がんばっても報われない世界と報われる世界の間で

2019.04.16 Tuesday 07:42
0

     

    パリのポンピドゥーセンターの横に、ひっそりと小さな建物がある。

    ブランクーシのアトリエ。

    モンパルナスにあった彼のアトリエを再現した場所で、ここはもう随分前から私のお気に入りの場所なんだけど

    そんなあたりをうろうろしてたら、突然こんな写真のような風景が現れた。

     

    ポンピの前の広場は世界中から観光客が集まってくる、華やかな一角だけど

    このおっちゃんはボロボロの手押し車に鳩の餌を積んでよろよろとやってきて

    しかめ面のまま餌をまき、阿鼻叫喚の鳩の群れを作って

    そして去ってった。

    ポケットからiphoneを出して、無我夢中で撮った。

    ほんの数秒の出来事だけれど、恐ろしくドラマチックで、強烈に美しかった。

    お気に入りの写真。

     

     

    東大の入学式の祝辞で、上野千鶴子さんが語った内容が話題になったんだけど。

    https://www.buzzfeed.com/jp/saoriibuki/tokyo-uni?fbclid=IwAR0rF42XsDqyKIkrXJycPo7ofdWUlxwlFKzz-I6EJuMQ43viY2k_tEiznRg

     

    私の周囲では感動を込めて語られたけれど

    冒頭のフェミ系の発言にアレルギー反応を起こした人もいたし

    実際に入学式に参列した人の話だと、学生は「は??」ってな感じでピンと来ない風情だったらしい。

    そりゃそうだ。努力と栄光で勝ち取った場所で、この話は響かないだろうと思う。

    特に後半のあたりの話は、一番聞かせたいのは永田町あたりにうろうろしている人生後半戦の人たちかもしれない。

     

     

     

    私はもしかしたら、がんばったら報われた世界の出身なのだと思う。

     

    地元の子がみな行っていた小学校には行かず、受験をして国立の付属の小学校に入った(というか入れられた)。

    付属だからそのまま大学まで行けるのかと思ったら、待っていたのは熾烈な受験戦争で、根が真面目なので下手に受験を頑張ってしまい(いまの私なら答案を書かずに帰ってくると思う)、東大に大量に合格者を出す高校に入ってしまった。

     

    私はそこからゆるやかにドロップアウトしていったけれど

    おそらく

    そこはがんばったらその分、何がしらかは報われる世界だった。

     

    試験前には、机の中のノートがなくなった。

    誰かのために自分の時間を割いて、損をして、助け合うという発想なんてなかった。

    そうして頑張れば、報われるはずだった。

    熾烈だった。

     

    以前

    同じ高校で一緒だった子と子供連れででかけたら、小学生の息子に

    「お勉強しないと、あのおじさんみたいになっちゃうのよ」というのを聞いた。

    指さしていたのは工事現場のおっちゃんだった。

     

    高校生の子どもの進路の話で

    「うちの子、本当に勉強できなくてバカだから大工になるしかないと思う。

     あ、でも不器用だから大工にさえなれないわ。あははは」

    と話されて、私はムキになって、大工さんはバカじゃない! と反撃したものだった。

    なんだよ、その発想。

    ってか、そんな発言を本当にする人が集まっている場所があって

    がんばったら報われる世界の果てには、そんな人が量産されていたりもした。

     

     

    冒頭のブランクーシのアトリエ前の写真が出てきて

    そんなことを思い出したのだった。

    子どもには、こんなに美しい風景の中に別の価値観を探し出すような人になって欲しくない。

     

     

     

     

    がんばれば報われる世界に育った子たちは

    がんばれば報われると思い続けて生きていく。

     

    大人になって、がんばっても報われない世界の中でもがいたとしても

    自分のこどもには、やっぱりがんばれば報われる世界へのパスポートを与えたいのだと思う。

     

     

    ここ数年

    小学校のとき同じクラスだった子と会う機会が増えたんだけど


    子供時代の楽しくて温かい思い出を語るというより

    私達はちょっと、

    過酷な時間を生き抜いてきた戦友のような話をする。

     

    社会的に完璧に見えている、がんばったら報われる世界の家庭は

    見えない場所で壊れていることも多かった。

    隠されている分、そのおかしさに気づきにくく

    助けも求めにくかった。

     

    幸福は、がんばれば手に入るというものでもないように思う。

    がんばって手に入れたものを、がんばらずに手に入れている人がいたら、嫉妬するしざわつく。

    全然がんばっていない人に、自分の取り分を分けたくないと思うのは仕方ないような気がする。

    だから、がんばりすぎないほうがいいなー。

     

    がんばってる子どもたちには、がんばらなくても手に入るしあわせがたくさん訪れますように。

     

     

    ==================ーー

    ブランクーシのアトリエはポンピドゥー・センターの横の目立たない場所にひっそりとある。

    https://paris.navi.com/miru/293/

     

    14時から18時までしか開いていないので、存在を知らない人も多いけど

    中は超絶に美しい。(と私は思う)。

     

    どんな場所からも、完璧なコンポジションで作品が重なって見えるように

    ブランクーシ本人が厳密に置き場所を決めたのだそうだ。

     

    実際に使っていた工具類もそのまま展示されていて

    工具萌えにもたまらないのでありました。

    大好き。

     

     

    category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 母と娘の赤いバラ ー 母子確執による体調不良が娘にだけ残ることの不思議について考える
      武蔵野夫人
    • 母と娘の赤いバラ ー 母子確執による体調不良が娘にだけ残ることの不思議について考える
      あおい
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      武蔵野夫人
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      キョウコ
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM