サイレントピリオド−50代からの英語3

2013.07.19 Friday 10:56
0
     前の投稿で、中学生や高校生が泣きながらアメリカの学校通っていたけど、ある日突然はじけたように英語を話しだした、という経験談をいくつか書きましたが、こういうのは「サイレントピリオド」という表現で説明できるのだそうです。

    昨日、夏の学期で参加しているBook Clubのミーティングで先生のEllenとちょっと話しました。

    「本当に私達もなぜなのかはまったくわからないのだけれど、サイレントピリオドというものが確かに存在するのよ。2週間という人もいれば、半年経ってもその時期がやってこない人もいる。でも、どこかの時点である日突然、英語が口をついて出るようになり、話している内容がわかる日が来るの。とても不思議」

    それはたぶん、私が周りの人からいろいろ聞いているのと同じ話ですね? でも2週間から半年以上というタイムラグがあるんだ。個人差があるってこと?

    「そう。特に年齢は関係しているわね。若ければ若いだけ、サイレントピリオドが終わる時期は早くなる。それでも個人差があるのは、性格にもよるし脳の個性にもよるわねえ」

    うーむ。ってことは私のような年齢になると、サイレントピリオドの時期はものすごーく長くなるってことなのね?

    「うん、そうね」



    ‥うん、そうね(きっぱり)だと。
    そんなにきっぱりと言わなくても。



    もうさ、私は8月末で日本に帰らなくちゃならないから、暮らしながらサイレントピリオドが終わるのを待ってる時間はないんだよねえ。今一番困っているのは、街に出て買い物をしたり食事をしても、お店の人の言ってる言葉がぜんぜんわからないこと。あと一部の先生の発音もぜんぜん聞き取れない。もにょもにょってなると。
    教材でリスニングの勉強したけど、あんな風にしゃべる人だれもいないし。。。。。
    と泣きついてみる。

    「みんなすごく早口で話すものねえ。私たち教師はね、クラスにいるときは話し方を変えているの。私生活に戻れば違う話し方になる。クリアに話す先生の言葉は聞き取れても、早口で不明瞭な発音の先生は聞き取りにくいし、街にでるとわからないというのはみんながよく言うことよ」

    そうなのそうなの。ほんとにもうさあ、実生活は違うよねえ。教材とは。とほほ。

    「普段テレビとかつけて見てる?」

    あー、私、日本にいるときは朝から晩までアメリカのドラマをずっとつけてBGM代わりにしてたの。でも、何を言っているのかわからなければ、どんなに聴いても何の意味もなかった。ただ聞き流して耳を慣らすってことには、何の意味もないのだなあと思ったんだよねえ。

    「それはそう。相手がいて話さない限り会話力は伸びないの。質問して答える、相手の反応が見える。その繰り返しがない限り、上達はしないのよねえ」


    やはりそうか。

    「でも、なるべくたくさんネイティブの話していることを聞くことは大事よ。だからテレビやラジオなんかもつけてみて」

    あー、もう私NSCIのギブスの大ファンだから、それだけでもうれしくて毎日つけてます!! と変な所で胸を張ってみる。

    とりあえず、こちらに来てからドラマに英語字幕が出るようになったので、ああ、この発音でこの言葉を言っていたのか、ってことがわかってきて、飛躍的にリスニング力は伸びたと思う。どんなに何度繰り返し聴いてもわからなかった、名探偵モンクの主題歌の歌詞が、こっちで字幕を見たとたんに解決したのには感動したし。
    で、一度わかると、似たような発言が次から次へとわかってきたり。

    これは以前NYに赴任していた友達を尋ねたときに、言われたことだった。
    彼女は普通に英語が流暢に話せてビジネスでも成功を収めているのに、日々英語は鍛錬しないとダメで、まだまだ勉強が必要なんだと言っていた(えー。そんなに話せるのに? って驚いたもんだ)。
    で、その彼女が「こっちに来たらテレビに英字幕が出るから、それ見て聴いてるとすっごく勉強になるんだよね」と言ってたのを思い出し、とにかくこっちに来てからすぐにテレビに字幕が出る設定にしてもらったのじゃった。


    日本では英語字幕つきの映画やドラマは激しく高い教材として売られているので、つい身構えてしまうけれど、この日常のドラマに英字幕が出てくるってのは本当にすっごくいいんだなあ。日本に戻ったら、Huluとかでいくつかあるらしいから探してみよっかなあ。


    などなどとりとめなくなっちゃったけど、とにかくサイレントピリオドってのがあって、勉強しながらそれを待つしかないらしいんだが、それは高校生でも6ヶ月かかったりもするらしいので、私のようなものが夏の学期だけでどっかまでのレベルに行こうとしていること自体が、無謀なことなのだな、ということを認識する。


    先生たちは、いろんな学生たちを見て経験上わかっているから、あれこれあせってしまう私のようなもんを見ても、「とにかく話してね」「トークタイムに参加してね」としか言わないのだと思う。

    いや、参加してもなんの意味もない気がするんだよ。それより、具体的になんか勉強法を教えてよ、と焦って匍匐前進しようとするんだけど、もしかしたらそんなにガツガツせずに、いろんなことを「楽しいなあ」と思いながらのんびりじっくり暮らしていけば、いつかサイレントピリオドが終わって、はじけるように英語を話せるようになるのかもしれない。



    ‥って、いったい誰がそんな風にずっとアメリカで暮らせるってんでい、この年で。

    ということで、サイレントピリオドが何かはわかったけど、おそらく私にとっては何の解決策にもなっていないので、とりあえず自分なりに工夫していることを次回書きます。
    秋以降も残る息子にとっては、この話は非常に前向きに受け止めてよい話だと思います。

    今日はここまで。

    写真は、大学のどの教室にもなぜか設置されている鉛筆削りの図。
    教室のうしろに、板に打ち付けられた鉛筆削りがこんな風に釘で貼り付けられていて、その下にはゴミ箱がただ置いてある、というある意味シュールな風景。ほとんどの教室にあり。


    いまどき削る鉛筆を使ってるのがいる? と思うんだけど、いる。

    とにかくアメリカの文具のレベルの残念さには驚くばかりなんだけど、ノートとか筆記具使ってる人自体があまりいないので、そのあたりは学力とかにはあまり関係ないのかも? とさえ思ってしまうこの頃。こんな話もまたいつか。
    category:アメリカ留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      美枝
    • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
      李英二
    • 脳内地図とポップアップ現象ー50代からの英語4
      武蔵野夫人
    • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
      武蔵野夫人
    • お客様が神様の日本で、最近仕事で折れることが増えたのは、なんかとっても単純な理由だったことがわかった件
      武蔵野夫人
    • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
      武蔵野夫人
    • フランスと日本のデッサン教本のヌードの扱いがあまりに違う件。なんで日本は女だけ脱がすんや!?
      武蔵野夫人
    • 脳内地図とポップアップ現象ー50代からの英語4
      まゆ
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM