パリの「日本」あるある10

2015.08.25 Tuesday 01:51
0
    8月24日。今日は豪雨で風も強く、どこも歩けないので早く帰ってきた。
    で、暇なのでパリでよく目にする日本のあれこれ、あるある、こういうことってのを書いてみる。

    1、どこもかしこも寿司屋だらけ。日本食はすでに定番

    SUSHI好き半端ない。日本人じゃなくて、中国人や韓国人のシンジケートみたいのがやってる店(だいたいメニューが皆同じで、写真つきの量産されたようなものを使っている)では、寿司、焼き鳥の組み合わせがほとんどなんだけど、回転寿し屋もある。
    あと、フードコートやスーパーの総菜にも必ず売っている。

    海苔の黒い色というのは全般的に欧米で受け入れられにくいようで、アメリカではごはんが外側になった巻き寿司の上に、カラフルに飛びっこやフライドオニオンなんかを振りかけているものが多かったけど、フランスではもうちょっと控えめで、海苔が外側になっているものもある。
    中身はサーモン、ツナ(まぐろ)、アボカドなどが中心。スーパーで小さいのり巻き1本分で5〜6ユーロぐらい。多少お腹にたまる量になると10ユーロを超え、ちゃんとしたところだと20ユーロを軽く超えていくので、価格としては回転寿司がなかったころの日本の寿司やの値段って感じ。

    私が住んでる郊外の、こんなところに? ってところにまで複数ある。
    そして不思議なことに、人が入っている。



    それにしても、サーモンどんぶりやにぎり寿司に別盛りのごはんとコーラがつくセットって一体何か。


    2、地方都市ではどんどん寿司屋がつぶれているらしい

    ただ、テレビのニュースによると、マルセイユなど地方にも進出した寿司だが、ピーク時を過ぎてどんどんつぶれ出しているとか。
    理由は、「やはり地方都市では定着しにくい」ことと、「なんと言っても高い」「高い割にお腹にたまらない」ってことらしい。

    パリは意外だけど小食の人が多く、健康志向から日本食に手が伸びるんだろうけど、いっぱい食べる地方都市ではやはり寿司でお腹を満たすのは不可なんだと思う。

    3、カニカマは国民食。つけるのはタルタル。

    Surimi という名前で大量に売られている。起源が日本だとは誰も知らないように思う。
    味は大味。絶対日本のほうがおいしい。

    ちなみにオードブルセットみたいに売られているものにはタルタルみたいなソースがついている。
    試しにわさび醤油で食べたけど、あまり合わなかった。うまみが足りないからかなー。たぶん化調などでの味付けが薄めだから、醤油とわさびでは物足りないんだと思う。こっちのかにかまは、タルタルで食べるほうがうまいように思う。

    4、ラーメン大好き。でも麺はのびのびでもいいらしい。

    ラーメンはすざましく好まれている。
    20年ぐらい前に来たときに日本人しかいなかったような店が、大繁盛店になっており、フランス人が器用に箸を使って食べている。
    ちなみに箸のことはバゲットと言って、パンのバゲットと同じなので、フランス人は身近なのかもしれん>ほんとか?

    ただ、ラーメンの食べ方はちょい違う。
    たいてい、ラーメンの前にアントレを頼んでる人が多い。
    餃子とか、サラダとか。
    それを炭酸水とかワインとか、その手のものでちろりと食べてから、メインのラーメンやチャーハンや焼きそばなんかを頼む。

    ラーメン一品だけをかきこむ、という食べ方は忙しいビジネスマンはしてるけど、おしゃべりしながら食べるのが常なので、なんか前菜が欲しいらしい。

    で、おしゃべりしながらだらだら食べるので、ラーメンのびのびになる。
    それでもいいらしい。
    つゆ吸ってどんどん膨れ上がって増えてんじゃね? っていうような状態で食べている人もいる。
    もともと、フランス料理には熱々のものをふーふーして食べるものが存在しないので、猫舌の人も多くて熱いままでは食べられないというのもあるらしい。


    5、ごはんはしょうゆをかけて食べるシリアルらしい

    ごはんは主食じゃなくて、シリアルの一種なので、サラダやつけあわせで出て来ることが多いけれど、中華料理店や日本食屋の主食ごはんは、健康志向の女性が健康食として食べているみたいだ。

    前に目撃したのは、白いごはんとメンマ2皿頼んで、白いごはんにしょうゆかけて食べてたきれいなパリジェンヌ。
    ぎょうざはほとんどのフランス人が好きみたいだけど、ぎょうざと白いご飯頼んで、ごはんにしょうゆかけて食べてた子もいた。

    真っ白くて味のないもの、というのが苦手らしく、ごはんには味をつけたいらしい。

    日本のフランスパンがそのまま食べてもあまりおいしくないので、バターやジャムをつけたくなるのと同じで、こっちのごはんは米があまりおいしくないので、甘みや滋味が少なく、やっぱりしょうゆとかかけないと物足りないのは確か。
    逆にこっちのバゲットは何もつけなくても、小麦のうまみがしっかりあってとてもおいしい。

    6、東京から来たというとたいてい喜ぶ

    日本のこと好きな人多い。昔は日本なんて知らんという人がとても多かったけど、今は日本から来たというと、結構反応はいい。
    特に、東京から来たというと、喜ぶ。

    日本が好きだという人は、アニメ好きか、京都とかサムライとか禅とか浮世絵とか、その手の文化的なものが好きなのかと勝手に思っていたが、日本が好きだ、行きたいという人に、どこに行きたいのか理由を聞いたら

    「東京だ!ものすごく大きな都市だから」
    「そしてモダン(現代的)なものがたくさんあるから!」と複数言われた。

    日本人はパリの歴史や街並の古さに感動するけど、それ、もう見飽きてるから便利で現代的でおっきな東京ってのが、すごく魅力的らしい。

    7、どこにでも浮世絵の本がある

    アート系の本屋、美術館のショップにはどこでも必ず浮世絵の本がある。ウタマロ、北斎大好きらしい。
    パリの東洋美術を集めたギメ美術館では、てぬぐいから折り紙から書道から、日本文化の本もグッズも何から何まで揃う品揃えじゃった。

    こんな映画も公開される予定。

    http://sarusuberi-movie.com/index.html

    街中でっかく Miss HOKUSAI のポスター貼ってある。

    これはサンマルタン運河沿いの本屋さん。1234の上に、HIFUMIYO と書いてある。日本の本も結構あった。



    8、浪速粉もの系が受ける傾向。頑張れラテン大阪。

    アメリカでもテリヤキソースは大人気だったけど、フランス人もこれ系の味は好きらしい。
    で、さらにソース文化が進出しだしており、たこ焼き、お好み焼きはこっちでもかなり受けているらしい。

    たこ焼きはここ
    http://sarusuberi-movie.com/index.html
    お好み焼きはここ
    http://okomusu.com


    ソース味いけるらしい。
    頑張れ大阪。

    逆に、さぬきうどんみたいなあっさり系の魚介出汁系は、好き嫌いが分かれるみたいだ。
    これ、私も痛感したんだけど、気候が決定的に違うので、湿気がなくてからっと乾いたこの気候の中では、和風の魚介出汁系はにおいも味もあまりしっくり来なくておいしさを感じにくい。なんかね、あまり食べたい気持ちにならないのね、あっさり和風だし。

    みそ汁みたいにしっかりした味があると、フランスの人も結構好むらしいです。

    9、SAKEのことはかなりの人が知ってるが、みなSAKEは熱くして飲む物だと思っている

    日本酒の浸透力すげー。

    ただ、海外ではまだ日本酒はとっくりにいれて温めて飲む熱燗が主流のようで、SAKEは冷酒がうまいんだと言うと驚かれる。

    よい日本酒ほど、熱燗にせず冷酒で飲むものなんだよということをフランス語で説明しようとしたんだが、稚拙すぎて余よく伝えられなかった。
    ここは、もう世界の日本酒大使世界の中田に頑張ってもらいたいもんであるよ。

    10、「楽しい」というちっとも楽しくない日本食ブランドがある



    ちょっとしたスーパーなら、小さなコーナーが割とどこにでもある。

    えびせん(どう見てもタイのえびせんべい)
    カップラーメン(味が海外使用で絶望的にうまくない。そもそもテリヤキ味って何だ)
    わさび豆(唯一これが食べられる)
    などがある。

    最初はおもしろがって買ったけど、ぜんぜんおいしくないのでそのうちやめた。
    フランスブランドで「ライスクラッカー」という名前で売っているもののほうが、そのまま薄焼き塩せんべいでうまかった。

    あと番外

    番外、フランス人のアルコール消費量はどんどん減っているらしい。そして今ビールがブーム

    テレビでやってた。
    フランス人といえばワインがぶ飲み! ってイメージあったけど、消費量はどんどん減ってるらしい。

    私の印象だけど、お酒の飲み方でいえば、普通の人(ここ大事)は日本のほうががぶがぶ酒飲んでる感じがする。
    ペースが早いというか。

    こっちはのんびり1杯のお酒で、長い間話したりしてたり
    食事の時は、食事に合わせてちょっとづつ食前酒やワイン変えていくので、東京で私の友達が飲んでるみたいに(苦笑)、ワイン何本も空けて飲んでく、という風景にはあまり出会ったことがない。

    まあ、それでもたくさん飲む人もいるし、毎日飲むから消費は多いんだけど、どんどん減ってるそうだ。
    で、街では飛躍的に生ビールのお店が増えて、若い子みんな生ビールで集ってた。



    私的には大歓迎です>笑
    生ビールの種類は、いろいろ揃えているところもあるけど、ちょっとしたカフェだと、
    blanc

    brun
    と言われることがおおく、どっちも ブラン と聞こえるので苦労する。
    上が白、下が褐色、ブラウンの意味。
    写真は白いほうのブラン。

    ラの2種類の発音の練習をしている感じです。

    以上、食べ物の話ばかりになってしまった。
    そんなことにしか興味がないと言うのがよくわかる。
    ごめんなさい。
    category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      武蔵野夫人
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      キョウコ
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      はろ!
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM