明日 ……日ウタ4

2015.06.28 Sunday 22:25
0
    明日は来るのかな

    ほんとうに
    来るのかな
     
    このまま目をつぶって暗闇の中に落ちていったら
    そのまま朝が来ない
    それを
    「死ぬ」というのです。


    幼い私に教えたのは母だった。
     
    なんでそんなことを教えたのだ。
     
    あれから私は
    夜になるたびに
    二度と来ない朝を思っておびえ
    50歳をすぎた今になっても
    まだ
    闇の中で小さく緊張する。

    毎日小さく死んで

    生きていることを知り安堵して
     
    でも
     
    繰り返し、繰り返し
    明日は来るのだろうか
    本当に
    来るんだろうかと
     
    3歳のときからずっとずっと思って生きている。
     
    今日のつづきに明日が来るというのは
    もしかしたら
    奇跡のようないことなのかもしれない。
    category:日々のウタ | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 「一人だったら絶対作らない」という食卓の背景には何があるんだろう? ってことを一人の食卓から考える
      武蔵野夫人
    • 「一人だったら絶対作らない」という食卓の背景には何があるんだろう? ってことを一人の食卓から考える
      snow
    • 「やらなかったこと」について 「やっていればきっとこうだった」と考えることの意味についてー円柱12時間のその後
      武蔵野夫人
    • 「やらなかったこと」について 「やっていればきっとこうだった」と考えることの意味についてー円柱12時間のその後
      さつき
    • 「人生は必要な時に、必要なぶんだけ与えてくれる」ってことをフランスで教わる
      武蔵野夫人
    • 「人生は必要な時に、必要なぶんだけ与えてくれる」ってことをフランスで教わる
      武蔵野夫人
    • 「人生は必要な時に、必要なぶんだけ与えてくれる」ってことをフランスで教わる
      sakamoto
    • 「人生は必要な時に、必要なぶんだけ与えてくれる」ってことをフランスで教わる
      まっひー
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      武蔵婦夫人
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      ちゃたろう
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM