ワイヤークロシェットの教室へ行く

2013.06.28 Friday 13:17
0
    勉強ってやっぱり面白いもんじゃないよね、。。。という、なんというか当たり前のことに大学に入ってから気づくアホなおれ。。。。。

    すんでのところでダークサイドに落ちかけて、ふと思ったんす。 
    だったら楽しいことをすればいいじゃないか。
    自分がほんとに楽しいって思ってやってきたことを、ここでもみつければ? 

    そんなアタリマエのことに気づいたので、ネットでせっせと検索してみました。 ぼんやり日本で検索していたときには何もみつからなかったのに、こっちに来て本気で探したらざくざくとみつかるみつかる。 

    ということで、英語の勉強もかねて、行ってみようと思い立つ。ほで、地元のビーズやさんが主宰している教室にちょいよさげなものを発見。申し込みはお電話で! と明るく書いてあったのですが、電話まだ怖い。。。。。身振り手振り半分で会話している私なので、もうじかに行っちゃったほうが楽でしょ、、、ってことで、車すっ飛ばして飛び込み申し込みへ。 

    すみません、英語がまだあまりうまくないんです。大丈夫ですか、と聞いてみたら、「No problem!!」満面の笑みで申し込みを受け付けてくれました。 教室はちょうど1週間後。持ってくるものなど丁寧に教えてくれて、ひとまずほっ。

    なんつか、ここ、Austinの人はみんな、本当にフレンドリーです。これが同じテキサスでも、ダラスとかに行くとだいぶ雰囲気が違うのだそうです。私が住んでいる場所は、どこに行っても嫌な思いをしたことがあまりありません。いいところだよう。 

    こちらでみつけたこの手の手芸教室、夜開催のものが多かったです。私のは夜の6時に始まり、9時まで。 昼にやってるのもあるけど、昼は子どもの車のお迎えなんかもあるし、夫が定時に帰ってくるなら、夜のほうが参加しやすいよね。こちらは子どもの送迎必須だし、子どもを一人で家に置いておけない(法律で禁じられている)ので、夜のほうが夫に子ども預けてこれる。だから結構若い人も多数。(この写真に写ってるのはおばちゃまだけど>笑)。このあたりもお国柄。

    参加したのはワイヤークロシェットの教室。ビーズをただワイヤーで編むというだけのものなんですが、きっちりとしたビーズ系のクラフトに比べて、ラフな感じがとっても好きなんす。 

     教室、こんな感じー!

     
    わー、、、きらきらしたもんがいっぱい! アガるアガる、気分がアガる。

     地元のおばちゃまおねえちゃまばかりで、世間話してるんだけど、ネイティブの世間話ってのは内容ほぼ皆無で聞き取れません、早くって。。。。。 先生、とってもよい人だったんだけど、説明も言葉でされているものはほとんど聞き取れていない。
    それでも、直に教えに来てくれれば、言ってることはだいたいわかります。 
    申し込みのときにNo problem!!と明るく答えてくれた女の子が、気を使ってくれてそばに来て、わかる? と何度も確認してくれたので、製作過程は無問題。

    こんなのが作れました!! 楽しかったー。 


    参加費は25ドルだったので、なんかずい分安いなあと思っていたら、これは講習費。ビーズやワイヤーはお店で好きなものを選んで買うのです。だから、作ってるのはみんなすごく違っていて個性的。 
    自分で資材を持っている人は、持参で来てもよいので、材料持参なら講習費のみで受講できます。でも、ここに来てるおばちゃんたちは、人の作ってるのを見て「あら、それいいわー!」とか、もっと違う色が欲しい、、などと言ってはお店を歩きまわって、いろいろお買い上げしてくれるので、お店としては十分元が取れるし、足りない資材はすぐ出してくれてすごく親切でした。 

     先生の作品も、すごくいいじょ。


     私ね、アメリカに来ることになった時、こっちでぜひ今やっているワイヤーワークを習って帰りたいと思っていたんです。 

    NYのバーンズ&ノーブルでワイヤーワークの本に出会ってから3年ほど。すっかり魅せられて、日本に戻ってからワイヤージュエリーの資格も取ったんだけど、でもね。日本のワイヤージュエリーは、私には乙女すぎたり、マダムすぎたりして、いまひとつ「なんか違うんだよなあ」という気持ちが残っていたのも確か。 


     アメリカのはね、いいんですよ。 おおざっぱで。 

    でもって、すごく個性的だし、色も主張が強くて。

     キラキラふわふわではなくて、パッキリガツンという感じの作品を作る作家さんが多くて、アートに近いものが多く、ああ、こんなもんをいろいろ直に見てくれたら素敵だなあ、と。 その夢がひとつかないました。 

    資材もちょい違うから、表現方法も違っていておもしろい。 
    日本では、この手の講座は全部キットが用意されていて、お手本通りに作るというのがほとんど。今回のように全員ばらばらの色や資材で、長さも止め方もその人の好きなように、なんていう講座は、あまり見たことがないです。
    てんでばらばらのみんなの作品見てるのも楽しかった。あと、進行にまったくむとんちゃくにマイペースで製作してるおばちゃん多くておもろかった。

    ネイティブ同士で話される会話はぜんぜん聞き取れなかったけれど、最初は英語があまり得意でない、聞きなれない名前のアジア人が混じっていて、誰も話しかけてこなかったけれど、作品ができてきたら自然と、「その色いいわあ」「あらあなた、すごく素敵」とどんどん声がかかるようになり、最後には「あなたの使ったビーズと同じの欲しいの、どこにあった?」と話しかけてくれるおばさまもおり。

    帰り際には、おばちゃまが引き連れてきた夫(笑)が、写真撮るよー! と記念撮影もしてくれました。

     昔、NYに行ったときに在住のお友達のNorikoちゃんが、「芸術でも音楽でも、何かひとつできることがあれば、言葉が通じなくてもコミュニケーションができるし、相手から一目置いてもらえるんだよ、この街は」って言ってたのを思い出しました。 
    ワイヤークロシェットを習うっていうだけでも、ちょっとそんな体験が出来た気がしてうれしかった。 

    それいいねえ、きれいだね、いい色だよ、素敵だな、好きだな。 そういう気持ちがつながると、人ってちゃんとコミュニケーションできるんだなー。

     いや、英語はもうちょっと勉強しないとだめぽですが。。。(いや、ほんとわけわかめだった)。ほんでもちゃんと申し込んで参加してきた自分を、なでなでしているところです。

     また来週も別のものに参加してきます!
    category:アメリカ留学 | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -
    Comment
    わぁ〜〜〜とってもすてきすてき!!
    いい経験してきたねぇ。

    そうそう、勉強よりも好きなことをやれる年齢なのだから(笑)好きなことやるのが何より心の栄養になるよねっ。
    そうは言っても参加するまで緊張したと思うけど、素敵なものを作るいづみちゃんの感性は世界共通だと思うもの。
    是非マスターしてきて作ってくださいー!
    • koto
    • 2013/06/28 2:42 PM
    ことちゃんありがとうねええ。そうなの、楽しくないと身につかないなあって本当に思う。英語も、課題読んでボキャブラリーを単語カードに書いて10個覚えろと言われても苦痛(っていうかもう覚えられない>笑)んだけど、好きなドラマ見てたら覚えたり>笑
    人生で培ってきたもので、向き合っていくっていうのが大事なのかもね@新しい世界。いろいろトライしてみるね!
    • izoomi
    • 2013/06/29 3:35 AM








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      武蔵野夫人
    • Covit19で起こるメンタル不調にどう向き合えばいいのか、ってことについて
      キョウコ
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      武蔵野婦人
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      ニート男性
    • 孤独のグルメから「きのう何食べた?」、そしてはるみさんのこと。未来の小さな灯りをさがして、今年もよろしくです
      あっか
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      武蔵野夫人
    • 離婚して一人で子育てをして、しんどくなったことについて。自由に生きることには大きな責任が伴うってことについても。
      ゆうこ
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      武蔵野夫人
    • なんでフランスのごはん作りはラクで、日本のごはん作りは面倒だと感じるんじゃろ
      はろ!
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM