「あの人ちょっと変わってるよね」はフランス語でどう表現するのか。個性、オリジナリティという言葉はどういう時に使われるのか、日本人の価値感のあり方を改めて考えた。

2016.08.14 Sunday 22:42
0

    おばんです。今日は、「あの人ちょっと変わってるね」と言いたい時、フランス語ではどう表現するのか、というお話です。去年からその答えを探していたんですが、回答を手にしたとき、ちょいクラリとしました。いや、ほんとに。なんつか、足下がグラリというか。

     

    言葉の問題なんだけど、そこに「個人」をどうとらえるのかという価値感の問題が、ふかーくふかーく横たわっていると(勝手に)思ったので、今日のお題。

     

    時は昨年に遡ります。

     

    パリの友人(フランス人)に、ちょっとした愚痴をこぼしました。

    んで、その時に「仕方ないのよね、その人ちょっと変人だから」と言いたかった。

     

    さて、「あの人ちょっと変わってるから」は

    フランス語でなんと言ったらいいのでしょう。

    日本語をそのまま直訳すると

    Elle est un peu bizzard.

     

    となります。

    が、しかし、そんな表現は絶対にしないぞ、という。

    それはちょい頭がおかしくなってて、靴を頭に乗せてるとか(わからんが)、道の真ん中で大声でなんか怒鳴ってるとか、そういうことを指すよというのである。

     

    何があったのか詳しく話せ、そうしたらわかるからというので、事情を説明した。

    そしたら、

     

    ああ、それは

    Ell’a une personalité forte.

     

    でいいんじゃない? という。Personalitéは英語でいうパーソナリティ、いわゆる個性。

    Fort(e)は強いという意味。

    「彼女は強い個性がある」。

     

    敢えて「強い」とつけるの? と聞いたら、

    当たり前じゃない、個性というのはすべての人が持っていてすべて違うものだから、彼女は個性があるという表現は成立し得ない、と言われて、その時に、なんだかいろんなことが頭の中でごっちゃになったのだった。

     

     

    私は、

    「彼女は普通と違う」=「彼女は変わっている」 と言いたかった。

     

    答えは

    「全員違うのが普通である」 となった。

     

    つまり性格や人となりが「人と違う」「変わっている」ということに対する表現が、フランス語の中にはないってことなのか? と理解してみた。

    考えてみれば、当たり前のことで、「個性」はそれぞれが持つもので、十人十色ということわざだってちゃんと日本語の中にはある。

     

    それでも、日本語で「個性がある」とか「個性的」というのは、ちょっと特別なニュアンスを持つ表現で、聞くところによると今の若者が一番周囲から言われたくないのが、「君って個性的だよね」という評価なんだと。

    特に女子の場合、「個性的」と言われるのはたいがいはほめ言葉ではない。

    クラスの中に「ああ、あの子個性的だからね」という子がいたら、たいていそれはちょい浮いていることを指したりもする。

    (私がそうだったら、非常によくわかる)。

     

     

    パーソナリティ のありか。

     

    全部違うパーソナリティがデフォルト という地平にいることと

     

    全部平均値の中にいることがデフォルト、よってちょっとでも個性が強いと浮く という地平にいることと

     

     

    自分のあり方だけでなく、他者へのまなざしも違ってくるんじゃないか、などと考えた去年。

     

    そもそも、髪の色も肌の色も目の色も違う人がまわりにたくさんいて、さらに父母や祖父母を遡って行けば、出身国がもうそれぞれ違っててあっちこっちから集まって来てるよー、という場所にいるのと

     

    髪も肌も目の色もみんな同じで、じいちゃんばあちゃんから遡ってもみんな日本、って場所にいるのとでは

     

    ものの捉え方は違って当たり前なのかもしれない。

     

     

     

    まあ、それでも「強い個性がある」というのは、なるほど、ある程度は理解できる表現なので、そうか、今後は「ちょっと変わった人だ」と日本人として思う場合は、「強い個性の持ち主」と言えばいいのか、と話した。

     

    しかし、その後彼女はちょい、考え込んでしまった。

     

    「うーん、でもまだちょっと違う気がするー。なんていうんだろう、こういう時。。。。。」

     

     

     

    ってか、「あの人ちょっと変わってるから」って、日本語的にすごく悩むような言葉なんだろか。

    なんか、すごくよく使わない?

    「あー、ちょっと変わってるよねー」「ああ、あのちょっと変わったお店?」「なんか変わった夫婦だったよー」。。。。。

     

    彼女が悩んでしまったので、さらに説明を加えた。

    「なんつか、今回特別に何か変なことをしたというのじゃなくて、昔からそうなの。周りでも彼女のことを変わってるっていう人が多いの。そうねえ、なんというか、思ってもみない反応をするというか。だから嫌な想いすることもあるの。そういうの、なんて言うんだろうねえ」

     

    「あー、 それはきっと、オリジナルじゃない?」

     

    une personne originale

     

    オリジナルな人。

     

    ちなみに、オリジナルを仏和辞典で引くと、「もとの、オリジナルの」という意味のほかに、「独創的、ユニーク、斬新」というのが出て来る。

    日本語だと、「独創的」というのはポジティブな表現だけれど、それが性格に使われると、フランス語では

     

    「風変わり、奇妙」という意味になる。

     

     

     

    とても、おもしろい。

     

     

     

    いろいろうまく整理できなかったので、今回また、同じエピソードを話して、別のフランス人に「彼女変わってる」ってなんていう? って聞いてみた。

    答えは

     

    originale

     

     

     

    une personalité forte 

    だと、気が強くて、どんどん自分で決めてしまうようなタイプのことを指すから、あなたが言いたいのはたぶん、originale。

    つまり、日本語直訳でいけば、彼女ってユニーク ってことになる。

     

     

     

    なのでもし、自分がどこかで

    「いづみさんってとってもオリジナル!」って言われたら

    それは、なんか変わってるってことを意味することらしいので、覚えておくことにする>笑

     

     

     

    「あの人、変わってるね」

    という表現が存在しないフランス語。

     

    たったそれだけのことなんだけど

     

    このところの「個性を大事にした教育」と謳いながら、教室で人と違う意見を手を挙げて言うと「変わった子」になってしまって、やがてその場の空気を読む能力ばかりが鍛えられていく日本の子どもたちが、なんだか悲しいなあと思っていた私には、ちょっと心にひっかかる出来事になったのだった。

     

    いや、このところの、と書いたけど

    それは自分が子どもの頃からずっとそうで

     

    「私はもっと違うことを思いました」と手を挙げて発言したあとの、ものすごく後味の悪い空気とか

    自分が一番好きだと思った服を着て出かけると、「いづみさんはなんか変わってるね」と言われたり

    「なんかみんなと違うよね」と言われたりすることばかりが多くて

    それは重く澱のように、自分の中に「周囲から肯定されなかった」という想い出として残っているからなのかもしれない。

     

    一度、転職して入った会社で、出社時にエレベーターの中で同期の子たちと一緒になった時

    私が図書館の本をそのまま手にして乗って来たのを見て

    「そういうの、すごく変わってるよね」「うん、ももちゃんってほんとみんなと違うよね」

    「普通そういうことしないよね」と口々に言われて

    なんだかあっけにとられたことがあった。

     

    図書館の本を借りて読むってことさえ、「変わってる」って言われる世界って何。

    私がその前にいた世界では、ぜんぜん「変わってる」ことじゃなかったことが

    別の場所に来たら突然「すごく変わってる」「普通じゃない」となることの驚き。

     

    その後しばらく私は、「ものすごく変わってる子」になった。

     

     

    「変わっている」ということは、「愛されていない」「受け入れられていない」ことの裏返しのような言葉として発せられることも多かったように思い出す私は、だから、今の若者は「個性的」と言われることを嫌うのかもしれない、と思ったりもする。

    「一人一人の器」の平均値からはみでた時に、そこにはじめて「個性」が生まれると考えるのと

    「一人一人の器」が、そもそも最初から全部違うのだから、それを個性と呼ぶのだと考えるのと。

     

    言葉の問題だけでいけば、日本にいてももちろん後者の「個性」が正しいのだけれど

    実際に生きている中では、「はみでる」ことに臆病になっている自分もいて、ときどきはげしく窮屈に思う。

     

     

    なんかいろいろ思うことは多いんだけど

    うまく書けたのかどうかわかんない。

    そんでも、「個性」「パーソナリティ」という言葉について、なんだかおもろく考えてみたここ数日なのだった。

     

     

    いろいろ独創的で、ユニークで、おもろいこともいっぱい知ってて話す事が出来て

    そしてその人ならではのファッションセンスがあって、存在感がある人。

     

    それは「個性的」でも「(ネガティブな意味での)オリジナルな人」でも「強い個性がある」人でもなんでもなく

    文章として成立さえしないである

     

    彼女は個性を持っている(だってそりゃそうでしょう、みんなに個性があるんだから、個性を持つのは当たり前)

     

    そういう世界に自分はいたい。

    そして、そういう人に、私はなりたい。

     

     

     

    以上、フランスからでした。

     

     

     

     

     

     

    category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(5) | - | -

    フランスの犬のうんこ問題。そして、フランスにトイレが少ないのか、日本に多すぎるのか、その理由はなぜなのかを考えてみる。

    2016.08.10 Wednesday 01:09
    0

      おひさです。

      やっぱりたまには書くよ、ブログ。

       

      ということで、今日はうんことかおしっこの話題です。

       

      パリがおしっこ臭くて、犬のうんこだらけというのは、行ったことがある人なら周知のことだと思う。特に昔行ったことがある、という人は、道歩いたらかなりの確率で犬のうんこを踏みそうになったことがあるはず。

      花の都と聞いてきたのに、汚い、臭い!(そしていろんなものが古い) と一気に嫌いになった人を何人か知っている。

      しかし、このあたりもだいぶ改善されてきたそうで、最近では犬の糞の放置に2万5千円ぐらいの罰金が課せられるようになったので、少しづつ糞を始末する人も増えてきたのだそうだ。

       

      今年は始めて、公園で犬の糞用ビニール袋を備えたゴミ箱を見かけた(アメリカでは頻繁に見かけるやつ)。

      ま、それでも散歩にビニール袋と、マーキングした時用のペットボトルなどを完備して出かける日本に比べたら、犬の糞に対する意識はすごーく低く、街中だと歩道の脇に水が流れる場所があって、そこにさせたらあとは清掃車が通ったら下水に糞が流れるので、それでいいやという風潮もある。

      ほんで、それやってくれたら罰金払わなくていいから、という暗黙ルールもあると聞いた。

       

      まあ、なんともゆるいというか。

       

       

      それでも、それはパリでの話で、地方に来たら罰金制度そのものが存在しない。

      なので、犬の糞はどこにでも落ちている、ということになる。

       

      そういえば、パリには犬の糞を拾って歩くバイクみたいのがあって、モトクロット(クロットとは糞のこと。つまり、糞バイク)と呼ばれていたけど、飼い主にマナーを定着させる前に、なぜこんな対策をとるしかないのかというのが、長いこと不思議だった。

       

      それ、今回の滞在でちょいわかった気がするわー。

       

      今いる家の家主が、敷地内に糞を放置されたので注意したけど、何度言っても

      「なんで、犬にはそれが自然なことでしょ」と取り合ってくれなかったって。

       

      「それが自然でしょ」

       

      なんつーロジカル。

      犬はどこでも糞をする、それが犬だ。

       

      そういうこと。

      人に迷惑とか、別にいい。

      それは飼い主のマナーに属することではなく、犬の問題。

       

      徹底しとる。

       

       

      ということで、こっちで歩いている間、もうどこでもかしこでも、犬が糞をするために立ち止まり、糞をしてる間飼い主はおしゃべりに興じて、し終わったらそのまま歩いていく、という風景に遭遇した。

      ちょっとばかり端に寄らせるとか、それだけで違うのに。

      道の真ん中でも、ナンポクトクワ(おかまいなし)。

       

      そのうち乾いて、飛んでっちゃうってことなんか。

      マナーなっとらん! と思うけど、いろいろ飼い主マナー言われすぎて苦しくなることもある日本にいると、ちょい不思議な気持ちになったりもする。

       

       

      とういうことで、パリの犬の糞はだいぶよくなってきた(それでも十分足下には注意して歩くこと)けど

      地方は犬の糞天国であったというお話。

       

      さて、犬の糞は「それが自然でしょ」と言うくせに

      人間の糞尿については、フランス人はどう考えているのだろうか。

       

       

       

      というのも、あまりにも

      トイレが少ない!!!!

       

       

       

      なさすぎる。

      ま、このあたりも行ったことがある人ならよく知ってると思うけど

      駅に公衆トイレは存在しないので、もし外出中にトイレに行きたくなったら、カフェに入ってコーヒー1杯頼んで、「トイレ貸して」と言うぐらいしかない。

       

      デパートにもトイレはあるけど、まあ、このあたり私は信じられないんだけどね

      どんなでっかい有名なデパートでも、6〜7階建ての建物に、トイレは一カ所しかない。

      例えばギャラリーラファイエットにはたしか3階(日本式で言えば4階)、BHVは確か4階(日本式で5階)。

      そしてどこもさして広くない。

       

      ほかのトイレ情報はあとで書くとして、そこで私が何よりも不思議なのが、デパートにたった一カ所しかないトイレが、なぜ空いているのか、という件だ。

       

      そして、一方で深く深く思うのは、日本のトイレはなぜどこに行っても、あんなに行列ができているんだ? ってことだ。

       

      だって伊勢丹新宿店とかさー。

      各階にあるのよ。8階建てなら、8カ所。しかも結構広いのに、それがどこも行列で、しかも一人一人の滞在時間が異様に長くって、いったい小部屋の中で何してる? っていくら考えてもわからんぐらい待たされるって

      あの現実はいったい何?

       

       

      一度、喫茶店のトイレで異様に長く待たされて、待たされ方が半端なかったので、小部屋の中でしそうなことを、一から全部反芻してみたことがあって、ゆーーーーっくりパンツ下ろす、とか。補正下着付けてるから一からセッティングしてるか? とか。

      全部妄想してみたけど、どこまで妄想しても出てこず、これはもうお腹を下して動けなくなっているとしか思えない、、、と。

      やっとこ女性が出て来たあと、覚悟して突入したけど、臭いはしなかった。鼻をつまむ必要はなかったけど、鼻をつままれたような気になった。

       

       

      脱線してるけど。

       

       

       

      ということで、なぜフランスにはこれほどトイレがないんだ? という件。

       

       

       

      一般的には、すごく簡単なことで

      もともとトイレなんてなかった、ってことなんだと思う。

       

      全部道に捨ててたし。

      だから、ハイヒールが出来たわけで。(糞踏まずに歩く用)

       

       

       

      ただ、それは昔の話で、新しい建物や公共施設にはもっとトイレ作ればいいじゃん! って話しになる。

      ほんで、今回の滞在でわかったんだけど、日本人との一番の違いは、

       

      そもそも、トイレ行かない

       

      トイレ回数ぜんぜん少ない

       

       

       

      ってことじゃった。

      いろいろ聞いてたら、「あら、私なんて2日ぐらいおしっこしなくたって大丈夫」という人がいる。

       

      排泄という行為を、外出時にするという習慣がもともとないってことらしい。

      つまり、外でおしっこやうんちをする需要がないから、トイレも少なくていい、ってことらしい。

       

      それとも、外にトイレがないから我慢しているうちに、行かなくていいってことになったんだろか?????

       

       

      体の構造なのか、習慣なのか、

       

      主に習慣だと思うけど、習慣を続けているうちに体の構造がそうなってきたというのも正しいのかもしれない。

       

       

      先日なんて、車で1時間ぐらいかけて、なーんにもない村の真ん中に立ってるステンドグラスのアトリエで、作家さんのデモンストレーションがあるというので出かけた。

      どこから出かけても、1時間ぐらいはかかる場所にあるアトリエで、イベントは1時間半の予定だという。

       

      こんな場所だよ、何にもないよ。

       

       

      いつもの習慣で、途中でトイレに行きたくなると困るので、トイレある? と聞いた。

       

      「あるけど、プライベート用なので使えない」

       

      終わり。

       

       

       

      トイレはある。

      でも、貸さない。

       

       

       

       

      この場所で、1時間半のイベントやると告知して

       

      トイレは、貸さない。

       

       

       

       

      潔い。

       

       

       

       

      しかし、同行者のフランス人は「それが当たり前だ」という。

      こっちの人間は我慢するんだ、という。

       

      そして、日本人のように、出かける前にトイレ、着いたらトイレ、食事したらトイレ、と考える習慣は一切ないのだという。

      そうしているうちに、からだがそうなっていく。

       

      たぶん、日本はトイレに頻繁に行くという習慣があるので、尿意を催しやすいのではと言われて、はあ、言われてみればさもありなんと思ったのだった。

      ということで、着いた時には、もうトイレに行かないとあとがどうなっちゃうかー? と思っていた私も、我慢するんかと割り切ってみたら、帰宅まであまり苦もなく尿意を催すことなく済んでしまったという話。

      尿意って、あれ、ある意味強迫観念というか、習慣というか、いろんなもので成り立ってるんだなあ、と改めて。

       

       

       

      で、そういう「観念」によるトイレ増産が日本中で行われていて、そのトイレの小部屋の中で、日本女性はどんだけたくさんのことをしとるんだか、と思うのでありました。

      いや、ほんと。

       

       

      長くなったのでパリのトイレの場所などはまた明日。

       

       

      category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(2) | - | -

      フランス人は「生涯教育」的発想ないらしいということについて。そしてフランス語勉強してる50代の私は日本語でブログ書いてる場合じゃなかった件について。

      2016.08.04 Thursday 04:00
      0

        去年パリに2ヶ月近くいたとき、ソルボンヌに通いながら毎日書いたブログにはちゃんとした意味があった。

        あれは、1人でパリに暮らして大学に通うというちょい緊張感のある現実を前にして気持ちがひるんだ時に、親友が「ブログ書きなよ、毎日読むから」って言ってくれて、それでそれがすごい原動力になって、去年は頑張れたんだった。

         

        不安になっている時に、そういう言葉をかけてくれる人がいるって、すごく幸せなことだ。

         

        それで、そうだ、今年も頑張って書くよー!

         

        って思ったんだけど、去年結構システマティックなソルボンヌのフランス文明講座に通っていたのとは違って、今年はもうめちゃくちゃな会話をなんとか上達させたいという、はかない望みを胸にやってきているので

         

        考えてみたら、毎日夜寝る前にブログを書いていちゃいけないのだった。

         

        なぜって、そこで脳みそが日本語システムに切り替わっちゃうから。

         

         

        去年はほんと一人暮らしで、いっぱい時間があって、ちょっと孤独で。

        ほんで、いっぱい日本語で書いて、交流して、ネットやって、たくさん豊かな経験をしたけど

        今年はちょっと、ちゃんと勉強しようと思ったので(やっとか。。。。)

         

        そういう理由もあって、ブログを頻繁に書くことはやめにすることにした。

        かわりに、備忘録でその日に取った写真をFacebookページにアップしていくことにしたので

        フランス(今年はブルゴーニュ)のことなんかにちょい興味があるよー、っていう方がいらしたら

        Facebookページをフォローしていただけるとすごくうれしいです!

         

        https://www.facebook.com/atelier.izumi/

         

        ここでやんす。

         

        このjugemのブログシステムは、画像アップとかほんと不自由で使いにくいので

        インスタグラムを使おうと最初思っていたんだけど、ネット回線がちょい不自由なので

        一眼で撮った写真を細々とFacebookに日記代わりに載せることで、今年の記録にしたいと思います。

         

         

        ということで、今日から日記のカテゴリーは「パリ一人暮らし」から「フランス留学」に変わります。

         

         

         

         

        私が今来ているのは、パリからTVGで1時間ほどのところにある、ブルゴーニュの小さな街、Monbardというところです。

        (この写真は、夜の9時30分ぐらい。10時過ぎまで明るいです@夏)

         

        ここに住んでいるフランス語の先生の家に、3週間ホームステイをして、残りの1週間はそのまま家を借りて、のんびりして帰るという予定になっています。

         

         

        毎日午前中は勉強をして、午後は近郊で行われるアートのイベントやお祭りなんかに参加して、そこでフランス語使って会話の力をつけて(いや、なかなかつかないんだけど、ほんと早口だからこっちの人)、みたいな。

        去年はパリでの座学でしたが、今年は暮らしながら食べながら、おしゃべりしながら、フランス語習って、フランスの普段着の暮らしになじむってう感じです。

         

        これで、3度目になるかなー@Montbard。

        ほんとに、この場所が大好き。

         

         

        小さな街なので、ほとんど何もないです。

        パリとは大違い。

        それでも、特に夏は、車で30分ぐらい出かけるだけど、一見何もないように見える小さな村で、コンサートや演劇、スペクタクルやアトリエでのワークショップなどが行われていて、そんなあたりにフランスの底力を感じます。

        ほんで、田舎に来ると食べ物が、そりゃもう

        気が遠くなるほどうまいです。安いです。

         

        そんな中で、毎日フランス語と格闘しています。

         

        いやほんと、

        東京で多少しゃべれるんでね? 自分、、、、なんて思っていると

        こっちに来て打ちのめされる。。。。という体験を何度もしており。

         

        今回も、ほんとにもう、小学生レベルのことがなんにもしゃべれず

        そして覚えていたはずのことを全部忘れており。

         

        もうちょっと水飲む?

        あ、それ私にも下さい

         

        なんてことさえ

         

        なんて言うんだっけ???

        と繰り返している毎日ざんす。いや、もうほんとにびっくり。

        何が起きた自分。今日は「笑う」という動詞と「ねこ」が思い出せなかった。

        こんなことは今までなかった。やっぱり寄る年波って怖い。

        とほほほほ。

         

        それでも

         

         

        今日、先生をしてくれているClaudineに、「私しゃほんとに、この歳で何も覚えられないよー、

        50代で語学の勉強を初級からやるって、ほんとにカタストロフだよー(最悪ってことねー)」

        「そういえば仕事で知り合った人が、人間が新しいことを覚えられるのは55歳がひとつの転機。

         55歳を越えると、脳みその働きが格段に鈍ってきて、新しいことを覚えていられなくなる、って言ってた。

         私、今年そこを越えてしまった!!!!!」

         

        とぼやいたら

         

        「いや、それでも勉強するということそのものがすごく大事なことよ!

         いくつになっても学ぶことは脳の回路をうまくつなげる効果があるって、医学的にも証明されてる!」

         

        という。

         

        そして

         

        「私はいくつかアジアの国も回ってきて、本当にアジアの人たちはいくつになっても勉強したいという意欲が強くて、すばらしいと思う! その点、フランス人は大学を出たら、もうあとは絶対勉強なんてしない! って人がほとんどよー」

        というのである。

         

        えー、日本では引退後の人のために大学が講座を開いたり、お教室がいっぱいあって、そこに年寄りが詰めかけているよー、なんといっても今は少子化で大学もお金が集まらないので、熟年向けの講座を持つことがお金集めにもなるしー、と言ったら

        (って、実際にはもう、ほんとに幼稚なフランス語でなので、上記は意訳>苦笑)

         

        「もうね、フランスは大学までの勉強が本当に大変なので、そこ出たらもう二度とやだ! って思うのよ。それだけ、勉強って嫌な想い出。トラウマになってるの、フランス人には」って。

         

         

        そうなん?

         

         

        確かに、フランスの教育システムはすごく厳しくて、エリートコースに入るのはすごく狭い道で、そこからはずれた人のためのリベンジコースってのがあまりない、とも言われてる。

        そんで、失業率もすごく高いから、どこの大学のどの学科を選ぶかというのは、かなりシビアな選択で、やりたいことを選んでも仕事がないという理由で、不本意な選択をすることも多いと聞いてる。

        高等専門学校に入るために(フランスは普通大学はあまり格が高くなくって、高等専門学校に入らないとエリートにはなれない)、何年も何年も死にものぐるいで勉強してなお入れず、結局普通大学に入って1からやって、卒業する頃にはもう30過ぎてる、なんて人もいる。

         

        フランスの教育は無料か、ほとんどお金がかからず、政府が教育はすごく大事な投資って考えているというあたりはすばらしいと思うんだけど、実際にはすごく大変。勉強。

         

        そういう中で、勉強ってもう、苦難以外の何者でもないわー、ってなっちゃうのかしら。

        いや、みんながみんなそういうわけじゃないだろうけど。

         

         

        ということで、フランスのリタイヤ層は、「とにかく楽しいことだけしていたい!」という人が多くて、勉強したり、何かを学ぶために学校や教室に通ってるなんて人は、田舎では特に、あんまりいないわねー、ってことだった。

        おもろいね。

         

         

        その意味では、日本の今のリタイア層の向学心ってのも、すごいもんだなあとも思う。

        私が通っている美術の学校も、多くはリタイア層だ。

        お金と時間があるってのが一番大きいのだろうけれど

         

        あー、でも私、思うんだけど

        「何かを学びたい!」という気持ちが強いということの他に

         

        「楽しいことだけしていようよ!』と言われても、あまり何をしたらいいか思い浮かばないってのもあるのかもしれない。

         

        毎日毎日

        とにかく仕事だけしてきて

         

        さぼったりのんびりしたり、遊んだりすることに慣れていないのかもしれない。

        女性も、すごく毎日家事してるし。

        (日本は家事大国だと私は思ってる。

         だから子どもが巣立って家事の必要が減ったら、なんか手持ち無沙汰になる)

         

        だから、毎日同じ時間に出かけていって、ちょっと努力が必要なことに触れ続けていることが

        自分を維持していくための要素になっているのかもしれない。

        私もそうかもなー。

         

        なんか、無駄に向上心強い気がする。最初気づかなかったけど>笑

        そういう時代に、生まれ育ったのかも、しれない。

         

        ということで、意味もなく無駄に向上心だけ持っているにもかかわらず

        フランス語は全く上達しないので

        毎日凹みながら

        それでも、なんとかブルゴーニュで生きています。

         

         

        ヨーロッパの小さな街や村の夜が大好き。

        東京の夜の灯りが嫌い。

        オレンジ色の薄暗い街を見ると、安心する。

         

        テロはちょっと怖いけど

        東京だって地震は怖い。

        そして東京も日本も、どこにむかっているのかを考えるとなんか不安になる。

        結局どこにいても、同じことなのかもしれない。

         

        いまある時間を大事に

        8月いっぱい頑張ります。

         

        ということで、しばらく日本語で考えたり書いたりするのを控えるためにも

        ブログはちょいお休みして

        Facebookに写真をアップしていこうと思いますー!! ここでーす。

         

        https://www.facebook.com/atelier.izumi/

         

        おもしろいことがあったら、ブログもまた書きますね!!

         

         

        category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

        フランスへの道 留学記をアップしました

        2009.08.31 Monday 22:53
        0
          長い間ご無沙汰していました。
          1年間このブログをお休みしている間も、いろいろな国に行っていました。

          今年の夏、ちょっと思うところがあってフランスに短い留学をしました。

          その時の記録をまとめてアップしています。
          お時間があるときによかったら読んでみてくださいね。

          <フランスへの道>

          パート1
          http://blog.izoomi-m.com/?cid=42704

          パート2
          http://blog.izoomi-m.com/?cid=42748

          パート3
          http://blog.izoomi-m.com/?cid=42749


          category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

          留学序章 50歳プロジェクト

          2009.08.31 Monday 22:39
          0
            30歳になるとき。29歳の私は激しくあせった。
            仕事で何を残せているわけでもなかった。不完全燃焼の日々の中で、結婚はどうするのだ、子どもはいつ生むのだ、そもそもこれから先、お前はどうするつもりなのだという周囲からの声に押しつぶされそうになっていた。
            そして、30歳を迎えた誕生日の日、私は激しく落ち込んだ。
            30になってしまった。もう30なのだ。
            なんとかしなくちゃ、でもどうしたら?


            あの焦燥感は一体何だったのだろう。
            1990年代のあのころ、31で結婚した私は「晩婚」と言われ、34歳の出産は「高齢出産」だと周囲に心配された。24歳を過ぎた女性は「売れ残りのクリスマスケーキ」と揶揄された時代だ。何だったんだよ、ったく。
            時代は変わっていくのだ。31歳の結婚を遅いという人が、今どこにいる? 34歳で母子手帳に○高なんていうはんこを押す医者が、今どこにいる?
            今なら、あんな風に不安や焦燥を抱えることなく、私はもっと穏やかに30歳を迎えたかもしれない。とにかく私が30歳になったのはそんな時代だったのだ。

            それから10年が過ぎて、私は40歳になった。
            30歳のとき、この先39歳の誕生日を迎える時が来たら、私は同じようにあせったり、不安を感じたり、落ち込んだりするのかもしれない、と思っていた。年代が変わるとき、人は大きな切り替えポイントを乗り越える、衝撃のようなものを経験するのだ。きっとそうだ。

            ところが、実際に39歳になった私には、不安も焦燥感もなかった。40代は私の少し先で、たおやかに心優しく手招きをしていた。早くこっちにおいで。こっちはいいよ。ずっとずっとラクになるよ。そして、いいことがこれからたくさんあるに違いないよ。

            29歳の私と、39歳の私を大きく隔てていたもの。今思えば、それは先を歩く人たちの存在だったのだと思う。29歳の頃、私の前には結婚して子どもを生んで家庭に入った女性か、ルーティンワークの仕事をこなす少数の先輩女子社員がいるだけだったけれど、30代で仕事をやめたあとに出会った人たちの中には、私にとってロールモデルとなる女性たちがたくさんいた。40代っていいもんだな。彼女たちを見ていたら、40歳になるのはすごく楽しみだ。
            そう思いながら過ごした30代の先に待っていた40歳の誕生日を、私はともだちと盛大にお祝いをした。
            そして私は多くの国を旅して、多くの人に会い、むさぼるように映画を観て、コンサートや美術展に赴き、こつこつと働き、そして離婚をして必死に子どもを育てた。よい40代だった。

            そんな40歳の誕生日から、もう9年が経ってしまった。来年、私は50歳になる。そして、その50歳になる時を、40歳の時とはまた違った思いで待っている自分がいる。
            50歳はきっといいもんだ。50歳になるのはすごく楽しみ。
            でもそこにあるのは40歳になったときのようなわくわく感や幸福感とは違う、ある種の決意や覚悟を秘めた思いだ。まだまだ先は長く、先を行く人たちがたくさんいるのだとしても、人生を半世紀生きたら、残りの人生はもういつピリオドを打たれてもおかしくないのだ。50の声を聴いたとたんに先を急いで逝ってしまった人たちの顔を思い起こすにつけ、50歳を過ぎたら、自分の人生にケジメをつけなくちゃならんと思うようになった。

            自分より先にいる人をお手本にして勇気をもらってきた分、今度は自分があとに続く人に「50歳になるのが楽しみだ」と思ってもらえるようなロールモデルにならなくちゃいけない。
            50を過ぎてまだなお、「本当はあれがしたかったのに」とか、「もっとこうしておけば」「あのときああだったら」なんてかっこ悪いことを言う人間になりたくなかった。
            半世紀を一区切りに、やりたかったのに手をつけられなかったこと、忙しさや家族を理由に先延ばしにしてきたこと、勇気がなくて踏み出せなかったことに手をつけよう。

            47歳になった日に、私のそんな「50歳プロジェクト」が始まった。


            その50歳プロジェクトの筆頭にあるのが「フランス語を話せるようになる」だ。
            人生が終わる前に、一度でいい。流暢にフランス語をしゃべる自分を体験してみたい。フランス人とジョークを言って笑い合う自分の姿を見てみたい。なんの目的があるわけでもない、たったそれだけ。でもそれは、20代のときから私が心のどこかで夢見たまま、何一つ努力をしてこなかったことだ。50歳までにその最初の一歩でもいいから踏み出したいと思った。

            不思議なものだ。本当に一歩を踏み出そうと決意してみると、物事は何かと動き出す。ひょっこりとフランス語の学校が家からそう遠くない場所にみつかり、そこに通ううちに、そこに小さな留学プログラムがあることを知った。1週間だけ、フランスの田舎にホームステイをしながら語学を学ぶ。
            自分の暮らしのスタイルが確立してしまった40代の自分が、誰かの家にホームステイなんてできるんだろうか。そもそも、留学できるだけの語学力が今の自分にあるのか?
            少し前の自分だったら、最初の一歩は踏み出せなかったかもしれない。でも、これはなんといっても私の「50歳プロジェクト」なのだ。

            勇気を出して出かけたフランスのモンバールには、私の人生観をも変えるような体験がたくさん待っていた。
            これまで多くの国を旅してきたけれど、たぶん、それは単なる「旅」だったのだということを私は初めて思い知った。「暮らす」という目を持ってみて、はじめて見えてくるものがある。たった1週間だったけれど、当たり前の暮らしの中にあるたくさんの大切なことを、私はこの日々で学んだ気がする。
            これは私のそんな小さなフランス留学の覚書です。
            category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(1) | - | -

            留学初日 モンバールへの道

            2009.08.31 Monday 22:37
            0
              7月18日(土)

              パリには何度も来たことがある。でも空港から一人で列車の旅をしなくてはならないというと、話は別だ。TGVの駅がどこにあるかもわかっているし、何度もヨーロッパを列車で旅したことがあっても、やはり緊張はする。行き先の違う列車に乗ってしまったらどうしよう。目的地を乗り過ごしてしまったら? お目当ての列車が遅れたり、トラブルがあったらどう対処したらいいんだ。こんな時は、生来の気の小ささが首をもたげる。ああ、肝っ玉ちっちゃええな、私。

              なるべく荷物を少なくするつもりが、一週間とはいえ留学しに行くのだという気負いが勝って、私のバッグの中にはPCと一眼レフカメラ、電子辞書からフランス語の動詞変換のテキスト類が詰め込まれている。スマートに空港を移動したいという思いとうらはらに、列車の時刻を確かめようとチケットを出そうとするだけで、スーツケースと大きなカメラバッグを手に大汗をかく自分がいる。情けない、かっこ悪い。いや、そんなことを言っている場合ではない。とにかくモンバールまでたどり着くまでは、なりふりなど構っていられるか。



              いつも思うのだが、パリの空港というのはどうしてこう殺風景なのだろう。CDGの国際線ターミナルは、今年に入ってちょっとはマシになったが、これだけの大都市の空港の中にある列車の駅には、長い待ち時間をつぶすためのレストランもカフェも、待合室もろくなものがない。不恰好にショルダーバッグにカメラバッグ、スーツケースを抱え込み、12時間の飛行機の旅で目の下にクマを作った状態で、ここでどうやって、2時間というタイムラグを過ごせというのだ。

              座る場所がみつからないので、仕方なく列車の時間が表示される掲示板が見える場所の壁に寄りかかって自分の場所を確保する。列車がどのホームから出発するのかは、この掲示板に頼るしかなく、2時間後に発車する私が乗る予定の電車の表示は、まだまだ出る気配すらない。
              一人旅は嫌いではない。気の合わない人と無理して数日行動をともにするぐらいなら、一人きりのほうがラクであるとも思う。それでもこんな時、「どこから出るんだろう」「このホームでいいのかな」なんて台詞を言い合える相手がいるだけで、どれだけ気がまぎれるかと思う。
              たった一人で異国の地に立つと、しゃべること、誰かとさもないことを確認しあうことが、日々の自分のこころをどれだけ支えているのかということに気付く。おしゃべりの力は偉大だ。ああ、おしゃべりがしたいぞ。
              とりあえず誰もいないんだよ、仕方ねぇ。「いったいいつになりゃ表示が出るんだよ」。自分に向かってぶつぶつ独り言を言いながら、TGVの駅の中を居場所を探して放浪する。



              パリからモンバールまでは、TGVで1時間ほどだ。何度来ても驚くのは、パリから列車に乗って30分もたつと、農地と広大な自然と小さな石造りの古い家々が立ち並ぶ田舎の景色が車窓に広がりだすことだ。
              日本人に比べて、フランス人はことあるごとに「田舎暮らし」の素晴らしさを強調する。「田舎より都会のほうが便利だし暮らしやすいでしょ?」と反論し続けてきた私だけれど、この国に来ると、「田舎」というものが何を指しているのかが、日本人のそれとは決定的に違っていることがわかる。ここにある「田舎」は、とてつもなく身近にある、とてつもなく豊かで広大なものだ。そんな田舎に、これから私は1週間滞在することになる。

              モンバールの駅には、クロディーンが迎えに来てくれていた。到着したのは夜の8時を過ぎていたが、この時間は夏ではまだまだ明るい。スーツケースを車に積み込み、案内してくれた彼女の家はこざっぱりと整えられた、古い修道院を改築した心地よいアパルトマンだった。ホームステイとはいえ、私の暮らす場所にはキッチンもシャワーも寝室も完備されていて、きっちりとプライバシーが確保されている。小さな部屋をひとつ与えてもらうだけだと思っていた私は、ここでちょっと元気を取り戻す。





               
               

              クロディーンが簡単な夕食を準備してくれた。今日はこれでゆっくり休んで、明日の9時からレッスンを始めるわねという。





              クロディーンはとても腕のよい料理人でもあるのだ、と日本でもさんざん耳にしてきた。初日の夕食を前に、それがまぎれもない事実だったことを知る。とはいえ、長旅で胃もくたくただ。お肉は半分だけいただいて、残りを冷蔵庫にしまってもらう。ブルゴーニュのワインまでいただいて、ほろ酔い加減になると、猛烈な眠さが襲ってきた。

              さて。あれほどおしゃべりに飢えていた私だったが、モンバールの駅に到着した瞬間から、私のおしゃべりはすべてフランス語で行われている。おしゃべりは日々の心を支えている、と前に書いた。でもそのおしゃべりをフランス語でずっとしなくてはいけないとなると?

              一週間の苦難はここから始まったのでした。
              category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(1) | - | -

              留学1−1 はじめての朝

              2009.08.31 Monday 22:32
              0
                7月19日(日)−1
                 
                一日目の朝食は、クロディーンととることになっている。授業は9時にはじめる。だから8時に朝食を持って来るから、と言ってクロディーンが昨夜部屋をあとにしたことを思い出し、7時にぼんやり目覚めてから、8時までの時間をどう過ごすのかを必死に頭で割り振る。えっと、化粧はしておいたほうがいいのか? コーヒーって勝手に入れて飲んでいいんじゃろか? シャワー浴びたら時間が足りないかなあ。

                デートを待つ20代の女子のような気分だ。
                考えてみれば、親元を離れて暮らしてもう25年近く経つ。自分の家で、思うとおりの食事を作り、自分で決めた予定で勝手に忙しがっているのが、主婦という立場なのだと改めて思い知る。
                子どもが、夫が、家族がと言い訳しているが、結局は日々の暮らしのリズムは主婦の独裁下にあるのだ。そんな時間を長く過ごしてしまうと、「はじめての誰かの家で、誰かのリズムに合わせて暮らす」ことが、思った以上に大仕事であることに気付く。

                そわそわ、あたふたしながら、この緊張感は悪くないと考える。ある意味凝り固まってしまった自分のライフスタイルや価値観は、50ちかくになって一人で海外でホームステイするぐらいの体験をしないと変わらないのだ、きっと。うん、こりゃいいぞ。
                そんなことを能天気に考えていたのは、初日の朝まで。凝り固まった日常を打破するってことが、どれだけ大変なことなのかは、このあと十分わかっていくのでありますよ。

                 

                さて、朝ごはんの風景は、この後1週間を通して、それはそれは幸せなものだった。クロディーンお手製のジャム、コンフィチュール。大きなボウルのカフェオレ。そして朝早くから開いているモンバールの街のパン屋さんから買ってきたおいしいパンのあれこれ。市場から届く果物。

                「私は日曜日だけ朝食にクロワッサンを食べるの。あとはフランスパンと、たいていこんな感じ。フランスではスープやハム類など、朝に塩気のあるものは食べないの。さあ、明日からは全部冷蔵庫やこのパンケースに入れておくから、自分で準備して食べられるわね? おやつも果物もたくさんあるから、お腹が空いたらいつでも食べて」



                そしてこれが私のキッチンの食器棚。ハーブティにコーヒー、ジュースにワイン、クッキーにチョコレートにジャム。。。。。ああ、なんて幸せ。これから1週間の滞在の不安感も、こんな風景で癒される。食べ物の力は偉大だねえ。

                朝食はとても大切なものだ。でも、その朝食を準備する手間ヒマもよほどのものだ。特に家族がいれば。
                日本の主婦雑誌などで紹介されている「栄養バランスがよい」とか「これなら子どもが食べてくれる」朝ごはんの献立を見るたびに、なぜもっとシンプルに考えられないのだろうと思う。そもそも、にんじんを花形に切ったり、毎日おかずを変えなければ食べてくれないなんていう子どもにおもねる必要がどこにある。食わねえなら、食わんでよし! ふざけるなと子どもたちには言いたい。シンプルに定番。余計な手をかけなくたって、朝ごはんはちゃんといただけるのだ。
                ヨーロッパを旅すると、朝食の合理性にいつも感心する。冷蔵庫を開けてね。パンカゴを見てね。コーヒーや紅茶を入れることさえでいれば、それだけで誰だって豊かに朝ごはんを食べることができる。ドイツに滞在したときだって、朝からコンロを使って調理する人なんて誰もいなかった。冷蔵庫とケトルかコーヒーメーカーさえあれば、ちゃんとうまい食事は準備できる。いいじゃん、これで。
                私の滞在中の朝ごはんは、ずっとこんな感じだった。そして、毎朝しごく幸せだった。


                category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                留学1−2 はじめての授業

                2009.08.31 Monday 22:29
                0
                  7月19日(日)−2



                  9時からフランス語の個人授業が始まる。レッスンはこのサロンで。朝日が差し込んで気持ちがいい。とはいえ、一日に3時間も勉強したなんて記憶は、はるか彼方だ。だいじょうぶなのか、自分。

                  「まずは1週間の予定を決めよう」とクロディーン。
                  この留学プログラムは、週に5日午前3時間の授業がある。午後はこのうち3日間、クロディーンと出かける。残りの2日の午後は自由時間だ。さらに、水曜日は一日フリーになる。
                  授業は1週間で合計15時間だが、クロディーンと一緒に食事を取ったり、午後にさまざまな場所に出かけて地元の人と交流することで、フランスの暮らしを体験しながら実際にフランス語を使う。その中で、語学の力を伸ばすのだという。さらに水曜日はフリーだから、一人で電車に乗って近隣の街に出かけることもできる。留学するというよりも、さまざまなイベントがつまった旅のようで、ちょっとわくわくする。

                  午後に彼女とでかける場所は、自由に選ぶことができる。だから、それをまずは決めてしまおうというわけだ。事前に私の仕事や好きなものは伝えてある。それに合わせて彼女は、フランスの青空市でもある「Vide Grenier」に行くとか、隣の街に住むアーティストの家で食事をするのはどうだろうとか、BIO(有機栽培)のマルシェに出かけて食材を買い、料理を作ろうといった提案をしてくれる。
                  おお、どれも魅力的―。

                  とはいえモンバールに到着してまだ一晩寝ただけ。なんだか素敵な提案だということはわかるのだが、周囲の様子もわからないのでまったく実感はない。とりあえず、「そりゃ行ってみたい!」「ぜひ食べたい」「なんて楽しそう」なんてことを叫びまくって予定を決める。


                  いや、しかし。

                  ここまでの道のりを私はフランス語だけでやっているのだ。
                  えらいじゃないか。

                  でも、忘れてはいけないのは、クロディーンは経験豊かな語学の先生だということだ。彼女のフランス語はゆっくりと確実に、丁寧に発音されている。しかも、使われている単語はとても初歩的なものばかりだ。ここでフランス語が少々できるような錯覚に陥ってはいけない。自分がどれだけへなちょこか、どれだけしゃべれず何の役にも立たないのかとうことを、これからいやというほど思い知ることになるのだから。


                  初めてのレッスンはこうして始まり、私はまずフランス語で自己紹介をするように促された。仕事は何をしているのか。今の仕事の前は何をしていた? 家族は? 好きなものは? 
                  すぐに言葉につまる。えっと、何と言うのだっけ。単語が思い出せないよ。

                  うーーーーーん。

                  押し黙る私に、彼女はこう言って先を促す。
                  「話すのを止めないで。大事なのは正しく作文することじゃない、コミュニケーションなの。難しく考えないでいい、知ってる言葉を単語で並べてもいいから、伝えようとしてみて。フランス人はとても早口で、会話が止まってしまうことを嫌がるの。あなたがそうして言葉に詰まっている間に、ほかの人はどんどん別の話題に進んでしまうわよ。フランス人とコミュニケーションをしたいなら、間違っていてもいいからとにかく話し続けること、それも早く!」

                  前夜にこの場所に到着してからというもの、私はクロディーンの話すフランス語を聞き漏らすまいと、なけなしの集中力を使って頭をフル回転させてきた。もう脳みそはへとへとだ。そこに容赦なく
                  「Vite! VIte! N’arrete pas!」(早く、早く。止まらないで)の言葉が追いかけてくる。

                  ひぃー!

                  一日目のレッスンは、そうして脳みその悲鳴が鳴り響く中でやっと終了。おう、へとへとだぜい。脳細胞が壊死してるのではないか、と思うほど頭の芯がぼーっとしてくる。こんな頭の使い方をしたのは何年ぶりだ。よれよれだ。
                  前日の長旅の疲れも首をもたげるが、そうも言っていられない。昼食をとったらVide Grenierに出発だ。ほれいけ、ほれ出発の準備だよ、自分。



                  クロディーンは「20分で戻る」と言い残して階上にある彼女の家に消えたのち、うまそうなサラダとハムの皿をかかえて戻ってきた。

                  滞在中を通して痛感したのは、彼女の用意する食事の絶妙なバランスのよさだ。長旅のあと、一日中移動が多くなるこんな日には、このぐらいの軽さの昼食がとてもうれしい。脳みそを使い果たし、体力のストックもあまりない状態で重くてボリュームがある食事を取ると、体力も気力も奪われてあとが続かなくなる。彼女はとても腕のよい料理人だったけれど、このあたりの相手を見据えたバランスの良い心配りが、とても素敵な人だったと思う。旅を終えて帰国してからも、とにかく彼女の料理を思い出す。うまかったなあ。



                  さて、こうしたサラダとハムの簡単な食事であっても、ここが美食の国フランスであることを教えてくれるのは、食後のデザートたちだ。冷蔵庫から出てきたのはトレーに乗った7種類のチーズ。シェーブルにロックフォールにブリー、その他はじめて見るチーズの山と格闘し、フルーツに手をつけた時点でもうお腹は心地よくいっぱい。
                  さあ、20分後に出発しましょう。
                  へい!
                  なんかよくわからないけど、とにかく出かけるのだ。
                  出発だー。
                  category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                  留学1−3 ボランティアとベネヴォリズ

                  2009.08.31 Monday 22:23
                  0
                    7月19日(日)−3

                    前知識がまったくないままに、とにかく青空マーケットというおもしろいものがあるのだとういう場所に車で移動する。広大に続くブルゴーニュの田園地帯を抜け、小さな石造りの民家が集まる集落を時折通り抜けながら、たどり着いたのは「ロシュフォール城」だ。



                    朽ち果てたように見えるが、この城は周辺の住民たちの手によって、長い時間をかけて修復されているのだという。今日のような日、城にはその有志たちが集まって、中を特別公開してガイドをしてくれるらしい。ガイドが始まるのは午後3時からで、それまでは勝手に中に入ることはできない。仕方ないので、入り口の手前にある小さなスペースで、修復の様子をまとめたビデオを見ることにする。

                    フランスには、遺棄されて荒れ果ててしまった小さな城がたくさんある。古い建物を維持するのには莫大なお金がかかり、自治体ではとうていまかなえない。この城も、持ち主がこの地を捨てて新しい城に越してしまったのち荒れ放題になっていたところを、地元の有志が少しづつ修復を続けているのだそうだ。フランス人はとにかく、古いものが大好きで、古いものを大切にする。手弁当で集まったこうした人たちのことを、フランス語ではbénevolise という。

                    日本でよく使われるボランティアとは、本来は報酬を受け取る仕事のことだ。私は学生時代に長いこと、アメリカ系のキリスト教団体の児童図書館でボランティアで読み聞かせををしていたが、ここでもきちんと毎月報酬をもらった。市井の基準よりはずっと少ないけのだれど、とにかく何がしかは必ず支払われる。
                    その会の代表をしていたシスターは「あなたが分けてくれた時間とスキルに対して、きちんと報酬を払うのは当たり前のこと。ボランティアというのは本来そういうものです」と繰り返し言い続けていたことを思い出す。
                    その人の特殊技能や貴重な時間を割いてもらうかわりに、きちんと報酬の計画を立てるのがボランティア本来の思想で、その意味では日本の自治体などが体よく呼びかけるボランティア活動というのは、本来の意味を履き違えていると私は思う。予算を計上しなくても都合よく動いてくれる人手という意味で「ボランティア」を美化する役人がいるとしたら、本来の意味のボランティア活動というのを、きちんと体験してきれおくれ、とよく思う。

                    このロシュフォール城を直している精神は、だからボランティアではなくて、ベネヴォリズ。ベネヴォリズはあくまで、自主的な行為だ。誰かに要請されるものでも、誰のために行われるものでもない。自分たちが直したいから、直す。
                    そんな彼らの修復風景は、見ていても微笑ましくて楽しい。ちょっと何かが直るたびに、お城で仮想をしてパーティを開いてみたり、パン焼き釜を直して、ピザをふるまってみたりする。誰かのためではなく、自分たちが楽しむためにこうした活動をできる彼らは、人生を楽しむ才能を持っているとつくづく思う。こんな風に楽しむ人たちがいて、古いものが修復されていく。ええこっちゃね。

                    そんなお城のストーリーはこのHPでも見られます。
                    http://les-clefs-de-rochefort.com/index.html


                    3時になり、そんなベネヴォリズの一員が私たちを城の中に案内してくれた。
                    さて、困った。
                    ガイドの兄ちゃんは、語学の先生ではない。

                    わからん、ちっともわからん、フランス語がっ! 
                    しかも、一箇所で行われる説明の長さが半端ではない。城の歴史、建築様式、この地方で起きた出来事などを延々と説明している(らしい)。あかん。脳みそがさらに壊死寸前じゃ。

                    とりあえず、兄ちゃんが延々としゃべった内容を、クロディーンが要約して耳元で伝えてくれる。うむ、それでもようわからん。でも、わからんと彼女に伝える暇もなく兄ちゃんはしゃべり続けている。かくして同時通訳ならぬ、同時要約状態が延々と続くことになる。



                    例えば、この井戸はどうやら二つの城の塔をつないでおり、途中にある隠し扉を開けると地下に大きな部屋があるのだということらしい。それは敵が攻めてきたときの避難経路であったかもしれず、一方では気温が安定しているために暖房のない時期は地下で暮らしていた人がいるのではという節もあり、さらには宝を隠していたのではないかとも言われている。ほおお、と30人ほどいる見学者は井戸の中を覗き込む。

                    確かにこの手の話はおもしろい。しかし、しかしだよ。

                    日本人である私は、ある種の驚きを持ってこの風景を眺めている。30人ほどいる見学者はほとんどが家族連れで、小さな子どももいれば思春期の息子や娘を連れている人もいる。その誰もが、こんな何もない廃墟の前で延々とただ語られているだけの歴史物語に、じっと耳をすませて動かない。



                    ふらふらと集団を離れていく人はいない。どこかでうずくまってしまう人もいない。何よりも、思春期にあるような男女がガイドの目を見ながら話を聞いている。取り立てて何でもないような石の塊を前に、あのファザードはゴシック風だがこっちはロマネスク、なんて説明を微動だにせず受け止めて、笑を取るところではちゃんと笑ってみたりもする。

                    このガイドツアーが終わって腕時計をみて、さらに驚く。
                    5分もあれば回りきれてしまうような広さの中、終わったのは4時30分。つまり、1時間半ガイドがしゃべり続け、人々は立ったまま熱心に聴き続けていたことになるのだよ。信じられる?
                    日本だったらさしづめ、子どもはどっかに行ってしまい、そんな子どもを追いかけて「もう帰ろうか」と数枚写真を撮ったところで親も場を去り、思春期の子らはうざったそうにしゃがみこみ、ガイドに敬意を払って目を見てちゃんと話を聴く人なんていうのは、数えるほどしかいないだろう。


                    あまりに長いガイドの話を聴くうちにフランス語の読解能力が潰えたので、私は途中から写真を撮ることに熱中しだしてみたのだが、周囲にカメラを構える人はほとんどいない。カシャカシャとシャッター音を響かせているのは私だけで、なんだか恥ずかしい気分になる。

                    “みんな写真を撮らないのね”とクロディーンに聴くと、「そうね、日本人は写真を撮りすぎね」と笑う。
                    「思うのだけれど、フランス人はバカンスが長くて、何もせずに同じ場所で休暇を過ごす人が多いのよ。日本は休みが少なくて、旅は非日常。その間にたくさんの場所を移動しようとするでしょう? 来たという思い出を残すために、とにかく写真を撮りたくなるのじゃないかしら。その意味ではフランス人はあまり写真を撮らないかもしれないわね。ほら、ここでもカメラをかまえている2人は、いかにもカメラ好きで一眼レフを持ってるおじさまばかりだものね」
                    “うん、そして私だね”



                    日本人である私は、決して日本が嫌いなわけではない。
                    でも、この日の城でのんびりガイドの話を聞いている人たちの、心底くつろいで楽しそうな表情を思い出すたび、今の日本は何かがおかしいんじゃないか、と思ってしまう。
                    人生を楽しむってどういうことなのか。今ある自分の暮らしと、自分の国を愛するってどういうことなのか。

                    何もない場所で古い建物を前に、ぼんやり楽しく誰かの話を聞いて満足できる。そんな自分でいること、そんな子どもを育てることが、日本でもできるようになりたい。休日の遊園地やショッピングセンターの風景を思い出して、そんなことを思ったロシュフォール城なのでした。
                    category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                    留学1−4  Vide Grenier

                    2009.08.31 Monday 22:18
                    0
                      7月19日(月)−4

                      長い長いガイドの話を聞いたあとは、城の前で開催されいてるVide Grenierに寄るよ。

                      これは日本でいうフリーマーケットのようなものなのだ、とはこちらに来る前からちょっとは聞いていた。
                      ふーん、フリーマーケットか。
                      東京の外苑前だとか砧公園なんかで開催されるフリーマーケットの風景を思い出して、実は少々面倒だな、収穫はないんだろうなと思って足を運んだ自分がいる。私はフリーマーケットはあまり好きではない。見知らぬ誰かの生活の中で生み出された日用品の使い古しを、ただ安いというだけで安易に手に入れることに、あまり意味を感じない。回るなら一世代以上の時を経たものを扱う骨董市のほうがいい。何も買わなくても、見て歩く楽しみが骨董市にはある。

                      そんな私の思惑は、実際に城の前のVide Grenierを見て一気に吹っ飛ぶ。



                      なんたって、ここはフランスなのだ。
                      古いものが大好き、アンティークが大好きな国フランス。
                      普通の市民が持ち込むものが、すでにアンティークなのだよ。
                      もちろん、こうして出店している人の中にはアンティークの販売を生業にしている人たちも多い。でも、普通の家庭からやってきたようなおばちゃんが広げている店の中に、えも言われぬかわいい掘り出し物が混じっている。しかも、驚くほど安い。
                      ひゃあ、これはすごいぞ。

                      長いガイドのフランス語を聞き取ることで死に体になっていた脳みそががぜん活気付く。
                      重いじゃないか、持って帰れるのか、割れちゃうよ? なんていう思惑とうらはらに、「これいくら?」「これください」と店を回る私の横で、クロディーンも「このタジン鍋いいわああ」「それはお買い得よ、ぜひ買いなさい!」なんて活気付いている。



                      なんともいえない形と色が気に入ったオイル&ビネガーのポット。2個で1ユーロ!



                      小さいカフェオレボウルとタンブラのセット、これだけ揃って1ユーロ!
                      あかん、きりがない。東京で雑貨屋でもしている人には、きっとここはお宝の山だ。ああ、フランスってなんていいところなんだ!(笑)

                      さて、異様に脳みそが活性化したところで、私たちは移動しなくてはならないことに気付く。もうひとつ、Vide Grenierがある街があるのだ。早くそこに行かないと、店自体がしまってしまう。がちゃがちゃと戦利品をぶら下げて車に急ぐ。




                      車で20分ほど移動すると、今度は小さくてかわいらしい街に到着した。こちらのVide Grenierはもっと本格的で、町中が青空市と化している。飲食店や名産品の出店もあって、わくわくするような活気に満ちている。



                      あと30分ほどで店じまいになりそうだ。あわてて町の中をくまなく散策する。普通の家庭から持ち込まれたような雑貨類もあれば、アンティーク商の出店もある。歩いているとブルゴーニュ地方のシャンパーニュをふるまわれ、こんな素敵なはちみつ売りのおばちゃんに「ほら、食べていって」とはちみつ付きのパンを渡される。



                      パリが好きだという私に、これまで多くの人が「田舎を旅してみろ」と言った。その理由が今わかった気がした。フランス人が好んで使う sympa (気がおけないいい感じ)という言葉は、こういう時に使うのだろうと思う。「田舎よりパリ」とかたくなに言い続けてきたはずの私は、もうすっかりフランスの田舎町のとりこになりはじめている。



                      そしてここでも、フランス人の古いもの好きがいたるところに。何に使うのだ? 何の役に立つ? というような不思議なものも並ぶ中、私が買ったのは、4客で50セントという驚異的な値段で売られていた、カフェド・マキシムのエスプレッソカップ。



                      ごめんね、ソーサーがないのよ、だから50セントでいいわと、申し訳なさそうにきれいなおねえちゃん。とんでもございません。ありがたく買わせていただきます。4個で60円なんて、タダ同然だもの。



                      これはシュガーボウルよ。ほら、ここに砂糖を入れて、この穴の開いたスプーンを使えば、お菓子の上にまんべんなく砂糖を振ることができるの。
                      チャーミングなおばあちゃんの説明に惚れて、こちらは少々値の張る20ユーロ。でも、パリの骨董市なぞに比べれば、嘘のような値段じゃろ?
                      がっしりとしたガラスのポットはたったの5ユーロ。

                      隣ではクロディーンがばらの花柄のちょっとアンティーク風のカップをみつけて、「これこれ! まさに私はこういうのを探していたの!」と買い込み、さらにその先の店では、どう考えても自分で配線をして天井にビス止めをしないと使えなさそうな照明器具を買い込んでいる。
                      「このカップはね、入院している私のお友達のお見舞いに持っていくわ。きっと彼女、すごく喜ぶに違いない」
                      「照明は誰かにつけるのを手伝ってもらわなくちゃ」


                      古くても、少々面倒でも好きなものは好き。ブランドやお店の名前や、雑誌で流行ってるとかなんてことに関係なく、ちゃんと好きなものを見分けられる目を持つことは、とても大切なことだ。
                      「フランス人はこういうVide Grenierが大好きなのよ。私も、こういう中で使えるもの、気に入ったものを探して歩くのが大好き」

                      東京のフリーマーケットは苦手な私だけれど、ここなら何度来てもいい。6時になり、店が閉まり始めるまで、私たちはそこに居た。大漁だ! ほんとに楽しかった。
                      きゃあきゃあと学生のように騒ぎながらたくさんの荷物をかかえて家に戻り、戦利品をテーブルに並べたとき、再び
                      「どうやって持って帰るんだ」という現実に直面する。

                      まあ、なんとかなるやね。
                      よかった、よかった、とにかく楽しかった。
                      一日目はそんな風に、なんだかずっとハイテンションのままで終わっていった。
                      楽しくて、忙しくて、必死だった。
                      category:フランス留学 | by:武蔵野婦人comments(0) | - | -

                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 「一人だったら絶対作らない」という食卓の背景には何があるんだろう? ってことを一人の食卓から考える
                        武蔵野夫人
                      • 「一人だったら絶対作らない」という食卓の背景には何があるんだろう? ってことを一人の食卓から考える
                        snow
                      • 「やらなかったこと」について 「やっていればきっとこうだった」と考えることの意味についてー円柱12時間のその後
                        武蔵野夫人
                      • 「やらなかったこと」について 「やっていればきっとこうだった」と考えることの意味についてー円柱12時間のその後
                        さつき
                      • 「人生は必要な時に、必要なぶんだけ与えてくれる」ってことをフランスで教わる
                        武蔵野夫人
                      • 「人生は必要な時に、必要なぶんだけ与えてくれる」ってことをフランスで教わる
                        武蔵野夫人
                      • 「人生は必要な時に、必要なぶんだけ与えてくれる」ってことをフランスで教わる
                        sakamoto
                      • 「人生は必要な時に、必要なぶんだけ与えてくれる」ってことをフランスで教わる
                        まっひー
                      • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
                        武蔵婦夫人
                      • 12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わってしまうんだね。
                        ちゃたろう
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM