簡素化がいかがなものかという人は、子ども育てながら365日仕事をしつつ朝食夕食弁当を作りつづけてみるといいと思う

2015.08.13 Thursday 19:17
0
    こないだブログに書いてどえらいリーチ数を稼いだ内容が、フランス在住経験があるの方の記事になっていました。さらにリアルにわかるかも。にゃんとタイムリー。

    http://toyokeizai.net/articles/-/80266

    フランス女性の「食事観」は日本人と全く違う

    食事も弁当もシンプルさを優先



    で、Facebookを含めて、そこに「いかがなものか」的なコメントがついているのはほぼ男性というあたりが、とてもおもろです。食事作りに対する窮屈感、疲弊感、試行錯誤感というのは、経験している人にしかリアルにわからないのかも。特に、子育てしながら仕事をしている、という中での「食事の支度」の立ち位置というのは、これはもう、やったことのある人にしかわからんと思うよ。

    いかがなものかという人はやってみれ、ほんま。
    仕事しながら2人ぐらい子どもいて、365日(ここが大事)朝晩の食事とお弁当作ってみれ。

    わかるから。

    中には、平気のへっちゃらでていねいな暮らしをしてるよ、という人もいるかもだけど、それはいわゆる「特殊能力」を持った人で、時々こういう特殊能力者が本や雑誌でていねいな暮らしプロパガンダをしていることがあるが、それはレアケースなので万人に同じことを求めてはいけない。
    (そしてその特殊能力者にはオンとオフがあったりもするので、全部を信じてはいけない)

    ところで、このタイトルは「フランス女性」となっているよね。
    「フランス人」じゃないんだよね。
    女性の就業率が高く、男女同権と見えているフランスだけど、フェミニズムについてはまだまだいろんなバトルがあって、その意味でも、食事の支度で出て来る言葉が”フランス女性”とジェンダーつきということについては、この記事を書いたのが日本の人だからなのか、それとも食事の支度は世界的にもう全般的に”女”カテゴリーなのかというあたりは、ちょっと興味があります。
    話ずれた。


    あとは食の好みや傾向は大きいと思うの。

    私はこちらに来てまだ一度もごはんを食べたいと思っていないし、みそ汁もまったく必要ない。
    日本にいる時から、割とそういう傾向がある。
    この傾向は一定期間で変わったり、ローテしたり、いろいろ変動しているので、ごはんがおいしいなあと思う時期もあるけど、基本的には日本食にはあまり得意でない分野がかなりある。甘い味付けの野菜とか煮魚とか、とても苦手。
    (健康に悪いとか、日本食が一番いいと必ず言う人がいるけど、そのあたりはちゃんといろいろ考えながらやってるし、食にはとても気を使っているんだよう。好きな物、おいしいと思う物が違うのは、ごく自然なことで、日本人なんだから米食べろ! と言われるのにもちょっと抵抗がある)。

    あと、基本的に魚より肉が好きで、そばとか寿司とか日本っぽいものもあまり必要としない体質なので(除く:讃岐うどんとラーメン>これはパリにはちゃんと店があるし食材も手に入る)、ここでもぜんぜんラクだけど、そうじゃない人は拒否感感じると思う。

    でもさ、頭で想像しても意味ないじゃん。

    住むうちに、ああ、これはうまいなあって思うようになって、順応していくこともあるでしょ。
    特にパンは、日本のパンを想像して「パンに自分でハム挟ませて食べさせるなんて、なんてわびしい」と思ったら、大間違いのサザエさんで、まったく別のものだから。
    バゲットにバターとチーズを挟んだだけで、ほんとにおいしい。あとはきゅうりとか果物かじっておけば、バランスは取れる。

    味覚が育たないという人もいるかもだけど、パンの小麦の味、バターやチーズの芳醇な味、濃厚な野菜や果物の味がちゃんとわかるようになる。それはとても大切なことだ。
    うまみ調味料などで素材の味がわかんなくなるまで高度調理された総菜を食べるよりも。


    日本だっておにぎりがあるじゃないか。おにぎりと何も変わらん ってことになるのかもしれないけど

    おにぎりって実はとっても面倒なんだよ。

    ごはん炊かなくちゃだし。
    シャケやたらこ焼く? 梅干しから種取る? かつおぶしにお醤油混ぜる? なんてことをしていると、あっという間に時間が経つ。
    じゃあ、昆布やのりの佃煮とか、しゃけほぐして瓶詰めになってるのでいいじゃん! となるけど、そこには合成着色料が保存料がたっぷり入っていて、たいていは甘すぎるかしょっぱすぎる味付けになっている。

    あとは最後に海苔を袋から出して巻いて、ラップ出して包んで、さらにおにぎりだけじゃあまりにも悲しいだろということで小さい容れ物に漬け物やらプチトマトやら唐揚げ2個なんていうのを仕込んで持たせる。
    (フルーツに異様な執着を見せる人もいる。日本人はりんご丸ごとなんて持たせ方を絶対にしないから、小さく食べやすく切って、さらにはうさぎさんの形にしてみたり、塩水につけてみたりという境地に入ると、それはもう。。。。。)

    というまでの労力が、やっぱり忙しかったり疲れていたり時間がない時にはとってもしんどい。

    そして。

    作り終わったあとの厨房を見よ。


    飛び散った海苔やかつおぶし、ごはん粒のついたしゃもじ、シャケやたらこの使い残し、まないたと包丁。
    散らかった野菜や果物の皮。しゃけ焼いたあとのグリルの惨状。
    残ったごはんは保温するのか。それとも小分けして冷凍するのか。次にごはんを食べるのは何時間後だ? 

    それ、片付けると思うだけで体力の5%ぐらいは消費した気になる。

    かあちゃんやとうちゃんののおにぎり弁当にお世話になった人は
    ほんと、感謝せねばあかんよ。
    うん、あれ、結構大変なんよ。



    ちゃちゃっとおにぎり握ることが苦もなく出来る人はちゃちゃっとやればいい。

    でも、出来ない人も、いる。
    外側の安全な場所から、そこに「やればよろしい」なんて言うのは反則だと思う。


    食を準備する人、作ってくれる人の労力や時間を、簡単に軽んじないで欲しい。



    アメリカもごはんや弁当がラクだった。
    家事もラクだった。

    でもそのラクさの後ろにある冷凍食品や保存食やテイクアウトの食材というのものは、そこはかとなくわびしさや悲しさ、不健康さがつきまとっていて、続くとそのベクトルにやられてしまうので、「なるべく使わずにやってみよう」という気持ちが生まれたのも確か。
    あの国で「健康的に食べる」ためには、別の意味の手間がかかった。お金もかかった。


    フランスがちょい違うのは、便利さの後ろに「食へのこだわり」も強く存在していることだと思う。

    Bioのマーケットが非常によく好まれていたり、健康志向も高い。
    この記事の中にもドレッシングの話が出て来たけれど、アメリカのスーパーで棚一個分すべてを占めていたドレッシングの瓶が、こちらのスーパーでは大きな場所を占めていない。

    フランスの家庭に招かれて、市販のドレッシング出て来たことないなーって言う人多い。


    でもそれ、玉ねぎすりおろしてあれとこれと混ぜてとか、手作りマヨネーズになんか足してとか、そういうんじゃなくって、ただオイルとバルサミコをその場で上から振りかけちゃったり、容器でちゃかーっと混ぜちゃったりするだけ。
    保存料とか添加物入らない。でもオイルとビネガーと塩がうまければ、それで十分。

    こだわっているけど簡単。

    なんかね、そういうところはいろいろ取り入れられると思うんだよね。


    私は別にフランスを礼賛したいわけではなく、ここにもたくさん食の問題はある。
    悪名高きモンサントはフランスの会社だ。


    いま、フランス人は日本食が大好きで、日本食のよいところをたくさん取り入れようとしていて、食材もレストランもたくさん見かける。

    私たちは一時期、ミシュラン星がついたような「フランス料理」をたくさんありがたがって取り入れたけれど、今度は「フランスの毎日のごはん」の素敵なところを、取り入れてみたらいいんじゃないかな。
    別にフランスに限らず、世界中のいろんなこと。
    これまで多かった「フランスの素敵な暮らし」的な手間ひまかけ子の内容じゃなくって、子育てしながら髪振り乱してぎゃーっ!ってやってても、なんとかなるっていうところのいいエッセンスを。

    子どもができると、まだ仕事をやめてしまう人が多数いる日本が、もっと気楽に産んで育てて働けるようになるためには、そういう外側からのヒントも大事だなって思う。内側だけからはなかなか変われないから。

    で、そういうことが結局少子化の流れを変えていけるかもしれない。

    ま、私は少子であることをさほど大問題とも思っていないんだけど(ほんと、いろんな事情あるし)、それでももっと楽しく子育てできるようになるためには、ごはん作りなんていう日常の瑣末な(でもとても大事な)ところの価値観の変換も必要だなあって思う。


    なにもフランスと同じようにすればいいということではなく、エッセンスを取り入れて日本なりに工夫して行けばいいってことだと思うの。
    おいしい国、日本だからこそ、なおさら。


    そういうこと、ちょっとこれから考えてみたいなーと思います。


    今日は写真がないじゃないか。
    仕方ないのでこんなのくっつけとく。



    ienaの水曜日のマルシェ。
    ちょこちょこ小分けに買って来た。
    いろんな色の混じったトマトは、そのまま洗ってボウルに入れて出すだけで、ちゃんとした一皿になる。
    ドレッシングいらない。おいしい塩あれば十分。


    さて、今日は昨日のあまりの暑さに夏バテして、授業を休みました。
    明日から2泊でパリから列車で3時間半のcoreezeというところに小旅行にでかけます。
    wifiはつながらなくなります。

    ということで、明日からブログはしばしお休みです。

    のびーっとしてきます。

    でわでわ。
    category:Paris ひとり暮らし | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      武蔵野夫人
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      キョウコ
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      はろ!
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM