東京の街で、笑っているお母さんが少ないということ

2014.02.18 Tuesday 11:08
0
    今朝、こんなブログを読んだ。
    http://www.huffingtonpost.jp/osamu-sakai/baby-japan_b_4648685.html
    「赤ちゃんに厳しい国で、赤ちゃんが増えるはずがない」


    それで、ずっとずっと書きたかったことを今日、ここに書こうと思った。

    オースティンから帰ってもう半年。
    4ヶ月に満たない滞在だったけれど、あれから再び、これまでとはちょっと違った目で日本の暮らしを送る中、何か、とてつもなく風景が違う場所があることに、気がついた。

    東京の街で、笑っているお母さんが少ない、ということだ。


    アメリカでは、家族連れのお母さんは、ガハガハと大きな口を開けてよく笑っていた。
    まわりの人も、子どもを見れば笑っていた。
    レストランで親子で大笑いしながら話し込む親子連れを、たくさん、たくさん見かけた。

    あの風景を、東京では見かけないんだ、と気づいたとき
    この国はなんと、子どもを育てにくい場所なのだろうと思った。
    そんな思いが、前述のブログの記事の中にもたくさん散りばめられていて
    読んでいてなんだか、泣きたくなったよ。


    子育ては、母親が一人でするもんじゃない。
    そんなの誰でもわかっていることなのに、ここでは多くの母親が、子育てを一人で背負い込んでいる。
    日本の男性の家事と子育ての時間分担は、先進国の中でも「まぢか?」と目を疑うほど少ない。
    http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h19/gaiyou/html/zuhyo/G_13.html

    最近は「イクメン」(好きな言葉じゃないけど)が増えてるって言うけど
    それは全体が底上げされているというより、両極化しているという人もいる。
    いろんなことが前進しているけど、それでも日本のメンタリティとしては、子育てはやはり「母親」が主体で行うものだ。
    主体で行うべき人に、だから社会は責任を問う。

    なんといっても、政策決めている場所にいる人たちは、いまだNHKの朝ドラの主人公のように、割烹着を着ておふくろの味を作り続けるお母ちゃん像を念頭に置いて、家族の形を考えていたりする。あの時代にあったコミュニティやメンタリティがすべて欠落している現代で、かっぽう着のおかあちゃんだけ欲しがったって無理に決まってるってことに、なんで気づかないんやろ。
    年齢のせいだけじゃないんだと思う。
    二世議員や、両親が知識人や有名人で、生まれながら高学歴高収入の恵まれた世界だけで育った人たちが、大臣や諮問委員をしてるだけじゃ、家族の多様性なんてわかるわけがない。夫婦別姓が家族を壊すとか、婚外子に相続権を認めるなとか、女性は子を産んだら家にいろとか、死別と違って離婚は本人のわがままなのだから、母子手当ての額は違って当然とか、そういうことしか発想できない人たちを、私は心から、寂しい人たちだなと思ってる。


    でも一方で
    そんな「社会の側」にある都合だけではなく
    母親の中にも、子育てを辛くしてしまう種のようなものが、粛々と眠っているような気が私はしてる。


    先日、葉山に絵を見に行ったときのこと。


    海の見える気持ちのいいレストランで昼食を取るために席についたら
    隣の席には生後8ヶ月ほどの赤ちゃんをベビーカーで連れてきた若い夫婦が座っていた。

    この月齢の赤ちゃんは、何をしてもかわいい。
    こんな天気のよい日に、海の見えるレストランで、おいしいランチを食べながら過ごすなんて、素敵だよ。
    いい家族だなって思って、しばらく赤ちゃんを見てた。

    でも、ここで気づいた。
    この夫婦はランチを食べに来ているわけじゃなくて、テーブルにあるのは紅茶とケーキのセットがひとつだけだ。

    で、とにかくせわしなく二人ともずっと動いている。
    何をしているかというと、赤ちゃんに離乳食を食べさせている。
    お母さんのママバッグからは、次から次へとありとあらゆるものが出てきた。
    スタイ、タオル、密閉容器に入った離乳食、市販の箱に入った離乳食、スプーン、お茶の入ったマグマグ、食べ物を切るためのはさみみたいなものから、ビニール袋まで。
    そうだそうだ、この月齢のころ、私もこんな風に大量の道具を携帯していた。ママバッグは満杯だった。

    お母さんからお父さんに指示が飛ぶ。
    お父さんは黙々と食べさせる。
    途中でお母さんと交代する。
    その間にお父さんはせわしなくケーキをつつく。
    赤ちゃんがこぼす。
    赤ちゃんが大きな声を出してはしゃぐ。

    叱る。
    また食べさせる。
    食べ終わったらスタイを変え、道具をすべてしまい、お茶を飲ませ、服を整え、コートを着せ
    残った紅茶をすすってから身支度をして、お母さんが支払いをしている間にお父さんが赤ちゃんを連れ
    せわしなく店を出て、海を背景に写真を撮って、帰っていった。

    この間
    二人とも、一度も笑わなかった。

    食べさせること、着替えさせること、騒いではいけないと叱ること以外
    おしゃべりをすることもなかった。


    そうだそうだ。
    私の時も、こんなことがよくあった。

    子育ては「しなくてはいけないこと」の無限の繰り返しなのだ。
    この若い夫婦は、この海辺のレストランで、この日の午後に「しなくてはいけないこと」をして帰った。
    たぶん、しなくてはいけないことがあったから、ここに寄ったのかもしれない。
    離乳食を、○時までに食べさせなければ、と思えばケーキセットを一つ頼んで寒さをしのいでこの場所に座るのは、とてもいい選択肢だったのかもしれない。

    しなくてはいけないことをしている時、きっと私も笑っていなかったんだと思う。
    帰宅後も、そんなTO DOは果てしなく続き、そうして常にやるべきことに追いかけられながら
    妙にハイテンションな緊張状態が続き
    街の中で舌打ちが聞こえると、自分に向けられているのではと思い
    子どもが騒げば周囲を気にして防御態勢となり
    一番テンパッていた時期は、幸せだったけれど、なんだか無理やり楽しいと思い込んでいたような記憶もある。


    なんかさ。
    子育ってって、そんなに「やらなくちゃいけないこと」がたくさんあるものだったのかな。

    離乳食は手作りのものを家から密閉容器に詰めて、専用のスプーンもケースに入れて持参して
    おてふきだのおしりふきだのスタイだの着替えだのを準備して
    ○時までに食べさせなくてはならないとか
    ○を食べさせてはならないとか
    ○時までには昼寝をさせなくてはとか
    この場所では写真を撮らなくてはとか。

    夜は○時までに寝かせなければ脳の発達が遅れるだの
    ○歳までにはおむつを取らないと情操教育上悪いだの
    毎日笑顔で話しかけながら授乳しろだの

    あれ、いったい何だったんだろうな。
    無限の「しなくちゃいけない」ことって、思い返せば誰かに強要されていたわけでも
    ものすごく必要に迫られていたわけでもなく
    ただ、私が自分で決めて「やらねば」と思っていただけだったのかもしれない、と
    アメリカで暮らしている中で、そう思ったんだー。


    アメリカだって、お母さんはいろいろ大変で、アメリカならではの子育ての悩みはいっぱいある。
    それでも
    手作りの離乳食を専用のスプーンで食べさせることよりも
    おせんべみたいなものをかじらせておきながら
    おしゃべりするほうが楽しいよね、って思える空気感が、あの場所にはあったなって思う。

    毎日「やらなくちゃ」と決めてしまったことが、もう少し減って
    ああ、こんなぐらいでちょうどいいなあ
    適当にやっておいてもOK
    なんとかなるよって思えたら
    気持ちがふっと楽になって

    無理やり笑顔を作って赤ちゃん言葉で子どもに話しかけるんじゃなくって
    夫婦で大人の笑顔でおしゃべりしながら
    自然体で子育てを楽しめるようになれるといいのに、って思う。


    私の友達はアメリカで子どもを産んで育てて
    その中で、日本とのあまりの違いに目がぱちくりしたことがあるんだって。

    産後に手にしたワーキングマザーのための雑誌のコラム。
    そこにはこんな一節があったのだと。

    ”あなたは、いま、人生で最高の時間を過ごしているはずよ。
    街を歩けば、みなあなたのために道を譲る。
    あなたのベビーを見て、みながあなたたちにほほえみ、言葉をかけ、愛情を注いでくれているでしょう?
    でも、そんな夢の様な時間はそろそろおしまい。
    人生で最高の時間に別れをつげて、そろそろ復職の準備をはじめましょう。
    あなたにはもうひとつの役目があるのだから”


    赤ん坊を連れてあるけば、世界が微笑み、愛情のこもったまなざしでみつめてくれる。
    子育って、ほんとはそういうことなんだと思う。

    ときに泣き喚き、おしっこやうんちのにおいをさせて、走り回る子を連れて歩いているこの私が
    「そのままのあなたたち親子でOKだよ」って。

    そう思わせてくれる場所にいられるかどうかって
    すごく
    すごく違うことだって思うんだー。


    日本がダメってことなんじゃないと思う。
    東京は人が多すぎて、ベビーカーに場所を譲るゆとりもない電車で、時間のゆとりもない人たちがひしめきあっていて。
    そんな場所で自信を失い、笑顔を失ってしまう。
    でもね、「そのままのあなたたち親子でOKだよ」って笑顔を向けてくれる地域は、日本にだっていっぱいあると思うんだよ。

    やらなくちゃ

    って思うことを、少し手放す。


    まわりは、お母さんがやるべきって思うことを、もうすっかり手放してやる。


    日本のお母さんに、笑顔が増えるといいなって思う。
    だから専門家のみなさんは、お母さんがやるべきってことを、もうあんまり増やさないでね、って思います。


    最近、思っていることでした。


     
    category:アメリカ留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      美枝
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      李英二
    • 脳内地図とポップアップ現象ー50代からの英語4
      武蔵野夫人
    • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
      武蔵野夫人
    • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
      武蔵野夫人
    • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
      武蔵野夫人
    • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
      武蔵野夫人
    • 脳内地図とポップアップ現象ー50代からの英語4
      まゆ
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM