「楽しそう」と言われることについて

2015.06.18 Thursday 23:57
0
    銅版画やってて最近つくづく思うのは

    私は本当に、芸術家とかアーティストと言われるような人にはぜんぜんなれなくて

    どちらかというと職人的な作業が好きなんだなあ、ということ。

    空間を生かして、シンプルな描画を熟考して(もしくはパッションのおもむくままに)
    キャンバスに刻むということにはまったく向いておらず

    それよりも、幾重にもいろんな作業をキャンバスの上に重ねていきたくなっちゃうほうだ。

    ペンや絵の具でゼロから形を作り上げることよりも
    画材や紙やその他いろいろな素材をずらーっと並べたり
    ワイヤーや石や布やメタルなどの素材の山をだらりと作って
    それを見ながら組み合わせをさんざんトライして、なんか作りあげていくのがすごく好きだ。


    それは、文章を書くことにもよく現れていて
    小説みたいなものは書けなくて
    なんか情報を編集したりすることを好んでいたりする。


    そういうの、なんかタイプみたいなものがあるのかな。




    まあ、とにかく芸術家にはなれないわけで
    その点では、銅版画も描画に凝るというよりも
    刷るときにこの和紙を重ねてみたらどうなるだろうとか
    一枚に複数の版を並べて刷ったらどうなるだろうとか
    そんなことをあれこれやってみているのが無上に楽しいわけなのです。
    工芸の職人さんとか
    なりてー!
    漆とか金箔とか竹細工とか、もうすげーやってみたいー!

    そんなこと考えるだけで、なんかむちゃくちゃテンション上がったりする。
    そんなノリで日々制作にはげんでいるわけですが。



    今日、久しぶりにアトリエを訪れた銅版画の先輩さんから

    「あなたって本当にいつも楽しそうに作ってるのね」

    って言われた。
    え”、楽しそうですか、私。

    「楽しくて仕方ないって感じで銅版画やってるのが、すごくいいのよ」

    そしたら横で聞いていた銅版画の先生が

    「いろいろ頭で考えすぎないで、思い付いたことをすぐにどんどんやってみてるのがいいんだよ」

    って、うれしいことを言ってくれた。

    「ほら、みんないろいろ考えすぎて手が止まる人が多いから」って。


    物を作っているときに、楽しそうに見えるって、なんかすごくうれしい。
    いや、自分はごく真面目に、一生懸命やっていたつもりなんだけど
    それが傍目には楽しくって仕方ないと映るのであれば
    それはきっと楽しんでいるからなんだろう。
    うきうきワクワクしているわけでも、面白くて仕方ない気分なわけでもないけれど
    無心に取り組んでしまう状態が、楽しそうに見えているのかもしれない。


    そういえば、もうかなり昔のこと。
    私、結婚してたことがあった。


    で、その結婚した相手というのは
    私が会社で広報みたいな仕事をしていたときに、そこに商宣のポジ(そうだよ、昔は写真は
    ポジにして貸し出しをしていたんだよー)を借りに来た人だった。
    写真を返してくださいな、と連絡を入れたら、デートに誘われたのだった。

    だいぶあとになって、あの時なぜデートに誘ったのかと聞いたら
    「なんか、すっごく楽しそうに仕事していたんだよね」
    と言われたんだった。

    仕事している女の人って、仕事してます! って感じの人が多いじゃない。
    でも君は、なんかすごく普通に、当たり前のように楽しそうだった。
    それ、いいなって思った。
    って。

    ああ、そうだな。
    仕事、楽しかった。
    仕事、好きだったもの。


    結婚したら結婚生活は楽しいことばかりじゃなくって
    楽しくない終わり方をしたわけだけれど

    あの時に言われた、「楽しそうだったから」って
    そういえば、なんかちょっとうれしかったんだ。


    いつもすごく楽しそうに銅版画しているのね、って

    今日そう言われて

    決して楽しいばかりの人生じゃなかったんだけど
    でも
    やってたら夢中になれることがあって
    そんな自分を見た人が、楽しそうだなあって思ってくれるのって
    なんかちょっとうれしいなあと思う。


    今日ね、朝のテレビで
    103歳の抽象水墨画家の篠田 桃紅さんのインタビューやってた。
    その年になっても、夢中になって気がついたら朝になっていることがあるって。

    時間が経つのも忘れて夢中になれることがあるってことが
    長生きの秘訣なんだって。


    そんなの聞いたら

    なんだか長生きできるような気になってきたよ。

    とりとめもないんだけど
    今日
    ちょっとうれしかったから。


    今日はそんなお話でした。







     
    category:Dairy Tokyo | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      武蔵野夫人
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      キョウコ
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      はろ!
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM