Covit-19とメンタル リスクヘッジと受容、反復作業でこころを守ること

2020.04.07 Tuesday 14:55
0

    ずいぶんと長く対策を引っ張られたことで、こころの体力のメーターが激下がりしだしている人も多いような気がする今日。

     

    まだまだ続くよね。

    ひと踏ん張りじゃね。

     

    さて、前のブログを書いてから数日の間に、やってみたことがある。

    まずは、入院セットを作る、ということ。

     

     

    これはネットの友人から教わった。

    感染が判明したら、ゆっくり入院準備をする時間はたぶん、ない。

    さらに、家族に準備させて病院に届けさせるリスクを考えると、いつ何が起こるかわからないという前提で、準備をしておくほうが安心なのだと思う。

    運次第で、軽症で済むかもしれない。

    その場合、運が良ければ隔離宿泊施設に行くことになり、2週間は帰ってこれない。

    なので、2週間は乗り切れる分のものをバッグにつめて、枕元に置いた。

     

    運がよければ罹患せずにこの事態を乗り切るかもしれない。

    でも、運が尽きれば、この入院セットを持って家を出たまま、もう家に戻ることがないかもしれない

    そこのリスクヘッジまで、考えようと思った。

    このあたりは、昨年がんを患ったときにプロセスを経験しているので

    抵抗なく取り組める。

    最低限の個人情報をまとめて、家族にわかるようにしておく。

     

     

    パソコンのデスクトップにも緊急ファイルを設定して、ブログ類のパスワードの管理もアプリに記憶させている。

    いざとなったら、このファイルを開ければ、とりあえず一通り、なんとかなる。

     

    これは今回のウィルスに限ったことではなく

    たとえば外出先で急に倒れたり事故にあったりしたら

    誰が病院に身の回りのものを届けてくれるのか、というリスクヘッジにも当てはまるよね。

    実際、以前救急車で運ばれてそのまま入院というアクシデントがあった時

    自宅のどこにパジャマや下着があるのか、そのどれを持ってくるのかというあたり。

    まったく指示できない自分がいて、全部新しいものを買ってきてもらったという前例がある。

    んだ。

    まったく持ち物が整理されていないのだった。家の中の。

     

    ということもあるので、ほんと

    いつ何が起こるかわからないという前提で、準備をしておくのは大切なことで

    不思議なことに

    最悪な事態を真面目に想定して、リスクヘッジとして対応策を用意すればするほど

    心は落ち着いてくる。

     

    つまりこれが、人が有事に直面したときの心が

     

    否定と拒否 から、 受容 に移行していくプロセスなのかもしれない。

     

    ・否認

     

    ・怒り

     

    ・取引

     

    ・抑うつ

     

    ・受容

     

    長引く政治的な駆け引きみたいなものの中で、怒りから抑うつの間を行ったり来たりしていた数週間だったように思う。

    そして、それはこれからも続いていくのだと思うけれど、

    どこかで受容しなければ、こころが先に壊れてしまう。

     

    ということで、前のところにも書いたように、睡眠や情報のコントロールをしつつ

     

     

    まあ

    起きてしまったらどうするかといったあたりのリスクヘッジを

    淡々と行っておくというのは大事なことなのかもしれない。

     

    入院セット、おすすめです。

    なるべく前向きに、かわいいパジャマとか、きれいな色のタオルとか。入れてみて。

     

     

    その上で

    日々の暮らしを支える反復作業のようなものも、ひとつあるといいなあと思っている。

     

    私は少し前から、フランス語の問題集を解くようになった。

    いろいろ勉強法などは工夫しないほうがいいこともわかった。

    ただ、ドリルを開く。数ページひたすら解く。

    繰り返す。

    あとはパズル。携帯のゲームみたいなもの。

     

    絵を描くといった創造性が必要なものは、意外とこころのエネルギーを奪っていくので

    こういう時は単純な反復作業がいいのかもしれない。

     

     

    昨年、少しバランスを崩した時に、毎日ただひたすら

    般若心経を写経したことがある。

    一日1時間。お手本を見ながら、ただただ同じものを書いていたら

    数カ月後に、自分が書く筆字がすっかり変わっていて、驚いた。

    毎日ただただ1時間。

    前向きに何かを繰り返していると、数ヶ月後に何かが起こるんだ、と思った。

     

    そんな記憶があるので

    今はただただ1時間

    いま一番できそうなことを繰り返している。

     

     

     

    やっている間、心が落ち着く。

    どこかで運が尽きて自分の時間が途切れてしまうことがあったとしても

    いま、取り組んでいる気持ちが楽しくて心地よければそれでよくて、

     

    さらに

     

    未来に時間がつながったときに

    それは必ず、なにか別の力になっていく。

    これまでと同じ未来を想定していると、できなくなったこと、予定が立たないことにフラストレーションを感じてしまうけれど

    どんな未来がやってきたとしても、その時にちからになるものが、きっとある。

    そんな風に、そこはかとなく未来につながるものに淡々と関わり続けるということも、大切な気がして。

    いまは、そんなことをする時間なのかなあ、なんて思う。

     

     

    ということで、へこたれたり、浮上したりしながら、まだまだでこぼこと生きよう。

    受け入れて、リスクヘッジをしたら、あとは反復作業。

    しばらくはこれで。

     

    また書きます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      macohime
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      ワンチン
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      武蔵野夫人
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      CORB
    • 日本ではあまりウケない子がなぜこちらでもてるのか、というあたりがちょっとわかる気がしてきた
      武蔵野夫人
    • 日本ではあまりウケない子がなぜこちらでもてるのか、というあたりがちょっとわかる気がしてきた
      no name
    • 母と娘の赤いバラ ー 母子確執による体調不良が娘にだけ残ることの不思議について考える
      武蔵野夫人
    • 母と娘の赤いバラ ー 母子確執による体調不良が娘にだけ残ることの不思議について考える
      あおい
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      武蔵野夫人
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      キョウコ
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM