したくないことは、しなくていいという意味がきっとあるんだと思う。という人生の不思議なこといろいろ。

2018.11.17 Saturday 09:41
0

    昨日友人に、私はとっても運がよかった、と言われた。

    肺がんはとても発見しずらいという記事を読んだのだって。

    検診でみつけられないまま、死亡してしまったという報道もあったね。

    https://www.asahi.com/articles/ASL7K536SL7KUBQU00H.html

     

    日本でがんの死亡率で一番高いのは肺がんだけど、それはがんとして悪性だからというより、発見しずらいので、みつかった時点でかなり進行しているケースが多いからだという側面もあるらしいです。

    そうかー。

     

    それで、そういう現状の中で私はかなり運がいいよ、ということなのだった。

    早くにみつけてもらえたという意味で。

     

     

    でもね、私もここ数年、特定検診の肺のレントゲンのたびに「影がある」とは言われ続けていたんだよ。

    「まあ、でも古い傷のあととかでしょう」

    「肺の影はわかりにくいから、去年に比べて大きくなっていないから大丈夫」

    ふーん。

     

    うちはがん家系じゃないから危機感なかったし、婦人科系や消化器系は多少気にかけていたけれど、まさか肺とは思わなかったから、完全スルーしていたんだった。

     

    それじゃあ、なぜみつけてもらえたのかというと

    それ、単に

     

    「あー、もう面倒くさいなあ。今日行きたくないなー。会いたくないなー」

     

    というきっかけだったと思い出したんだった。このあたり、前にも書いたけど、また改めて思い出してみてる。

     

     

    LDLコレステロールが高数値で、食生活や運動を改善してもまったく下がる気配がないので、薬を飲むことになった。これが4月ごろ。ところが、飲み始めた薬の副作用で、胃痛や胸焼けがひどいので、薬を変えることになった。これが5月。変えた薬がからだに合っているかどうか、飲んでみて来院してねと1週間後に予約を入れられたんだけど。

     

    処方箋を持って薬局へ行こうとした時に、母からのヘビーな電話があって、気持ちが萎えて帰宅しちゃった。

    あー、もう面倒くさいなあ、薬局なー。

     

    週末はさんで次の週にやっと行ったら、もう処方箋の期限が切れているので薬は出せないと言われる。

    でも病院の予約は4日後だ。

     

    先生にごめんなさいを言って、また処方箋書いてもらうのか。

    なにそれ、めんどくさすぎる。

    予約入れてても並ぶのに。。。。。。。

     

    ということで、やだなー、行きたくないなああ。

    ハブっちゃおうかなー。そうだよなー。別に薬飲まなくてもいいんじゃない?

    めんどくさいしなー。

     

     

    で、行かなかった。

     

     

     

    わたしのがんは

    上記の理由で薬をもらいにいかなかった私が

     

    それでもやっぱりLDLコレステロール値が高いと脳梗塞とか怖くないかー? と不安になり

     

    ちょうど舞い込んできたその病院からの特定健診の案内を見て、まだ前回から半年も経ってないけど、ちょうどいいからこれを口実に病院行って薬も貰おう! とたくらんだ。

    でもこれまでのかかりつけ医の予約をぶっちしているので気が引けて、その先生がいない日を選んで検診を受けたことでみつかった。

     

    ちょうどその日にいたお年寄りの先生がみつけて

    その日のうちに、うちの電話がガンガンと鳴り響き、とにかくすぐ、ちゃんと見てもらってと連絡を何度も入れてくれて、そこからあとは、ぴょんぴょんといろんなことが進んでいったんだった。

     

     

    たぶん、最初に真面目に薬を出してもらったり

    気持ちを奮い立たせて、予約どおりに病院に行っていたら、私のがんはまだみつけられていなかったと思う。

    そもそも、特定健診は毎年12月と決めているので、検診そのものも今の時点では受けていないと思う。

     

    で、例年通り12月に検診を受けたとしたら、主治医のいる日に予約を入れるだろうから、おそらく「影があるけど大丈夫でしょー」で終わっていると思う。

    だって、その先生、こないだコレステロールの薬もらいにいったら

    「本当に○○先生がみつけてくれてよかったー。僕たち、毎日すごくたくさんのレントゲン写真見るから、○○先生みたいに詳細に見ないんだよー。次、はい、次って感じでね。○○先生はすごいんですよ、レントゲン写真を見る目が!」

    って

     

    それ、私喜んでいいところなのか

    怒っていいところなのか

    まるでわからんコメントしてたもん。

     

    まあ、何がどう関係しているのかなんていうのは、本人の思い込みみたいなものもあるけど

     

    でも

     

    やだなー

    行きたくないなー

    会いたくないなー

     

     

    って思いを封じ込めて、あの時頑張らなくてよかったなーって思う。

    たぶん、それ、ちゃんと何か意味があったんだろうから。

    さらに言えば、処方箋握ってた私にヘビーな電話をかけてきた母も、ちゃんと役割は担っていたのかもしれない。

     

    そんな風に

    ちょっとしたことをおもしろがることも、こんなときには大事なんだろうとも思うー。

     

     

     

    そういえば前

    ちょっとしたテレビ出演の話があって

     

    打ち合わせで趣旨などを聞いて帰ってきた時に、私の中では

     

    ものすごくやだなー

    もうあの人達には会いたくないなー

    ってかこれは私がすることじゃないよなー

     

    という負の気持ちが渦巻いていて、そのまま断ろうと思ったのだけれど

    でもその番組がかなり有名で、仕事的には財産になるのかもしれないというすけべ心が働いて

    周囲の人たちにかなり相談したことがあった。

     

    100%の人が受けるべきだ、と答えた。

    でもなあ、やなんだよなー。

    それで決断ができなくて、笑っちゃうけど知り合いの占いの人に見てもらった。

    そしたら、その人も、絶対にやるべき! と答えてきた。

     

    もう、だったらやってみるべかー。意味があるなら。

     

    それでやってみて

    深い深いトラウマみたいな傷や不快感をいまだ私は抱えている。

    最後まで、なにもかも、うまくいかなかったし、やらなければよかったと今も思ってる。

     

     

    最初に心の中に生まれる

    やだなー

    会いたくないなー

     

    って気持ちは、もしかしたらすごく大切なメッセージなのかもしれない。

     

    場所もそう。

     

    なんかあそこ、行きたくないなー。

    あの場所にいると嫌な気持ちになるよー。

     

    そんな風に感じる自分の気持は

    否定して奮い立たせて努力して頑張る! という方向に持っていかなくても

    とっとと離れて

    逃げて

    行かないでおく、やらないでおく、という選択肢を持てるということも

    場合によっては必要なことなのかもしれないなーって、今の私は思ってる。

     

    きっと、なんか意味は、ある。

    怠惰な言い訳のために多用しちゃあかんよ、とは思うけどー

     

    でも、ちゃんと意味があることも、きっとある。

     

     

    そんなことを書いていたら、数年前に

    下北沢の居酒屋で飲んでいた時に、急にとなりのおばちゃんに話しかけられたことも思いだした。

     

    あなたね、輝いているのよね。

    それね、魂の輝きよ。魂のステージが高いの。

    こんなに魂の美しいひとはめったにいないから、大切にしなさいね(と、私の同行者に向けて)。

    (そして、私のうしろあたりをぼやーっと見つめて)

    ああ、だいぶ苦労したのね。大変だったわね。

    それが今のあなたの魂を作ったのね。

    よくわかる。

     

    は。。。。。。

     

    どこかで、水晶を買えとか

    あとは1時間1万円ですとか

     

    言われるのかと戦々恐々身構えたけど、そのままただただ彼女は私を褒めて

    そりゃあ、褒められれば悪い気はしないから

    ちょっとばかりおしゃべりをして

    帰り際に、ありがとねー! と帰ろうとしたら

     

    急に声のトーンを変えて、なんか、慈しむような目で私を見て、そして

     

    「からだには、気をつけてね」

     

     

    と言ったんだった。

     

    え”。

     

     

     

    すっかり忘れていたけど、あの唐突な

    「からだには、気をつけてね」は

    その後もたまに思い出して、あれ、何だったんだろうって思ってたけど。

     

    ちゃんと、そんなことになって、改めてまた思い出してる。

     

    もしかしたら、自分の身に置きていることは、何かの形で

    自分の身の回りにも、ぼやーっと滲み出したり、放出されたり、何かの足跡みたいなものを残しているのかもしれない。

     

     

    やだなー

    この場所居心地悪いなー

     

    って思うときは、気持ちやからだのどこかが

    その場所に漂っているようなものを察知しているってことも

     

    あるように思ったり。

     

     

     

    とまれ、運がよかったねー! って言われて

    いろんなこと思い出して

     

    その運がこれからどんな場所に漂っていくのかはまるでわからないんだけど

     

    自分の気持や勘みたいなものには蓋をせずに

    無理をしないというのが一番いいんじゃないかなーと思う土曜日の朝でした。

     

     

     

     

    あの不思議なおばちゃん

    今どこにいるんだろうなー。

     

     

     

     

    category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      はろ!
    • 毎年この季節になると服を作っている。大人の手作り服ってどうなの。たまにはそんなこと。
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM