Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて

2020.04.01 Wednesday 16:38
0

    コロナウィルスによる症状悪化は、一瞬に起きて治療が追いつかないのだという。

    多くは軽症だとか、若者はかからないとか、そんな風に思っていた頃とは状況が一変してきた。

     

    それで、自分自身のことでいうと

    微妙な時期のフランスからの帰国(実際には問題ない時期に帰ってこれたし、帰国後1ヶ月近く経って何事も起きないから問題なかったのは確かだとは思うけれど)のあと、一日単位でジェットコースターのようにメンタルの状態が変わっていくので

     

    これはどこかに書いておこうと思った。

    ということでしばらくぶりにブログの画面を開いている。

     

    結論からいうと、この2日間、夜中に目覚めて得も言われぬ不安でさぶいぼ立つような状態になり、なかなか眠れないということが続いていて、日中もたまに、身体中の細胞が泡立つような不調感が襲ってくるようになった。

    先週までは、もうちょっと軽い「漠然とした不安感」だった。

    その前の週は、かなり呑気に暮らしていたので、ここ数日の変化はかなり大きいなと思う。

    おそらく、この状態は気をつけておかないと、あっといういう間に心を蝕む。

    これから長期戦でうまく付き合っていかなければならないような気がして

    それで

    有事のメンタルケアについて、ちょっと考えておかなくちゃいけないと思うようになっている。

     

    有事というのは、今まさに世界が直面していて

    日本があまりに呑気でズブズブな状況の中で崩壊寸前にまで至ってるCovit-19のこと。

     

     

    それで思い出すのが、911のときのアメリカや

    311の東日本大震災とFukushimaの時のことだ。

     

    この時に、メンタルを壊した人も結構多かったのではないか、と思う。

     

     

    私は、311で盛大に壊れた。

    被災もしていないし、そのために誰かを失ったわけでもなく

    ただ、東京で計画停電の暗闇の中で右往左往した。

    そのくらいのことで、なぜ壊れたんだろう。

    壊れていく自分に対して、情けないという気持ちや、何も起きていないのに弱くてみっともないという気持ちもあった。

    何より、被災している人、亡くなった人に申し訳ないという気持ちも大きかった。

    私みたいなレベルのもんが、こんなことを前に、壊れたとか辛いとか言えるわけがない。

    それで、抱え込んだ。

     

    抱え込んだものが、今でもたまに蘇ることがある。

    夕暮れの道を歩いていて、震災関連の報道を見ていて

    理由もわからず胸の奥底から泣きわめきたいような気持ちが湧き上がることが何度もあった。今も、ある。

    ずっとずっと

    もう長いこと封じ込められている、悲しみのような慟哭のような、対処しきれない感情がどこかに眠っているのだと思う。

     

    今回、Covitが起きたあとに、いくつかの理由がちょっとわかった気がしている。

     

    311で私が盛大に壊れた理由は、たぶん次の3つだ。

     

    1,元から場の生み出す不穏感などに同調しやすいHSP(Highly sensitive person)であること

    2,地震が起きた時に自宅にいたので、津波等の中継をリアルタイムで見続けてしまったこと

    3,東北に友人が多数いて、ちょうど1週間前に会いにいったばかりだったことと

      帰京後にその子たちに、ものを送ったり代金をもらうというタスクを抱えた状態だったこと。

     

    1は元からの性質なので仕方ないので、付き合っていくしかないのだけれど

    今回のCovitで自分が壊れ出しているのは、2と3の条件が重なっているからなのかもしれない、と思う。

     

    今回、いろいろな用事がありフランスでの滞在があった。

    2月はまだ、アジア人がフランスでコロナ保菌者として差別されるという話が聞こえてきていたので、大いに情報を収集した。

    そして、フランス滞在。

    向こうにいる間、自粛ムードの日本に比べて、フランスはのんびりしたもので、危機感は少なかった。

    海外からの観光客への対策を求めて、ルーブルが数日休館したけれど、対策終了ということで再開館したし、

    週末はどこのバーもレストランも満杯で、大賑わいだった。

     

    ロックダウンしたのは、そんな状態から1週間後のこと。あっという間だった。

     

    *ロックダウン1週間前のサンミッシェルのレストラン街。特に危機感なく、たくさん人が出歩いていた。今の東京と、同じ。

     

    あの、呑気な街の風景の中に身を置いた記憶と

    その後の急激な変化の様子が、ついこの間あった友人たちのSNSやメールでつながっていく。

    「危機感がないまま、週末に出かけてパーティをしたり

    選挙があってみんな集まったこともいけなかった。

    いま、日に500人近くが死んでいる。医療機関はひどい状態だ。」

    そんな話が毎日入ってくる。

     

    さらに、今回の渡仏で自分のフランス語の力の無さに落胆して、帰国後に集中してフランス語を勉強しだしたのもいけなかった。

    毎朝、フランスのニュースを聞く。

    イタリアの、スペインの、中東の惨状までが、ことこまかに報告されてくる。

     

    もとから敏感なところに

    親密な関わりを持つ人達が多数住んでいることで、皮膚感覚に近い親近感を持つ場所に悲劇が起きて

    それが気になるから映像やニュースや情報に触れ続けてしまう。

     

    加えて、フランスやベルギーのアーティストさんたちとのプロジェクトの最中で

    ちょうどお願いしていたものを送り返してもらうというタスクの進行中でもあった。

    現地と密につながっていること、そしてその間に未完のタスクを抱えていること。

    311のときも、そうだった。

     

    こうしたことが重なって、徐々に気持ちの抵抗力が弱っているのだと思う。

     

     

    でも、今朝のように体中にさぶいぼが立つような身体症状にまで出てしまうのは

    それが徐々に、自分の身に迫ってくるという恐怖によるものなんだろう。

    そして、その恐怖に対して適切なリーダーシップや対応が取られていないということへの

    不安や怒り、焦燥感というのもあるのだと思う。

     

     

    もうね、

    東京のこの呑気な感じよ。

    ライブカメラで世界を見てごらんよ。

    誰も歩いてないってば。ほとんど。

     

    東京は、日本は。

    日常がまだ普通に行われていることが、怖くて仕方がない。

     

    今朝、息子は普通に会社に行った。

    駅前ではマスクを買い求めるための行列が、ぎゅうぎゅうとひしめき合った状態で100人くらいできていた。

    さっき、テレビロケの収録の打診が来た。

    3人で対談して欲しいという雑誌の取材依頼も来た。

    なんなの。

     

    どうなってんの。

     

    フランスも、アメリカも大変だけど

    国が保障してくれれば、店も学校も開けなくて済む。

    どの国も大変だけれど、短期間で道筋を示して保障してもらえたら、あとはウィルスと戦う気持ちが残る。

    実際に、フランスやアメリカの友人からは、大変だけれど連帯して協力しているよというメールが来たりもする。

     

    お金を払いたくないから、自粛という名目でじわじわと長期間、真綿で首を締めるように追い込んでいって

    その先に待っていることは一体なに?

    疲れ切って、自己責任で、私達は何と戦えばいいのだろう。

     

     

    というような

    この国で、自分がどこからも守られていないという絶望感のようなものが

    そういえばたしか、Fukushima のときもあった。

    メルトダウンしてたんだよね。あの日。強い風が吹いて、私が駅前を歩いていた時。

    スーパーで買い占めが起きていたとき。

    そして、本当はする必要もなかった計画停電で、かろうじて持ちこたえていた気持ちのバランスが壊れて

    そのまま、からだのどこかで癒やされないまま残っている。

    9年経った今も、東北は、Fukushimaは、未完のままだ。

     

    日本に生まれたこと、日本人として育ってきたこと。

    自分のアイデンティティに関わることが、また試されている気がして。

    今回のこれは

    たぶん、もっと長く続き

    下手をすれば

    自分にとっては計画停電などというレベルではない

    もっと身近な悲劇を生む可能性もあるから

     

    だから、

    今のうちにちゃんと、

    付き合い方を考えておかなくてはいけない、と思うのだった。

     

     

     

    有事の時のメンタル不調は

    ただ、気持ちを切り替えるとか、おいしいものを食べるとか、気にしないようにするとか

    そういう小手先のものでは乗り切れないと思ってる。

    大切なのはわかってる。でも、それを確保してもなお、不調は訪れちゃうんだから。

    さらに、今回はこれからどんどん人には会えなくなり、出かけられなくなるので

    不調を回避していくのはとても大変なことのように思ってる。

     

    専門家の書いていることをググってみた。

     

    https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1168.html

     

    https://www.counselor.or.jp/covid19/covid19column2/tabid/507/Default.aspx

     

    https://dot.asahi.com/dot/2020031700024.html?page=1

     

    ほかにもいろいろあったけど、多くは睡眠や食事、規則正しい生活って。

    上記では唯一、マインドフルネスの瞑想の習慣はよいかもしれない。

    (ただ、本当に不調になったらこれもまったく効かない。この手のことはあくまでも、ごく初期の段階のみだと実感で)。

     

    なんかどれも似たようなことばかりで、だから結局そこが真理なのかもしれないけど

    もうちょっと即効性がある、わかりやすいものが、ないんだろうか。

     

    何をどうしたらいいのか

    これから少しづつ、ちょっと考えていってみようと思う。

    気が向いたら、書く。

    とりあえず、今日。

     

    1,まずは、2日間不眠が続いたので

    今日はニュース等はすべてシャットアウトした。

    (でもこの状況ではそれもアカンので、どうしたら必要な情報だけを取り込めるのかも模索してる)。

    フランス語のニュースは聞かず、古い参考書を出して勉強するのみとした。しばらくそうする。

     

    2,仲間としゃべったら気が紛れると思い

    今日の夜はZOOMで友達数人とバーチャル飲みをすることにした。

    ただし、政府の対応への不満とか、海外の状況とか、その手のことを話すと寝る前に不安が増すので

    まあ、アホな話をするようにするのがいいんだと思う。

     

    3,こういう時、アロマは想像以上にいいと改めて思った。

    ちょいからだのバランスがおかしいと思ったら、精油のにおいを嗅ぐ。

    いつもはハーバル系が好きだけど、こういうときはスイートオレンジとか、ベルガモットとか

    明るくて甘い、オレンジ色を彷彿とさせる香りがよく効く気がする。アロマすごい。

     

     

    ちなみに、ちょっと前から負担に思っていたTwitterは、もう見るのをやめて生活から追い出すことにした。

    あそこにあるものを「情報」だと思うのはやめた。自分には必要ないものだ。

    Facebookは身内だけなのでやっている。誰かがうれしそうにしていたり、おいしいものを食べていることを知るのはとてもいい。

    少し前まではコロナ関係の情報などをシェアしていたけど、それはなるべく控えることにした。今日からそうする。

     

     

     

    311から、結局快癒できていないのだから

    今回のことを元気に楽しくやり過ごすことなんて、結局はできないのかもしれない。

    盛大に病む人も、これから増えるように思う。

    災害時はメンタルケアは優先されるけれど、猛威を振るうウィルスの前では、健康な人間のメンタルケアの医療は後回しになりそうとも思っている。

     

    それでも、こころを病んだら抵抗力が落ちる。

    健康な人でも、あっという間に、落ちる。

    じわじわと気づかずに、やり過ごしているうちに、突然ドカンと襲ってきて、あれ? と気づいた時には、なかなか元に戻れなくなっていることも多い。

    それは敵の思う壺だ。

     

    なんとか、乗り切ろう。

    あきらめずに。

    少しづつ。

    そしてみんな、自分だけでなく大切な人たちを含めて、生き延びよう。

     

    この災いが去っていった時、何かが大きく変わり、大切なことが残ったと思える未来のために。

    自分の心も、忘れないように守ってあげないと、と思ってる。

    何か素敵な方法があったら、教えてね。

    私もいろいろ、やってみるね。

     

     

    いま世界で戦っている人たちすべてに祈りと愛を。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -
    Comment
    福岡市に住む45歳の子無し主婦です。以前フランスの夜ご飯の記事を読んでいました。今まさに、メンタルが弱っていたので、この記事を読むことで、自分だけじゃない、と心を少し落ち着けることができました。ありがとうございました。
    • キョウコ
    • 2020/04/17 5:56 PM
    キョウコさん
    ごはんの記事も読んでくださっていたんですね。ありがとうございます! これを書いたときから、また事態がいろいろ変化して、ついていくのも大変だけど、いつかは必ず終わることなので、ひと踏ん張りしたいですよね。メンタルは弱っているときは無理しないのが一番なので、やさしく自分に関わってあげてください。私もそうします!
    • 武蔵野夫人
    • 2020/04/22 9:28 AM








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      武蔵野夫人
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      キョウコ
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      はろ!
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM