自分をどう見せたいのかって時期は卒業かもってことと、インスタバエな人生について考えたこと

2017.10.30 Monday 10:10
0

    ちょっと前に上野で藝祭を見ていたら、前を歩いていた女子二人の会話があまりに面白くてにやけてしまった。

     

    みんなが行くからナイトプールに行ってみた。

    笑っちゃったよ、みんな斜め上しか見てないの。

    インスタの自撮りしてて。

     

     

     

    たぶん誰も泳いだり食べたりすることにはあまり興味がなくって

    どうインスタに映すかってことが最大関心事だってことで、イベント自体もちゃんとそれを意図しているし。

    んで、その風景を想像してにんまりしてしまったのだった。

    あ、えっと、これ。

    よくある年寄りが近年の現象を嘆くとか、そういったたぐいの内容ではないからね。

     

    最近の人たちの写真の感性とか、映像画像としてのまとまりのバランス感覚とか

    ほんとに上手だしえらいもんだと思うし、文化のありかとしてインスタはとっても面白いと私は思ってる。

     

     

    んだもんで、私もちゃんとインスタはやっている。

    はい。

    主に毎日のごはんと、自分の作品だけだけど。

     

    ここ。

    https://www.instagram.com/izoomiizoomi/

     

     

    それで、それについて、はあ、なるほどと思ったことがあったので書いてみる。

     

     

     

    先日とある取材があって、自宅を撮影することになった。

     

     

    最近、私は自宅の撮影をお断りしている。

    理由は、最近とみに弱ってきた愛犬の存在。

     

    老犬がいると家中にタオルやクッションが散乱するし

    何より、におう。

    犬との暮らしを一番に考えたら、家の中を常に、誰に見られてもいいようになんて整えておけない。

    それを整えるために必要なエネルギーを考えると

    そのエネルギーは、とりあえず今の老犬との穏やかな時間にあてておきたい。

    そう思うようになった。

     

    @がんばれチョコ

     

    私はこんな仕事をしているから

    これまでずいぶん自宅での撮影依頼を受けてきたけれど

    カメラマンさんが来て私が意図しない場所も気に入っていただけた場合は撮って帰られると思えば

    やはりそれなりに家の中は整えておかなくてはならず

    そうしたことが頻繁に起こると、普段の暮らしぶりの中に、「誰かに見られる」という緊張感が入り込んできて

     

    それがまあ、家をきれいに保っておく機動力にもなるのだけれど

    やはり、時々つらいなあと思うことは多かったのだった。

    変な場所から覗き込まれたら埃だらけで、カメラマンさんが真っ白になりながら撮影なんてこともあって、いろいろ神経使ったなー。

     

    いや、自分の場合はそれで仕事をさせてもらって生きてこられているので

    十分にいろいろ感謝しつつ、

    自分が尽力して整えて暮らしている風景が、記事になったのをみればやっぱりうれしいから

    そこに「もっとこう見せたい」という気持ちが湧いてくることも多かった。

    そういう時の、

    自己顕示欲というか、自己確認欲というか

     

    外側から自分を俯瞰して

    それが現実よりちょっと盛られて(だって撮られると思えば片付けるしきれいにするし、見栄え良くもする)

    きれいな写真になって誰かに見られるという体験は

     

    なんというか、こう

     

    鼻の奥のほうで むふふふーふーん というような

    むずがゆいような

    誇らしいような

    妙な満足感が生まれるということを、私はよく知っている。

     

    そんな体験を繰り返していくと

    もう普段の行動の中にいろいろと

    こうしたらよく見えるかもとか、いい絵が撮れるかもとか

    そんなことを考えるようになり

    なんだか暮らしが等身大でなくなってくるというか

    第三者から見える自分という視点のほうが大きくなりがちで

     

    それがエネルギーになった時代もあったけれど

     

    いやあ、もうそれ

     

    いいですわー、だって疲れるもん、っていうのが最近の私なのだった。

    愛犬も年老いたし、息子も独立して家を出たし

    なんというか、「家庭」という枠組みを敢えて生み出す必要もなくったというのも大きい気がする。

    社会的に提示したくなるわかりやすい「スタイル」みたいなものがもう、ないというか

    それはもう自分ひとりという自身の存在でしかなくて、それもう、カテゴライズできないし、したくないしなー。

     

    前置き長い。

     

    そんで、そういう状態なので断り続けている取材なのだけれど、今回ひとつ、受けることにした。

     

    おつきあいが長いというのもあるし

    一人暮らしで等身大で暮らしを楽しむ感じ、という特集だというので、ありのままで撮りたいところを

    撮って帰ってもらえるなら。

    なので、何の準備もしないよ。もう、そのまんまで。

    という感じで。

     

     

    それで、事前に打ち合わせに来てくださっていろいろ見てもらって

    カメラマンさんが来る日にはだいたいこんなところを撮っていきますねーという連絡をもらった。

    ほいほい、どうぞどうぞ。

     

    ただ、その中にひとつ、

    「インスタグラムに載せている毎日のひとりごはんの写真をぜひ取り上げたいので

     大きく扱いたいので何かひとつ作っておいてください。冬なので温かいもので」

     

    というのがあった。

     

     

     

    それを見たとたん

    おお、そうか。

    何か作らなくちゃ。

     

    と私の脳内は動き出し、

    えっと、見栄えのする料理は何かなあ、器は何にしよう。

    冬らしいといえばやっぱり鍋系かしら。

    でも一人ごはんなのに豪華になりすぎると不自然だし、いい塩梅のメニューは何かなあ。

     

     

     

    と、急速に回転しだして

    ふと気がつけば

     

    食卓に並ぶ料理の風景を、グラビア的に俯瞰している自分に気がついたのだった。

     

    取材には真摯に答えたいから、希望してくださったことにはちゃんと応えたい。

    そんで、丸一日メニューを考え続けたんだけど

    その「俯瞰している自分」と、「俯瞰された風景を作るために何か行動をする」ために脳内がぐるぐるしている自分に気づいて

     

    ああ、これはもう辛いから

    やめよう

     

     

    と思ったんだった。

    だってそれは、ほんとの私の暮らしや人生とは別のものだから。

    いつものインスタグラムにある私の料理は、そうして作られたものではなく、その間の違和感を乗り越えられなかった。

    そんで、丁重にその部分をお断りして、写真はインスタグラムの中から使えそうなものを使ってください、とお願いした。

     

     

     

    いや、インスタだってそこに載せるために、俯瞰して撮ってる。

    確かにそうなんだけど

     

    私が一人のごはんをインスタグラムに載せるようになったのにはちょっとした理由があって

     

     

    ある日

    同じように子供達が独立して一人暮らしになったシングルマザーの友人から、こんなことを言われたからなのだった。

     

     

    「一人暮らしだと、一人でごはんを食べるのは寂しいでしょう? ってすごくよく言われるんだよー。

     でもそんなことないよね? 自分で好きなもの作って好きなように食べて、それ幸せだって思うんだよ。

     いづみちゃんのごはんの写真を見ていると、一人のごはんも楽しい! ってすごく思えるの。

     だからいっぱい写真載せて欲しい。みんなに、一人のごはんもいいよね! って知って欲しい」

     

     

    うんうん、それな。

    子供巣立って一人暮らしになったというと、必ず言われる。

     

    「お寂しいでしょう」

     

     

     

    いや、そうでもないよ。

    そんで一人のごはんも

     

    「味気ないでしょう」

     

     

    いや、ぜんぜんそんなことないよ。

     

     

     

    なので、一人ご飯もいいもんじゃというのを見て欲しいからいっぱい写真載せて! っていうのは

    ああ、本当にその通りだなあと思うから、インスタグラムに載せ出したんだ。

     

    それ、同じインスタに載せてはいるんだけど

    見てもらうために食卓を整えているのではなくって

    ほぼ自分だけのために自分の都合で自分用に作って並べて、ひとりで食べて

    その結果を写真に撮っていて、プロセスの中にあまり「こう見せたい」というのがないから

    楽だったんだなあと改めて思ったんだった。

    それを

    見せるために何か作ってくださいと言われたとたんに

     

    「こう見せたい」という気持ちが湧いて出て来て

     

     

    それがたぶん、今もういいやと思っていることなんだと思う。

     

     

     

    まあ、もちろん

    最後は写真に撮ろうと思うので、お皿に気を使ったり、見栄え良く盛り付けようという気持ちが働いて

    それが日々の暮らしをちょっと、シャンとしてくれている側面はあり

    そのあたりのバランス感覚をうまく表現するのはとても難しいのだけれど

     

    その行動をしている時の自分の視点が自分の中にあるのか

    第三者的に自分を俯瞰している場所にあるのか

     

    というのは、かなりメンタリティとしての違いが大きいなあと思ったのが今回のできごと。

     

     

     

    実は私が自宅の撮影を断り出したのは、これが2度目で

    一番最初に

     

    「自宅撮影はしないでください」

     

    と今思えば不遜な(すみませんでした)お願いをしていたのは

    ちょうどコラムニストとしてのキャリアが始まったばかりの、2000年の頃だった。

    当時私は朝日新聞で「ネオ家事入門」という連載をしていて、それが結構評判がよく

    雑誌の取材や書籍化の依頼などが立て続けに入り出したのもこの頃だった。

     

    合理的な家事。

    それを実践しているワーキングマザー。

     

    その人の家を撮して、いろいろ実践している技などを紹介していく。

     

    これ、雑誌では頻繁に見る内容だと思うけど、

    キャリアの駆け出しで、こうした取り上げ方をしてもらうことが大きな宣伝にもなるというこの時期に

     

    どうしたことか、私は取材依頼を全部断ってた。

    あほか。

    チャンスじゃないか!

     

     

    でも自分としては、これにはちゃんとした理由があったんだった。

     

    「撮影をされると思えば、見栄えがいいようにちょっとは片付けたり

     埃だらけの場所を掃除したりしてしまいます。

     そして、たいていはどんな家でも、風景を切り取ってカメラマンさんが撮影すると

     なんだかちょっと素敵な暮らしに見えることも、あると思います。

     

     でも暮らしていくって、そういうことじゃないと思うんです。

     特に小さい子供がいて、さらに働いていたら、家の中はカオスになって当たり前なんです。

     

     忙しくても、なんとかなる。きちんとちゃんとしなくていい。

     それを発信したい私の家が、ちゃんと片付いていてきれいに見えたら

     それを見た人の中には”こうしなくちゃダメなんだ” って思ってしまう人もいると思う。

     

     私がやりたいのはそういうことじゃないので、自宅は映さないでください。

     家事技などはハウススタジオとわかる場所でお願いします」

     

     

    やな感じのやつだ。

    でも本当にそう思ったんだから仕方ない。

     

    そんな感じで私は自分のキャリアを開始して、でもそれなりになんとかやってきて

     

     

    ただ、途中で離婚してシングルマザーになったので

    そこから先は

    ただ本当に

     

    子供を育てていくために

     

    声をかけていただいた仕事はそれこそ何でも、一生懸命やった。

    その中に、自宅の撮影も結構入っていたっていうこと。

     

     

     

    それ、もうそろそろいいかなあって思ってるってことなんだと思う。

    外側からどう見えるかってことより、また改めて自分自身に立ち戻って

    自分の目からいろんなことを見て決めていきたいなあって。

     

     

    でも

    そうやっていろんなプロセスを思い返していくと

     

    仕事もして子育てもして、家事も完璧で

    インスタとかフェイスブックにすんばらしいインテリアの家や家族のために作った料理の写真を披露して

    読モ(読者モデル)として雑誌に登場したり

    そんな若いママたちを見たりすると

     

    こりゃまあ

    並大抵のエネルギーじゃないぜ! って思うんである。

    ってか、おれ、仕事でやってたからなんとか割り切ってできたんであって

    生きて稼ぐためにどうしても必要だったというのではない場所で

    これだけのエネルギーを割いていることのすごさについて、しばしくらりとすることがある。

     

    「仕事として」の場ではなくて、そのままの素の自分の暮らしと人生に

    「どう見られるか」という意識が大量に入り込むことの危うさについて

     

    やっぱりどっかで、自覚しておいたほうがいい気もする。

    それ、すごく疲れるし、等身大を見誤るから。

    特に子育て中の「素敵なママ」「いい家庭」「ちゃんとした暮らし」という外側の枠組みを含めた俯瞰から自分をどう見せたいかを考え始めると、かなりしんどいことになっていく。それはもう、確実に。

     

    そのエネルギーは、もしかしたらもっと別の場所に使うほうがいいのかもしれない。

     

     

     

    インスタ映え

     

     

    って言葉がもう当たり前のように使われるようになっていって

    形に残すからこそ、だらりんとしてしまう日常にちょっと背筋が伸びるきっかけができて

    レイアウトや盛り付けやファッションのセンスが、みなどんどんよくなっていく

     

    それはとても素敵なことだって思うけど

     

    今の自分はプールに行ったらやっぱりまずは泳ぎたいし

    うまいものはまずは食べようよ、冷めるまで撮影に熱中しないで、って思う。

    ま、インスタ熱もそのうち冷えるだろうからいいんだけど>笑

     

    ただ、私が雑誌の取材なんかを通して、不思議な体験として自分を俯瞰することの

    刺激的な魅力と、一方での危うさを体験してきたことが

    今はみんながインスタグラムとかで体験していて

    それ、すごく面白いなあと思う。

     

     

     

    ってなことで

     

    撮影のために何か作ってください

     

     

     

    という一言でものすごく苦しくなってしまった自分が面白かったので書いてみた。

    またなんだか、とりとめがない。

     

    ここは、しごく個人的なとりとめないブログなので、ごめんなさいです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      w
    • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
      武蔵野夫人
    • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
      maymay
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      武蔵野夫人
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      武蔵野夫人
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      武蔵野夫人
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      ちくわ
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      macohime
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      ワンチン
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM