習い事をする、ということ

2014.08.18 Monday 14:02
0
    先日、ちょっとしたマルシェのようなものに参加して、自分の作った作品を並べていたときのこと。私にとって、こういう場所に作ったものを並べるのははじめてなので、勝手がよくわからずにいたんだけれど、お客さんにかけられたこの一言が、ずっとずっと気になって仕方なかった。彼女は、私がアメリカでアーティストの女性に教えてもらった方法を取り入れた作品を見て、こう言った。

    「あ、知ってますよ、これね。新色よね?」

    新色?



    最初なんのことかぜんぜんわからなかったんだけど、どうやら使ったワイヤーの色を言っているようだ。
    ワイヤーワークに使うワイヤーは、ほとんどがアメリカからの輸入で結構高い。日本では手作り主婦の聖地ともなっている貴和製作所やビーズショップなどのパーツショップでは、少なくとも3〜4年前まではほんの少しのスペースで一部のワイヤーを扱っていただけだったが、最近なんだかブームになったようで、一気に取り扱いスペースが広がった。
    言われてみれば、ピンクゴールドのワイヤーは、以前は売っていなかったと記憶しているので、どうやら最近日本での扱いが始まったということなんだろう。

    ”さあ、そうなんですか? 私はアメリカから直接買っているので、わからないんですけど” 

    と答えたら、一緒にいる連れの人に

    「こういうのね、私この前作り方教わったの。今度作ってみるわ」

    そう言って満足げにうなずいて、去っていってしまった。
    それから、ずっとその一言が気になって仕方ない。
    「あ、知ってますよ、これね。新色よね?」

    とてもうちひしがれたような、複雑な気分になった。
    なぜこんなに気になるんだろう、という理由がずっとわからずにいたんだけど、先日、ちょっと見えた気がした。

    彼女はきっと教室で先生にワイヤーワークを習っていて、そこで新色が出たということを知ったのだろう。
    知ってるものがあったから、新色だということと、作り方を知っていることを私に告げただけ。
    でも、私にはそれは、以下のような受け取り方をしてしまう内容だったんだと思う。

    例えば私が画家で、鳥を描いた絵を飾っている。
    そこにやってきた人が

    「あ、私この絵の具知ってるわ。ホルバインの新色でしょう?」という。

    そして連れの人に
    「この前ね、鳥の描き方をお教室で先生に教わったのよ。帰ったら描いてみるわ」

    と言って帰っていく。
    そんな感じ。
    なんというか、いる場所が違うんだな、という違和感。

    これまで、いろんな習い事やお教室に通ったことはあって、特にビーズとかワイヤーとか、その手のアクセサリーを教える教室で行われていることは、だいたいわかる。人間関係とか、師弟関係とか。
    で、私はそれがとっても苦手なので、自分で教える側に回りたいと思ったことはほとんどないんだけど
    (イベントなどでワークショップやるのは楽しいけどねー)

    あ、そうか。

    この手の習い事の多くは

    「どうやって作るか」 を教わる場所で

    「何を作るか」 を考える場所とはちょっと違うんだな、ってことにやっとこ気づいたよう。



    アメリカに居た時、とにかく繰り返し言われたのが
    「Creative mind」がいかに大切かということ。
    お手本の通りではなく、どうやって個性を入れてアレンジをするか、ということに
    教える側も教わる側も夢中になってた。

    ああいう感じが、日本ではあまり遭遇できなくって
    たとえばかなり前に私が教える資格を取った学校では、同じく講師の資格を取った女性が
    私が作ったネックレスを見て

    「オリジナルのデザイン? どうしてそんなものが考えられるの? すごいすごい」
    というので
    じゃあ何を作るの? と聞いたら、お手本がなければ何を作っていいのかわからない、と答えてびっくりしたことがある。

    その団体では、そういう女性達を対象に、日々、先生が作ったお手本キットを量産して
    それを講師資格を取った女性に売って、女性達はそういうキットを買って、生徒を集めて受講料を取って教える。
    そんなビジネスだということがわかって、すっかり萎えてやめてしまったけど
    市井で講師という教える場所にいる人の中には、そういう人も多いんだなあと、かなり驚いた。

    女性を対象にした習い事では、教わっている間は、自分の作品を作って売ってはならないという取り決めがあったりとか
    型紙やパターンの真似をしたものが出回ると、すぐ通達されてしまうとか
    結構面倒なこともとても多い。

    デザインの剽窃は、もちろん言語道断だけれど
    師弟関係があるうちは、教わった技術で自分なりのデザインを考えて何かを作ることも
    結構制限されてしまうこともある。

    そのくせ、何かが流行ると一斉に、みな同じ物を量産したりして
    どうにも手作り系、アクセサリー系の世界は妙な気分になることがとても多い。


    一方で、このところ私が技術を教えてもらっている銅版画や彫金では
    どんどん自分のブランドを作って売り出していけ、個展もやってやって、という雰囲気が強くあって
    教わっているのはあくまで技術なのだから、そこから何を生み出すかというのは、こちら側にゆだねられている。
    逆に言えば、生み出したいものがなければ
    技術を教わっても何の意味もないってことだ。
    (逆も真で、技術がなければ、イメージが形にならないわけで、これは相互関係にある)


    たぶん、私は後者のようなことをしたくて、手段のひとつとしてワイヤーの技術を身につけたんだと思う。
    でも、そうやってやっていることが、結局は前者のような見え方をされていることに
    ちょっとがっかりしてしまったんだろうな、きっと。
    自分が何一つクリエイティブなことができておらず、ただ「先生に作り方を教わった」としか見えないものを
    並べているんだということを、心底恥じたというのも正しいかもしんない。

    自分がいる場所は、自分で考えろ
    中途半端なことをしちゃあかん。

    かなり真剣に反省したのでありました。


    敷衍して考えてるんだけど
    そういえば、子どもが小さいころ、○○音楽教室ってところに連れていって、激しく落胆して
    こんな場所に連れていかないほうがよいと痛感したことを思い出した。
    チューリップの唄を歌いながら、折り紙でチューリップを折りましょうといわれて、
    青と銀色でチューリップを折った息子に、先生は
    「どうしたの? 青いお花はありません。葉っぱは銀ではなく緑です。折り直しましょうね」
    と、赤と緑の折り紙を渡した。

    青と銀色のチューリップ、私はうっとりして眺めていたのに。
    というか、チューリップを歌いながら、チューリップを折らなくてはいけない筋合いなどどこにもないのだ。

    何を生み出すかではなく
    手本どおりの技術を学ぶ。
    手本をはずれると、正される。

    子ども達の習い事にも、そんなセオリーがあるようで、とても息苦しいなあと思うことがある。
    Creative Mind を引き出すということに
    あまりにも無頓着なんじゃないかと思ったりする。


    「あ、知ってますよ、これね。新色よね?」

    居心地の悪い一言が、ちっともCreativeでなかった自分を教えてくれたから
    だから、そのあともずっとずっと、気になっていたんだと思う。
    プライドを傷つけられた気になっていたけど
    実際のところは足りない自分をつきつけられたことの、ざわつき感だったんだ、あれは。

    http://logmi.jp/19098
    「学ぶことを今すぐやめよう」

    ↑ 彼はアスペルガーだから、根っこのところはぜんぜん違う立場にいるけれど

    みなさんが何かを考えるとき、自分自身の創造的な方法で考えなければならない、すでに目の前にあるすべての物をただ受け入れるだけではいけない、ということです。

    という言葉に激しく同意した。
    日本の教育は、ただ受け入れることだけを要求してるような気がするよ。

    ということで、気持ちを入れ替えて、物作りをしようと思ったこのところでした。

    大事なのはCreative Mindよ! って繰り返し教えてくれたアメリカの人たちに感謝。
    そういうこと、子ども達にも伝えていきたいよなあ。



     
    category:アメリカ留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      美枝
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      李英二
    • 脳内地図とポップアップ現象ー50代からの英語4
      武蔵野夫人
    • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
      武蔵野夫人
    • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
      武蔵野夫人
    • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
      武蔵野夫人
    • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
      武蔵野夫人
    • 脳内地図とポップアップ現象ー50代からの英語4
      まゆ
    • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
      Toruberlin
    • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
      ふすま
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM