自分にご褒美を出す

2013.07.08 Monday 00:23
0
     大学での学期の半分が終わりました。夏の学期は10週間なので、5週間が経過したということになります。

    でもって、私の英語力は胸をはって、それはもうものの見事に「まったく上達していません」。きっぱり。

    おかしいなあ。フランスにいたときは、1週間で12時間のセッションでフランス語の会話能力が飛躍的に伸びたんだけどなあ。


    かれこれ100時間大学で英語ばっかり勉強しているんですが、いまだなんの実感もありません。たぶん、こっちに来たときとほぼ同じレベルであると思われる。ただ度胸がついたからわけわかめの英語でも口から出るようになった、ぐらいで>笑

    たぶん、理由は学習の目的にあるんだと思います。ESLにいる学生たちは、みなその先に何らかの目的を持っています。TOFFLEでスコアを取って、次のステップに進むためには、読み書き文法ができないとあかんので、学習はほぼそこに特化している。
    私はただ、話したいだけなので、歴史小説を読んでそこからボキャを拾って一週間に20個覚えろと言われてテストをされても、齢すぎて崩壊した脳細胞には負荷が多きすぎて、なんの進展もない。というか、こんな小説の中の難しい単語を覚えても(という時点で、何をテストで覚えたのかされもう思い出せない)、日常生活では使わんよね? とか。
    あと、past と past progressive と past perfect と past perfect progressive の違いをパーフェクトに覚えてテストに備えても、それ、買い物や旅行のときの会話でそんなに重大に意味を持たんよね? とか。いや、確実にためにはなるんだろうけど、実際には何も話せるようになっとらんよ? と。

    もう、そういうすごーくいい加減な目的意識なのに、おそらく自分のグレードよりかなり高いクラスに入ってしまっているため、授業内容の大半が脳みそからこぼれ落ちている、というのが現実のような気がします。

    ま、そういうのも続けていればいつか効果があるんだと言われるんだけど、とりあえず授業は常にかなり濃厚に答えたり話したりという参加が求められるので、わけわかめな状態で座っている自分には辛いです>笑 あ! そうか。勉強って辛いものだったのか? そういうことさえよくわかってないんだけど。


    と、この手のことを書き出すとダークサイドに落ちていくので(笑)、学期も半分終わったことだし、自分たちにごほうびを出そうということになりました。
    あ、息子はさほど辛い辛いとは思っていない様子。最初の試験でかなり手を抜いたため、グレードが低いところに割り振られています。私はヘタに受験勉強を頑張らされた学生時代を過ごしたため、クラス分けテストで頑張りすぎたことが今の結果を招いている。
    日本人は文法と読み書きは得意だけど、会話がまったくダメなので、授業のレベルについていけないのであります。あほだな、おれ。


    ということでごほうび。

    Round Rock という地名はどこかで聞いたことがあると思っていましたが、DELLの本拠地だったんですね。で、このRound Rockという土地は、全米の「住みたい街」の7位にランクされているところなのだそうです。
    7位ってさほど上ではないんでね? と思うかもだけど、ここはアメリカです。どかーんと広いこの国の中で7位って、東京の7位というのとはちょい違う気がします(当たり前か)。

    で、ここにでっかいアウトレットがあると聞いたので、土曜日の午後に行ってみることにしました。ボーナスとして私と息子に支給したドル紙幣を握りしめて、はじめて有料のハイウエイに乗って30分ほど。制限速度は70マイル。120キロほど。景色が住んでる街とは違って、超おもろ。

    どちらにしろ、うちら6月と7月が誕生日月なので、お互いの誕生日プレゼントを買いましょうということなんですが、当たり前ですが財布は私のものなので、ボーナスもなにもないんでありますが。。。。。ま、いいのよ。ぱーっと憂さ晴らしに買い物、買い物。

    http://www.premiumoutlets.com/outlets/outlet.asp?id=73

    アメリカのアウトレットはほんと巨大なところも多いんですが、ここは日本の御殿場よりは小さめ。ブランドもびっくりするほど違うものが入っているわけでもなく、まあ、いつものアウトレットでのお買い物となりましたが、ただひとつ違っていたのはサイズでした。

    こちらにきてちょっとだけお腹が凹んだので、こちらで女性の先生がよく着ているカシュクールタイプのニットワンピが欲しいなあと思い、ANNE TALORで発見して購入。サイズXSで十分でした。なんで!?!?! 日本では13号の時だってあるのに。。。。。

    あとはかわいいタンクトップ1枚。教室が寒くて仕方ないので、リーボックでブーツタイプのスニーカー。独立記念着セール中で、服は2枚で48ドル。スニーカーは22ドルでした。やすっ!
    もう、ヘンにアメリカンな明るいだけが取り柄! みたいな服ばかり見てきたので、こういう落ち着いた色合いがうれしいったら。



    あとはキッチングッズなどを買ってほくほくとアウトレットを後にする。
    息子は服には結構持論があるタイプのため、アメリカンファッションの中には何一つ見いだせなかった様子>笑 辛抱強く母の買い物に付き合うのはさすがの私の子であります。

    帰りラウンドロックの名所でもあると聞いた、BBQの店へ。
    時間は午後5時。外は未だ40度近い炎天下。

    到着したら長蛇の列で、入るのに25分はまってくれという。



    まわりを見たら、オープンエアーの中庭にはすぐ通してもらえる模様。あー、いいよ外でも。すぐ座れるんだよね?

    ……と言ってしまったことをあとで激しく後悔するも、時すでに遅し。
    炎天下での食事にも慣れてはきたというものの、やはり日差しの強さは半端ないです。



    BBQを食す。

    もう、こんな盛り付けにも驚かなくなってきた。
    いや、驚く自分でいたい。いなくちゃいけない、とは思う理性はまだ残っている。
    右上にあるつけあわせは、ピクルスと玉ねぎです。玉ねぎは生のまま。ただ8分の1の串切りになって放り投げるように置いてある。生のたまねぎを食うシーンが、たしかスティーブマックィーンのパピヨンという映画にあったよなあ、と思いながら食す。



    これでたしか16.5ドル。一皿をシェアしてビールとコーラを頼んでチップと税金を入れたら30ドル。肉はうまいんだけど、なんというか、コスパ的に極端なものが多く、こちらでの外食はどうやってもまだ慣れることができません。いや、慣れなくてもいいとは思う。うん。


    この後、息子はギターセンターに寄って、ずっと欲しがっていたアンプをゲット。大学が始まってすぐギターは買ったんだけど、アンプは買ってもらえずにシャカシャカ弾いて耐えていた5週間。残りは思うん存分音出して弾いてください。


    あと5週間。
    足りないところを自分で学習しようにも、毎日の大量の宿題(これも、1時間ラジオ番組聞いて内容まとめろとか、自分にはグレードが高すぎるものばかりで、ほとんどがわけわかめのままただ形だけ流しているので、余力がまったく残らない)に追われて、どんどん英語が嫌いになっていく自分。
    なんとか授業をこなしながら、自分なりの工夫ができないかどうか頑張ってみようと思います。

    いやあ、あれこれ経験してみると、本当に海外で頑張った人が偉いなあって思う。若くて柔軟な時のほうが、もうちょっといいかも。さすがにライフスタイルも好き嫌いも定着して、相当頑固になりつつある自分には、負荷でかいなあと思うこのごろ。
    きっとあとで笑い飛ばせるから頑張るね。


    category:アメリカ留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      武蔵野夫人
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      キョウコ
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      はろ!
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM