットを作る、ということ。

     

     

    これはネットの友人から教わった。

    感染が判明したら、ゆっくり入院準備をする時間はたぶん、ない。

    さらに、家族に準備させて病院に届けさせるリスクを考えると、いつ何が起こるかわからないという前提で、準備をしておくほうが安心なのだと思う。

    運次第で、軽症で済むかもしれない。

    その場合、運が良ければ隔離宿泊施設に行くことになり、2週間は帰ってこれない。

    なので、2週間は乗り切れる分のものをバッグにつめて、枕元に置いた。

     

    運がよければ罹患せずにこの事態を乗り切るかもしれない。

    でも、運が尽きれば、この入院セットを持って家を出たまま、もう家に戻ることがないかもしれない

    そこのリスクヘッジまで、考えようと思った。

    このあたりは、昨年がんを患ったときにプロセスを経験しているので

    抵抗なく取り組める。

    最低限の個人情報をまとめて、家族にわかるようにしておく。

     

     

    パソコンのデスクトップにも緊急ファイルを設定して、ブログ類のパスワードの管理もアプリに記憶させている。

    いざとなったら、このファイルを開ければ、とりあえず一通り、なんとかなる。

     

    これは今回のウィルスに限ったことではなく

    たとえば外出先で急に倒れたり事故にあったりしたら

    誰が病院に身の回りのものを届けてくれるのか、というリスクヘッジにも当てはまるよね。

    実際、以前救急車で運ばれてそのまま入院というアクシデントがあった時

    自宅のどこにパジャマや下着があるのか、そのどれを持ってくるのかというあたり。

    まったく指示できない自分がいて、全部新しいものを買ってきてもらったという前例がある。

    んだ。

    まったく持ち物が整理されていないのだった。家の中の。

     

    ということもあるので、ほんと

    いつ何が起こるかわからないという前提で、準備をしておくのは大切なことで

    不思議なことに

    最悪な事態を真面目に想定して、リスクヘッジとして対応策を用意すればするほど

    心は落ち着いてくる。

     

    つまりこれが、人が有事に直面したときの心が

     

    否定と拒否 から、 受容 に移行していくプロセスなのかもしれない。

     

    ・否認

     

    ・怒り

     

    ・取引

     

    ・抑うつ

     

    ・受容

     

    長引く政治的な駆け引きみたいなものの中で、怒りから抑うつの間を行ったり来たりしていた数週間だったように思う。

    そして、それはこれからも続いていくのだと思うけれど、

    どこかで受容しなければ、こころが先に壊れてしまう。

     

    ということで、前のところにも書いたように、睡眠や情報のコントロールをしつつ

     

     

    まあ

    起きてしまったらどうするかといったあたりのリスクヘッジを

    淡々と行っておくというのは大事なことなのかもしれない。

     

    入院セット、おすすめです。

    なるべく前向きに、かわいいパジャマとか、きれいな色のタオルとか。入れてみて。

     

     

    その上で

    日々の暮らしを支える反復作業のようなものも、ひとつあるといいなあと思っている。

     

    私は少し前から、フランス語の問題集を解くようになった。

    いろいろ勉強法などは工夫しないほうがいいこともわかった。

    ただ、ドリルを開く。数ページひたすら解く。

    繰り返す。

    あとはパズル。携帯のゲームみたいなもの。

     

    絵を描くといった創造性が必要なものは、意外とこころのエネルギーを奪っていくので

    こういう時は単純な反復作業がいいのかもしれない。

     

     

    昨年、少しバランスを崩した時に、毎日ただひたすら

    般若心経を写経したことがある。

    一日1時間。お手本を見ながら、ただただ同じものを書いていたら

    数カ月後に、自分が書く筆字がすっかり変わっていて、驚いた。

    毎日ただただ1時間。

    前向きに何かを繰り返していると、数ヶ月後に何かが起こるんだ、と思った。

     

    そんな記憶があるので

    今はただただ1時間

    いま一番できそうなことを繰り返している。

     

     

     

    やっている間、心が落ち着く。

    どこかで運が尽きて自分の時間が途切れてしまうことがあったとしても

    いま、取り組んでいる気持ちが楽しくて心地よければそれでよくて、

     

    さらに

     

    未来に時間がつながったときに

    それは必ず、なにか別の力になっていく。

    これまでと同じ未来を想定していると、できなくなったこと、予定が立たないことにフラストレーションを感じてしまうけれど

    どんな未来がやってきたとしても、その時にちからになるものが、きっとある。

    そんな風に、そこはかとなく未来につながるものに淡々と関わり続けるということも、大切な気がして。

    いまは、そんなことをする時間なのかなあ、なんて思う。

     

     

    ということで、へこたれたり、浮上したりしながら、まだまだでこぼこと生きよう。

    受け入れて、リスクヘッジをしたら、あとは反復作業。

    しばらくはこれで。

     

    また書きます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

    Covid19とメンタル-2 対策まとめと、無理矢理にでも寝る方法について

    2020.04.03 Friday 11:51
    0

      前回のブログで、covid-19によるメンタル不調が起き始めたら、どうしたらいいんだろうということを書いた。

      こういう時にメンタルをやられがちな人(私。でも多かれ少なかれ、いままったく平気だよんという人は少ないように思う。たまに、いるけど。でもそれもいつ変わってしまうか、わからない)は、今のうちにちゃんと自分に優しくしておかないと、と思ったからだ。

       

      これは欧米で行われているロックダウンによる、自宅閉じ込めへの対処とも通じるかもしれないけれど、日本の場合は明確な示唆がない分、自己判断や自己責任が問われて苦しいという、別の状況もあるように思う。

      コントロールしている政府への信頼度のあたりも、個人的ばらつきがあるので、まあ、メンタルヘルスとしてはとにかく、いろいろ試してみるに越したことはないのかもしれない。

       

       

      ということで、前回書いたのはかいつまんで以下のようなこと。

       

      1,テレビやネットで流れるニュースをシャットアウト

        課題:信頼できる最低限の情報をどこから得るか、ということ

       

      2,友達とZOOM飲み

        これはその日の夜に11人ぐらい集まって、やった。

        しゃべるのは、いい。ラインやチャットなど文字もありだけど、声を出すという行為そのものが、効果あるんだと思う

       

      3,アロマ

        スィートオレンジやベルガモットが効く気がする

       

       

      それで、なにかほかにもいい方法があったら教えてねーと呼びかけたら、いくつかのアドバイスを頂いたので、書き留めておきます。

       

      * からだを適度に疲れさせる

        ウォーキングなど。ジムは閉まっているので、you tubeでいろいろ探すのもいいかもしれない

       

      * 難しいダンスを覚える

        できたときにドーパミンがどばっー

       

      * 自然回帰、土いじり、庭仕事

        東京のマンション住まいではなかなか難しいこともあるけど、これがあるとないとで大きな違いはあると思う。

        私は「火の指」というやつで、料理が好きだが植物はみな枯らすという人間なのだが、これを機に変身できるじゃろか。

       

      * 深呼吸

        これ大事

       

      * ハーブティー

        ほか、漢方薬とかいろいろアドバイスいただきました。自分にあうものをみつけたい

       

      * からだを元気にしてくれる食べ物

        バナナとか。このあたりはいろいろみつけられそう。

        昨日ドンキに行ったら、じいさんが山盛りのR-1を買い占めていた。買い占めは、あかん。

       

      * 笑う、心の底から

        東欧などシビアな歴史を経てきた場所に生まれる、笑いの文化みたいなもの、すごいと思います

        それぞれのツボで笑えるなにか、確保しておきたい

       

      * 規則正しい生活

        家にいたとしても、自己流のスケジュールを作って同じタイムテーブルで過ごす

       

      * 寝る、とにかく、何もしないで寝る

       

       

      みなさん、本当にありがとう。

      引き続き何かあったら教えてね。

       

      再発見は、アロマが効く人にとっては、やはりスィートオレンジやプチグレン、ベルガモットのあたりがとてもよく効くということ。これはまた別途書いてみようと思う。

       

      さて、いろいろアドバイスをもらったので、自分なりに自分にあったことを少しづつ試して行こうかなー。

       

      深呼吸と、頭をあまり使わずに黙々と体を動かせるというのも大切だと思う。

      今日から、単純作業で動けることを試してみようかなという気になっています。

       

      そして、なによりも。なによりも。

       

       

      寝ること。

       

      ただ単に「疲れている」なら、寝られるだけ寝るということもありだけれど

      一度バランスを崩してしまうと、この「寝る」ことが一番むずかしいことになっていってしまうので

      侮らずに、「寝られる」「眠れる」ことの大切さは忘れないようにしたいなあと思う。

       

      とにかく眠れてさえいれば、なんとかなる。そう思う。

       

      ということで、以前にもどこかで書いた「無理矢理にでも寝る方法」について。

      改めて再掲しておきますね。

       

      (私の友人から教えてもらった方法です)。

       

      前準備

      1,寝室の環境を整える。

        枕やシーツ、クッションの手触りや色はとても大事

        湿度、温度を快適に保ち、照明はダウンライトなどを利用して明るくしすぎない

       

      2,寝室は、寝るためにだけ使う

        テレビを見たり読書をするためのしつらえにせず、寝る以外のことに使わない

       

      3,一日の仕事が終わったら、そこからは「寝る」ということを一番の目的として過ごしていく。

        食事も入浴も娯楽も、すべて眠りに向けての準備と思う。

       

      4,気分の上がるパジャマを用意する

        パジャマは「寝るための衣装」なので、寝る直前に着替えること

        決して部屋着をパジャマにしないこと。

       

      帰宅以降

      5,寝る3時間前に食事を済ませる

       

      6,アルコールは控えるか、できれば飲まない

        同時に、カフェインなどの刺激物に弱い人は、これも取らない

       

      7,テレビやネットのニュース、犯罪や事件物などのドラマや映画を見ない

        本も読まない。なるべく脳に刺激を与えない工夫を。

       

      8,お風呂は寝る1時間前には済ませておく

        アロマを垂らしたり、お気に入りの香りのソープを使うなどして、ゆっくりと入浴する

        浴室の照明を暗くしたり、ろうそくを使うのも○

       

      9,ゆっくり爪のお手入れをしたり、マッサージをしたりしてのんびり過ごす

       

      あとは、寝るだけ!

       

      9,寝室にアロマを焚き、薄暗くしておく

        ラベンダー、ゼラニウム、クラリセージなど、安眠を誘う香りを選ぶこと

       

      10,寝る直前にパジャマに着替えて、寝室に。

        このとき、「ああ、これからあの素敵なベッドで寝るんだ。なんて楽しんだろう」と思ってみる

       

      11,寝付きにくい人は、「入眠の音楽」を決めてみるのも効果的

        私はグレゴリオ聖歌を使っている。

        寝室に小さな音で流しながら、目を閉じる。

       

       

      以上です!

       

      ああ、めんどくさいと思う方もいるかもしれないけれど、まあ、しんどいときはこのくらいしないと眠れません。

      寝る前に温かいもの飲むとか、ちょっとした瞑想するとか、その程度ではだめで

      日が暮れたあとはすべて、寝るという大きな目的に向けての準備時間として使うぐらいの意気込みが必要です。

      でも気合を入れられたら、かなりの確率で成功するので、困ったときに試してみてね。

       

       

      特にかわいいパジャマを買って、寝室に入る直前に着替えることと

      寝室を寝る目的以外に使わないこと。

      これ、意外と大きいです。

       

      また、夜の時間を情報収集や娯楽、コミュニケーションに使わず、オイルマッサージとか、爪の手入れとか

      自分を大事にしてあげる技術を身に着けて自分を労る時間にするのも、とても効果があります。

      また、最後の寝る儀式のための音楽を決めておくのも、頭にいろいろな考えが浮かぶことを阻止してくれる効果があります。

       

       

       

      なんかすごく呑気で優雅に見えるようで、私には到底ムリ! という方も多かったのですが

      内情としては死活問題で眠らなくてはいけないときにやる方法です。

      これを教えてもらったことで、本当に、本当に救われた日々がありました。

       

      人それぞれかと思うけど、よかったら試してみてね。

       

      それではまた!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

      Covid19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて

      2020.04.01 Wednesday 16:38
      0

        コロナウィルスによる症状悪化は、一瞬に起きて治療が追いつかないのだという。

        多くは軽症だとか、若者はかからないとか、そんな風に思っていた頃とは状況が一変してきた。

         

        それで、自分自身のことでいうと

        微妙な時期のフランスからの帰国(実際には問題ない時期に帰ってこれたし、帰国後1ヶ月近く経って何事も起きないから問題なかったのは確かだとは思うけれど)のあと、一日単位でジェットコースターのようにメンタルの状態が変わっていくので

         

        これはどこかに書いておこうと思った。

        ということでしばらくぶりにブログの画面を開いている。

         

        結論からいうと、この2日間、夜中に目覚めて得も言われぬ不安でさぶいぼ立つような状態になり、なかなか眠れないということが続いていて、日中もたまに、身体中の細胞が泡立つような不調感が襲ってくるようになった。

        先週までは、もうちょっと軽い「漠然とした不安感」だった。

        その前の週は、かなり呑気に暮らしていたので、ここ数日の変化はかなり大きいなと思う。

        おそらく、この状態は気をつけておかないと、あっといういう間に心を蝕む。

        これから長期戦でうまく付き合っていかなければならないような気がして

        それで

        有事のメンタルケアについて、ちょっと考えておかなくちゃいけないと思うようになっている。

         

        有事というのは、今まさに世界が直面していて

        日本があまりに呑気でズブズブな状況の中で崩壊寸前にまで至ってるCovit-19のこと。

         

         

        それで思い出すのが、911のときのアメリカや

        311の東日本大震災とFukushimaの時のことだ。

         

        この時に、メンタルを壊した人も結構多かったのではないか、と思う。

         

         

        私は、311で盛大に壊れた。

        被災もしていないし、そのために誰かを失ったわけでもなく

        ただ、東京で計画停電の暗闇の中で右往左往した。

        そのくらいのことで、なぜ壊れたんだろう。

        壊れていく自分に対して、情けないという気持ちや、何も起きていないのに弱くてみっともないという気持ちもあった。

        何より、被災している人、亡くなった人に申し訳ないという気持ちも大きかった。

        私みたいなレベルのもんが、こんなことを前に、壊れたとか辛いとか言えるわけがない。

        それで、抱え込んだ。

         

        抱え込んだものが、今でもたまに蘇ることがある。

        夕暮れの道を歩いていて、震災関連の報道を見ていて

        理由もわからず胸の奥底から泣きわめきたいような気持ちが湧き上がることが何度もあった。今も、ある。

        ずっとずっと

        もう長いこと封じ込められている、悲しみのような慟哭のような、対処しきれない感情がどこかに眠っているのだと思う。

         

        今回、Covitが起きたあとに、いくつかの理由がちょっとわかった気がしている。

         

        311で私が盛大に壊れた理由は、たぶん次の3つだ。

         

        1,元から場の生み出す不穏感などに同調しやすいHSP(Highly sensitive person)であること

        2,地震が起きた時に自宅にいたので、津波等の中継をリアルタイムで見続けてしまったこと

        3,東北に友人が多数いて、ちょうど1週間前に会いにいったばかりだったことと

          帰京後にその子たちに、ものを送ったり代金をもらうというタスクを抱えた状態だったこと。

         

        1は元からの性質なので仕方ないので、付き合っていくしかないのだけれど

        今回のCovitで自分が壊れ出しているのは、2と3の条件が重なっているからなのかもしれない、と思う。

         

        今回、いろいろな用事がありフランスでの滞在があった。

        2月はまだ、アジア人がフランスでコロナ保菌者として差別されるという話が聞こえてきていたので、大いに情報を収集した。

        そして、フランス滞在。

        向こうにいる間、自粛ムードの日本に比べて、フランスはのんびりしたもので、危機感は少なかった。

        海外からの観光客への対策を求めて、ルーブルが数日休館したけれど、対策終了ということで再開館したし、

        週末はどこのバーもレストランも満杯で、大賑わいだった。

         

        ロックダウンしたのは、そんな状態から1週間後のこと。あっという間だった。

         

        *ロックダウン1週間前のサンミッシェルのレストラン街。特に危機感なく、たくさん人が出歩いていた。今の東京と、同じ。

         

        あの、呑気な街の風景の中に身を置いた記憶と

        その後の急激な変化の様子が、ついこの間あった友人たちのSNSやメールでつながっていく。

        「危機感がないまま、週末に出かけてパーティをしたり

        選挙があってみんな集まったこともいけなかった。

        いま、日に500人近くが死んでいる。医療機関はひどい状態だ。」

        そんな話が毎日入ってくる。

         

        さらに、今回の渡仏で自分のフランス語の力の無さに落胆して、帰国後に集中してフランス語を勉強しだしたのもいけなかった。

        毎朝、フランスのニュースを聞く。

        イタリアの、スペインの、中東の惨状までが、ことこまかに報告されてくる。

         

        もとから敏感なところに

        親密な関わりを持つ人達が多数住んでいることで、皮膚感覚に近い親近感を持つ場所に悲劇が起きて

        それが気になるから映像やニュースや情報に触れ続けてしまう。

         

        加えて、フランスやベルギーのアーティストさんたちとのプロジェクトの最中で

        ちょうどお願いしていたものを送り返してもらうというタスクの進行中でもあった。

        現地と密につながっていること、そしてその間に未完のタスクを抱えていること。

        311のときも、そうだった。

         

        こうしたことが重なって、徐々に気持ちの抵抗力が弱っているのだと思う。

         

         

        でも、今朝のように体中にさぶいぼが立つような身体症状にまで出てしまうのは

        それが徐々に、自分の身に迫ってくるという恐怖によるものなんだろう。

        そして、その恐怖に対して適切なリーダーシップや対応が取られていないということへの

        不安や怒り、焦燥感というのもあるのだと思う。

         

         

        もうね、

        東京のこの呑気な感じよ。

        ライブカメラで世界を見てごらんよ。

        誰も歩いてないってば。ほとんど。

         

        東京は、日本は。

        日常がまだ普通に行われていることが、怖くて仕方がない。

         

        今朝、息子は普通に会社に行った。

        駅前ではマスクを買い求めるための行列が、ぎゅうぎゅうとひしめき合った状態で100人くらいできていた。

        さっき、テレビロケの収録の打診が来た。

        3人で対談して欲しいという雑誌の取材依頼も来た。

        なんなの。

         

        どうなってんの。

         

        フランスも、アメリカも大変だけど

        国が保障してくれれば、店も学校も開けなくて済む。

        どの国も大変だけれど、短期間で道筋を示して保障してもらえたら、あとはウィルスと戦う気持ちが残る。

        実際に、フランスやアメリカの友人からは、大変だけれど連帯して協力しているよというメールが来たりもする。

         

        お金を払いたくないから、自粛という名目でじわじわと長期間、真綿で首を締めるように追い込んでいって

        その先に待っていることは一体なに?

        疲れ切って、自己責任で、私達は何と戦えばいいのだろう。

         

         

        というような

        この国で、自分がどこからも守られていないという絶望感のようなものが

        そういえばたしか、Fukushima のときもあった。

        メルトダウンしてたんだよね。あの日。強い風が吹いて、私が駅前を歩いていた時。

        スーパーで買い占めが起きていたとき。

        そして、本当はする必要もなかった計画停電で、かろうじて持ちこたえていた気持ちのバランスが壊れて

        そのまま、からだのどこかで癒やされないまま残っている。

        9年経った今も、東北は、Fukushimaは、未完のままだ。

         

        日本に生まれたこと、日本人として育ってきたこと。

        自分のアイデンティティに関わることが、また試されている気がして。

        今回のこれは

        たぶん、もっと長く続き

        下手をすれば

        自分にとっては計画停電などというレベルではない

        もっと身近な悲劇を生む可能性もあるから

         

        だから、

        今のうちにちゃんと、

        付き合い方を考えておかなくてはいけない、と思うのだった。

         

         

         

        有事の時のメンタル不調は

        ただ、気持ちを切り替えるとか、おいしいものを食べるとか、気にしないようにするとか

        そういう小手先のものでは乗り切れないと思ってる。

        大切なのはわかってる。でも、それを確保してもなお、不調は訪れちゃうんだから。

        さらに、今回はこれからどんどん人には会えなくなり、出かけられなくなるので

        不調を回避していくのはとても大変なことのように思ってる。

         

        専門家の書いていることをググってみた。

         

        https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1168.html

         

        https://www.counselor.or.jp/covid19/covid19column2/tabid/507/Default.aspx

         

        https://dot.asahi.com/dot/2020031700024.html?page=1

         

        ほかにもいろいろあったけど、多くは睡眠や食事、規則正しい生活って。

        上記では唯一、マインドフルネスの瞑想の習慣はよいかもしれない。

        (ただ、本当に不調になったらこれもまったく効かない。この手のことはあくまでも、ごく初期の段階のみだと実感で)。

         

        なんかどれも似たようなことばかりで、だから結局そこが真理なのかもしれないけど

        もうちょっと即効性がある、わかりやすいものが、ないんだろうか。

         

        何をどうしたらいいのか

        これから少しづつ、ちょっと考えていってみようと思う。

        気が向いたら、書く。

        とりあえず、今日。

         

        1,まずは、2日間不眠が続いたので

        今日はニュース等はすべてシャットアウトした。

        (でもこの状況ではそれもアカンので、どうしたら必要な情報だけを取り込めるのかも模索してる)。

        フランス語のニュースは聞かず、古い参考書を出して勉強するのみとした。しばらくそうする。

         

        2,仲間としゃべったら気が紛れると思い

        今日の夜はZOOMで友達数人とバーチャル飲みをすることにした。

        ただし、政府の対応への不満とか、海外の状況とか、その手のことを話すと寝る前に不安が増すので

        まあ、アホな話をするようにするのがいいんだと思う。

         

        3,こういう時、アロマは想像以上にいいと改めて思った。

        ちょいからだのバランスがおかしいと思ったら、精油のにおいを嗅ぐ。

        いつもはハーバル系が好きだけど、こういうときはスイートオレンジとか、ベルガモットとか

        明るくて甘い、オレンジ色を彷彿とさせる香りがよく効く気がする。アロマすごい。

         

         

        ちなみに、ちょっと前から負担に思っていたTwitterは、もう見るのをやめて生活から追い出すことにした。

        あそこにあるものを「情報」だと思うのはやめた。自分には必要ないものだ。

        Facebookは身内だけなのでやっている。誰かがうれしそうにしていたり、おいしいものを食べていることを知るのはとてもいい。

        少し前まではコロナ関係の情報などをシェアしていたけど、それはなるべく控えることにした。今日からそうする。

         

         

         

        311から、結局快癒できていないのだから

        今回のことを元気に楽しくやり過ごすことなんて、結局はできないのかもしれない。

        盛大に病む人も、これから増えるように思う。

        災害時はメンタルケアは優先されるけれど、猛威を振るうウィルスの前では、健康な人間のメンタルケアの医療は後回しになりそうとも思っている。

         

        それでも、こころを病んだら抵抗力が落ちる。

        健康な人でも、あっという間に、落ちる。

        じわじわと気づかずに、やり過ごしているうちに、突然ドカンと襲ってきて、あれ? と気づいた時には、なかなか元に戻れなくなっていることも多い。

        それは敵の思う壺だ。

         

        なんとか、乗り切ろう。

        あきらめずに。

        少しづつ。

        そしてみんな、自分だけでなく大切な人たちを含めて、生き延びよう。

         

        この災いが去っていった時、何かが大きく変わり、大切なことが残ったと思える未来のために。

        自分の心も、忘れないように守ってあげないと、と思ってる。

        何か素敵な方法があったら、教えてね。

        私もいろいろ、やってみるね。

         

         

        いま世界で戦っている人たちすべてに祈りと愛を。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

        孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです

        2020.01.05 Sunday 10:01
        0

          あけましておめでとうございます。

          気がついたらしばらく更新していなかった。理由はまた改めて。

           

          今年の正月は、風邪でダウンして6時間分の「きのう何食べた?」の録画をイッキ見したのち

          毎年恒例の孤独のグルメを見て、

          で、大好きだったはずの世界が、猛スピードで過去に遠ざかっていくのを感じました。

           

          そんなあたりで、ああ、ああ、時代は令和になったんだなあ、と。

          つらつら思ったのでそんなことを一年のはじめに書いてみることにします。

           

          閉塞感半端ないこのごろ。

          でもさ。

          希望があるよね。

          この先、私達が歩いていく先にあるべき世界について。

          小さな灯りをさがして。

          そんな気持ちで、とにかく今年もよろしくおねがいします。

           

          今年の正月は丸鶏鍋でごわした

           

          ===========================

          先日、友人が

          「改めてスタローンのロッキー1を観て驚愕した。

           エイドリアンへの兄の暴言、ロッキーはストーカーか? 

           それが愛情ってありえない。モラハラ、パワハラの巣窟で気持ち悪くなった。

           私達の若いころって、こんな時代だったのか」 

           

          という趣旨の話をしてて

          おー

          それ、ほんとにな。 と思った。

           

          ロッキー1の公開は1976年。

          この時代に「男」と「女」を生きていた世代が、いま企業の中枢にいたり、政権のあたりにいたりするんだけど

          それは、男が女を力づくで言うことを聞かせて、それを愛と女も思い込んじゃうみたいな。そんな時代だった。

           

           

          そのころ、私は向田邦子が好きだった。

          あこがれの、女性だった。

          なんというか、時代的に「ススンデル」先端の女性なんだと思ってた。

           

           

          ケーブルテレビを契約したとき、その向田邦子のドラマがじゃんじゃん放映されていたので喜んで端から観て

          驚愕した。

           

          なんだ、この女たちは。

          なぜ桃井かおりは男がタバコを出したとたんにライターで火をつけるのか。

          なぜ田中裕子は自分の意見をいつまでたっても口にせず、最後に家族に埋もれ、それで幸せだとひとりごちるのか。

           

          イライラした。

          向田邦子さん本人は素敵な自立した女性だったけど、彼女が描き続けてきたのはこういう女性たちだった。

          時代の閉塞感の中に生まれる、女のキラリとした自我や自由を、情緒豊かに描いたのだと思う。

          でも、何一つ、共感できない40代の自分がいた。

           

           

           

          ま、そんなわけで時代は変わる。変わっていく。

          ってか、変わらなくてはいけない。

           

           

          ということで年末の「きのう何食べた??」を、私はじわじわ涙しながら観て

           

          それで、なんも見るものがなくなったので、ずっと大ファンの井之頭五郎の孤独のグルメに移動して

           

          それで

           

          え?

           

           

           

          なにこれ。

           

          と、途方にくれたんだった。

          大好きだったはずの世界が

          はるか遠くに走り去っていくのが見えた。

           

          これはもう、違うのだな、とはっきりと感じて

          それで、心で小さく

          さようなら、五郎さんとつぶやいた。

           

          時代は明らかに、令和になったんだなあ、と思う。

           

           

          いつもスーツ姿で(それ以外見たことないぞ)

          パソコン片手に飛び回り、大晦日も海外出張しつつ

          それ、全部でカロリーどんだけ? の量の食べたいもんを注文したのち

          それ、全部でいくらだったん? の解答ないまま

          ふらりとアウエイのB級グルメを冷やかして歩く五郎さんと

           

          対して

           

          定時に戻って、スーパーでセール品をゲットし

          毎日恋人のためにせっせとごはんを作り、二人でおいしいおいしいと食べ

          家計簿をちまちまとつけて倹約しつつ

          マイノリティであることの障壁と抗いながら

          塩分とカロリーを押さえて、腹八分目で長生きしようねと

          微笑み合うゲイのカップルの日常を

           

          時代の大きな変化として感じ取れない政治家や企業がいたら、ほんまあかんわと思う。

          LGBTの設定の影に隠れているけれど(そしてそれもとても大事なことだけれど)

          これはやっぱり、変容したしあわせの形がそれぞれのドラマに現れているのだと思う。

           

           

           

          五郎さんは、付加価値のある「モノ」を動かしている独身の独立したビジネスマンで

          それは家族を持った企業のサラリーマンという昭和設定から見たら、十分新しい主人公像だったし

          お酒を飲まないのも新しかった。

          丼飯をおかわりして、味噌汁をズズズ、ズズと音を立ててすすり

          最後は生卵をカチャカチャ盛大な音をたてて混ぜてぶっかけ、スワスワ、くちゃくちゃとかきこむ姿は

          たぶん、「男の子がおいしそうにごはんを食べている姿」として共感を呼んだのかもしれない。

          (私は彼の立てる音がとてもいやなので、絶対に一緒にごはんを食べたくないけれど)。

           

          きのう何食べた? のシロさんとケンジの食べるごはんは

          倹約されながら家で作られていて、めったに外食はしない。

          それを二人は、本当にきれいに食べる。音は立てず、かっこみもせず、おかわりもしない。

          しらすとカブの葉の炒めものひとつに、壮大に喜んだりもする。

          それが、男性二人で演じられていることに、とても大きな意味があるように思う。

          シロさんが料理を作ると、ケンジは必ず説明をつけて「おいしい」と褒めて盛大に喜ぶ。

          ここもとても大事。

           

           

          語りだすとながーくなる(すでに長い)ので、まあ、そんな風に思いましたというあたりで終わりにしようと思うんだけど

           

           

           

          ここで、ちょい待て

          それって昭和の時代の主婦たちがやってきたことでしょ?

          男だから目新しいだけで、やってることは主婦と同じでは。と思う人もいるかもしれないので

           

          最後に栗原はるみさんで締めようと思う。

           

           

           

          はるみさんは今も、女性の憧れの的だ。

          特に美人さんでもなく、彼女の作る料理が特に特徴があるわけでもない。

          根底にあるのはただただ

          「家族の笑顔が見たくって」だ。

           

          料理も掃除もインテリアも、すべて「家族の笑顔が見たくって」。

           

          暫くの間、私はこのフレーズがとても苦手だった。

          そしてそれに群がる女性ファンを、本気で心配したりもした。

          もし、私の笑顔のためだけにはるみさんのやってることを母に家の中でされたら、息が、詰まる。

          料理はある種の支配でもあるので、「家族の笑顔」のために家事をするのは聡明ではない方法だということを

          私は、よーく知っている。

           

          でも

           

          日比谷シャンテのはるみキッチンの店内で

          木漏れ日の中

          白っぽーいテーブルセッティングで健康的で美しい料理をうれしそうに食べている女性たちの一群を見ると

          ああ

          やっぱりはるみさんはアイコンなのだ、と思う。

           

          主婦として家族の食事をていねいに作るというアイコンと思われがちだけど

          決して、そうじゃない。

          はるみさんに影のように寄り添ってきた栗原玲児さんという存在込みで、彼女は価値がある。

           

          彼女を認め、励まし、お膳立てをし、自らの人脈をもって売り込み営業をし

          一人前のアイコンに育て上げてくれた素敵なパートナーの存在を含めて

          女性ははるみさんに憧れるのではないか。

          栗原玲児さんの、はるみさんへの関わり方を知っている人なら、絶対にそう思う。

           

          キャリアを磨いて男社会で生き抜くストレスを引き受けるのは勘弁してほしい。

          でも、ほどほどのよい加減に場所に、自分の立つ場所は誰だって求めている。

          家族の笑顔のためだけに行われる仕事だけでは、それは得られないことは、もう昭和の時代でわかってしまった。

          自分の感じる閉塞感の根っこにあるのは、自分にとっての「栗原玲児さん」の不在という現実なのかもしれない、と

          女性たちはとっくに気づいているのかもしれない。

          マネージャーとして仕事を生むことだけではなく、日々、おいしいね、すごいねと仕事を支え続けてくれることこそが

          彼女の言う「家族の笑顔」だったのではと、栗原玲児さん亡き後、本当にしみじみ心に迫る。

           

          そういえば以前話題になった「逃げ恥」で語られた

          「好きの搾取」も、名言だった。

           

          シロさんとケンジのカップルのように

          それぞれが独立して仕事を持ち

          役割分担はあっても、相手を認め、褒め、喜び、伝え合うことの大切さみたいなものは

          シンプルで簡単そうに見えて、とても稀有なことで

          それを維持するには多大なエネルギーも必要なのだと思う。

           

           

          しあわせの形は社会側からは定義できないものなのに

           

          なにか一つの形に押し込めようとして

           

          それで取りこぼしてきてしまったものに

          私たちはもう、ちゃんと気づいているような気がする。

           

           

          スターウォーズも

          ターミネーターも

           

          リメイクばかりでどうなのよと観に行ったら

          ヒーローはすべて女性に置き換わって

          世界を救うのは女ばかりになってきた。

           

          性別によるイメージで物事を考える時代はもう終わりで

          私達はそろそろ、きちんと自分の足元を見なくちゃいけないよね。

          世界は、そんな方向に動いている。

          きなくさいことがいろいろあっても

          やっぱり、そう信じたい。

           

          日本、頑張ってよ。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(4) | - | -

          アートが生き延びるための応用ファンタジーになりえない日本で

          2019.08.06 Tuesday 12:48
          0

            思想的な話はあまり書きたくないが、今回ばかりはなにか言わずにおれない。

            愛知トリエンナーレの展示中止問題について。

             

            とりあえず、権力や恫喝に芸術が屈してはならないわけなので、これは非常にあかん。

            署名運動も起きているので、あかんわーと思う人は署名したらよいと思う。

             

            ただ、今回の中止問題はいくつか別の視点を持つと思うので、つたないけれど思うことを書いておこうと思う。

             

            主だった考え方については、いろいろな場所とかぶるので、たぶんここが私の気持ちに一番近い。

            https://wan.or.jp/article/show/8507?fbclid=IwAR3CVoLQ9yWcOUfvMR5z5ArhUy4brOnmvZplyaWRyzZu8_Wx5rezecGyuoc

             

            権力の先導とともに、今回象徴的に取り上げられている慰安婦像にフォーカスを当てると、上記の記事あるような視点も十分に見て取れるのではないかと思う。

            まあ、とにかく

             

            中央近辺にいるおっさんたちはぐだぐだ「けしからん」とか、税金使ってんだぞ! とかごたくを並べる前に

            脅迫電話やFAXを送りつけて恫喝している人たちをさっさと逮捕せい、ということじゃ。

            なぜ逮捕できん。放火予告じゃよ。犯罪だよ。

            共謀罪共謀罪って騒いでたのに。

             

            ……と、権力側への行き場のない憤りが、一部の人の中でぷすぷすと噴出したままこの件が終わるのか、という希望のない予感もあって、さらにやるせない。

             

             

            ただな

             

            と思うのだ。

             

             

             

            芸術を通した表現の自由は守られるべきだけれど

             

             

             

            今回のことは

            ちょっとだけもやる。

             

             

             

             

             

            今、手元に一冊の本がある。

             

            来月ワルシャワからアウシュビッツに向かう予定なので、ポーランドの前衛美術についても勉強中なので読んでいる。

            この帯にある一文がとても興味深い。

             

            以下引用

             

            ====================

             

            「応用ファンタジー」とはすなわち、生き延びる必然性から生まれ、狂気の一歩手間に踏みとどまって、ユーモアを交えつつ過酷な状況を逆手に取りながら、知恵と技術を結集し、想像力を駆使して開いていく絶えざる試みの連続であり、それこそが、ポーランドの美術を特徴づけてきた。

            それはある厳しい状況下で生み出された、逼迫した一時期にとりわけ顕著なものであったかもしれないが、一方で時代を超え地域を超えて広く共感を得る可能性を秘めている。

            様々な価値がゆらぎ、堅固な土台も失われた現在において、これまでにも増してその軽やかな飛翔力の重要性が増している。同調圧力からも鮮やかに逃れながら、複数の選択肢を指し示し、欠落部分にも寄り添いつつ、その「欠落」を強みへと変換する「応用ファンタジー」は、ユーモアとアイロニーに満ちた別世界への扉を開くと同時に、したたかさを備え持った批判的眼差しを私たちに投げかけるのだ。

             

            ーーーポーランドの前衛美術

                生き延びるための「応用ファンタジー」 加須屋明子著

             

            ======================

             

            特に最後のこのくだり。

             

            同調圧力からも鮮やかに逃れながら、複数の選択肢を指し示し、

            欠落部分にも寄り添いつつ、その「欠落」を強みへと変換する「応用ファンタジー」は、

            ユーモアとアイロニーに満ちた別世界への扉を開くと同時に、

            したたかさを備え持った批判的眼差しを私たちに投げかけるのだ。

             

            そう、「変換作業」。

             

             

            私の大好きな映画監督の一人、エミール・クストリッツァはセルビアが出自だ。

            彼の撮る映画は、非常に政治色の強いものが多い。政治的なプロパガンダで作られているというよりも、もうセルビア周辺の情勢そのものが、Politiqueな側面無しでは語られない複雑で壮絶な状況下にあるからで、何かを描こうとしたら歴史と政治をからめないわけにはいかない。自国の歴史と背景に向き合わなければ、自らの「出自」も見えてこないのだと思う。

             

            でも、彼の映画は最初から最後まで

            もう、どうしたらいいのかわからんほどのはちゃめちゃなお祭り騒ぎの展開で

            見ている側は、ただただ笑いながらついていく。

             

            大騒ぎで笑いながら最後までついていって、そして、見終わったあとに鉛のように重い何かをつきつけられる。

            何一つ具体的に語られないまま、笑いとファンタジーの世界に連れ込まれたのち、ぽんと手のひらにとてつもなく重い包を渡されるような。

             

            見終わった人間は、その包の正体は何なのかを考えたくなり、リボンを開けて箱の中を覗き込む作業を、日常の中で小さく、少しづつ、はじめてみたくなる。

             

             

            そんな包を受け取ってしまった私は、数年前にボスニアからセルビアへの旅をした。

            それまで何一つわかっていなかったバルカン半島の歴史の片鱗を齧って、身のすくむ思いをした。

            そんで、この状況を笑いという武器で痛烈に皮肉ることができる監督の技量に、改めて感服した。

             

            ほんなもんなんで、今回はポーランドなんである。

             

            生きているうちに、まだ体力があるうちに

            アウシュビッツは行っておかなくちゃあかん。

             

            今日は広島に原爆が投下された日だ。

            広島と長崎の原爆投下で、第二次世界大戦は終わった。

            私達は核の犠牲になった国として、もうとにかく平和でなくちゃあかんよ、と言い続けなくちゃいけない。

            原爆記念館行ったことがない人は、もう絶対行ってほしい。

            あかん。

             

             

            でもさ、と思うのだ。

            同じく第二次世界大戦でとんでもないことをしでかして、いまだに重い十字架を背負っているドイツという国があるんだけど

             

             

            私ら日本って、ドイツと仲間だったでしょ?

            同盟国だった。

            日本人としてアウシュビッツに責任を感じる必要はないとは思うけれど、何があったのかは知っておかなくていいんじゃろか。

             

            それをもっての今回のポーランド行き。

             

            原爆の日が近づくたびに、私達は戦争の犠牲国という立ち位置に立ってしまうけれど

            そして確かにそうなのだと思うけれど

            日本が戦争で何をしてきたのかについて、あまりに語られすぎないように思う。

             

             

            ドイツの日本の戦後対応のこの差は

            ドイツが終戦後に政権からナチス関係者を一掃して新しい体制を作ったのに対し

            日本では新政府に多くの戦犯に近い関係者が残ったことに関係している、という見方がある。

             

            まあ、今で言う天下りみたいなもんか。

             

             

            終戦後にすべての事実を認めて賠償に向かったドイツに比べ

            日本では語られなくてはいけない事実が隠され、なかったことにされ

            歪曲された歴史認識が残ったという説もある。

            不都合な事実と書類はないことにされちゃった。ちょっと今の日本の状況に似ている気もする。

             

             

            ありゃ、なんかこういう方向にいくつもりじゃなかったんだけど、まあ、そういうわけで

            今年の秋はアウシュビッツの土を踏んでくるんである。日本人として。

             

             

             

            それでね、

            とにかく私が今回一番書きたかったことは、

             

            単純にアイテムに反応して爆破予告とかするのは完全に犯罪なのでつかまえてほしい。

            でも、前衛美術であるならば、巧妙に形を変え、ユーモアや笑いや、美しさに身を隠しながら

            あれ? と、そっと手のひらに思い包みを残していくような

             

            そうした「変換作業」もほしい。

             

             

            最初に引用した本の

            同調圧力からも鮮やかに逃れながら、複数の選択肢を指し示し、

            欠落部分にも寄り添いつつ、その「欠落」を強みへと変換する

            という部分のこと。

            こうした変換作業の欠落と

            単純にアイテムに飛びついて中止を求めて恫喝してしまうことは、実は根底ではつながっていて

             

            それは私達が真摯に日本人としての出自や歴史と向き合ってこれなかったことにあるんじゃないか。

            まあ、このあたりの「正しさ」を言い出すといろんな輩が湧き上がってきてしまうし、何が正しいのかを説きたいわけじゃ全然ない。

            (ってか、正しさそのものが覆い隠されている)。

            でも、歴史的な事実と向き合ってこれなかったことの根底には

            やはり、教育がかかわっていて

            事実を伝えるということの他に、個別の意見を持ち、それを表現して違う意見を持つ人達と関わり合う技術もおざなりにされている気がする。

             

             

            戦後から今にかけて、日本が劣化の一途をたどっている背景には

            やはり教育の問題が避けて通れないように思うわけで

             

            今回のトリエンナーレの展示中止に関しては

            誰があかんと非難するというよりは

            もう

            日本人がんばれや。。。。。。。という気持ちでいっぱいなんでありました。

             

             

            がんばれや。

            ってか

            がんばろうや。みんな。

             

            というわけで、とりあえずはこうした中止をデフォルトにしないためにも、署名したり声を上げたりはしないとあかんと思う。

             

            - 私が大好きなレバノンのアーティスト、ジョアナ・ハッジトマス。レバノンの政治的背景や今の状況を写真や映像やアート作品で作り続けてる。写真はミサイルの分割写真。パリのジュドポム美術館で。

             

             

             

            最後に、私が好きなエディットピアフの歌に、邦題で「水に流して」というシャンソンがあるんだけど

            これ、原題は Non je ne regrette rien,

            「いいえ、私は何も後悔してない」っていう意味なの。
            それが、和訳の歌詞で「水に流して」となるわけで
            このあたりに日本独特のメンタリティなのかもしれない。
            まあまあ、過去は水に流してとよく言われるけど、相手はまったく流せずに消化中ってことはよくある気がする。
            (たとえばもう何年も前の旦那の浮気を水に流して復縁したけど、ばあちゃんになっても思い出して許せないとか>苦笑)

            https://www.youtube.com/watch?v=hHHO3-DYh3I

             

            あ、また横道それた。

             

             

            というわけで来月アウシュビッツへ。

            ちなみに、アウシュビッツはドイツ語読みの地名となるので、正しくは

            ビルケナウ

            といいます。

            現地の人は、アウシュビッツと言われることをとても嫌がるということなので、ビルケナウと言うようにしたいと思います。

             

             

             

             

            水に流せないまま

            でも消化もしきれないことが世の中にはたくさんある。

             

            そんな鬱屈とした現実を生き延びるための小さな手段として、アートがある。それは私達ひとりひとりが持つ権利であって、権力によって潰されてはいけないものだけれど

            高揚感だけで簡単に扱ってはならない、とても大切なものだ。

            それは真摯に自分のアイデンティに向き合えた時、大きな力になる。

             

            今日はちょっと、そんな真面目な話。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

            美術館の監視員さんはもっと自由でいいと思う件について

            2019.07.29 Monday 00:08
            0

              久しぶりの一枚の写真シリーズ

               

               

              パリ、ポンピドゥー・センターの美術館で、監視員さんがあまりにかっこよかったのでパチリ。

              先日友人のFacebookで、ポンピの監視員さんのかっちょいい写真が上がっていて、思い出して探してみたら出てきた。

               

              友人が撮った写真の人も、ちょうどこんな感じで足を組んでた。

               

               

              海外の美術館では、監視員さんがスマホいじってたり、おしゃべりしていることはとても多い。

              まあ、そりゃそうだと思う。

              座っているだけの仕事は退屈だ。

               

              それでも、さぼっているように見えて、お客さんが絵の質問を投げかけると的確に答えてくれることもある。

              っていうか、監視員さんに質問をする人が海外の美術館では結構多いなあと思う。

              なんかさ、素敵じゃん?

              そうして質問したり感想を投げかけることができるお客さんも、その質問に答えたり自分の感想を言える監視員さんも。

               

              日本の美術館の監視員さんには、本当に頭が下がるけれど

              いつも、感謝の気持ちに「見ていて辛い」気持ちが複雑に入り交じる。

              座っていたっていいのに。

              スマホいじったり、お客さんとおしゃべりしてもいいよ。

              ずっと立ったまま、黙っておじぎして、姿勢をくずすこともなく

              ペンを取り出す人や、ペットボトルを出した人を見つけたとたん、すっ飛んでいって注意して

              それなのに、混雑して見えないという苦情や文句を言うわがままな客のはけ口にされてしまったり。

               

              美術館の監視員さんは人間なのに、なんだかロボットみたいで悲しい。

              なんか、昔はもっとおおらかに座っている監視員さんが多かったのに

              最近はとっても厳しいというか、直立不動の姿勢で立ち歩いている人が増えた。

              とってもタイヘンな仕事だと思う。

               

               

              私のフランスの友人に、甥が画家をしながら、ルーブルの監視員のしごとをしているという人がいる。

              絵が大好きでずっと描き続けて、個展をしたりもしているけれど

              それだけでは食べられないのでルーブルで働いている。

              大好きな絵に一日囲まれていられるから、とてもうれしいのだそうだ。

               

              今日はもう一枚発掘された写真。

              パリのモロー美術館にて。

               

               

              モロー美術館って、もうパラダイスみたいなところなんだけど>笑

              この大量のモローの絵の真ん中で座っている、かなりのイケメンがこの階の監視員さん。

               

              絵になる。

               

              彼の手にあるのは、ipad

              足を組んでなんか見てる。

              足元になんか置いてあるでしょ。

              これはスケッチブックなんだ。

              ペットボトルだって置いてある。

              日本ではありえない。そもそもペットボトルの持ち込みが固く禁じられている。

              写真はもとより、模写もだめなところが多い。

              おおらかすぎる。どうなのか。

               

              思わずパチリとしてしまったこのあと、見に来ていた家族連れが彼に話しかけて

              それからしばらくの間、彼らはモローの絵についてあれこれ談義をし続けていた。

               

              なんか、とっても平和な光景だった。

               

              いろいろ注意を払ったり監視をするのはきちんとやらなくちゃだけど、

              絵が大好きな人が、絵に囲まれて仕事ができて

              お客さんと絵の話ができて、まあ、暇なときはスケッチブックに鉛筆ぐらいでなら絵を描ける

              美術館の監視員って、なんかそういうことができてもいいように思うんだけど

              だめなのかなあ。

               

              日本では監視員さんは派遣やバイトがほとんどだそうで

              なかなかそういうわけにはいかないのかもだけど

              いろんなこと知ってて、話しやすい監視員だらけっていう美術館は、きっと楽しいと思うぞ。

               

              そして何よりも、座らせてあげてほしいし、暇なら別に本ぐらい読んだっていいよーって私などは思っちゃうんだけど

              最近の東京の展覧会は人が多すぎて、なかなかそういうわけにはいかないんだろうなー。

               

               

              スーパーのレジも座らせてあげればいいと思うし(そうすれば、車椅子の人だってレジの仕事ができる)、デパートの人も一日立ち続けるのはタイヘンだから、レジのあたりで座っていたってぜんぜんよいよーと私は思うんだけど、日本はほんとに真面目で、労働者はいろいろタイヘンじゃ。

               

               

              ところで、私は図書館司書の資格を持っていて、真剣に地域図書館の司書になりたかったのだけれど、日本の行政内では司書は専門職として雇用されることがほとんどなく、役所の人事異動のひとつで選択できないとわかって、あきらめた経緯がある。

              それでも、どうしてもやりたくて、当時地域図書館として最先端と言われていた公共図書館に、バイトでもよいのでさせてもらえないかと電話をかけたことがある(えらいぞ)。

              その時は求人はありませんと断られたけれど、半年ぐらい経ってから「産休補助の席があるけど来ませんか?」って言ってもらって、念願の地域図書館での仕事を半年ほどした。本の登録から貸出や検索業務、絵本の読み聞かせまでさせてもろて、あれはとっても素敵な経験だった。

               

              一番ステキだと思ったのは、本の場所を聞かれると、図書館の人たちは迷うことなく魔法のように本を取りにいけるし、資料検索もさくさくこなす、誇りを持ったプロ集団だったってこと。

              図書館の未来は明るい! ってあのときは思ったんだけどなあ。

              どうなっちゃったんだろうなあ、日本の図書館行政。

               

               

              子どもの手が離れて、少し自由時間ができた時に、また司書の仕事がしたくて図書館の仕事を探したら、今は派遣会社がバイトを紹介するシステムになっていて、バイトの仕事は司書業務ではなくて、本を棚に戻すなど限られたことしかさせてもらえないと聞いて、なんだかとっても悲しくなってしまったんだった。

               

               

              バイトであっても美術館や図書館みたいな場所にいる人は専門的な知識があったほうが絶対によく

              訪れる人も、そうした人をリスペクトして、同等におしゃべりしたり質問できるような雰囲気があったらいいなーって思う。

              で、こうした人材にちゃんと報酬を出せる仕組みもあってほしいなーって思う。

              働く人はもっと大事にされてよいよ。

               

              そんなこんなの2枚の写真の思い出。

              モロー美術館のにいちゃんはほんまイケメンじゃった。

              反芻して、寝る。

               

               

               

               

               

              category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

              手作り週間続く。こんどは浴用剤。手作りはいい、でも買うのもいい。

              2019.07.23 Tuesday 09:26
              0

                服作りについて前回書いたけど、今度は浴用剤を作りました。

                 

                市販の浴用剤の成分を見てもらうとよくわかるんだけど、だいたい以下のものでできています。

                 

                ・基材としての無機塩類:炭酸水素ナトリウム(重曹)、セスキ炭酸ナトリウム、塩化ナトリウム(食塩)、塩化カリウム、硫酸ナトリウム(芒硝)など

                ・お湯のPH値を整えるための有機酸類

                ・生薬類

                ・保湿剤

                ・香料

                 

                 

                これ、家にあるものですべて置き換えられます。

                 

                ・無機塩類=重曹、食塩

                ・生薬類=エッセンシャルオイルやハーブなど

                 

                バブのように発泡するものが欲しければここに

                 

                ・有機酸類=クエン酸。いまは100円ショップでも売ってます。

                 

                ・保湿成分が欲しければグリセリン。薬局で買えます。

                 

                今回は発泡するバスボムを作ったけど、重曹や塩だけでもちゃんと浴用剤になるのだった。

                 

                バスボムについては、子どもの工作としてもあちこちにレシピが掲載されているので、作ったことがある人も多いはず。

                私のレシピは以下です。形の作り方にちょい一工夫しています。

                 

                (と、偉そうに書いている理由は、10年間お風呂を扱う会社で文化活動部署にいたので、入浴方法などについての啓蒙などをずっとしてたからですー。いろいろ学んだのだった)。

                 

                 

                <バスボムの成分>

                • 重曹 100g
                • クエン酸 50g
                • コーンスターチ 50g
                • ミネラル塩 25g (食卓塩などはNG。ミネラルを含む自然塩でね)
                • グリセリン 適量(10滴ぐらいかな。入れすぎると油っぽくなります)
                • 好みのエッセンシャルオイル、アロマオイル、ドライフルーツ、ハーブなど
                • あれば無水エタノール。なければ水のスプレー。

                塩、グリセリンはなくても可

                 

                 

                1. ボウルに重曹、クエン酸、コーンスターチ、塩を入れて混ぜる
                2. ここに好みのエッセンシャルオイルなどを入れて混ぜる。量はお好みで
                3. ハーブやポプリなどを入れるならこの時点で入れて混ぜる
                4. グリセリンを入れて混ぜる。すこししっとりしてくる
                5. 無水エタノールのスプレーを少量づつかけながら、しっとりさせてまとめる。(水のスプレーを使うときは、水分が多すぎるとここで発泡してしまうのでごく少量づつ)

                 

                通常のバスボムはこの時点で丸くおにぎりのようにまとめてラップに包むとか

                型に入れて押し固める というのが定番なのですが、私はこれを使うよ。

                 

                 

                排水溝ネットです。

                これを使うと、中にハーブなどの固形物を入れることができる

                固める際にさほど厳密に水分を調整しなくても、ネットの中で適度にまとまるのでとてもラク。

                 

                プリンカップのようなものにかぶせて、中に作ったバスボムの材料を入れて、容器で押し固めるか、おにぎりのように握り固める。

                口を縛ったら、余分な部分をハサミでカット。

                 

                 

                今回は、スーパーでレモングラスのハーブ(120円ぐらいでした)を買って刻んて入れ、レモングラスのエッセンシャルオイルを入れて、自作のローズポプリを混ぜました。

                 

                バスボムに着色を勧めているところは、食紅などを使っているけど、それも使わないに越したことはないので無色で。

                無色のままだと浴用剤入れているっていう満足感が減るんだけど、こうしてネットにハーブやポプリが残ってぷかぷか浮いていると、満足感大きいです。

                 

                もうひとつ作ったのは100円ショップで買ったアロマオイルを入れてみた。

                 

                 

                まあ、それでも十分。

                こちらはハーブが入らないのでネットに入れずプリンカップに入れて固め、もうカップのままお風呂に入れてしまいます。

                溶けたらカップ浮いてくるから回収すればよし。

                家で作るならこのぐらい適当でオッケ。

                 

                ちなみに夏なので、ハッカ脳を一欠片だけ真ん中に押し込んでます。

                 

                 

                ハッカ脳は一欠片だけでお風呂一回分スースーさせる強烈な破壊力を持っているので使いすぎ危険!

                ハッカ油も危険!

                使うならごく少量で。

                皮膚が焼けるような刺激を受けるので要注意でっせ。

                 

                 

                 

                この手のものは、エッセンシャルオイルなどアロマ効果をうたうものが多いんですが、エッセンシャルオイルは高価なのでいろいろ揃えるのもタイヘンだと思うのね。

                なので、混ぜるのはお料理用のハーブでもいいし、お茶っ葉でもいいのよ。

                 

                このバスボムに紅茶の葉とか少量入れてもいい。緑茶もオッケ。

                 

                さらに言えば、バスボムにする必要もない。

                 

                 

                 

                重曹とか塩とか

                そのまま浴槽に入れるだけで十分浴用剤っす。

                 

                重曹なら50gほど

                塩なら大さじ3杯ほど(食卓塩だめよ、自然塩でね)

                 

                重曹を入れると浴槽の清掃効果もあるので、そうじがラク。

                敏感肌の人は塩はしみることもあるので様子みながら。

                 

                出がらしのお茶を上記の排水溝ネットに入れて浮かべるとか

                りんごの皮とか

                しょうがスライスして干したやつとか。

                昔ながらのだとしょうぶ湯とか干した大根の皮とかね。

                もう、キッチンにあるものはなんでも浴用剤のかわりになるわけなので

                おしゃれにアロマやハーブなどを使わなくても、なんとかなっちゃう。

                 

                排水溝ネットがあると、なんでも入れられるからとってもラク。

                ゆずとかみかんもここに入れて浮かべちゃう。

                 

                あとは賞味期限切れの牛乳 残った日本酒、砂糖あたりも浴用剤がわりになるという知恵もあちこちに。

                保湿成分あり。

                ほんといろいろ試したんだけど

                このあたりは経験上出るときにニオイが残る。

                ミルク臭。酒臭。

                洗い流せばよいんだけど、お風呂が汚れたり臭いが残るので、神経質な人にはオススメしない。

                 

                浴用剤として勧められたものの中で一番失敗したのがローリエ。

                風呂中がシチューの製作中のような臭いになった。

                そして自分も料理のような臭いが残った。煮豚になった気分。

                 

                あかん。

                そんなこんなの体験も実は楽しい。

                 

                というわけで、この手の手作り品は成分が見える分、安心だし安上がりで、そして楽しいので取り入れてみてね。

                 

                 

                 

                という「手作り」案件なんだけど。

                 

                 

                でもね、なんだろう。

                こちらも前回の服作りと同様、「作るの楽しい」部分がかなり大きくて

                本当にリラックスしたかったり、気分転換したい時のための市販品として

                 

                • 入れたら人工色真っ青になっちゃう夏のバスクリンとか
                • 強烈なニオイが家中を凌駕するクナイプのバスソルトとか
                • 4種類のローズの香りがつまったバブとか

                 

                大好きで。

                 

                 

                 

                なにがなんでも手作りでナチュラルがいいというわけじゃないと思ったりもしています。

                 

                人って、毒々しいもので癒やされることもあるわけで。

                 

                 

                 

                毎日ママの手作りおやつでは、実はフラストレーション貯まるわけで

                このあたりはいい塩梅で。

                 

                 

                 

                いろいろごたくを並べようと思っていたけど、最近ごたくや愚痴が増えた反省点も含めて

                今日はこのへんで>笑

                そろそろ梅雨明け。

                シャワーが増えるけど、冷房で冷えたからだは浴用剤でよくあっためてね。

                (と、なんだか変に実用色で今日はお届けしました)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                毎年この季節になると服を作っている。大人の手作り服ってどうなの。たまにはそんなこと。

                2019.07.12 Friday 13:38
                0

                  今年もまた、服を作った。

                  夏の服は簡単だし、布地もお安めだからなんだかムラムラと作りたくなるんだと思う。

                   

                  このブログはあまりこの手のこと書いたことなかったんだけど、せっかく作ったんだから写真撮ったので残しておこ、と思った。

                   

                  そんで、もう半世紀生きた大人の女の手作り服ってどうなんかなああ、ってなことについても考えたので終わりのほうでうだうだ書いてみようと思うー。

                  とりあえず、ここ数日服を作っていた。

                   

                  なぜかというと、咳喘息みたいになっちゃって外出できなかったから。

                  3週間前に粘土彫刻を作り出して、その過程でスタイロフォームの粉末やら、有機溶剤のスプレーなどを大量に吸い込んだのがアカンかったと思われる。

                  肺やってるから、咳はアカン。もう彫刻はできないかもしれない。とほほ。

                   

                  ということで3週間とてもおとなしくしていました。

                  つまり、暇なのねえ。

                  で、買いだめていた布で。だだーっと作った。以下成果。

                   

                   

                  とにかく明るい色の大柄プリントのワンピースが一枚欲しくて、ユザワヤでみつけたコットンで作ったノースリーブワンピ。

                  共布のベルトも作った。型紙は図書館でみつけた大人のストンとしたワンピース、みたいな本から。

                   

                   

                   

                  日暮里の繊維街でみつけたなんかようわからんカバ(よく見たらサイだった、角がある)のプリント。1m200円じゃった。3m使ったから600円。

                  1枚目のワンピより袖はフレンチスリーブで胸元はVカット。共布ベルトで隠れてるけど、前立に黒のグログランリボンを裾まで縫い込んでみた。ベルトがないとアッパッパーみたいに着られる。

                   

                   

                   

                  去年買ったワンピースで一番気に入っていたものでそのまま型紙を作ってクローンのようなものを作ってみた。

                  元は薄いグレーのローン生地が2重になっているので、こちらは薄手のブロードをモスグリーンとグレーで重ねてみたんだけど、やっぱりローンのほうが軽くてよかったにゃ。

                  でもこの生地は繊維街でm100円だった。それぞれに4mづつ必要なパターンなので、800円(も)かかった>笑

                   

                   

                   

                  おそらくもう25年ぐらい前に買ったまま、使いみちがなくて眠りに眠り続けていたリネンのレース生地をどうにかせにゃ、ということで、ただ首をくりぬいて、袖下を塗っただけというパネルワンピースみたいのを作った。

                  それだけだとジュディオングみたい(古すぎる)なので、ハトメをあけてリボンを通してみたんだけど、これ着るんだろうか。

                  うしろでリボンを結ぶを最初の写真のようになり、前で結ぶと隣の写真になる。

                  生地はとってもよいものなんだけど、たぶん国分寺のバッタ屋で非常にお安く買い求めた記憶がある。

                   

                   

                   

                  ワンピースばかり作ってこのままではトップが足りない! と思ったんだけど、簡単にできる手作りブラウスはどれもおばさんっぽいかナチュラルまっしぐらっぽくなってしまうので、苦肉の策でTシャツをリメイクした。

                  無印良品でセールで2枚1300円ぐらいで売ってたのを買ってきて、こちらはざっくりと背中を切り取って、2つ目のワンピースの余り布を縫い付けて、リボンでまとめてみた。

                  リボンの縛り方を変えるとなんだかメゾンっぽい雰囲気になる(気がする)。

                  アイデアとしてはよかったように思うけど、これは果たして半世紀おばんでも着れるんだろうか?

                   

                   

                   

                   

                  もうひとつのTシャツは前をざっくり切って、着物の襦袢地のシルクを挟み込み、ループとボタンで止められるようにした。ボタン止めなくてもルーズな感じで行ける気がする。

                  これはたぶん、着る。洗濯後の様子が未知。アイロンいるかしら?

                   

                   

                   

                  調子に乗ってノースリーブのワンピばかり作ってしまったので、一応上にはおるもんも作った。

                  繊維街はすごい。1m100円で結構風合いのよいローン生地があったので、水通ししてシワシワにして作った。

                  70cmでできた。家に眠っていた使いみちのないレース類をふんだんにくっつけてやったら、ちょっと乙女っぽくなってしまった。

                   

                   

                  去年なんだか気に入って買ったプリント柄のローン生地が、測ってみたら1mしかなく、さんざん1mでできるブラウスや矧ぎ合わせを考えたんだけど、何もいいものが思い浮かばないので4隅を三つ折りに縫ってスカーフにしといた。

                  布地と作るものの関係って、本当に難しいもんだと思う。

                   

                  ということで、以上が今年作ったもん。

                  ほぼ1週間、なんだかずっと作っていた。あと3mローン生地が残ってるけど、これは来年に持ち越しかもしれない。

                   

                   

                   

                  それで思い出したんだけど、そういえば去年のちょうど今頃も服を作っていた。

                  病気で退院してきて外出ができず、でも日常生活は遅れるようになって暇をモテあまして、この時は家に眠っていた布地を引っ張り出して作った。今思うと、去年はボトムスがほしかったんだと思う。

                  去年ボトムスを作ったから今年はワンピースばかり作ったのか。脳みそは意外といろんなことを覚えているもんだ。

                   

                   

                  去年のほうが写真のとり方に力が入っている気がする。本当に暇だったんだと思う。

                  気に入って買ったプリントのローン生地で直線裁ちのワンピ。このワンピは去年も今年もとてもよく着た。

                  じゃぶじゃぶ洗えて軽くて着やすいっていうのがよいのだと思う。

                  今年作ったワンピはちょっと重くて気軽さに欠けるなーというのが反省点。

                   

                   

                  数年前から愛用しているパターンのサルエルパンツ。ほどいた着物の生地で作った。シルク製。

                  右は柄と色がすごく気に入って買ったままになっていた布地でラップスカート。
                  止め方を悩んで、Dリングで革ベルトを締める形にしたんだけど、この革ベルトはもう10年以上前にばらした皮のジャケットの余り布。なんでもどこかで使えるもんじゃ。

                   

                   

                   

                  日本刺繍が入ってすごく素敵なんだけど劣化が激しかった羽織は、ほどいてバルーンスカートにした。

                  裏地は羽織の虫食いなどで使えない部分を使ってる。とっても素敵に仕上がったけど、大げさすぎてほとんど履けない。

                  着ると「手作り大好きおばさん」の権化みたいになって、なかなか難しい。

                   

                  右はいつ買ったのかも覚えていないパネル柄の布地でスカート。自分らしくないオーソドックスさ。

                  でも軽くてシワにならないので、これは何度か着ている。「軽い」ということが自分的に一番大事な気がする

                   

                   

                  チャリティで古きものを扱うイベントを毎年していたので、どうすんのこれ? といった着物生地が山積みなので、少しでも消化しようとフレアパンツにした。物としてはよいできになったけど、着るとやっぱりマダム感はんパない。一気に老ける。そして迫力が増す。

                  着物地のリメイクはとってもとっても難しい。そう考えると、着物地というのは、着物のために作られたものだということがほんとによくわかる。着物好きな人が、できれば切り刻まずに着物として再生して欲しいと言うのがとってもよくわかる気がする。

                   

                  右は色落ちするものと一緒に洗ってしまって変なシミがついたTシャツを、息子が捨てるというのでもらって勝手に絵を書いた。

                  おかんアート。

                  「もったいない」を出発点にしたものは、どこか中途半端だ。

                   

                   

                  などなど、去年も今年もほんとによくこの時期に服を作った。

                  同じように体調を壊していたというのも大きいけど、服を作っている時間は、変な使命感に燃えていたりして、不思議な高揚感がある。

                   

                  これは「着るために作っている」というより、作ることに目的があって、無理やり用途を作り出しているという気もする。

                   

                   

                   

                  私の母の時代は、子供の服は母親が手作りするという風潮がまだあって、洋裁を生業にしていた母はとてもよく私の服を作った。

                  私が中学生になって働きだしてからは、時間がなくてめっきり手作りすることも減り、その分潤沢になったお財布を抱えて自分の服も、私の服も、実によく買いに出かけた。

                  手作りの服は節約にもなって素敵だけれど、時間がある人の特権なわけで、潤沢に服が流通してそれを買うお金があるのであれば、「着るため」の服は買うほうが逆にコスパがよいし、ストレスの発散にもなるし、作ったものより結局長く着ることになったりする。

                   

                  今年、ワンピースを作りたいと思ったのは

                  欲しい色やプリント柄がどこを探してもなく、さらにあったとしても目が飛び出るほど高い、という理由によるものだったけれど

                   

                  作ってみて思ったのは、「作る」のはどちらかといえば、着るためよりも作る楽しみに埋没するためだったんだなーってこと。

                   

                   

                  手作りの第一歩でもある布地探しに出かけて、それをほんとに痛感した。

                  私みたいな稚拙な技術では、本当によい素材や高い布地は怖くて買えない。

                  同時に、ファストファッション旺盛な今は、布地だけを買うほうが高くつくこともあって、4m必要なパターンに1万円以上払う勇気がないまま、中途半端な布地を買って帰ってくるということになった。

                   

                  そんな中で日暮里の繊維街に行けば、m100円の生地が林立しているわけで、その中で作れるものをなんか考えるという

                   

                  もうなんか、いったい何が作りたかったのかてんでわからん。。。。。という結果になった。

                  去年の「家に眠ってる布をなんとかせにゃ」というのもそういう結果の産物なわけで、結局「本当に欲しい服」なんて1枚も作れなかったというわけなんじゃった。

                   

                   

                   

                  というわけで

                   

                  プロの縫製技術を持たない人間の服はやっぱり、気に入ったプロの人が作ってくれるものが一番だという気がする。

                  そういうものに出会えて、それを買える財力があるってことが自分の一番の満足なパターンなんだけど

                  財力の部分で挫折するものが多すぎて、なかなか服で満足できることが減った。

                   

                  子供服の手作りはほほえましく、どんどん大きくなる子どもの服をあれこれ工夫するのは「時間させあれば」とっても素敵なことだと思うけど、この歳のおばはんの手作り服については、どんなもんなんかなーといまだ逡巡したままだ。

                  安上がりで簡単に、一番欲しい服が手に入ると考えがちだけれど

                  そこへの道のりはとても険しい気がする。

                  ちょっと個性的な迫力マダムになるか、ナチュラル生成りコットンリネンママになるか。

                  品位と個性と清潔さを兼ね備えたところへ到達するのはなかなかの苦行という気がしている。

                   

                  それじゃ縫製技術をもっと磨いて、ワンランク上の物を作れるようになれば。。。とも思うけど

                  その技術を磨いた先にあるのは、自分の服を作るより、仕事として誰かの服を作るというところにあるような気もする。

                  それはちょっと、料理にも似ている。

                  肉じゃがや野菜炒めの日々でよければ、定食屋に通うより自分で作ったほうが安上がりだし好みに合わせられる。

                  でもちょっと背伸びした専門店の料理が欲しいときは、材料を買い揃えるのも高くつき、技術がないから結局中途半端なものしかできない。

                  じゃあその技術を身につければよいのかというと、そんなことはなく

                  たまに欲しくなる専門店の料理はプロに任せるほうがよく

                  その技術が自分の身についたのなら、仕事として自分だけではない、多くの人に食べてもらうほうがいい。

                   

                  そんな風に考えてみると、私のようなおばんの年齢のファッションには、適度に専門店のプロが必要で

                  素人の手作りばかりでは肉じゃがとか、中途半端にプロをまねたまがい物になってしまうんじゃ?。。。。って思ってるのかもしれない@私は。

                   

                   

                   

                  まあ、それでも楽しいから作るのね。

                  こないだは靴まで作った。

                   

                   

                  家に余って行き場のない革があったので、靴の手作りキットを買ってついに靴を作った。

                   

                   

                   

                   

                  本当に不思議なんだけど

                  自分で作った服や靴を着て出かけるのは、ちょっと緊張する。

                   

                  一緒に繊維街に行ってワンピを手作りしたという友達も、同じことを言っていた。

                   

                  買った服より、作った服は緊張する。

                  なにか粗相がないか、壊れないか、おかしくないか? ってあたりのことなのかしら。

                  出掛けに服を迷ったら、自作のものより既製服を選ぶことのほうが多い。

                  せっかく作ったのに!!!

                  (今年これだけワードローブ増やしておいてどうすんだ!)

                   

                   

                  餅は餅屋。プロの人の技術にちゃんとお金を払うってことも、もしかしたらとても大事なことなのかもしれない。

                   

                  という徒然でした。

                  ほぼ記録。

                  今年はもう作りません(と宣言)。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

                  Calender
                      123
                  45678910
                  11121314151617
                  18192021222324
                  25262728293031
                  << October 2020 >>
                  Selected entry
                  Category
                  Archives
                  Recent comment
                  • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                    武蔵野夫人
                  • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                    りんご
                  • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
                    武蔵野夫人
                  • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
                    自称画家
                  • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                    武蔵野夫人
                  • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
                    w
                  • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
                    武蔵野夫人
                  • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
                    maymay
                  • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
                    武蔵野夫人
                  • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
                    武蔵野夫人
                  Recommend
                  Link
                  Profile
                  Search
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM