タイムスリップしたコルマールの街角で

2019.03.19 Tuesday 00:17
0

     

    もうほとんどドイツの国境に近いフランスの小さな街、コルマールに2泊。

    ぼんやりと街歩きをしていたら、こんな風景に出会った。

    絵本に出てくるようなレストランと

    その前で話し込む二人。

     

    おとぎ話のような甘い風景がかろうじて現実に見えるのは

    どこか屈強なこの二人の男性のリアルなたたずまいのせいなのかもしれないけど。

    それでもやっぱり

    現実なのか非現実なのかよくわからない不思議な空気がこの街には流れていたなあ、と思う。

     

    なんの気なしに立ち寄ったこのアルザスの運河沿いの小さな街が

    ディズニー映画「美女と野獣」やジブリ映画「ハウルの動く城」の舞台となっていたということを知ったのは

    滞在がもう終わり近くになってからのこと。

    「美女と野獣」の冒頭、主人公のベルが本を片手に訪れる街並みと

    「ハウルの動く城」の主人公ソフィーが働いていた帽子屋のモデルとして有名な館があるんだって。

    言われてみれば、たしかにそうかもしれない。

     

     

    ヨーロッパを旅していると

    本当におとぎ話の中に迷い込んだような街並みに遭遇することがある。

    日本でも飛騨高山の町家の風景や、京都の路地の風景にだって素敵な場所はいっぱいあるけれど

    なんというか

    景観を維持しようと努力して作り上げたというような生半可なものではなく

    もうその街自体がすっぽりと、タイムトラベルしてしまったような

    激しくどっぷりと、すっかり別世界というような場所が、ヨーロッパには本当に存在したりして

     

    コルマールというのは、そんな場所のひとつだと思うー。

     

    同じようなどっぷり別世界の場所として、私はベネチアが大好きなのだけれど

    以前、ベネチアを旅してきたという人が

    「ディズニーシーみたいな場所だった」と言うのだった。

    驚愕した。

     

    どっちがオリジナルなんじゃよ。

    をい!

     

    真似をして風景を切り取って作り上げた場所と

    もうその次元全体がタイムスリップしているその元となる場所と

    そのぐらいちゃんと見分けをつけて欲しいよって思ったんだけど

     

    コルマールに思いの外若いオタクっぽい日本人カップルが多かったのは

    ここにハウルの城をみつけに来たからなのかな。

    それ、あとになって気づいたんだけど

    コルマールを「ハウルの城! ハウルの城!」って思いながら旅をするのも悪くはないのかな。

    ハウルの城、見てないけど。

     

    ちなみにコルマールの観光の中心は「Petite Venise」=リトルベニス って言われている。

    でも、頼むからディズニーシーみたいだなんて言わないでね。

     

    コルマールはパリからTGVで2時間半。まずはストラスブールに行ってから、そこからTERに乗り換えて30分。

    私はブルゴーニュ経由で行ったので、デジョンからてくてく北上していった。

    フラムケッシュっていうピザみたいなうまい食べ物があるよ。

     

    =================================

    コルマール

    https://wondertrip.jp/78679/

     

     

    category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      はろ!
    • 毎年この季節になると服を作っている。大人の手作り服ってどうなの。たまにはそんなこと。
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM