ブルゴーニュの菜の花畑

2019.03.06 Wednesday 09:09
0

     

     

    2014年、ブルゴーニュの小さな町Montbardに1週間滞在したとき

    家主のClaudineが運転する車に乗っていたら、小さな丘を抜けたとたんに、目の前の景色が黄色に染まった。

     

    なんじゃ、こりゃ。

     

    ああ、菜の花だよ、と

    こともなげに彼女は言ったけど、あの一瞬の色がどうしても忘れられずに

     

    その2年後にこの地に3週間滞在して、ブルゴーニュのちいさな村をレンタカーを借りて回った。

     

    ブルゴーニュの田園地帯は、なだらかな丘陵と小さな森と、広大な農地と、小さな村々でできている。

    4月の復活祭が近づくと、菜種油をとるために植えられたColza(菜の花)が一斉に開花をはじめて

    丘陵を抜けて風景が変わるたびに

    視界が一面の菜の花の黄色に染まっていくという

     

    もうなんだか、

    夢のような出来事を

    その年の私は、堪能した。

     

    菜の花畑は見たことがあるけれど

    ここまで、視界のすべてを埋め尽くす黄色い大地が

    何度も何度も、繰り返し現れるという、これまで見たことのない風景を見ながら

     

    ああ、人生の最後に見たい風景はなにかと言われたら

    私はきっと、これだ

     

     

    と思ったんだった。

     

    ちょっと前に、テレビでよく見る司会者さんの妻がガンで余命いくばくとなったとき

    一番行きたいと彼女が言うNYに二人で旅行したのだ、という話を聞いたことがあって、

    私だったら、ここに来る。菜の花の季節に。

    そんなことをぼんやり考えながら車窓の風景を見ていた。

     

     

    昨年、ちょっとつらい検査が続いたとき

    長い待ち時間を狭くて暗い場所で過ごして、パニックになりそうになったとき

    自分の気持を落ち着けるために、なにか安心する風景をイメージしようとしたことがある。

    その時、本当にふいに

     

    眼の前にあの、黄色い菜の花畑が広がった。

    それはもう、見事な。

     

     

     

    それから1時間、私は一面の菜の花と、菜の花の香りの中で過ごして

    しんどかった時間は、しあわせで満ち足りた時間に塗り替わって

    人の脳裏にのこるイメージの力の偉大さを、改めて思った。

     

    それで、ああ

    あの時本当に、行っておいてよかった、と思ったんだった。

     

    写真や映像ではわからない

    すべての五感を伴う風景の記憶って

    すごいな、って思う。

     

    脳裏にそんな記憶を残すのって、あながち無駄なことじゃないような気がします。

    また、行くよ。

     

    ========================================

    ちょこっと情報(たまには役に立つことも書いてみようと思う)

     

    Montbard へはパリからTGVで1時間ほど。

    小さい町だけれど、世界遺産のフォントネー修道院があるので、市内のホテルやツーリスト・インフォメーションも充実してるよ。

    パリからTERという高速鉄道に乗って小さな町を訪れる選択肢もあるけれど

    フランスの新幹線TGVの最初の停留所Montbardを拠点に、バスや車であちこち行くのも楽しいと思います。

    https://www.ot-montbard.fr/

     

    フランスのもっとも美しい村 に認定されているすごく可愛くて美しい村が、このあたりにはいっぱいあるので

    あてなくドライブしても楽しいよ。

    とにかくどこに行っても美しい。おとぎ話みたい。

     

    フランスのレンタカーはすごく安いんだけど、マニュアル車しかないことがあるので、小さな街で借りるときは要注意なのだった。

    このときもMontbardではマニュアル車のみしかないって。なんだそりゃ。

    AT車を借りるなら、Dijonという隣の大きな街へ。

    フランスでのレンタカーの借り方 https://paris.navi.com/special/5036981

     

    菜の花の季節は4月初頭ごろ。

    フランスの冬は果てしなく寒く、空は灰色でどんよりしているので、タイミングが合わないとちょっと悲しい。

    一度開花するとあとは早くて、一気に春になる。満開の菜の花畑は、そこかしこで見られます。

     

     

     

     

    category:Photo series | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      武蔵野夫人
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      キョウコ
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      はろ!
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM